天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > セントライト記念

今週は3冠最後の菊花賞、秋華賞トライアルが行われます。

セントライト記念とローズステークス (`・ω・´)

競馬好きなら知らない人はいないだろう超有名レースでしょう。

今年の主役はアルアイン!

皐月賞を勝ったときの松山騎手から、ルメール騎手への乗り替わりが決まっています。

これ複雑ですよね。

G1騎手をわずか1回の敗退で変えてしまうなんて。

まあ馬主の立場なら、少しでも上手い騎手を乗せることで、生涯獲得賞金や種牡馬としての価値が跳ね上がるかもしれないことを考えると仕方ないのでしょう。

松山騎手には乗り替わらせた陣営を見返す活躍を見せてほしいですが、果たしてアルアインを崩せるような有力馬はいるのでしょうか!?

直前分析をどうぞ。

今週の重賞レース
■ 阪神ジャンプステークス
■ ローズステークスページ
https://www.keibariron.com/database/rosestakes


2017年 セントライト記念の最新予想情報

予想屋マスターのセントライト記念(2017年)予想分析記事

ミッキースワローが皐月賞馬アルアインを差し切る

セントライト記念(2017年)では、2番人気のミッキースワロー(横山典弘)が、断然の1番人気に推された皐月賞馬アルアイン(ルメール)を差し切り、菊花賞戦線に名乗りを上げた。
競馬理論の競馬予想では、超スローペースで脚を余したいわき特別の負けて強しの内容及び5着ながらも0秒1差で走った京都新聞杯の内容から、ミッキースワローにも高い評価を与えていた。
レースでは、ミッキースワローは、アルアインをマークするように直後の内目を追走した。
そして、ミッキースワローは、直線で外に持ち出されると、マッチレースに持ち込んだアルアインをあっという間に抜き去り、セントライト記念(2017年)を制覇した。
ミッキースワローのセントライト記念(2017年)の勝利という結果は、皐月賞馬アルアインに2馬身近い差をつけており、夏場で力をつけていることを示した。
よって、本番の菊花賞においては、さらなるメンバー強化を考慮しても、ミッキースワローにはそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、セントライト記念(2017年)で断然の1番人気に推されたアルアインは2着に敗れてしまった。
競馬理論の競馬予想では、クラシック上位組不在の弱いメンバー構成を考慮して、アルアインに人気でも逆らえないと判断し、本命に予想した。
レースでは、アルアインは、好位の外目を追走し、4コーナーで早くも先頭に並びかけると、直線で前をきっちりと捕えて先頭に立ったが、更に外からミッキースワローに差されてしまい、2着止まりであった。
アルアインのセントライト記念(2017年)の2着という結果は、休み明けで仕上がり途上であったことと終始外を回って自ら勝ちに行く競馬によるものであり、着差ほどミッキースワローと能力差があるわけではない。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においては、アルアインがミッキースワローを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

一方、セントライト記念(2017年)では3番人気のサトノクロニクル(デムーロ)が3着に入った。
サトノクロニクルは、好位のインを追走し、直線でも内目からジリジリと伸びたが、上位2頭には伸び負けた。
サトノクロニクルのセントライト記念(2017年)の3着という結果は、好位のインを追走するロスの競馬によるものであり、上位2頭には力負けであった。
よって、菊花賞の競馬予想においては、サトノクロニクルがミッキースワロー及びアルアインを逆転する可能性は低いと判断すべきである。

以上のように、セントライト記念(2017年)は、ミッキースワローの快勝で幕を閉じた。
競馬理論のファンの方は、皐月賞馬アルアインを破ったミッキースワローの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

皐月賞馬アルアインが始動

今週のメインレースは、セントライト記念(2017年)である。
セントライト記念(2017年)は、断然人気が予想される皐月賞馬アルアイン(ルメール)の復帰戦ということで注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、セントライト記念(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ラジオNIKKEI賞組からは、1着のセダブリランテス(石川)、6着のサトノクロニクル(川田将雅)がセントライト記念(2017年)に出走登録している。
セダブリランテスのラジオNIKKEI賞の勝利という結果は、開幕週の先行有利の馬場で3番手から抜け出す展開に恵まれたものではあるが、着差以上に余裕があったことも確かである。
よって、セントライト記念(2017年)の競馬予想においては、3戦3勝で能力的に底を見せていないセダブリランテスにも高い評価を与えて当然である。

サトノクロニクルのラジオNIKKEI賞の6着という結果は、見所がなかったが、57キロのハンデを考慮すると同情の余地がある。
よって、セントライト記念(2017年)の競馬予想においては、ラジオNIKKEI賞以外崩れていないサトノクロニクルの巻き返しがあってもおかしくないと判断すべきである。

NHKマイルカップ組からは、11着のプラチナヴォイスがセントライト記念(2017年)に出走登録している。
プラチナヴォイスのNHKマイルカップの11着という結果は、一線級メンバー相手に力負けであった。
しかしながら、プラチナヴォイスは、きさらぎ賞やスプリングステークスでそれなりには走っている。
よって、セントライト記念(2017年)の競馬予想においては、楽に先行できる展開に恵まれるようであれば、プラチナヴォイスにも多少の注意を払うべきである。

いわき特別組からは、3着のミッキースワローがセントライト記念(2017年)に出走登録している。
ミッキースワローのいわき特別の3着という結果は、スローペースの前残りの展開で脚を余したものであり、力負けではない。
よって、セントライト記念(2017年)の競馬予想においては、京都新聞杯の内容を考慮すると、ミッキースワローに、サトノクロニクルと大きな差がないという評価を与えるべきである。

稲城特別組からは、1着のサンデームーティエがセントライト記念(2017年)に出走登録している。
サンデームーティエの稲城特別の勝利という結果は、イン有利の馬場且つスローペースの逃げ切りであり、レース内容としての価値は低い。
よって、セントライト記念(2017年)の競馬予想においては、サンデームーティエが好走するためには、極端なスローで逃げるなどかなりの展開の助けが必要と判断すべきである。

芦ノ湖特別組からは、7着のチャロネグロがセントライト記念(2017年)に出走登録している。
チャロネグロの芦ノ湖特別の7着という結果は、上がりナンバーワンの脚を使っており、外が伸びない馬場を考慮すると、着順ほど悲観する内容ではない。
よって、セントライト記念(2017年)の競馬予想においては、外の差しが届く馬場や展開になるようであれば、チャロネグロにも多少の注意を払うべきである。

日本ダービー組からは、5着のアルアイン及び13着のクリンチャー(藤岡佑介)がセントライト記念(2017年)に出走登録している。
アルアインの日本ダービーの5着という結果は、ジリジリとしか伸びず上位には力負けであったが、競馬が上手なとこは改めて示した。
よって、セントライト記念(2017年)の競馬予想においては、休み明けにもかかわらず人気ではあるものの、菊花賞を目指すアルアインにとっては好走して当然のレースと判断すべきである。

クリンチャーの日本ダービーの13着という結果は、力負けであるが、スローの瞬発力勝負が向かなかっただけでもある。
よって、セントライト記念(2017年)の競馬予想においては、皐月賞のように気分良く先行できる展開になれば、クリンチャーの巻き返しがあってもおかしくないと判断すべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、セントライト記念(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、セントライト記念(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、セントライト記念(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ディーマジェスティが格の違いを見せつける

第70回セントライト記念は、皐月賞馬ディーマジェスティ(蛯名正義)が格の違いを見せつけ、1番人気にこたえて快勝した。
競馬理論の競馬予想では、皐月賞及び日本ダービーの強い内容から、ステップレースの弱いメンバーでは負けられないと判断し、ディーマジェスティを本命に予想した。
レースでは、ディーマジェスティは、後方の外目を追走し、3コーナー過ぎから馬なりで上がっていった。
そして、ディーマジェスティは、4コーナーで先行集団に取り付くと、あっという間に先頭に立ってそのまま押し切り、第70回セントライト記念を制覇した。
ディーマジェスティの第70回セントライト記念の勝利という結果は、大外を一捲りで差し切っており、着差以上の強さを見せつけた。
よって、本番の菊花賞においても、ディーマジェスティにかなり高い評価を与えて当然である。

一方、第70回セントライト記念では、2番人気のゼーヴィント(戸崎圭太)が2着に粘り込んだ。
競馬理論の競馬予想では、一線級相手に試金石の一線となるゼーヴィントにも連下として高い評価を与えていた。
レースでは、ゼーヴィントは、逃げ争いを見る形の3番手からレースを進めた。
そして、ゼーヴィントは、直線でディーマジェスティにあっという間に交わされてしまったが、そこからシブトク粘り込み、2着を確保した。
ゼーヴィントの第70回セントライト記念の2着という結果は、ディーマジェスティにこそ力負けであったが、交わされてからも差し返そうとした勝負根性は立派である。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においては、好位のインで脚をためてロスのない競馬ができるようであれば、ゼーヴィントも好走可能と判断すべきである。

一方、第70回セントライト記念では、3馬人気のプロディガルサン(田辺裕信)が3着に入った。
プロディガルサンは、ディーマジェスティと並ぶような位置で競馬を進め、先に上がっていったディーマジェスティを追うようにポジションを上げた。
そして、プロディガルサンは、直線で一旦はディーマジェスティに並びかけるようにも見えたが、残り1ハロンで内の2頭に差し返されてしまい、3着止まりであった。
プロディガルサンの第70回セントライト記念の3着という結果は、直線であわやと思わせる脚を使っており、夏場の成長を見せつけたが、ディーマジェスティにはまだまだ及ばないことも確かである。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においては、更にメンバーが強化する点を考慮すると、プロディガルサンに高い評価は不要である。

以上のように、第70回セントライト記念は、ディーマジェスティの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、皐月賞馬ディーマジェスティの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるのセントライト記念最新記事

セントライト記念のレース結果

芝2200m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

122334455667788
123456789101112131415 馬番
サンシロウ サトノクロニクル□地ブラックロード クリンチャー ミッキースワロー サーレンブラント アルアイン ブラックギムレット プラチナヴォイス サンデームーティエ インペリアルフィズ ローリングタワー ストロングレヴィル クレッシェンドラヴ スティッフェリオ 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
565656565656565656565656565656 斤量
柴田善 Mデムーロ 御神本 藤岡佑 横山典 岩田 ルメール 大野 内田博 吉田豊 田辺 三浦 石橋脩 戸崎圭 北村友 騎手
113159172145613121084 着順

セントライト記念の最新情報

セントライト記念とは

セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される。 競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された。 2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社。 正賞は朝日新聞社賞。 3着までの馬に菊花賞の優先出走権が付与されるトライアル競走。外国産馬は、2007年より優先出走権が付与されるようになった。 日本競馬史上初の三冠馬であるセントライトを記念して1947年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走。引用元:Wikipedia セントライト記念

セントライト記念の最終オッズ

馬名 単勝
アルアイン1.7
ミッキースワロー6.1
サトノクロニクル6.6
クリンチャー10.7
サーレンブラント17.5
スティッフェリオ23.6
サンデームーティエ24.6
プラチナヴォイス26
サンシロウ36.6
クレッシェンドラヴ39.3
インペリアルフィズ45.2
ローリングタワー80
ストロングレヴィル111.2
□地ブラックロード264.6
ブラックギムレット337.1
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

セントライト記念記事一覧

セントライト記念 (2017年) 『ミッキースワローが皐月賞馬アルアインを差し切る』

セントライト記念(2017年)では、2番人気のミッキースワロー(横山典弘)が、断然の1番人気に推された皐月賞馬アルアイン(ルメール)を差し切り、菊花賞戦線に名乗りを上げた。 競馬理論の競馬予想では、超スローペースで脚を余 […]

2017/09/21 (木)

セントライト記念 (2017年) 『皐月賞馬アルアインが始動』

今週のメインレースは、セントライト記念(2017年)である。 セントライト記念(2017年)は、断然人気が予想される皐月賞馬アルアイン(ルメール)の復帰戦ということで注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、セント […]

2017/09/12 (火)

セントライト記念 (2016年) 『ディーマジェスティが格の違いを見せつける』

第70回セントライト記念は、皐月賞馬ディーマジェスティ(蛯名正義)が格の違いを見せつけ、1番人気にこたえて快勝した。 競馬理論の競馬予想では、皐月賞及び日本ダービーの強い内容から、ステップレースの弱いメンバーでは負けられ […]

2016/09/21 (水)

セントライト記念 (2016年) 『皐月賞馬ディーマジェスティがいよいよ始動』

今週のメインレースは、第70回セントライト記念である。 第70回セントライト記念は、昨年3連単61万馬券を本線で的中させた縁起の良いレースである。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第70回セントライト記念に出走する有力各 […]

2016/09/13 (火)

セントライト記念 (2015年) 『キタサンブラックが重賞2勝目をゲット』

第69回セントライト記念は3連単61万円の大波乱の結論となったが、競馬理論の予想は本線で的中することができた。 その波乱の第69回セントライト記念を制したのは、6番人気のキタサンブラック(北村宏)である。 競馬理論の競馬 […]

2015/09/24 (木)

セントライト記念 (2015年) 『サトノラーゼンがダービー2着馬の底力を見せるか?』

今週のメインレースは第69回セントライト記念である。 第69回セントライト記念は、ドゥラメンテ不在の菊花賞戦線を占う意味でも注目を集める。 そこで競馬理論の競馬予想では、第69回セントライト記念に出走する有力各馬の能力を […]

2015/09/15 (火)
イスラボニータが秋初戦を突破

セントライト記念 (2014年) 『イスラボニータが秋初戦を突破』

今回の第68回セントライト記念は、断然の1番人気に推されていた皐月賞馬であるイスラボニータ(蛯名正義)が力の違いを見せつけて快勝したレースだった。 競馬理論の競馬予想では、3歳世代でトップクラスのイスラボニータに人気でも […]

2014/09/26 (金)
イスラボニータが菊花賞を目指していよいよ始動

セントライト記念 (2014年) 『イスラボニータが菊花賞を目指していよいよ始動』

今週のメインレースは、第68回セントライト記念となっている。 この第68回セントライト記念は、皐月賞馬であるイスラボニータが出走することもあって、今年の菊花賞を占う意味でも大注目の一戦となることが予想される。 そこで、競 […]

2014/09/19 (金)
サダムパテックが打倒オルフェーヴルに向けて始動

セントライト記念 (2012年) 『サダムパテックが打倒オルフェーヴルに向けて始動』

今週のメインレースは、第65回セントライト記念(2011年)である。第65回セントライト記念は、皐月賞2着馬のサダムパテックが出走するので、3冠最終関門の菊花賞を占う意味でも重要な一戦である。 そこで、第65回セントライ […]

2012/07/2 (月)
アロマカフェが重賞連覇を狙う

セントライト記念 (2012年) 『アロマカフェが重賞連覇を狙う』

今週のメインレースは、第64回セントライト記念である。第64回セントライト記念は、3着まで菊花賞の優先出走権が与えられることもあり、菊花賞を占う意味でも重要な一戦となる。そこで、第64回セントライト記念による競馬理論の競 […]

2012/07/2 (月)
第63回セントライト記念

セントライト記念 (2012年) 『第63回セントライト記念』

今週のメインレースは、第63回セントライト記念である。第63回セントライト記念は、3着まで菊花賞の優先出走権が与えられることもあり、素質馬が揃った。そこで、第63回セントライト記念に出走する有力各馬をステップレースごとに […]

2012/07/2 (月)
今年の混戦のクラシック戦線を象徴?

セントライト記念 (2012年) 『今年の混戦のクラシック戦線を象徴?』

今週は、菊花賞トライアルの第62回セントライト記念が中山競馬場で行われる。今年の混戦のクラシック戦線を象徴するように、第62回セントライト記念も中心馬不在の混戦模様である。 その第62回セントライト記念には、日本ダービー […]

2012/06/29 (金)
クォークスターが大外一気で差し切る

セントライト記念 (2010年) 『クォークスターが大外一気で差し切る』

第54回セントライト記念の結果は、4番人気のクォークスター(藤岡佑)の勝利で幕を閉じた。競馬理論の第54回セントライト記念の予想結果は、前残りの競馬ながらも大外から追い込んで2着だったラジオNIKKEI賞のレース内容を評 […]

2010/09/19 (日)
第53回セントライト記念

セントライト記念 (2009年) 『第53回セントライト記念』

第53回セントライト記念は、2番人気のナカヤマフェスタの完勝で幕を閉じた。 競馬理論の予想結果は、追い込みが届かない極悪馬場で唯一大外から追い込んで好走した日本ダービーの第53回セントライト記念の内容を評価して、ナカヤマ […]

2009/09/20 (日)
第52回セントライト記念

セントライト記念 (2008年) 『第52回セントライト記念』

菊花賞トライアルの第52回セントライト記念では、ダイワワイルドボア(北村宏)が、1番人気のマイネルチャールズ(松岡)を差しきって、菊花賞への出走権を手に入れた。競馬理論の予想結果は、2200mを中心に使われてきたダイワワ […]

2008/09/21 (日)
第51回セントライト記念

セントライト記念 (2007年) 『第51回セントライト記念』

第51回セントライト記念は、結果1番人気のロックドゥカンブ(柴山)が勝利を収め、2番人気のゴールデンダリア(柴田善)が結果2着に入る本命結果となった。 ロックドゥカンブは、好スタートを切ると、逃げ争いを見る結果4~5番手 […]

2007/09/16 (日)
第50回セントライト記念

セントライト記念 (2006年) 『第50回セントライト記念』

菊花賞トライアルの第1戦であるセントライト記念の結果、人気馬が総崩れとなる波乱の結果となった。その波乱の結果の主役を演じたのは、トーセンシャナオー(イネス)である。 トーセンシャナオーは、500万下を勝ちきれずにいたが、 […]

2006/09/17 (日)
第59回セントライト記念

セントライト記念 (2005年) 『第59回セントライト記念』

セントライト記念は、休み明けのキングストレイル(北村宏)が差し切った結果となった。セントライト記念でのキングストレイルは、中段を追走し、直線では外に出した結果差し切った。セントライト記念でキングストレイルは、デビュー時か […]

2005/09/18 (日)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪