13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > チャンピオンズカップ > クリソベリルが無敗でダートチャンピオンに

クリソベリルが無敗でダートチャンピオンに

川田将雅
2019/12/03 UP
by 予想屋マスター
回顧録

チャンピオンズカップ -G1- 中京競馬場/ダート1800m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億

川田優雅騎手、チャンピオンズカップ制覇おめでとうございます!

 

6連勝無敗でダート王になったクリソベリル。ゴール前でのインティとゴールドドリームとの競り合いは見応えがありましたね!それではマスターの振り返りをどうぞ!

 

イン有利の馬場と絶好の展開がクリソベリルに勝利をもたらした1戦

チャンピオンズカップ(2019年)は、ダート界の一線級が揃ったこともあり上位人気が割れる混戦模様であったが、人気馬同士の決着となった。

 

そのチャンピオンズカップ(2019年)を制したのは、2番人気のクリソベリルであった。

 

1着:クリソベリル

競馬理論の競馬予想では、すべてのレースで圧勝し能力的に底を見せていないクリソベリルにかなり高い評価を与えていたが、インが極端に有利な馬場状態と単騎逃げ濃厚の展開面を考慮し、インティを本命としてしまった。

 

レースでは、クリソベリルは、馬なりのまま3番手のインの絶好位を確保できた。

 

そして、クリソベリルは、直線でも内から脚を伸ばすと、逃げ粘るインティをきっちりと差し切り、チャンピオンズカップ(2019年)を制覇した。

 

クリソベリルのチャンピオンズカップ(2019年)の勝利という結果は、イン有利の馬場で好位のインを追走する絶好の展開に恵まれたことも確かだが、ゴールドドリームの追撃を凌ぎきったことは立派である。

 

よって、今後のダートG1戦線の競馬予想においては、無敗のクリソベリルにかなり高い評価を与えて当然である。

 

2着:ゴールドドリーム

一方、チャンピオンズカップ(2019年)で1番人気に推されたゴールドドリーム(ルメール)は2着止まりであった。

 

ゴールドドリームは、いつもより前目となる4~5番手の馬群の中で脚をためた。

 

そして、ゴールドドリームは、直線で前が開くと一気に脚を使って一旦は先頭に立ったが、内からクリソベリルに差されてしまい2着に敗れてしまった。

 

ゴールドドリームのチャンピオンズカップ(2019年)の2着という結果は、イン有利の馬場でコーナーワークで一頭分だけ外を回らされてのものであり、クビ差を考えると負けて強しの内容であった。

 

よって、今後のダートG1戦線の競馬予想においては、展開や条件次第で、ゴールドドリームがクリソベリルを逆転可能と判断すべきである。

 

3着:インティ

一方、チャンピオンズカップ(2019年)で3番人気に推されたフェブラリーステークス馬インティ(武豊)は3着に敗れてしまった。

 

インティは、好スタートを切ると他馬が控えたこともあり、楽に先手を取ることができた。

 

そして、インティは、直線で残り100mまで先頭だったが、ゴール前で2頭に差し込まれてしまい、3着止まりであった。

 

インティのチャンピオンズカップ(2019年)の3着という結果は、イン有利の馬場で且つ単騎逃げという展開に恵まれてのものであり、完全に力負けであった。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、インティが勝ち切るためにはメンバーや展開の助けが必要と判断すべきである。

 

以上のように、チャンピオンズカップ(2019年)は、クリソベリルの無傷の6連勝で幕を閉じた。

 

ただし、チャンピオンズカップ(2019年)は、インが極端に有利な馬場状態とスローペースの前残りの展開が結果に大きな影響を与えたものでもある。

 

競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降におけるチャンピオンズカップ(2019年)組の評価を下して頂きたい。

 

朝日杯FS朝日杯FS
展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください