天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > オールカマー

今週の重賞レース
■ 神戸新聞杯ページ
https://www.keibariron.com/database/koubeshinbunhai



2017年 オールカマーの最新予想情報

予想屋マスターのオールカマー(2017年)予想分析記事

ナカヤマナイトが格の違いを見せて圧勝

第58回オールカマーのレース結果は、2番人気のナカヤマナイト(柴田善臣)の勝利という結果で幕を閉じた。

競馬理論は、オールカマーのG2にしては寂しいメンバー構成を考慮して、実績断然のナカヤマナイトにかなり高い評価を与えていたが、雨で前残りの競馬になると想定して、先行力のあるルルーシュを連の軸という意味で本命に予想してしまった。

オールカマーのレース結果では、ナカヤマナイトは中団の外目を追走し、3コーナー過ぎから徐々に上位に進出すると、4コーナーでは早くも先頭に並びかけた。
そしてナカヤマナイトは、直線に向いてダイワファルコンを交わすと、あっという間に後続を引き離して、第58回オールカマーを制覇した結果となった。

ナカヤマナイトの第58回オールカマーの結果は、道悪を意識して早めに先頭に立つ横綱競馬によるものであり、力の違いを見せつけた。

よって今後のG1戦線での競馬予想においても、第58回オールカマー組ではナカヤマナイトに最も高い評価を与えるべきである。 ただし、ナカヤマナイトの第58回オールカマーの勝利は、G2にしては冴えない一線級不在のメンバー構成に恵まれたことも頭にいれて評価を下すべきである。

一方、第58回オールカマーでは、4番人気のダイワファルコン(北村宏司)が2着に粘り込んだ。 競馬理論は、気難しくて能力を発揮できない競馬が続いているものの、フェデラリストと互角だった中山金杯の内容だけ走れば好走可能と判断し、ダイワファルコンを穴馬として予想した。

オールカマーでは、ダイワファルコンは、いつもより前の位置となる3番手の外目からレースを進めると、逃げた2頭が早めに潰れてしまったこともあり、3コーナー過ぎで先頭に押し出される結果となった。

そしてダイワファルコンは、4コーナーでナカヤマナイトに外から並びかけられると、抵抗できずに交わされてしまったものの、後続の追い上げを凌ぎきって2着を確保した。

ダイワファルコンの第58回オールカマーの結果は、ナカヤマナイトにこそ力負けであったが、気難しさを出さずに能力を発揮できさえすれば、重賞でも通用することを示した。

よって今後の重賞戦線の競馬予想において、ダイワファルコンが気難しさを出さずに能力を発揮できるかどうかを一番のポイントとして評価を下すべきである。

第58回オールカマーでは、6番人気のユニバーサルバンク(ピンナ)が3着に入った。 競馬理論は、共同通信杯でナカヤマナイトと互角の走りをしていることや、少差の目黒記念の内容から、オールカマーについてはユニバーサルバンクにも高い評価を与えていた。

オールカマーでは、ユニバーサルバンクはナカヤマナイトをマークする位置から競馬を進め、先に仕掛けたナカヤマナイトを追うように4コーナーで先行集団に取りついた。

その後ユニバーサルバンクは、直線でピンナ騎手に追い出されたがジリジリとしか伸びず、ルルーシュをゴール寸前で交わして3着に上がるのが精一杯であった。

ユニバーサルバンクの第58回オールカマーの結果は、休み明けで不得意な道悪あったことを考慮すると悪くない内容であった。

よって、今後の重賞戦線の競馬予想において、展開やメンバーに恵まれるようであればユニバーサルバンクの好走も可能と判断すべきである。

さて、一番人気のルルーシュ(横山典)は、人気を裏切り4着に敗れてしまった。 競馬理論は、札幌日経OPの勝利は弱いメンバー構成に恵まれたので絶対視は禁物と判断していたものの、内枠を引いたことで好位のインを走れる展開面を道悪ということで重視して、ルルーシュを本命に予想してしまった。

オールカマーでは、ルルーシュはインの3番手の絶好位から競馬を進め、3~4コーナーでも早めにバテたコスモラピュタをうまくさばき、直線に向いた。

しかしルルーシュは、内で少し窮屈になる場面があったにせよ、ジリジリとしか伸びず、ゴール寸前でユニバーサルバンクにも交わされてしまい、4着に敗れた結果となった。

ルルーシュの第58回オールカマーの結果は、少し窮屈になる不利はあったものの、スムーズな競馬であっても勝てるほどの脚がなく、力負けという内容であった。

よって今後の重賞戦線の競馬予想においても、ルルーシュは競馬が上手なので展開に恵まれれば好走も可能であるが、絶対的な評価は禁物と判断している。

一方、第58回オールカマーのレース結果を見る限り、オールカマーの5着以下では、6着のメイショウカンパク(蛯名正義)に注目すべきである。

メイショウカンパクの第58回オールカマーの結果は、4コーナーで大きな不利を受けてのものであり、スムーズならば2着争いに加わった可能性すらある内容であった。

よって今後の重賞戦線の競馬予想において、前潰れで追い込みが届く展開や馬場になるようであれば、メイショウカンパクも要注意と判断している。

以上のように、第58回オールカマーは、ナカヤマナイトの格の違いを象徴するレース結果となった。

しかし第58回オールカマーは、G2にしてはかなり弱いメンバー構成であったことも確かなので、ナカヤマナイトをはじめとするオールカマー組がG1戦線で通用する可能性は低いとも、競馬理論では判断している。

ルルーシュが上がり馬の勢いを見せるか?

今週の競馬での予想のメインは、第58回オールカマーである。 第58回オールカマーは、秋の古馬G1戦線を目指す実力馬が出走するが、今年は一線級不在の混戦模様であり、予想も難解になりそうである。

そこで、競馬理論は、第58回オールカマーに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析し予想する。 春のグランプリ宝塚記念組からは、8着のナカヤマナイト(柴田善)が第58回オールカマーに出走する。

ナカヤマナイトの宝塚記念の8着は、勝ったオルフェーヴルに2秒以上の差をつけられる力負けであった。

しかしながら、第58回オールカマーは一線級不在の弱いメンバー構成なので、ナカヤマナイトは、アメリカジョッキークラブカップでのルーラーシップの2着程度走れば通用する。


よって、第58回オールカマーの競馬予想において、急激にメンバーが弱化したナカヤマナイトに高い評価を与えて当然と競馬理論では判断している。 一方、札幌日経オープン組からは、1着のルルーシュ(横山典)が第58回オールカマーに出走する。

ルルーシュの札幌日経オープンの勝利は、2着のメイショウクオリアに2馬身半もの差をつける快勝であった。


また、ルルーシュは、今年の4月以降連対を外しておらず、能力的に底を見せていない魅力もある。 ただし、札幌日経オープンで2着のメイショウクオリア及び3着のフミノヤマビコは、次走の丹頂ステークスで惨敗しており、札幌日経オープンの勝利は弱いメンバー構成に恵まれた可能性も否定できない。

よって、第58回オールカマーの競馬予想において、未知の魅力を評価して、ルルーシュにそれなりの高い評価を与えるべきだが、急激なメンバー強化を考えると絶対的な評価までは禁物である。 一方、釜山ステークス組からは1着のダコール(佐藤哲)が第58回オールカマーに出走する。

ダコールの釜山ステークスの勝利は、準オープンにしても弱いメンバー構成に恵まれたものではあるが、力の違いを見せつけた。

また、ダコールは、早春ステークスにおいて、後にオルフェーヴルを破って阪神大賞典を制したギュスターヴクライと差のない競馬をしており、重賞でも通用する能力を秘める。

よって、第58回オールカマーの競馬予想において、G2にしては寂しいメンバー構成を考慮すると、ダコールにも注目すべきである。 ただし、ダコールは追い込み一手の脚質なので、コース替わりでもイン有利の馬場が続くようであれば、評価を下げざるを得ないとも競馬理論では判断している。

一方、目黒記念組からは、5着のユニバーサルバンク(ピンナ)が第58回オールカマーに出走する。

ユニバーサルバンクの目黒記念の5着は、前残りの展開で中団から流れ込んだものであり、中~長距離戦線ならば相手なりに走ることを示した。

また、ユニバーサルバンクは、共同通信杯において、ナカヤマナイトと互角の競馬をした実績もあり、第58回オールカマーのメンバー程度ならば互角以上の能力を秘める。

よって、第58回オールカマーの競馬予想において、好位のインを追走できるような枠順を引いた場合にはユニバーサルバンクの評価をあげるべきと競馬理論では判断している。

一方、七夕賞組からは、9着のダイワファルコン(北村宏)が第58回オールカマーに出走する。

ダイワファルコンは、気難しい馬で、七夕賞だけでなく、中山記念、ダービー卿チャレンジトロフィー、エプソムカップでも能力を全く発揮できずに惨敗している。

しかしながら、ダイワファルコンは、中山金杯でフェデラリストと互角以上の競馬をしており、能力を発揮さえできれば重賞でも好走可能である。

よって、第58回オールカマーの競馬予想において、ダイワファルコンが気難しさを出さずに走れそうか否かによって評価を下すべきである。 一方、天の川ステークスからは、1着のコスモラピュタ(大野)が第58回オールカマーに出走する。

コスモラピュタの天の川ステークスの勝利は、行ったきりの展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。


ただし、第58回オールカマーの競馬予想において、コース替りでも前が止まらない超高速馬場が続くようであれば、コスモラピュタの逃げ粘りにも注意を払うべきである。

一方、札幌記念組では、8着のマイネルスターリー(柴田大)、11着のヒットザターゲット(古川吉)及び12着のネヴァブションが第58回オールカマーに出走する。

マイネルスターリー、ヒットザターゲット及びネヴァブションは、札幌記念の見所のないレース内容を見る限り、第58回オールカマーで好走する可能性は低い。

ただし、第58回オールカマーの競馬予想において、イン有利の馬場が続き、更に好位のインを走れそうな枠順を引いた場合にのみマイネルスターリーの評価をあげるべきである。

一方、函館記念組からは、8着のコスモファントム(丹内)が第58回オールカマーに出走する。

コスモファントムの函館記念の8着は、イン有利の馬場で好位のインを走る絶好の展開に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。


よって、第58回オールカマーの競馬予想において、コスモファントムに高い評価は不要である。 ただし、イン有利の馬場が続いて楽に先行できる展開になりそうな場合にだけ、コスモファントムの残り目にも少しだけ注意を払うべきである。

一方、日経賞組からは、9着のマイネルキッツ(松岡)が第58回オールカマーに出走する。 マイネルキッツは、天皇賞春馬であり、実績的には断然である。

しかしながら、マイネルキッツは、9歳馬となった今年に入っての成績があまりに冴えないので、往年の力を望むのは酷である。 よって、第58回オールカマーの競馬予想において、マイネルキッツの実績に経緯を表しつつも、押さえ程度の評価を与えれば十分と競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第58回オールカマーに出走する有力各馬の能力を分析した。 この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第58回オールカマーの最終的な競馬予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第58回オールカマーの競馬予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

アーネストリーが秋のG1戦線へ向けて始動

今週のメインレースは、第57回オールカマー(2011年)である。第57回オールカマーは、宝塚記念アーネストリーの復帰戦ということで、天皇賞・秋を始めとする秋のG1戦線を占う意味でも注目される。

そこで、競馬理論は、第57回オールカマーに出走する有力各馬の能力を中心に競馬予想を分析する。第57回オールカマー(2011年)では、宝塚記念馬アーネストリーが断然の1番人気となりそうである。

アーネストリーの宝塚記念の勝利は、スローペースを楽に先行する展開に多少は恵まれてブエナビスタを破ったが、早め先頭と自ら競馬を作ってのレコード勝ちであり、単に展開に恵まれただけではない。

強いて不安点を探すとすれば、59キロの斤量及び休み明けであることくらいだが、G2にしては冴えないメンバー構成及びアーネストリーの先行脚質を考えると、第57回オールカマーでアーネストリーが負ける姿をオールカマーのレースで想像できない。

よって、第57回オールカマー(2011年)、単勝1倍台が予想されるアーネストリーの勝ち方に注目すればよいと競馬理論では判断している。そのため、第57回オールカマー(2011年)は、アーネストリーの2着争いに焦点が絞られる。

オールカマーでアーネストリーの2着争いとしては、カリバーン、ゲシュタルト、コロンバスサークル、シャドウゲイト、マイネルラクリマ及びマコトギャラクシーが有力である。

カリバーンは、休み明けの札幌記念でこそ5着に敗れしまったが、休み前に3連勝を達成しており、能力的に底を見せていない点は魅力である。

なお、カリバーンの札幌記念の5着は、スローペースを2番手で追走する展開に恵まれたものであり、休み明けを考慮しても冴えないレース内容であった。

更に、カリバーンの3連勝目の白富士ステークスも、1年ぶりで出走してきたリディルにゴール前で迫られたものであり、 特筆すべき内容ではなかった。よって、第57回オールカマー(2011年)、カリバーンに、アーネストリーの相手候補の一頭としての評価を与えるべきだが、過剰に人気になるようであれば押さえ程度の評価が妥当と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ゲシュタルトは(2011年)、去年の秋以降の成績が冴えず、休み明けでの出走ということを考慮すると、オールカマーで好走する要素は見当たらない。

しかしながら、ゲシュタルトは、3歳春時において、スプリングステークスでローズキングダムに先着しての2着、京都新聞杯でコスモファントムに先着しての1着、日本ダービーで4着の成績が示すように、一線級相手でも遜色のない走りをしている。

よって、第57回オールカマー(2011年)、3歳春時の走りが出来れば、ゲシュタルトも2着争いに加われると競馬理論の競馬予想として判断している。

一方、コロンバスサークルは、一年以上勝利から遠ざかっているものの、最近は崩れなく相手なりに走っている。

よって、第57回オールカマー(2011年)、好位のインで脚をためられる展開にさえなれば、コロンバスサークルが2着争いをすると競馬理論では判断している。一方、シャドウゲイトは、明けて9歳ということもあり、能力的な衰えが気になる。

しかしながら、シャドウゲイトの前走の七夕賞の4着は、先行馬総崩れの展開で先行しながらも唯一掲示板を確保したものであり、59キロの斤量をも考慮すると、レース内容としての価値は高い。

よって、第57回オールカマー(2011年)、包まれない外枠でアーネストリーの外の2番手を追走する展開又は楽に単騎で逃げてゴール寸前までアーネストリーが交わさないでかわいがってくれる展開になれば2着に粘り込むと競馬理論では判断している。

一方、マイネルラクリマは、リアルインパクトが3歳馬ながらも安田記念を制したレベルの高い世代であり、3歳馬であっても無視はできない。

しかしながら、マイネルラクリマの白百合ステークスの勝利及びラジオNIKKEI賞の2着は、いずれもスローペースを2番手で追走する展開に恵まれたものであり、着順ほどの高い評価は不要である。

よって、第57回オールカマー(2011年)、レベルの高い3歳世代ということを評価しつつも、マイネルラクリマには押さえ程度の評価で十分と競馬理論では判断している。

一方、マコトギャラクシーは、準オープンクラスからの格上げ挑戦となるが、アーネストリーを除けばオープン級に毛が生えたメンバーなので、オールカマーでは無視はできない。

よって、第57回オールカマー、アーネストリーが先行馬を潰して楽勝するようであれば、マコトギャラクシーが2着に追い込む可能性もありうると競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第57回オールカマーに出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な様子を加味して、第57回オールカマーの最終的な競馬予想を決断する。

ただし、第57回オールカマーは、圧倒的な一番人気のアーネストリーが人気に応える可能性が極めて高いので、本命サイドのレースになりそうである。競馬理論のファンの方は、第57回オールカマーの競馬予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

うまみちゃんねるのオールカマー最新記事

オールカマーのレース結果

芝2200m / 天気:曇 / 馬場:良 / 発走:15:45

123455667788
123456789101112 馬番
サトノノブレス クリールカイザー○地ショウナンバッハ マイネルメダリスト ツクバアズマオー ゴールドアクター マリアライト○外エーシンマックス アクションスター サムソンズプライド ワンアンドオンリー カレンミロティック 馬名
牡6牡7牡5牡8牡5牡5牝5牡6牡6牡6牡5セ8 性齢
565656565658565656565756 斤量
福永 田辺 戸崎圭 松岡 吉田豊 吉田隼 蛯名 石橋脩 大野 横山典 内田博 柴田大 騎手
246113151281079 着順

オールカマーの最新情報

オールカマーとは

オールカマーは競馬の競走。 サラブレッド・アングロアラブなどの品種や所属を問わず、出走馬に広く門戸を開けた競走。 日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する重賞の「産経賞オールカマー」。本項にて詳述。オールカマーは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「産経賞オールカマー(さんけいしょうオールカマー)」と表記される。 寄贈賞を提供する産業経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。 正賞は産経新聞社賞。 出走馬に広く門戸を開けたレースとして、1955年に創設。当初は4歳(現3歳)以上の馬によるハンデ戦で、中山競馬場の芝2000mで行われたが、負担重量は1981年から1985年までと1995年以降が別定、1986年から1994年は馬齢に変わっている。距離は1984年より芝2200mで定着した。 1986年から1994年までは「地方競馬招待競走」として行われ、1995年に指定交流競走が幅広く行われるようになるまでは中央競馬で数少ない地方競馬所属馬も出走可能な競走だった。引用元:Wikipedia オールカマー

オールカマーの最終オッズ

馬名 単勝
ゴールドアクター2
マリアライト2.9
サトノノブレス7
クリールカイザー14.3
ワンアンドオンリー18.8
ツクバアズマオー19.4
カレンミロティック24.4
○地ショウナンバッハ25.5
サムソンズプライド95
○外エーシンマックス129.1
アクションスター191.5
マイネルメダリスト269.8
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

オールカマー記事一覧

ナカヤマナイトが格の違いを見せて圧勝

オールカマー (2012年) 『ナカヤマナイトが格の違いを見せて圧勝』

第58回オールカマーのレース結果は、2番人気のナカヤマナイト(柴田善臣)の勝利という結果で幕を閉じた。 競馬理論は、オールカマーのG2にしては寂しいメンバー構成を考慮して、実績断然のナカヤマナイトにかなり高い評価を与えて […]

2012/09/23 (日)
ルルーシュが上がり馬の勢いを見せるか?

オールカマー (2012年) 『ルルーシュが上がり馬の勢いを見せるか?』

今週の競馬での予想のメインは、第58回オールカマーである。 第58回オールカマーは、秋の古馬G1戦線を目指す実力馬が出走するが、今年は一線級不在の混戦模様であり、予想も難解になりそうである。 そこで、競馬理論は、第58回 […]

2012/09/21 (金)
アーネストリーが秋のG1戦線へ向けて始動

オールカマー (2012年) 『アーネストリーが秋のG1戦線へ向けて始動』

今週のメインレースは、第57回オールカマー(2011年)である。第57回オールカマーは、宝塚記念アーネストリーの復帰戦ということで、天皇賞・秋を始めとする秋のG1戦線を占う意味でも注目される。 そこで、競馬理論は、第57 […]

2012/07/2 (月)
第52回オールカマー

オールカマー (2006年) 『第52回オールカマー』

私の競馬予想で第52回オールカマーを完璧な競馬予想で的中させた。具体的には、本命のバランスオブゲームが1着、対抗のコスモバルクが2着、穴馬として指定したディアデラノビアが3着であった。 オールカマーの結果は、馬連4-5  […]

2006/09/24 (日)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪