TOP > レース予想 > 高松宮記念 > ナムラクレアが悲願のG1制覇なるか?
2023/03/19 2023/03/24

【 高松宮記念2023予想】 ナムラクレアが悲願のG1制覇なるか?

出走日:2023年03月26日(日)
高松宮記念(GⅠ)/中京/定量/1200m(左・芝)

今週は、フルゲート18頭に対して20頭もの出走登録馬があった高松宮記念(2023年)の予想について解説する。

 

高松宮記念は、春のスプリント王決定戦である。

 

前哨戦のシルクロードステークスを制したナムラクレアが人気となりそうだが、スプリント戦線は傑出馬不在の混戦模様である。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、高松宮記念の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

シルクロードステークス組

1着のナムラクレア(浜中俊)・2着のファストフォース(団野)・4着のトウシンマカオ(鮫島駿)・7着のウインマーベル(松山弘平)・12着のキルロード(和田竜二)の合計5頭が出走登録している。

 

ナムラクレア

シルクロードステークスの勝利という結果は、56.5キロを背負いながらもスローペースの前残りの展開を上がり32秒9の脚で差し切っており、着差以上に強い内容であった。

 

なお、ナムラクレアは、去年のスプリンターズステークスで5着に敗れているが、イン有利のトラックバイアスで終始外を回らされてのもので、着差を考えるとレース内容としては一番強かった。

 

更に、ナムラクレアの北九州記念の敗戦も、16番人気のボンボヤージュが最内をついて勝利するイン有利のトラックバイアスで外を回らされてのものであり、負けて強しの内容であった。

 

よって、高松宮記念の予想においては、1番人気が想定されるナムラクレアに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

ファストフォース

シルクロードステークスの2着という結果は、スローペースを先行する展開に恵まれたことは確かだが、好位から競馬ができたことは評価に値する。

 

また、ファストフォースは、セントウルステークスでも、メイケイエールの2着に粘り込んだ実績がある。

 

よって、高松宮記念の予想においては、前が残りやすいトラックバイアスや楽に先行する展開になるようであれば、ファストフォースにも押さえ程度の評価を与えるべきである。

 

トウシンマカオ

シルクロードステークスの5着という結果は、58.5キロのハンデを背負って、前残りの展開で外を回らされて脚を余しただけで、着順ほど内容は悪くない。

 

また、トウシンマカオは、2連勝で京阪杯を制しており、能力的にも大きな差はない。

 

よって、高松宮記念の予想においては、差しが届く展開やトラックバイアスになるようであれば、トウシンマカオの巻き返しにも注意を払うべきである。

 

ウインマーベル

シルクロードステークスの7着という結果は、前残りの展開の中、スタートで出遅れて外を回らされてしまっており、度外視可能である。

 

なお、ウインマーベルは、スプリンターズで2着に好走しているように、一線級相手でも遜色のない能力を秘める。

 

よって、高松宮記念の予想においては、スタートを決めて好位で競馬ができるようであれば、ウインマーベルにも押さえ程度の評価は必要である。

 

キルロード

シルクロードステークスのレース内容は見どころがなかった。

 

なお、キルロードは、去年の高松宮記念の3着馬だが、道悪適性の差がでただけで、レース内容としてはそこまで高い評価に値するものではない。

 

よって、高松宮記念の予想においては、キルロードに高い評価は不要である。

 

阪急杯組

1着のアグリ(横山和生)・2着のダディーズビビット(秋山真一郎)・7着のグレナディアガーズ(岩田望)・14着のホープフルサイン(太宰)の合計4頭が出走登録している。

 

アグリ

阪急杯の勝利という結果は、1400m戦を2番手追走で押し切る着差以上に強い内容であった。

 

なお、アグリは、4連勝中と能力的にも底を見せていない。

 

よって、高松宮記念の予想においては、先行力があるので距離短縮がプラスに働きそうなアグリにもかなり高い評価を与えるべきである。

 

ダディーズビビット

阪急杯の2着という結果は、ゴール前でアグリに迫ったが、好位のインでロスのない展開ながらも差しきれておらず、アグリには力負けであった。

 

よって、高松宮記念の予想においては、ダディーズビビットに高い評価は不要である。

 

グレナディアガーズ

阪急杯の7着という結果は、内が有利なトラックバイアスだったにせよ、直線で伸びを欠いており残念なレース内容であった。

 

なお、グレナディアガーズは、朝日杯フューチュリティステークス馬というだけでなく、阪神カップで2年連続で1着・2着と好走しており、実績的には遜色がない。

 

よって、高松宮記念の予想においては、能力さえ発揮できればグレナディアガーズの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

 

ホープフルサイン

阪急杯のレース内容は見どころがなかった。

 

よって、高松宮記念の予想においては、ホープフルサインに高い評価は不要である。

 

オーシャンステークス組

1着のヴェントヴォーチェ(西村淳)・2着のディヴィナシオン・9着のナランフレグ(浜中俊)・15着のオパールシャルムの合計4頭が出走を予定している。

 

ヴェントヴォーチェ

オーシャンステークスの勝利という結果は、2馬身差の着差が示すように力の違いを見せつけたが、別路線よりも弱いメンバー構成に恵まれた感も否めない。

 

なお、ヴェントヴォーチェは、キーンランドカップを制しているが、馬場が荒れていないギリギリのコース取りを通らせたルメール騎手の好騎乗に恵まれたものである。

 

よって、高松宮記念の予想においては、ヴェントヴォーチェに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

ディヴィナシオン・ナランフレグ・オパールシャルム

オーシャンステークスのレース内容は見どころがなかった。

 

よって、高松宮記念の予想においては、ディヴィナシオン、ナランフレグ及びオパールシャルムに高い評価は不要である。

 

なお、ナランフレグは、去年の高松宮記念の勝ち馬だが、内で脚をためて直線でも内を突くロスのない競馬に恵まれたので、その勝利だけで過大評価は禁物である。

 

香港スプリント組

5着のメイケイエールが出走登録している。

 

メイケイエール

香港スプリントの5着という結果は、海外遠征のため度外視可能である。

 

また、メイケイエールは、スプリンターズステークスで1番人気を裏切ってしまったが、外枠からの発走で前に壁が作れずに行きたがってしまい、能力を発揮できなかった。

 

なお、メイケイエールは、京王杯スプリングカップやセントウルステークスのように、能力さえ発揮できればスプリント戦線ではトップクラスの能力を秘める。

 

また、去年の高松宮記念の敗戦も、終始外を回らされており負けて強しの内容であった。

よって、高松宮記念の予想においては、気難しいのでメイケイエールを絶対視は禁物だが、気分良く走れれば好走する可能性は高いと判断すべきである。

 

一昨年の香港スプリント組

競走中止のピクシーナイト(戸崎圭太)が出走を予定している。

 

ピクシーナイト

香港スプリントの競走中止は、不運な落馬事故に巻き込まれてしまった。

 

なお、ピクシーナイトは、イン有利のトラックバイアスで好位のインを追走する展開に恵まれたにせよ、2着に2馬身差をつけており、力の違いを見せつけた。

 

よって、高松宮記念の予想においては、久しぶりの競馬でも能力さえ発揮できるようであれば、ピクシーナイトにも注意を払うべきである。

 

以上、高松宮記念に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、高松宮記念(2023年)の最終的な予想を決断する。

 

過去10年の連対馬一覧表

年度

馬番

馬名

馬齢

人気

騎手

2022

1

2

ナランフレグ

6

8

丸田恭

2

9

ロータスランド

5

5

岩田望

3

10

キルロード

7

17

菊沢一

2021

1

14

ダノンスマッシュ

6

2

川田将

2

16

レシステンシア

4

1

浜中俊

3

9

インディチャンプ

6

3

福永祐

2020

1

15

モズスーパーフレア

5

松若風

2

8

グランアレグリア

4

池添謙

3

3

ダイアトニック

3

4

北村友

2019

1

3

ミスターメロディ

4

3

福永祐

2

4

セイウンコウセイ

6

12

幸英明

3

7

ショウナンアンセム

6

17

藤岡康

2018

1

9

ファインニードル

5

2

川田将

2

8

レッツゴードンキ

6

3

岩田康

3

7

ナックビーナス

5

10

三浦皇

2017

1

6

セイウンコウセイ

4

5

幸英明

2

3

レッツゴードンキ

5

2

岩田康

3

7

レッドファルクス

6

1

デム

2016

1

4

ビッグアーサー

5

1

福永祐

2

6

ミッキーアイル

5

2

松山弘

3

8

アルビアーノ

4

3

ルメ

2015

1

4

エアロヴェロシティ

7

4

パー

2

15

ハクサンムーン

6

6

酒井学

3

16

ミッキーアイル

4

3

浜中俊

2014

1

5

コパノリチャード

4

3

デム

2

17

スノードラゴン

6

8

大野拓

3

9

ストレイトガール

5

1

岩田康

2013

1

11

ロードカナロア

5

1

岩田康

2

12

ドリームバレンチノ

6

2

松山弘

3

13

ハクサンムーン

4

10

酒井学

出走登録馬

馬名

馬齢

前走

馬名

馬齢

前走

ナムラクレア

4

シルクロードS(G3)1

ナランフレグ 

6

オーシャンS(G3)9

ピクシーナイト

5

2021

スプリンターズS(G1)1

ダディーズビビット

5

阪急杯(G3)2

メイケイエール

5

香港スプリント(G1)5

スプリンターズS(G1)14

トゥラヴェスーラ

8

阪神カップ(G2)8

アグリ

4

阪急杯(G3)1

ロータスランド

6

京都牝馬S(G3)2

トウシンマカオ 

4

シルクロードS(G3)4

ファストフォース

7

シルクロードS(G3)2

ウインマーベル

4

シルクロードS(G3)7

ディヴィナシオン

6

オーシャンS(G3)2

ヴェントヴォーチェ

6

オーシャンS(G3)1

キルロード 

8

シルクロードS(G3)12

グレナディアガーズ

5

阪急杯(G3)7

ウォーターナビレラ

4

京都牝馬S(G3)14

マスターと椎名友希が『高松宮記念』の質問に答えます

Q1:昨年は大波乱決着

昨年は重馬場で最内から馬群を抜けた8番人気のナランフレグが勝ち、2番人気のメイケイエールは外を回って5着でした。一昨年は外を追走したダノンスマッシュとレシステンシアのワンツーでした。馬場はフラットよりは内外どちらかに傾きやすいのでしょうか?

Q2:スプリンターズS(G1)組の評価

スプリンターズSは、マスターは内枠を引いた8番人気のジャンダルムをおすすめして結果1着でした(WIN5も的中)。マスターの軸のナムラクレアは出遅れて後方からの競馬で、外を回って5着でしたが内容は強く見えました。1番人気のメイケイエールは外枠で出遅れて大外を回って14着と惨敗でした。以下スプリンターズSからの出走予定馬ですが、外枠の馬にとって厳しかったようです。マスターが上位に評価したい馬を教えてください。

Q3:ピクシーナイトの評価

骨折で休養していた2021年のスプリンターズSの覇者ピクシーナイトが復帰し出走予定です。内枠からロスなく乗って快勝でした。この時マスターはシヴァージを相手に入れて完璧的中でした。レシステンシアとスプリント戦を戦っていましたが、今年は混戦でそんなにレベルは上がっていないような気がします。長期休養明けですがマスターは上位に評価しますか?また同世代のメイケイエールとの比較だとどちらを上にとりますか?

Q4:シルクロードS(G3)組の評価

シルクロードSから1着のナムラクレア、2着のファストフォース、4着のトウシンマカオ、7着のウインマーベル、12着のキルロードが出走予定です。ナムラクレアは中団馬群から、ファストフォースは先行馬群から伸びゴール前は接戦でした。トウシンマカオは後方の外目追走で、ウインマーベルは出遅れて後方から外を回っていました。キルロードは先行しましたが直線で脚が止まりました。ナムラクレアは普通に力を出したらやっぱり強いという印象なのですが、ファストフォースは逃げ先行馬のイメージだったのに近走はひかえる競馬でもしぶとい走りをしていると思います。トウシンマカオやウインマーベルより斤量に恵まれただけでしょうか?マスターの評価を教えてください。

Q5:阪急杯(G3) 組の評価

阪急杯から2番人気1着のアグリ、3番人気2着のダディーズビビッド 、1番人気7着のグレナディアガーズが出走予定です。アグリは外から押して2番手から押し切り、ダディーズビビッドは内をロスなく追走し、グレナディアガーズは好位の外目でしたが直線は伸びませんでした。アグリは重賞初挑戦で勝ち4連勝中です。マスターはどの馬を上にしますか?

Q6:オーシャンS(G3)組の評価

オーシャンSから2番人気1着のヴェントヴォーチェ、15番人気2着のディヴィナシオン、3番人気9着のナランフレグが出走予定です。ヴェントヴォーチェは中団の外目から直線は外に出して伸び快勝でした。ディヴィナシオンは後方の内目から徐々に外に出して直線伸びました。ナランフレグは出遅れて直線も進路がなかったように見えました。昨年の覇者ですが、大接戦だったので、今年は厳しいのでしょうか?評価をしたい馬を教えてください。

Q7:ロータスランドの評価

京都牝馬S3着のロータスランドについて。大外枠から先行するかと思いましたが、まさかの殿追走で、岩田騎手は内を突いて3着まできました。前々走の阪神Cでは、外枠から3番手追走で先に抜けましたが外からダイアトニックやグレナディアガーズ等に差され9着でした。勝ち馬のダイアトニックの、スプリンターズS4着を軸に考えると、今回のメンバーではどうでしょうか?昨年の高松宮記念は2着で勝ち馬と引けを取らない競馬だったと思います。またマスターはトゥラヴェスーラを高く評価していましたが合わせて評価を教えてほしいです。

Q8:今年の高松宮記念は大混戦?

今年の高松宮記念は大混戦に思えます。同じメンバーで10回走ったら10回とも勝ち馬が違うくらいのイメージです。マスターと椎名さんの雑感を聞きたいです。また、WIN5を買う場合は手を広げざるをえないでしょうか?

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 7/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.