予想屋マスターの競馬予想「競馬を投資にする予想」

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > チャンピオンズカップ > チャンピオンズカップ2018の回顧|ルヴァンスレーヴが圧倒的な強さを見せつける

チャンピオンズカップ 『チャンピオンズカップ2018の回顧|ルヴァンスレーヴが圧倒的な強さを見せつける』

優勝馬: ルヴァンスレーヴ 優勝騎手: ミルコ・デムーロ

チャンピオンズカップ(2018年)は、単勝1.9倍と断然の1番人気に推されたルヴァンスレーヴの圧勝劇で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、ゴールドドリームを破った南部杯のレース内容からルヴァンスレーヴ(ミルコ・デムーロ)の能力が一番と判断していたが、先行馬不在のメンバー構成を考慮して、サンライズソア(モレイラ)を本命としてしまった。

 

ルヴァンスレーヴ

レースでは、ルヴァンスレーヴは、スタートを決めると、アンジュデジールを行かせて、離れた2番手の内目を追走した。
そして、ルヴァンスレーヴは、直線で前が開くと一気に突き抜け、チャンピオンズカップを楽勝した。
ルヴァンスレーヴのチャンピオンズカップの勝利という結果は、逃げ馬から離れた2番手をコースロスなく追走する展開に恵まれたことも確かだが、ゴール前で余裕がありながらも2馬身半もの差をつけており、力の違いを見せつけた。
よって、今後のダートG1戦線の競馬予想においては、ルヴァンスレーヴが常に中心になっていくと判断すべきである。

 

ウェスタールンド

一方、チャンピオンズカップでは、8番人気のウェスタールンド(藤岡佑介)が2着に追い込んだ。
ウェスタールンドは、最後方をポツンと一頭で追走し、4コーナーでも内をぴったりロスなく回った。
そして、ウェスタールンドは、直線でも最内を突いて脚を伸ばすと、混戦の2着争いを制した。
ウェスタールンドのチャンピオンズカップの2着という結果は、最後方をポツンと一頭で気分良く追走する展開と最内がポッカリと開く幸運に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、今後のダート重賞戦線の競馬予想では、チャンピオンズカップの2着という実績だけで、ウェスタールンドを過信すべきでない。
ただし、ウェスタールンドは、同じような競馬をして内で詰まらなければ、一線級相手でも通用する能力を秘めることも確かである。

 

サンライズソア

一方、チャンピオンズカップで3番人気に推されたサンライズソア(モレイラ)は3着止まりであった。
サンライズソアは、単騎逃げと思われたが、モレイラ騎手が行く気を見せなかったこともあり、好位の馬群の中からの競馬となった。
そして、サンライズソアは、直線に向くと、外から一旦は先頭に立つかにも見えたが、ルヴァンスレーヴに突き放されてしまい、3着に敗れてしまった。
サンライズソアのチャンピオンズカップの3着という結果は、逃げなくても能力を出せるようになったことは今後につながる競馬となった。
一方で、チャンピオンズカップの結果だけを考えれば、逃げていれば、2着に残れていた可能性は高い。
よって、今後のダート重賞戦線の競馬予想においては、サンライズソアがルヴァンスレーヴを逆転するためにはかなりの展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、チャンピオンズカップ(2018年)は、ルヴァンスレーヴの強さだけが目立つ一戦となった。
なお、ルヴァンスレーヴは、3歳馬なので、怪我さえしなければ、ダート戦線においてしばらくはルヴァンスレーヴの時代となる可能性が極めて高い。
競馬理論のファンの方は、ルヴァンスレーヴの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

今週のレース分析記事を読む

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)
友だち追加