天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 高松宮記念
競馬にとって「繰り返し」は結構重要ワードな気がしますね。
ずっと連勝していた馬が、一回の負けを機に全然勝てなくなってしまったり。
逆に一度の勝利を機に連勝が止まらなくなったり。
片山も「まただわ」と思うことがよくあります。
そういう意味では、前走で約3年ぶり桜花賞以来の勝利を飾ったレッツゴードンキ。
ここから連勝街道まっしぐらではと期待の膨らむ1頭です。

2連覇に期待のかかっていたビッグアーサー不在で、混戦が予想される高松宮記念。
そのぶん人気も割れているので、高配当を狙えるチャンスでもあります。
どんなレースでも、マスターのすることはいつもと変わらず。
これまでのレースから各馬の能力を正確に分析し、誰よりも当たる確率の高い予想をはじき出してくれます。
解説動画は必見ですよ(⌒-⌒)


今週の重賞レース
■ 日経賞ページ
https://www.keibariron.com/database/nikkeisyou
■ 毎日杯ページ
https://www.keibariron.com/database/mainitihai
■ マーチSページ
https://www.keibariron.com/database/marchstakes

主なローテーション
■ 阪急杯ページ
https://www.keibariron.com/database/hankyuhai
■ オーシャンSページ
https://www.keibariron.com/database/oceanstakes


2017年 高松宮記念の最新予想情報

予想屋マスターの高松宮記念(2017年)予想分析記事

上がり馬セイウンコウセイが新スプリント王に

高松宮記念(2017年)は、去年の覇者ビッグアーサーの離脱で人気が割れる混戦模様であったが、5番人気のセイウンコウセイ(幸英明)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、スプリント戦線では底を見せていない上に先行馬が少ないメンバー構成で先行力を生かせそうな展開面から、セイウンコウセイにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、セイウンコウセイは、3頭の逃げ争いから少し離れた4番手のインを追走した。
そして、セイウンコウセイは、直線で馬場の真ん中に持ち出されると、あっという間に先頭に立ってそのまま押し切り、高松宮記念(2017年)を制覇した。
セイウンコウセイの高松宮記念(2017年)の勝利という結果は、2着に1馬身以上の差をつける快勝であったが、好位のインという絶好位を追走する展開と道悪に恵まれたものであり、他馬と着差ほど絶対的な能力差があったわけではない。
よって、今後のスプリント戦線においても、スプリント王となったセイウンコウセイに高い評価を与えて当然だが、高松宮記念(2017年)の着差だけで過剰人気になるようであれば絶対視までは禁物である。

一方、高松宮記念(2017年)では、2番人気のレッツゴードンキ(岩田康誠)が2着に追い込んだ。
レッツゴードンキは、後方のインを追走し、直線でも最内を突いて脚を伸ばし、レッドファルクスを内から差し切って、2着を確保した。
レッツゴードンキの高松宮記念(2017年)の2着という結果は、レッドファルクスとの叩き合いを制したことは立派だが、内目を通った馬が上位を独占したことを考慮すると、レース内容の評価は判断が分かれる。
よって、今後の短距離戦線の競馬予想においても、レッツゴードンキに常に注意が必要だが、G1を勝つには展開などの助けが必要と判断すべきである。

一方、高松宮記念(2017年)で1番人気に推されたレッドファルクス(ミルコ・デムーロ)は3着止まりであった。
レッドファルクスは、いつもより少し前目となる中団のインを追走した。
そして、レッドファルクスは、コーナーワークでもロスなく進んでジリジリと伸びたが、内からレッツゴードンキに、外からセイウンコウセイに差されてしまい、3着に敗れてしまった。
レッドファルクスの高松宮記念(2017年)の3着という結果は、道悪と休み明けの分だけ敗れてしまったものであり、力負けではない。
よって、今後のスプリント戦線の競馬予想においては、スプリンターズステークス馬レッドファルクスの巻き返しにも注意を払うべきである。

以上のように、高松宮記念(2017年)は、セイウンコウセイが勝利を収め、新スプリント王が誕生した。
ただし、高松宮記念(2017年)は、内を通った馬が上位を独占する馬場が結果に大きな影響を与えており、スプリント戦線が混戦であることには変わりがない。
競馬理論のファンの方は、混戦のスプリント戦線の穴予想をお楽しみに。

レッドファルクスのスプリントG1連覇なるか?

今週のメインレースは、春のスプリント王決定戦の高松宮記念(2017年)である。
高松宮記念(2017年)は、21頭もの出走登録がある上に、去年の勝ち馬ビッグアーサーの戦線離脱により、人気が割れる混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、高松宮記念(2017年)に出頭登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

オーシャンステークス組からは、1着のメラグラーナ(戸崎圭太)、2着のナックビーナス(石川)、3着のクリスマス(藤岡佑介)、5着のブラヴィッシモ、6着のバクシンテイオー(シュタルケ)、8着のスノードラゴン(大野拓朗)及び12着のレッドアリオン(菱田裕二)が高松宮記念(2017年)に出走登録している。
メラグラーナのオーシャンステークスの勝利という結果は、きっちりと人気に応えており、着差以上に余裕のある勝ちっぷりであった。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、急激なメンバー強化を考慮しても、道悪の3走前以外は崩れておらず能力的に底を見せていないメラグラーナに高い評価を与えて当然である。

ナックビーナス、クリスマス、ブラヴィッシモ、バクシンテイオー、スノードラゴン及びレッドアリオンは、オーシャンステークスの見所のない内容を見る限り、高松宮記念(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

阪急杯組からは、1着のトーキングドラム(藤岡康太)、2着のヒルノデイバロー(四位洋文)、3着のナガラオリオン及び8着のシュウジ(川田将雅)が高松宮記念(2017年)に出走登録している。
トーキングドラムの阪急杯の勝利という結果は、前崩れの展開且つ開幕週のイン有利の馬場でのロスのない競馬に恵まれたものである。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、トーキングドラムに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

ヒルノデイバローの阪急杯の2着という結果は、コース取りの差の分だけトーキングドラムに敗れてしまったが、レース内容としては互角以上である。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、前崩れの展開になるようであれば、ヒルノデイバローの追い込みにも注意を払うべきである

ナガラオリオン及びシュウジは、阪急杯の見所のない内容を見る限り、高松宮記念(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。
ただし、シュウジは、阪神カップを制しているように、折り合えば一線級相手でも通用するスピードを秘める。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、内枠を引いて好位のインを追走できるようであれあれば、シュウジの巻き返しにも注意を払うべきである。

シルクロードステークス組からは、2着のセイウンコウセイ(幸英明)及び6着のソルヴェイグ(田辺裕信)が高松宮記念(2017年)に出走登録している。
セイウンコウセイのシルクロードステークスの2着という結果は、力をつけていることは確かだが、スローペースの好位の外目を追走する展開に恵まれたと見ることもできる。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、セイウンコウセイが好走するためには前残りの展開に恵まれる必要があると判断すべきである。

ソルヴェイグのシルクロードステークスの6着という結果は、ネロに終始被されて気分良く走れなかったにせよ、もう少し粘って欲しい内容であった。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、ソルヴェイグが巻き返すかどうかも、セイウンコウセイと同様に展開の助けが必要と判断すべきである。

京都牝馬ステークス組からは、1着のレッツゴードンキ(岩田康誠)及び2着のワンスインナムーン(石橋脩)が高松宮記念(2017年)に出走登録している。
レッツゴードンキの京都牝馬ステークスの勝利という結果は、スローペースを差し切った上に2馬身近い差をつけており、桜花賞馬の完全復活を印象付けた。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、レッツゴードンキにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

ワンスインナムーンの京都牝馬ステークスの2着という結果は、初の重賞挑戦で自ら勝ちに行ったことを考慮すると、悪くない内容であった。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、前残りの展開で先行力を生かせるようであれば、ワンスインナムーンがレッツゴードンキを逆転可能と判断すべきである。

香港スプリント組からは、12着のレッドファルクス(デムーロ)が高松宮記念(2017年)に出走登録している。
レッドファルクスの香港スプリントの12着という結果は、海外遠征で力を出せなかっただけであり度外視可能である。
なお、レッドファルクスは、前残りのスプリンターズステークスを差し切っており、

スプリント戦線では能力的に底を見せていないだけでなくトップクラスであることは間違いない。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、休み明けを考慮しても、レッドファルクスに高い評価を与えるべきである。

京都金杯組からは、3着のフィエロ(内田博幸)が高松宮記念(2017年)に出走登録している。
フィエロの京都金杯の3着という結果は、57.5キロのトップハンデながらも0秒1差で走っており、負けて強しの内容であった。
よって、高松宮記念(2017年)の競馬予想においては、マイル戦線よりもスプリント戦線の方がレベルが低いことを考慮すると、初のスプリント戦となるフィエロにも高い評価を与えるべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、高松宮記念(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、人気、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、高松宮記念(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、高松宮記念(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ビッグアーサーがスプリント王に


第46回高松宮記念は、大混戦模様であったが、結果的には人気サイドで決着した。
その第46回高松宮記念を制したのは、1番人気に推されたビッグアーサー(福永祐一)であった。
競馬理論の競馬予想では、イン有利の馬場で外を回らされたシルクロードステークスの敗戦は度外視可能であった上に、前が止まらない高速馬場で逃げ争いの直後を走れそうな展開面を考慮し、ビッグアーサーを本命に予想した。
レースでは、ビッグアーサーは、激しい逃げ争いの直後を追走し、直線で外に持ち出されると、粘り込むミッキーアイルを交わして、第46回高松宮記念を制覇した。
ビッグアーサーの第46回高松宮記念の勝利という結果は、前が止まりにくい高速馬場では絶好の位置を追走してのものだが、スプリント戦線ではトップクラスの能力を持つことを改めて証明した。
よって、今後のスプリント戦線においても、ビッグアーサーには第46回高松宮記念馬として高い評価を与えて当然である。
ただし、ビッグアーサーは、いつも1番人気に推される割に人気を裏切ることもある人気先行タイプでもあるので、絶対視までは禁物である。

一方、第46回高松宮記念では、2番人気のミッキーアイル(松山弘平)が2着に粘り込んだ。
競馬理論の競馬予想では、前が止まらない馬場で先行力を生かせると判断し、ミッキーアイルにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、ミッキーアイルは、好スタートを切ったが、外から2頭が来ると、競り合わずに3番手に控えた。
そして、ミッキーアイルは、直線に向いて外に出されると早めに先頭に立ったが、ゴール前でビッグアーサーに交わされてしまい、2着止まりであった。
ミッキーアイルの第46回高松宮記念の2着という結果は、前が止まらない馬場を考慮してもかなり早いペースを先行してのものであり、レース内容としての価値は高い。
よって、今後の短距離重賞の競馬予想においては、楽に先行できる展開や前が止まりにくい馬場の場合には、ミッキーアイルがビッグアーサーを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

一方、第46回高松宮記念では、3番人気のアルビアーノ(ルメール)が混戦の3着争いを制した。
アルビアーノは、 中団の馬群の中を追走し、直線でも馬群を割っていい脚を使ったが、3着を確保するのが精一杯であった。
アルビアーノの第46回高松宮記念の3着という結果は、上位2頭に離されたことは残念だが、先行有利の馬場で3着を確保したことは立派である。
よって、今後の短距離重賞の競馬予想においては、外の差しが届く展開や馬場になるようであれば、アルビアーノがビッグアーサー及びミッキーアイルとの差を詰めてもおかしくない。

以上のように、第46回高松宮記念では、ビッグアーサーがG1で悲願の重賞初制覇を飾った。
しかしながら、今のスプリント戦線は、ビッグアーサーの力が抜けているわけではなく、展開や馬場などの条件次第では大きく着順が入れ替わることも確かである。

競馬理論のファンの方は、混戦のスプリント戦線の今後の予想もお楽しみに。

うまみちゃんねるの高松宮記念最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
うまみちゃんねる・椎名友希です。

先週は久しぶりの3日間開催で、なおかつ有力馬の始動戦ということで
気持ち的には、かなり高まった一週間でした。

応援しているウインファビラスの弟・ウインブライトが勝ったスプリングS
グランプリホースが快勝した阪神大賞典と、日曜も見ごたえがありましたが
翌日(フラワーカップ)の、ファンディーナも、かなり痺れました!
今年の3歳牝馬は、やっぱり面白そうですね。

私はサンデーサイレンス世代なので、ソウルスターリングとファンディーナ。
どちらも青鹿毛ってところが、とってもツボなんです。
黒い毛の馬って、びっくりするくらい毛艶が美しく出るので…
それだけで強そうに見えてしまいます(>Д<*)笑

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

春のスプリント戦・高松宮記念。
ずっと昔は、高松宮杯という名前で
どちらかと言えば、マイルや中距離ホースたちが活躍するレースだったんです。
あの頃の競馬ファンに、「いずれ短距離のG1になるよ」って言ったら
きっと驚くだろうな…(笑)


☆高松宮記念 うまみデータ☆

・リピーター多し
・2枠4番の勝率
・関西馬が優勢だが、毎年一頭は関東馬も絡む
・ナスルーラ系統と、スピードタイプのノーザンダンサー系

去年、一昨年と、2年連続で2枠4番に入った馬が、勝っています。
過去6回のうち、3回も勝ち馬を出している神枠かもしれません。
2着以下限定だと、3枠や8枠も、なかなかの成績。

なんだかんだ、一番人気に支持された馬は、馬券圏内に来てくれています。
ローテーションは、ステップレースでもある阪急杯&オーシャンS組が中心。
前走で人気になっていて、かつ大敗していなければ、問題なさそうです。
長期休養明けで勝ったのは、2012年のカレンチャンくらい。

リピーターの多いレースなので、特にコレ!といったファミリーナンバーも
見当たらないのですが、短距離レースらしく、SS系よりも
ナスルーラ系統や、スピード型のノーザンダンサー系がよく走ります。
勝気な性質が、瞬発力に繋がるのでしょうね。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪


*トーキングドラム
阪急杯で、重賞初挑戦→見事に勝利と、7歳にして才能が開花!
7歳、8歳時に連覇したキンサシャノキセキを髣髴とさせる晩成型。

*メラグラーナ
オーシャンSを快勝した牝馬。
父:Fastnet Rockは、このレースと非常に相性の良いダンジグ系(ノーザンダンサー)

*レッツゴードンキ
前走・京都牝馬Sで桜花賞以来、1年10ヶ月ぶりの勝利。
気性の勝った逃げ馬でしたが、差す競馬を覚えて一皮剥けた印象。
鞍上も好調ですし、期待したいですね。

*ヒルノデイバロー
SS系×リボー系は、キンサシャノキセキと同型配合。
四位騎手が乗るっていうのも一緒ですね(^ー^)
近走は後ろからのレースばかりだけど
この馬は、先行した方が、持ち味が生きる気がします。

*ナックビーナス
冒頭でも書いたけれど、青鹿毛牝馬が活躍してくれると嬉しくなる!
スプリント戦に強い血が、ほぼ入っている血統。
2号族の大型馬で、この舞台はピッタリですね。

*セイウンコウセイ
この馬も2号族。前走は重賞初挑戦にも関わらず
積極的な競馬をしてくれました。
欲を言えば、名前つながりで、三浦皇成騎手との再コンビが見たかったな。

*フィエロ
堅実に走るこの馬も、もう8歳!
8歳にして初のスプリント戦なんですね…!
同じディープ×ダンジグ系のミッキーアイルが似たようなタイプだったので
人気が落ちるようなら、面白そう(^ー^)

*ワンスインナムーン
1200mは、中山コースで2戦2勝。
じわじわと力をつけてきています。
同じアドマイヤムーン産駒のハクサンムーンが実績を残してますし!

*ソルヴェイグ
父:ダイワメジャー、母父:トニービンはコパノリチャードと
全く一緒の血統背景なんですよね。
道悪でも問題ないですし、去年のスプリンターズSの内容も良かった。

*シュウジ
前走、人気を集めて負けてしまいましたが、この馬もかなり能力が高い。
元気すぎる馬なので、折り合いが課題になるとは思いますが。
父子制覇に期待ですね。


ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。
今週は、3/23(木)21:00~23:00
木曜日の放送になります!

ゲストは、競馬アイドルユニット・Triple Tiara Projectのリーダー
彩菓めぐみちゃんと、初登場の藤井真智子ちゃんです♪

藤井真智子ちゃんは、船橋競馬でもおなじみですね。
競馬も詳しそうなので、ぜひ皆でお話しましょう!
応援よろしくお願いいたします。


タイムシフト予約は、こちら♪
http://live.nicovideo.jp/gate/lv291414683

今年から、アシスタントの皆で「複勝コロガシ」を始めました!
人気馬を買っても、なかなか上手くいかない(笑)
皆さんからの、アドバイスお待ちしております。

お楽しみに!

コメント待ってまーす♪

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

高松宮記念のレース結果

芝1200m / 天気:小雨 / 馬場:稍重 / 発走:15:40

112233445566777888
123456789101112131415161718 馬番
ティーハーフ フィエロ レッツゴードンキ ラインスピリット レッドアリオン セイウンコウセイ レッドファルクス バクシンテイオー シュウジ クリスマス スノードラゴン○外メラグラーナ ソルヴェイグ トーキングドラム○地ヒルノデイバロー トウショウピスト ナックビーナス ワンスインナムーン 馬名
牡7牡8牝5牡6牡7牡4牡6牡8牡4牝6牡9牝5牝4牡7牡6牡5牝4牝4 性齢
575755575757575757555755555757575555 斤量
国分優 内田博 岩田 森一 菱田 Mデムーロ シュタルケ 川田 藤岡佑 大野 戸崎圭 田辺 藤岡康 四位 吉田豊 石川 石橋脩 騎手
452131713121514710961118816 着順

高松宮記念の最新情報

高松宮記念 (競馬)とは

高松宮記念(たかまつのみやきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は名古屋市長賞、名古屋競馬株式会社賞、日本馬主協会連合会会長賞、グローバルスプリントチャレンジ賞。 春の古馬短距離路線のチャンピオン決定戦であるとともに、春のGI競走シリーズの始まりを告げるレースともなっている。 4歳(現3歳)以上の馬による重賞として1967年に創設された「中京大賞典(ちゅうきょうだいしょうてん)」が、本競走の前身。1970年に高松宮宣仁親王から優勝杯が下賜されたのを機に、1971年より「高松宮杯(たかまつのみやはい)」に改称のうえ新設。同年より中京競馬場に新設された芝コースの2000mで、夏の中京開催を飾る中距離の名物競走として施行していた。この間、1984年にグレード制が導入された際、GIIに格付けされている。 1996年に中央競馬の短距離競走体系が改善・整備され、本競走は距離を芝1200mに短縮のうえ施行時期も5月に変更し、GIに格上げ。引用元:Wikipedia 高松宮記念 (競馬)

高松宮記念の最終オッズ

馬名 単勝
レッドファルクス3.6
レッツゴードンキ5.1
○外メラグラーナ5.3
シュウジ6.2
セイウンコウセイ8.7
ソルヴェイグ8.9
フィエロ12.3
ワンスインナムーン49.4
○地ヒルノデイバロー49.6
トーキングドラム55
スノードラゴン62.6
ナックビーナス68.8
クリスマス89.8
ラインスピリット111.3
トウショウピスト153.8
ティーハーフ178.5
バクシンテイオー184.9
レッドアリオン274.5
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

高松宮記念記事一覧

高松宮記念 (2017年) 『上がり馬セイウンコウセイが新スプリント王に』

高松宮記念(2017年)は、去年の覇者ビッグアーサーの離脱で人気が割れる混戦模様であったが、5番人気のセイウンコウセイ(幸英明)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、スプリント戦線では底を見せていない上に先行馬が […]

2017/03/30 (木)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~高松宮記念~』

うまみちゃんねる・椎名友希です。 先週は久しぶりの3日間開催で、なおかつ有力馬の始動戦ということで 気持ち的には、かなり高まった一週間でした。 応援しているウインファビラスの弟・ウインブライトが勝ったスプリングS グラン […]

2017/03/21 (火)

高松宮記念 (2017年) 『レッドファルクスのスプリントG1連覇なるか?』

今週のメインレースは、春のスプリント王決定戦の高松宮記念(2017年)である。 高松宮記念(2017年)は、21頭もの出走登録がある上に、去年の勝ち馬ビッグアーサーの戦線離脱により、人気が割れる混戦模様である。 そこで、 […]

2017/03/20 (月)

高松宮記念 (2016年) 『ビッグアーサーがスプリント王に』

第46回高松宮記念は、大混戦模様であったが、結果的には人気サイドで決着した。 その第46回高松宮記念を制したのは、1番人気に推されたビッグアーサー(福永祐一)であった。 競馬理論の競馬予想では、イン有利の馬場で外を回らさ […]

2016/03/31 (木)

高松宮記念 (2016年) 『ダンスディレクターがスプリント重賞連勝でG1制覇なるか?』

※ 3月21日(月)JRAより、エアロヴェロシティの欠場が発表されましたが、本記事はその発表以前に脱稿されたため、特に加筆・修正などをすることなく掲載するものといたしました(予想屋マスター事務局)   シルクロ […]

2016/03/22 (火)
エアロヴェロシティが香港スプリント馬の底力を見せる

高松宮記念 (2015年) 『エアロヴェロシティが香港スプリント馬の底力を見せる』

第45回高松宮記念は、香港スプリント馬エアロヴェロシティの勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、ストレイトガールを破った香港スプリントの強い内容から、エアロヴェロシティを本命に予想した。 レースでは、エアロヴェロシ […]

2015/04/2 (木)
コパノリチャードの連覇なるか?

高松宮記念 (2015年) 『コパノリチャードの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第45回高松宮記念である。 第45回高松宮記念は、確たる中心馬が不在で混戦模様である。そこで、競馬理論の競馬予想では、第45回高松宮記念に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。 シル […]

2015/03/27 (金)
コパノリチャードがスピードの違いで押し切る

高松宮記念 (2014年) 『コパノリチャードがスピードの違いで押し切る』

第44回高松宮記念は、1番人気のストレイトガール(岩田康誠)が3着に敗れて波乱の決着となった。 その波乱の決着の第44回高松宮記念を制したのは、コパノリチャード(M.デムーロ)である。 競馬理論の競馬予想では、圧勝した阪 […]

2014/04/3 (木)
ハクサンムーンが悲願のG1制覇なるか?

高松宮記念 (2014年) 『ハクサンムーンが悲願のG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、春のスプリント王決定戦の第44回高松宮記念である。 第44回高松宮記念はロードカナロアが引退後、混戦しているスプリント戦線の今後を占う意味でも注目を集める。 そこで競馬理論の競馬予想では、第44回高 […]

2014/03/27 (木)
ロードカナロアが力の違いを見せつける

高松宮記念 (2013年) 『ロードカナロアが力の違いを見せつける』

第43回高松宮記念は、単勝1.3倍と断然人気のロードカナロア(岩田康誠)が人気に応えて快勝し、スプリントG1の3連覇を達成した。 競馬理論の競馬予想では、スプリント戦線ではナンバーワンの評価を与えていたものの、単勝1.3 […]

2013/03/28 (木)
ロードカナロアが格の違いを見せつけるか?

高松宮記念 (2013年) 『ロードカナロアが格の違いを見せつけるか?』

今週のメインレースは、春のスプリント王決定戦の第43回高松宮記念である。 第43回高松宮記念は、2012年の最優秀短距離馬ロードカナロアが断然人気となりそうだが、伏兵陣も揃っており、激戦が予想される。 そこで、競馬理論の […]

2013/03/23 (土)
ロードカナロアが6連勝でのG1制覇なるか?

高松宮記念 (2012年) 『ロードカナロアが6連勝でのG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、春のスプリント王決定戦の第42回高松宮記念(2012年)である。 第42回高松宮記念(2012年)は、リニューアルオープンした中京競馬場で行われるということもあり、例年とは違う傾向になることも予想さ […]

2012/08/29 (水)
ジョーカプチーノが3連勝でスプリント王になるか?

高松宮記念 (2012年) 『ジョーカプチーノが3連勝でスプリント王になるか?』

今週のメインレースは、第41回高松宮記念である。 第41回高松宮記念の競馬予想は、中京競馬場の改修工事のため阪神競馬場で行われる上に、スプリント戦線は確たる中心馬が不在で混戦模様である。 また、去年のスプリンターズステー […]

2012/07/2 (月)
キンシャサノキセキが4連勝でG1制覇なるか?

高松宮記念 (2012年) 『キンシャサノキセキが4連勝でG1制覇なるか?』

今週のメインレースは、春のスプリント王決定戦の第40回高松宮記念である。第40回高松宮記念は、確たる中心馬が不在で、混戦が予想される。そこで、第40回高松宮記念の競馬予想は、ステップレースごとに、有力各馬の能力を分析する […]

2012/07/2 (月)
人気馬総崩れの可能性も?

高松宮記念 (2012年) 『人気馬総崩れの可能性も?』

今週のメインレースは、春のスプリント王決定戦の第39回高松宮記念である。第39回高松宮記念の競馬予想は、去年のスプリンターズステークス馬のスリープレスナイトが休み明けということもあり、大混戦が予想される。ここでは、第39 […]

2012/06/29 (金)
スズカフェニックスの連覇なるか?

高松宮記念 (2012年) 『スズカフェニックスの連覇なるか?』

今週のメインレースは、春のスプリント王決定戦の第38回高松宮記念である。 第38回高松宮記念で一番人気が予想されるのは、スズカフェニックス(福永祐一)である。第38回高松宮記念はスズカフェニックスは、去年の高松宮記念の覇 […]

2012/06/29 (金)
第37回高松宮記念

高松宮記念 (2012年) 『第37回高松宮記念』

中京競馬の最終日には、第37回高松宮記念の競馬予想が行われる。高松宮記念の競馬予想は、確たる中心馬が不在であり、混戦が予想される。 その混戦の高松宮記念の競馬予想では、エムオーウイナー(小牧太)、スーイズトウショウ(池添 […]

2012/06/29 (金)
カレンチャンがスプリントG1を連覇

高松宮記念 (2012年) 『カレンチャンがスプリントG1を連覇』

第42回高松宮記念の結果(2012年)は、去年の最優秀短距離馬のカレンチャン(池添)がスピードの違いで押し切り、スプリントG1連覇を達成した。 競馬理論は、カレンチャンのスプリンターズステークスの内容に高い評価を与えてい […]

2012/03/25 (日)
8歳馬キンシャサノキセキが史上初の連覇

高松宮記念 (2011年) 『8歳馬キンシャサノキセキが史上初の連覇』

第41回高松宮記念の結果では、キンシャサノキセキ(リスボリ)が8歳の年齢の衰えを全く感じさせずに、連覇を果たした。 競馬理論は、キンシャサノキセキのスプリント戦での安定感から、能力的には一番の高い評価を与えていたが、出遅 […]

2011/03/27 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪