天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 札幌記念

今週はなんと、サマースプリントシリーズ・サマー2000シリーズの二本立てでございます!

2016年のサマーシリーズも終盤戦に差し掛かり、優勝をかけての熱い闘いが繰り広げられそう。

と思いきや、この札幌記念。

サマー2000シリーズの上位成績馬があまり出走していません。

夏競馬の中でも特にレベルが高いと評判のレース。

ちょっと特別なんですよね。

名を連ねる馬も異なるのでしょう。

予想オッズを見ると、モーリスが断然の一番人気・・・

じゃないですね!?

一番人気ではあるのですが、予想していたオッズより控えめです。

モーリスといえば、海外含めたG1を4連勝。

2015年の年度代表馬にも選ばれた、誰もが認める最強クラスの馬ですが、

勝利したG1はすべて1600m。

そこが穴狙いの競馬ファンには引っかかるのでしょう。

過去にはブエナビスタやゴールドシップと、最強クラスもかなり顔を出している札幌記念ですが、

どれも中距離で実績を出している馬ばかりなので、確かにモーリスは少し外れてしまうかも。

マスターは「オッズの低い馬を買うのは馬券としてよくない」と豪語していますので、

そういった意味では、モーリスに不安があるなら面白いレースかもしれません。

札幌2000m。洋芝でまん丸コースと特徴的な競馬場ですが、そこのところも結果にどう響いてくるのか?

2016年の札幌記念にも期待しましょう

今週の重賞レース
■ 北九州記念ページ
https://www.keibariron.com/database/kitakyushukinen


2017年 札幌記念の最新予想情報

予想屋マスターの札幌記念(2017年)予想分析記事

サクラアンプルールが勝利し大波乱の結果に

札幌記念(2017年)は、上位人気馬が総崩れとなり、馬連3万7千円代の大波乱の決着となった。
その札幌記念(2017年)を制したのは、6番人気のサクラアンプルール(蛯名正義)である。
競馬理論の競馬予想では、ラチ沿いでロスのない競馬をすればネオリアリズムと互角だった中山記念のレース内容から、1枠を引いた今回は絶好と判断してかなり高い評価をしていたものの、サクラアンプルールを本命にまですることはできなかった。
レースでは、サクラアンプルールは、中団のインを確保し、3コーナー過ぎから外に持ち出されながら上位に進出していった。
そして、サクラアンプルールは、直線に向くと大外から一気に突き抜け、札幌記念(2017年)を制覇した。
サクラアンプルールの札幌記念(2017年)の勝利という結果は、G1級を破っており、展開や条件に恵まれれば一線級相手でも通用する能力を示した。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、サクラアンプルールが好走できるか否かは、イン有利の馬場で且つ内枠を引いてロスのない競馬ができるかどうかにかかっていると判断すべきである。

一方、札幌記念(2017年)では、12番人気のナリタハリケーン(藤岡康太)が2着に入り、大波乱を演出した。
ナリタハリケーンは、中団よりやや後方のインを進み、サクラアンプルールをマークするように追い上げ、上がりナンバーワンの脚を使ったがクビ差だけ届かず、2着であった。
ナリタハリケーンの札幌記念(2017年)の2着という結果は、Cコース替りでインが有利になった馬場を生かしたものであり、着順ほどの評価は不要である。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、ナリタハリケーンが芝で堅実に追い込んでいることは確かだが、札幌記念(2017年)2着馬というだけで過大評価は禁物である。

一方、札幌記念(2017年)で1番人気に推されたヤマカツエース(池添謙一)は3着に敗れてしまった。
ヤマカツエースは、内枠からの発走ながらも被されることを嫌って、スタート後すぐに外に持ち出され、好位の外目からレースを進めた。
そして、ヤマカツエースは、早め先頭で押し切りを狙ったが、上位2頭に差されてしまい、3着止まりであった。
ヤマカツエースの札幌記念(2017年)の3着という結果は、休み明け且つコース取りの差を考えると、悲観すべきではなく、むしろ負けて強しの内容であった。
よって、秋のG1戦線の競馬予想においては、札幌記念(2017年)組ではヤマカツエースに一番高い評価を与えるべきである。

以上のように、札幌記念(2017年)は、サクラアンプルールの勝利で幕を閉じ、大波乱の決着となった。
ただし、札幌記念(2017年)は、インが有利となった馬場が結果に大きな影響を与えたものである。
競馬理論のファンの方は、このことを頭に入れて、次走以降における札幌記念(2017年)組の評価を下して頂きたい。

エアスピネルが春のマイル戦線の雪辱を果たせるか?

今週のメインレースは、札幌記念(2017年)である。
札幌記念(2017年)は、去年の覇者ネオリアリズムの回避こそ残念だが、秋のG1戦線を占う意味でも注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、札幌記念(2017年)に出走登録のある有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

函館記念組からは、2着のタマモベストプレイ(吉田隼人)、4着のアングライフェン(北村友一)、7着のナリタハリケーン(藤岡康太)、9着のサクラアンプルール(蛯名正義)、10着のツクバアズマオー(勝浦正樹)及び11着のマイネルミラノ(丹内祐次)が札幌記念(2017年)に出走登録している。
タマモベストプレイの函館記念の2着という結果は、14番人気で大波乱を演出したが、イン有利の馬場且つスローペースで絶好となるインの3番手を追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、タマモベストプレイに高い評価は不要である。

アングライフェンの函館記念の4着という結果は、ラチ沿いを走れたわけではないが、前残りの展開を早めに追走してのものであり、レース内容としての価値は微妙である。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、アングライフェンに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

ナリタハリケーンの函館記念の7着という結果は、コースロスのない競馬によるものであり、前残りの展開を考慮しても見所はなかった。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、ナリタハリケーンに高い評価は不要である。

サクラアンプルール及びツクバアズマオーの函館記念の敗戦は、イン有利の馬場且つ前残りの展開を考慮すると、度外視可能である。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、サクラアンプルール及びツクバアズマオーの巻き返しに注意を払うべきである。

マイネルミラノの函館記念の11着という結果は、逃げる自分の競馬ができなかったものであり悲観すべき内容ではない。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、マイネルミラノが好走するためには楽に逃げる展開に恵まれる必要がある。

安田記念組からは、5着のエアスピネル(ルメール)及び13着のディサイファ(四位洋文)が札幌記念(2017年)に出走登録している。
エアスピネルの安田記念の5着という結果は、直線での不利がなければ勝っていたはずである。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、エアスピネルの巻き返しにも注意を払って当然である。

ディサイファの安田記念の13着という結果は、見所がなく力負けであった。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、ディサイファが好走するためには好位のインを追走するなどかなりの展開の助けが必要と判断すべきである。

福島テレビオープン組からは、1着のマウントロブソン(モレイラ)が札幌記念(2017年)に出走登録している。
マウントロブソンの福島テレビオープンの勝利という結果は、力でねじ伏せる着差以上に強い競馬であったが、弱いメンバー構成に恵まれたことも確かである。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、急激なメンバー強化を考慮すると、マウントロブソンに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

ドバイからの遠征明けとして、サウンドオブアース(横山典弘)が札幌記念(2017年)に出走登録している。
サウンドオブアースは、3年以上勝ち星から遠ざかっているが、菊花賞、有馬記念やジャパンカップで2着に好走しているように、G1級の能力を秘めていることには疑いの余地がない。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、サウンドオブアースにもかなり高い評価を与えて当然である。

大阪杯組からは、3着のヤマカツエース(池添謙一)及び14着のロードヴァンドール(太宰啓介)が札幌記念(2017年)に出走登録している。
ヤマカツエースの大阪杯の3着という結果は、キタサンブラックにこそ力負けであったが、終始外を回らされたことを考慮すると立派である。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、去年の秋以降急激に力をつけているヤマカツエースにも高い評価を与えて当然である。

ロードヴァンドールの大阪杯の14着という結果は、逃げる自分の競馬ができなかっただけであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。
よって、札幌記念(2017年)の競馬予想においては、単騎逃げの展開に恵まれるようであれば、ロードヴァンドールの逃げ粘りにも注意を払うべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、札幌記念(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、札幌記念(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、札幌記念(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ネオリアリズムが年度代表馬モーリスを破る

第52回札幌記念は、5番人気のネオリアリズム年度代表馬モーリスを破るという波乱を演出した。
競馬理論の競馬予想では、イン有利の馬場で能力を発揮できなかった函館記念の内容は悪くないと判断し、ネオリアリズム(ルメール)にも高い評価を与えていたが、本命にはできなかった。
レースでは、ネオリアリズムは、好スタートを切ると他馬が行く気を見せなかったこともあり、逃げを打った。
そして、ネオリアリズムは、直線に向いて後続を引き離すと、危なげなく逃げ切り、第52回札幌記念を制覇した。
ネオリアリズムの第52回札幌記念の勝利という結果は、差しが届きにくいやや重の馬場に恵まれたことは確かだが、モーリスを寄せ付けなかったことは立派である。
よって、第52回札幌記念以降の重賞戦線の競馬予想においては、先行力を見につけたネオリアリズムに高い評価を与えて当然である。

一方、第52回札幌記念で断然の1番人気に推されたモーリス(モレイラ)は、2着に敗れてしまった。
モーリスは、中団の外目を追走し、直線でもジリジリと伸びたが、2着を確保するのが精一杯であった。
モーリスの第52回札幌記念の2着という結果は、差しが届きにくい馬場で終始外を回らされたことを考慮すると、敗れたとはいえども内容は悪くない。
よって、第52回札幌記念以降の重賞戦線の競馬予想においては、2000mの距離にメドをつけたモーリスの巻き返しに注意を払って当然である。

一方、第52回札幌記念では、3歳馬のレインボーライン(福永祐一)が3着に入った。
レインボーラインは、後方の馬群の中で脚をため、直線で外に持ち出されると、上がりナンバーワンの脚を使って、3着に追い込んだ。
レインボーラインの第52回札幌記念の3着という結果は、モーリスに後ろから迫っており、3歳世代のレベルの高さを示した。
よって、今後の古馬の重賞戦線の競馬予想においては、レインボーラインを含む3歳世代には高い評価を与えるべきである。

以上のように、第52回札幌記念では、年度代表馬モーリスが破れるという波乱になった。
競馬理論のファンの方は、ネオリアリズム及びモーリスの今後の走りに大いに注目すべきだが、3歳世代のレベルの高さにも注意を払うべきである。

うまみちゃんねるの札幌記念最新記事

札幌記念のレース結果

芝2000m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

1234455667788
12345678910111213 馬番
○地サクラアンプルール ナリタハリケーン ヤマカツエース ロードヴァンドール マウントロブソン タマモベストプレイ サウンズオブアース ツクバアズマオー ディサイファ サングラス アングライフェン マイネルミラノ エアスピネル 馬名
牡6牡8牡5牡4牡4牡7牡6牡6牡8牡6牡5牡7牡4 性齢
57575757575757575757575757 斤量
蛯名 藤岡康 池添 太宰 モレイラ 吉田隼 横山典 勝浦 四位 藤岡佑 福永 丹内 ルメール 騎手
12368741112109135 着順

札幌記念の最新情報

札幌記念とは

札幌記念(さっぽろきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 正賞は札幌市長賞、札幌馬主協会会長賞。 1965年に4歳(現・3歳)以上の馬による重賞競走として創設され、札幌競馬場で施行する重賞競走としては、最も歴史が古い。札幌競馬場は寒冷地のため当時は芝コースが設置されておらず、砂2000m(左回り)で施行された。その後1969年から1974年までは左回りダート、1975年から1989年までは右回りダートコースで施行していたが、1990年から右回り芝コースでの施行に変更され現在に至っている。負担重量は創設から長らくハンデキャップだったが、1997年から別定に変更したのち、2006年以降は実力馬の参戦を促す観点から定量に変更された。 1984年のグレード制施行によりGIIIに格付けされたが、1997年から夏季競馬開催では唯一となるGIIに格上げされた。GIIに格上げ後は、過去にGIを優勝している馬や後にGIを勝利する馬が本競走に出走するなど、過去や未来の大レースと密接な繋がりを持つ競走となっている。引用元:Wikipedia 札幌記念

札幌記念の最終オッズ

馬名 単勝
ヤマカツエース2.7
エアスピネル3.9
マウントロブソン4.3
サウンズオブアース8
ロードヴァンドール15.4
○地サクラアンプルール19.9
アングライフェン23.7
マイネルミラノ30.8
タマモベストプレイ43.8
ディサイファ45.8
ツクバアズマオー45.9
ナリタハリケーン68.1
サングラス253.1
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

札幌記念記事一覧

札幌記念 (2017年) 『サクラアンプルールが勝利し大波乱の結果に』

札幌記念(2017年)は、上位人気馬が総崩れとなり、馬連3万7千円代の大波乱の決着となった。 その札幌記念(2017年)を制したのは、6番人気のサクラアンプルール(蛯名正義)である。 競馬理論の競馬予想では、ラチ沿いでロ […]

2017/08/24 (木)

札幌記念 (2017年) 『エアスピネルが春のマイル戦線の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、札幌記念(2017年)である。 札幌記念(2017年)は、去年の覇者ネオリアリズムの回避こそ残念だが、秋のG1戦線を占う意味でも注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、札幌記念(2017年) […]

2017/08/15 (火)

札幌記念 (2016年) 『ネオリアリズムが年度代表馬モーリスを破る』

第52回札幌記念は、5番人気のネオリアリズムが年度代表馬モーリスを破るという波乱を演出した。 競馬理論の競馬予想では、イン有利の馬場で能力を発揮できなかった函館記念の内容は悪くないと判断し、ネオリアリズム(ルメール)にも […]

2016/08/25 (木)

札幌記念 (2016年) 『年度代表馬モーリスが出走』

今週のメインレースは、第52回札幌記念である。 第52回札幌記念は、スーパーG2ということもあり、夏場ながらも豪華メンバーが揃った。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第52回札幌記念に出走する有力各馬の能力をステップレー […]

2016/08/16 (火)
札幌記念

札幌記念 (2015年) 『ディサイファがいよいよ本格化』

第51回札幌記念は、5番人気のディサイファ(四位洋文)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、イン有利の馬場で外を回さられて脚を余したエプソムカップの強い内容からディサイファに高い評価を与えていたが、Cコースへの変 […]

2015/08/27 (木)

札幌記念 (2015年) 『トーホウジャッカルが菊花賞馬の底力を見せるか?』

今週のメインレースは、第51回札幌記念である。 第51回札幌記念は、夏場の大一番として注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では第51回札幌記念に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。 春のグランプリ […]

2015/08/17 (月)
ハープスターがゴールドシップとの一騎打ちを制する

札幌記念 (2014年) 『ハープスターがゴールドシップとの一騎打ちを制する』

第50回札幌記念は、桜花賞馬であるハープスター(川田将雅)が宝塚記念馬のゴールドシップ(横山典弘)を破って、勝利をおさめたことで、凱旋門賞制覇への夢を広げたレースだった。 レース中、ハープスターは、後方2番手を追走して、 […]

2014/08/28 (木)
ゴールドシップが凱旋門賞制覇に向けて出走

札幌記念 (2014年) 『ゴールドシップが凱旋門賞制覇に向けて出走』

今週のメインレースは、第50回札幌記念である。 第50回札幌記念は、凱旋門賞への挑戦を予定しているゴールドシップおよびハープスターが出走するとあって、例年以上の豪華メンバーとなりそうである。 そこで、競馬理論の競馬予想で […]

2014/08/21 (木)
トウケイヘイローが重賞3連勝でサマー2000シリーズのチャンピオンへ

札幌記念 (2013年) 『トウケイヘイローが重賞3連勝でサマー2000シリーズのチャンピオンへ』

第49回札幌記念は、皐月賞馬ロゴタイプの参戦により例年以上の注目を集めたが、2番人気のトウケイヘイロー(武豊)の圧勝で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、Cコース替りで極端にインが有利となった馬場状態を考慮し、トウケイ […]

2013/08/22 (木)
トウケイヘイローが重賞3連覇なるか?

札幌記念 (2013年) 『トウケイヘイローが重賞3連覇なるか?』

今週のメインレースは、第49回札幌記念である。 第49回札幌記念は、皐月賞馬のロゴタイプが出走するということもあり例年以上の注目を集めるが、今年は函館競馬場での開催ということもあり、例年と異なる傾向になることも想定される […]

2013/08/16 (金)
フミノイマージンが牡馬相手に大金星

札幌記念 (2012年) 『フミノイマージンが牡馬相手に大金星』

第48回札幌記念の結果では、6歳牝馬のフミノイマージン(太宰)が牡馬のG1馬を差し切り、スーパーG2を制覇した。 競馬理論は、直線で不利を受けたクイーンステークスを度外視可能と判断し、牝馬限定といえども重賞3勝の実績を考 […]

2012/08/19 (日)
トーセンジョーダンの連覇なるか?

札幌記念 (2012年) 『トーセンジョーダンの連覇なるか?』

今週のメインレースは、 サマー2000シリーズの第48回札幌記念である。 第48回札幌記念は、 G1級の実力馬が揃うスーパーG2であり、 夏場では最も注目されるレースである。 そこで競馬理論は、 第48回札幌記念に出走す […]

2012/08/14 (火)
キングトップガンが重賞3連勝なるか?

札幌記念 (2012年) 『キングトップガンが重賞3連勝なるか?』

第47回札幌記念(2011)は、出走を予定していた宝塚記念馬アーネストリーの回避により、中心馬不在の混戦模様となった。 そこで、競馬理論の競馬予想は、第47回札幌記念(2011)に出走する有力各馬の能力をステップレースご […]

2012/07/2 (月)
第45回札幌記念

札幌記念 (2012年) 『第45回札幌記念』

今週のメインレースは、サマー2000シリーズの第45回札幌記念である。第45回札幌記念は、2冠牝馬のブエナビスタ(安藤勝)が出走することもあり、例年以上に注目を集める。果たして、ブエナビスタは、壮行レースの第45回札幌記 […]

2012/07/2 (月)
有馬記念馬マツリダゴッホがいよいよ始動

札幌記念 (2012年) 『有馬記念馬マツリダゴッホがいよいよ始動』

今週は、夏の中距離界ナンバーワン決定戦の第44回札幌記念が札幌競馬場で行われる。第44回札幌記念は、去年の有馬記念を制してグランプリホースとなったマツリダゴッホの復帰戦となるため、例年以上に注目を集める。 マツリダゴッホ […]

2012/06/29 (金)
カワカミプリンセスの代わりに主役を務めるのはどの馬か?

札幌記念 (2012年) 『カワカミプリンセスの代わりに主役を務めるのはどの馬か?』

今週の札幌競馬場のメインレースは、サマー2000シリーズの第43回札幌記念である。第43回札幌記念は、去年の最優秀牝馬のカワカミプリンセスの出走が予定されていたが、故障による回避が決まった。そのため、第43回札幌記念では […]

2012/06/29 (金)
トーセンジョーダンが3つ目の重賞をゲット

札幌記念 (2011年) 『トーセンジョーダンが3つ目の重賞をゲット』

第47回札幌記念の結果(2011年)は、スーパーG2と言われる割には淋しいメンバー構成となってしまったが、トーセンジョーダン(福永祐一)が1番人気に応えて快勝した。 競馬理論は、第47回札幌記念の結果はG2を2勝、有馬記 […]

2011/08/21 (日)
第45回札幌記念

札幌記念 (2009年) 『第45回札幌記念』

第45回札幌記念の結果では、凱旋門賞へ出走する予定だった2冠牝馬のブエナビスタが敗れてしまった。 そのブエナビスタを破ったのは、ヤマニンキングリー(柴山)である。 競馬理論は、5戦連続で連対中という安定味を評価し、ヤマニ […]

2009/08/23 (日)
第44回札幌記念

札幌記念 (2008年) 『第44回札幌記念』

第44回札幌記念の結果では、タスカータソルテ(横山)が断然人気の有馬記念馬マツリダゴッホを差し切って勝利を収めた。 競馬理論は、有力馬が外を回る中でインを突く展開に恵まれた中京記念で重賞制覇を果たした後に、金鯱賞及び函館 […]

2008/08/24 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪