TOP > レース予想 > アイビスSD > ベルカントが連覇達成
2016/08/04 2017/06/23

【 アイビスSD2016予想】 ベルカントが連覇達成

出走日:2016年08月07日(日)
アイビスサマーダッシュ(GⅢ)/新潟/別定/1000m(左・芝)

第16回アイビスサマーダッシュは、1番人気に推されたベルカント(デムーロ)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、楽勝した去年のアイビスサマーダッシュの内容から直線競馬の適性が高いベルカントにかなり高い評価を与えていた。
レースでは、ベルカントは、徐々に外に持ち出されながら、馬なりのまま2番手を追走した。
そして、ベルカントは、ネロとのマッチレースに持ち込み、第16回アイビスサマーダッシュを制覇した。
ベルカントの第16回アイビスサマーダッシュの勝利という結果は、直線競馬のスピード比べでは力が上であることを示した。
よって、今後のスプリント戦線の競馬予想においても、ベルカントのスピードに注意を払うべきであるが、1200mの重賞となると楽に先行する展開に恵まれる必要がある。

第16回アイビスサマーダッシュでは、2番人気のネロ(内田博幸)が2着に粘り込んだ。
競馬理論の競馬予想では、過去4戦の直線競馬の内容及び有利な外枠を引いたことから、ネロを本命に予想した。
レースでは、ネロは、好スタートから楽にハナに立ち、そのまま押し切りを狙ったが、ベルカントにアタマ差だけ差されてしまい、2着に敗れてしまった。
ネロの第16回アイビスサマーダッシュの2着という結果は、直線競馬の適性の高さを示したが、ベルカントにはスピード負けしてしまった。
よって、第16回アイビスサマーダッシュ以降の重賞戦線の競馬予想においては、ネロが好走するためには、ベルカントと同様に先行有利の展開に恵まれる必要がありそうである。

第16回アイビスサマーダッシュでは、3番人気のプリンスムーン(北村友一)が3着に入った。
プリンスムーンは、3番手集団を追走し、上位2頭を追いかけたが、差は詰まらず3着止まりであった。
プリンセスムーンの第16回アイビスサマーダッシュの3着という結果は、上位2頭にこそ力負けであったが、4着以降を2馬身も離しており、直線競馬ならば確実に能力を発揮することを示した。
よって、第16回アイビスサマーダッシュ以降の競馬予想においては、得意の直線競馬であれば、プリンセスムーンに常に注意を払う必要がある。

以上のように、第16回アイビスサマーダッシュは、ベルカントの連覇で幕を閉じた。
ただし、第16回アイビスサマーダッシュは、直線競馬という特殊な条件によるものである。

競馬理論のファンの方は、このことを考慮して、第16回アイビスサマーダッシュ組に評価を下して頂きたい。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 7/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.