天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > ユニコーンステークス

今週の重賞レース
■ 函館SS(函館スプリントステークス)ページ
https://www.keibariron.com/database/hakodatesprintstakes


2017年 ユニコーンステークスの最新予想情報

予想屋マスターのユニコーンステークス(2017年)予想分析記事

ゴールドドリームが重賞初制覇


第21回ユニコーンステークスは、人気馬が上位を独占して本命サイドの決着となったが、勝利したのは2番人気のゴールドドリームであった。
競馬理論の競馬予想では、1番人気のストロングバローズ(ルメール)を破った実績を考慮し、ゴールドドリーム(川田将雅)にもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、ゴールドドリームは、課題のスタートを互角に出ると、好位の外目からレースを進めた。
そして、ゴールドドリームは、直線で早くも先行集団に並びかけると、先に抜けだしたストロングバローズをねじ伏せて、第21回ユニコーンステークスを制覇した。
ゴールドドリームの第21回ユニコーンステークスの勝利という結果は、外から力で押し切る着差以上に強い内容であった。
よって、第21回ユニコーンステークス以降のダート重賞戦線の競馬予想においても、スタートさえ互角ならば、ゴールドドリームが好走する可能性は高いと判断すべきである。

一方、第21回ユニコーンステークスで1番人気に推されたストロングバローズは2着に敗れてしまった。
競馬理論の競馬予想では、先行馬が少ないメンバー構成で楽に先行できそうな展開面を考慮し、ストロングバローズを本命に予想した。
レースでは、ストロングバローズは、マイネルバサラを行かせて、2番手を進んだ。
そして、ストロングバローズは、直線で馬なりのまま先頭に立って、ゴールドドリームとのマッチレースに持ち込んだが、クビ差だけ交わされてしまい、2着止まりであった。
ストロングバローズの第21回ユニコーンステークスの2着という結果は、3着以下を離しており、相手が悪すぎただけである。
よって、第21回ユニコーンステークス以降のダート重賞戦線においては、ストロングバローズにも高い評価を与えて当然だが、特に先行馬が少ないメンバー構成や前が有利な馬場の時には更に評価を上げるべきである。

一方、第21回ユニコーンステークスでは3番人気のグレンツェント(ベリー)が3着に追い込んだ。
グレンツェントは、中団よりやや後方の外目を追走し、直線でも外から上がりナンバーワンの脚を使ったが、3着争いを制するのが精一杯であった。
グレンツェントの第21回ユニコーンステークスの3着という結果は、前残りの展開であったことを考慮しても、上位2頭には力負けであった。
よって、第21回ユニコーンステークス以降のダート重賞戦線においては、グレンツェントが上位2頭を逆転するためには、更なる成長と展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、第21回ユニコーンステークスは、ゴールドドリームの着差以上の強さが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、ゴールドドリームの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるのユニコーンステークス最新記事

ユニコーンステークスのレース結果

ダ1600m / 天気:雨 / 馬場:良 / 発走:15:45

1122334455667788
12345678910111213141516 馬番
シゲルコング ハルクンノテソーロ ブルベアバブーン○外リエノテソーロ サヴィ ラユロット アンティノウス サンライズノヴァ シゲルベンガルトラ サンオークランド タガノカトレア テイエムヒッタマゲ ウォーターマーズ トロピカルスパート サンライズソア トラネコ 馬名
牡3牡3牡3牝3牡3牝3牡3牡3牡3牡3牝3牡3牡3牝3牡3牡3 性齢
56565654565456565656545656545656 斤量
木幡巧 田辺 酒井 内田博幸 藤岡佑 杉原 ルメール 戸崎圭 横山典 北村宏 菱田 田中健 高倉 丸田 岩崎 吉田豊 騎手
15211713971104516614312 着順

ユニコーンステークスの最新情報

ユニコーンステークスとは

ユニコーンステークス(Unicorn Stakes)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場のダート1600mで施行する重賞(GIII・統一GIII)である。 正賞は地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞。 ユニコーンステークスは、1996年の中央競馬のダート路線の整備に伴って創設された。創設当初は「3歳ダート三冠」の一冠を成していたが、2001年以降はジャパンダートダービーの前哨戦の位置付けとなっている。 競走名は伝説上の動物、ユニコーンから。 創設(4歳ダート3冠シリーズ) 1996年に、中央競馬で最初の3歳限定のダートの重賞競走として創設された。 この年は、秋の中山競馬場でダート1800mの競走として行われ、負担重量は定量制(牡馬56キロ、牝馬54キロ)で、GIIIに格付けされた。以来、2000年まで、9月末または10月初旬に開催された。 創設時は芝のクラシック三冠競走に倣い、ユニコーンステークス(9月末~10月初旬)、大井のスーパーダートダービー(10月~11月)、盛岡のダービーグランプリ(11月~12月)と併せて4歳ダート三冠シリーズを形成した。引用元:Wikipedia ユニコーンステークス

ユニコーンステークスの最終オッズ

馬名 単勝
○外リエノテソーロ2.5
サンライズノヴァ4.9
サンライズソア5.1
アンティノウス6.4
ハルクンノテソーロ15.7
サヴィ17.4
ウォーターマーズ21
シゲルベンガルトラ30.3
サンオークランド40.6
ラユロット40.8
タガノカトレア67.1
テイエムヒッタマゲ88.4
トラネコ111.1
ブルベアバブーン138.1
シゲルコング244.4
トロピカルスパート389.5
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

ユニコーンステークス記事一覧

今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪