天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > オークス 優駿牝馬

今週の重賞レース
■ 平安Sページ https://www.keibariron.com/database/heianstakes

主なローテーション
■ 桜花賞ページ https://www.keibariron.com/database/oukasho
■ フローラSページ https://www.keibariron.com/database/florastakes
■ NHKマイルCページ https://www.keibariron.com/database/nhkmilecup
■ スイートピーS

2017年 オークス 優駿牝馬の最新予想情報

予想屋マスターの予想分析記事(2017年)

シンハライトが桜花賞の雪辱を果たす

 

第77回オークスは、断然1番人気のシンハライトが人気に応え、本命サイドの決着となった。

競馬理論の競馬予想では、桜花賞馬ジュエラー不在のメンバー構成ならば能力断然のシンハライトに人気でも逆らうべきでないと判断し、本命に予想した。

レースでは、シンハライトは中団よりやや後方の内目で待機したのち直線に向いたが、前がなかなか開かなかった。
しなしながら、シンハライトは狭い隙間に強引に割って入ると一気に突き抜け、第77回オークスを制覇した。

シンハライトの第77回オークスの勝利という結果は、直線で前が塞がる不利を考えると、着差以上に強い内容であった。
よって秋華賞の競馬予想においても、シンハライトに本命級の高い評価を与えて当然である。

第77回オークスでは2番人気のチェッキーノ(戸崎圭太)が2着に入った。

競馬理論の競馬予想では、フローラステークスの圧巻の内容から、チェッキーノがシンハライトを唯一逆転可能と判断し、対抗評価を与えていた。

レースでは、チェッキーノはシンハライトと並ぶ位置を追走し、直線で大外に持ち出されるといい脚を使ったが、シンハライトにクビ差だけ届かず、2着止まりであった。

チェッキーノの第77回オークスの2着という結果は、4コーナーでかなり外を回らされるロスがあったことを考慮すると、力負けと判断するのは早計である。
よって秋華賞の競馬予想においては、展開や条件次第で、チェッキーノがシンハライトを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

一方、第77回オークスでは、5番人気のビッシュ(デムーロ)が3着に入った。

ビッシュは好位を追走し、直線で一旦は先頭に立ったものの、上位2頭に差されてしまい、3着止まりであった。

ビッシュの第77回オークスの3着という結果は、上位2頭がロスの多い競馬であったことを考えると、着差以上の能力差があり、現時点では力負けである。よって秋の重賞戦線の競馬予想においては、ビッシュが一線級相手で通用するためには更なる成長が必要と判断すべきである。

以上のように、第77回オークスは、シンハライト及びチェッキーノ2頭の強さが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、シンハライト及びチェッキーノの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

シンハライトが桜花賞の雪辱を果たすか?


今週のメインレースは、第77回オークスである。
第77回オークスは、桜花賞馬ジュエラーの骨折による回避により、シンハライトの1強ムードとなった。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第77回オークスに出走する有力各馬の能力についてステップレースごとに分析する。

桜花賞組からは、2着のシンハライト(池添謙一)、3着のアットザシーサイド(福永祐一)、5着のアドマイヤリード(岩田康誠)、7着のレッドアヴァンセ(武豊)、10着のデンコウアンジュ(川田将雅)及び12着のウインファビラス(松岡正海)が第77回オークスに出走する。
シンハライトの桜花賞の2着という結果は、クビの上げ下げで負けてしまったが、ジュエラーとは能力的に互角である。
よって、第77回オークスの競馬予想においては、ジュエラー不在であることから、シンハライトに本命級の高い評価を与えて当然である。

アットザシーサイドの桜花賞の3着という結果は、上位2頭には力負けであったが、NHKマイルカップ馬メジャーエンブレムに先着したのは立派である。
よって、第77回オークスの競馬予想においては、アットザシーサイドにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

アドマイヤリード、レッドアヴァンセ、デンコウアンジュ及びウインファビラスは、桜花賞の見所のない内容を見る限り、第77回オークスの競馬予想において高い評価は不要である。

一方、スイートピーステークス組からは、1着のジェラシー(横山典弘)及び2着のフロムマイハート(石橋脩)が第77回オークスに出走する。
ジェラシーのスイートピーステークスの勝利という結果は、スローペースを先行して押し切ったものであり、レース内容としての価値は高くない。
よって、第77回オークスの競馬予想においては、ジェラシーに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

フロムマイハートのスイートピーステークスの2着という結果は、好位のインを追走してのものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、第77回オークスの競馬予想においては、フロムマイハートに高い評価は不要である。

一方、フラワーカップ組からは、1着のエンジェルフェイス(ルメール)が第77回オークスに出走する。
エンジェルフェイスのフラワーカップの勝利という結果は、後続を寄せ付けなかったが、フローラステークス7着馬ゲッカコウが2着という弱いメンバー構成に恵まれたものでもあった。
よって、第77回オークスの競馬予想においては、楽に先行できる展開に恵まれるようであれば、エンジェルフェイスの残り目に注意を払うべきである。

一方、忘れな草賞組からは、1着のロッテンマイヤー(ベリー)が第77回オークスに出走する。
ロッテンマイヤーの忘れな草賞の勝利という結果は、1000m通過64秒8の超スローペースの逃げ切りであり、レース内容としての価値は低い。
よって、第77回オークスの競馬予想においては、ロッテンマイヤーに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

一方、フローラステークス組からは、1着のチェッキーノ(戸崎圭太)、3着のアウェイク(吉田豊)、4着のフロンテアクイーン(蛯名正義)、5着のビッシュ(デムーロ)及び8着のゲッカコウ(柴田大知)が第77回オークスに出走する。

チェッキーノのフローラステークスの勝利という結果は、

開幕週の府中2000mの大外枠という不利を克服して、3馬身もの差をつけており、能力の違いを見せつけた。
よって、第77回オークスの競馬予想においては、チェッキーノに、打倒シンハライトの1番手くらいのかなり高い評価を与えて当然である。

アウェイク、フロンテアクイーン、ビッシュ及びゲッカコウは、フローラステークスの見所のない内容から、第77回オークスの競馬予想において高い評価は不要である。
ただし、この中では、最後方からいい脚を使って追い込んだビッシュにデムーロ騎手が騎乗するので多少注意を払いたい。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第77回オークスに出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第77回オークスの最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第77回オークスの予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
パスワード確認:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ミッキークイーンがルージュバックを差し切る

第76回オークスは、3番人気のミッキークイーン(浜中俊)の勝利で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、先行馬不在の展開面から前残りの展開になると想定し、出遅れることが多いミッキークイーンに高い評価を与えることはできなかった。

レースでは、ミッキークイーンは、スタートを決めたこともあり、いつもより前目となる中団よりやや後方で折り合いをつけた。そして、ミッキークイーンは、直線でルージュバック及びクルミナルの外に持ち出されると鋭い脚で、ルージュバックをきっちりと差し切り、第76回オークスを制覇した。

ミッキークイーンの第76回オークスの勝利という結果は、瞬発力勝負では3歳牝馬ナンバーワンであることを示した。

よって、今後の3歳牝馬クラシック戦線においても、ミッキークイーン高い評価を与えて当然だが、出遅れ癖があることは頭に入れておくべきである。

一方、第76回オークスで1番人気に推されたルージュバック(戸崎圭太)は2着に敗れてしまった。

ルージュバックは、好位の外目を追走し、直線で一旦は先頭に立ったものの、外からミッキークイーンに差されてしまい、2着止まりであった。

ルージュバックの第76回オークスの2着という結果は、早め先頭で目標になってしまったものではあるが、現時点ではミッキークイーンに力負けであった。

よって、今後の3歳牝馬クラシック戦線においても、 ルージュバックには常に高い評価を与える必要があるが、桜花賞前の牝馬同士では力が断然上という感じではなくなっていることも確かである。

一方、第76回オークスでは6番人気のクルミナル(池添謙一)が3着に入った。クルミナルは、出遅れてしまったが気合をつけて、ルージュバックをマークする位置から競馬を進めた。

そして、クルミナルは、直線に向くとシブトクいい脚を使ったが、上位2頭には伸び負け、3着に敗れてしまった。

クルミナルの第76回オークスの3着という結果は、ゲート入りを嫌がって出遅れた割には頑張っており、桜花賞2着がフロックでないことを示した。

よって、今後の3歳牝馬クラシック戦線においても、ゲート難さえ克服できればクルミナルに常に注意が必要と判断すべきである。

一方、第76回オークスでは、桜花賞馬レッツゴードンキ(岩田康誠)が10着に敗れてしまった。

レッツゴードンキの第76回オークスの10着という結果は、終始折り合いを欠いてしまったものであり、度外視可能である。

よって、今後の3歳牝馬クラシック戦線の競馬予想においては、桜花賞のように楽に先行できる展開になるようであれば、レッツゴードンキの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

以上のように、第76回オークスは、ミッキークイーンの勝利で幕を閉じた。

ただし、今年の3歳牝馬クラシック戦線は、混戦模様なので展開や条件次第で着順が大きく入れ替わりそうである。

競馬理論のファンの方は、今後の3歳牝馬クラシック戦線の穴予想をお楽しみに。

うまみちゃんねるの最新記事

レース結果

芝2400m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:40

112233445566777888
123456789101112131415161718 馬番
フロムマイハート アウェイク シンハライト アットザシーサイド ペプチドサプル アドマイヤリード ゲッカコウ デンコウアンジュ ウインファビラス ダンツペンダント エンジェルフェイス フロンテアクイーン チェッキーノ ビッシュ レッドアヴァンセ ジェラシー ロッテンマイヤー ダイワドレッサー 馬名
牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3 性齢
555555555555555555555555555555555555 斤量
石橋脩 吉田豊 池添 福永 四位 岩田 柴田大 川田 松岡 古川 ルメール 蛯名 戸崎圭 Mデムーロ 田辺 横山典 Tベリー 三浦 騎手
161211151517914181062374138 着順

最新情報

優駿牝馬とは

優駿牝馬(ゆうしゅんひんば)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。1965年から(オークス)の副称が付けられており、競馬番組表での名称は「優駿牝馬(オークス)」と表記している。 「オーク(Oak)」は、樫を意味する英語。「イギリスダービー」創設者の第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは樫の森が茂る「オークス」と呼ばれる土地を所有しており、1779年にエリザベス・ハミルトンと結婚した際、記念に競馬を開催することを発案。その中に夫人の希望を入れて3歳牝馬のレースを行い、これが「オークス」と名づけられたのが由来とされている。日本では本競走の優勝馬を「樫の女王」という通称で呼ぶこともある。 正賞は内閣総理大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞。 1938年にイギリスのオークスを範として、4歳(現3歳)牝馬限定の「阪神優駿牝馬(はんしんゆうしゅんひんば)」を阪神競馬場(旧鳴尾競馬場)に創設。引用元:Wikipedia 優駿牝馬

最終オッズ

馬名 単勝
シンハライト2
チェッキーノ4
エンジェルフェイス12.2
アットザシーサイド14.7
ビッシュ16
デンコウアンジュ18.1
ロッテンマイヤー18.4
ペプチドサプル29.1
アドマイヤリード32.5
ジェラシー37.1
レッドアヴァンセ38.8
フロンテアクイーン41.8
アウェイク64.2
フロムマイハート113.9
ゲッカコウ144
ウインファビラス145.5
ダイワドレッサー202.7
ダンツペンダント246
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

記事一覧

オークス 優駿牝馬 (2016年) 『シンハライトが桜花賞の雪辱を果たす』

  第77回オークスは、断然1番人気のシンハライトが人気に応え、本命サイドの決着となった。 競馬理論の競馬予想では、桜花賞馬ジュエラー不在のメンバー構成ならば能力断然のシンハライトに人気でも逆らうべきでないと判 […]

2016/05/26 (木)

オークス 優駿牝馬 (2016年) 『シンハライトが桜花賞の雪辱を果たすか?』

今週のメインレースは、第77回オークスである。 第77回オークスは、桜花賞馬ジュエラーの骨折による回避により、シンハライトの1強ムードとなった。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第77回オークスに出走する有力各馬の能力に […]

2016/05/17 (火)
ミッキークイーンがルージュバックを差し切る

オークス 優駿牝馬 (2015年) 『ミッキークイーンがルージュバックを差し切る』

第76回オークスは、3番人気のミッキークイーン(浜中俊)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、先行馬不在の展開面から前残りの展開になると想定し、出遅れることが多いミッキークイーンに高い評価を与えることはできなかっ […]

2015/05/28 (木)
レッツゴードンキの2冠制覇なるか?

オークス 優駿牝馬 (2015年) 『レッツゴードンキの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、第76回オークスである。 第76回オークスは、桜花賞から800mも距離が延長するということや桜花賞が超スローペースの前残りの展開であったことから、例年以上に混戦が予想される。 そこで、競馬理論の競馬 […]

2015/05/22 (金)
ヌーヴォレコルトがハープスターを破る

オークス 優駿牝馬 (2014年) 『ヌーヴォレコルトがハープスターを破る』

第75回オークスでは、2番人気のヌーヴォレコルト(岩田康誠)が断然の1番人気に推されたハープスターを破って大金星で悲願のG1タイトルを手に入れた。 競馬理論の競馬予想では、桜花賞の上位3頭が今年の3歳牝馬世代で最上位と判 […]

2014/05/29 (木)
ハープスターの2冠制覇なるか?

オークス 優駿牝馬 (2014年) 『ハープスターの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、第75回オークス(優駿牝馬)である。 第75回オークス(優駿牝馬)は、桜花賞2着馬レッドリヴェールが日本ダービーへ矛先を向けたことにより、ハープスターが断然の人気になりそうである。 そこで競馬理論の […]

2014/05/23 (金)
メイショウマンボが波乱を演出

オークス 優駿牝馬 (2013年) 『メイショウマンボが波乱を演出』

第74回オークスは、9番人気のメイショウマンボ(武幸四郎)が勝利を収め、馬連でも万馬券となる波乱の決着となった。 競馬理論の競馬予想では、フィリーズレビューの着差以上に強い内容から、展開がはまれば好走可能と判断していたが […]

2013/05/23 (木)
アユサンの2冠制覇なるか?

オークス 優駿牝馬 (2013年) 『アユサンの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは第74回オークス(優駿牝馬)である。 第74回オークス(優駿牝馬)は、桜花賞から一気に800mも距離が延長されることもあり、混戦が予想される。 そこで競馬理論の競馬予想では、第74回オークス(優駿牝馬 […]

2013/05/16 (木)
マルセリーナの2冠制覇なるか?

オークス 優駿牝馬 (2012年) 『マルセリーナの2冠制覇なるか?』

今週のメインレースは、第72回オークス(優駿牝馬)である。第72回オークスは、2歳女王レーヴディソールの桜花賞直前のリタイア、桜花賞3着馬のトレンドハンターの引退が残念だが、3歳女王決定戦に相応しいメンバーが揃った。 ま […]

2012/07/2 (月)
アパパネは距離を克服して2冠達成なるか?

オークス 優駿牝馬 (2012年) 『アパパネは距離を克服して2冠達成なるか?』

今週のメインレースは、3歳牝馬クラシック第2弾の第71回オークスである。第71回オークスは、桜花賞から800mも距離が伸びるので、非常に難解な一戦となりそうである。そこで、競馬理論の競馬予想は、第71回オークスに出走する […]

2012/07/2 (月)
大混戦のオークスを制するのは○○○

オークス 優駿牝馬 (2012年) 『大混戦のオークスを制するのは○○○』

今週のメインレースは、3歳女王決定戦の第69回オークスである。今年のクラシック戦線は牡馬及び牝馬共に中心馬不在の大混戦模様であり、尚且つ、殆どの出走馬が2400mを初経験ということもあり、第69回オークスも非常に難解なレ […]

2012/06/29 (金)
ダイワスカーレットが力の違いを見せつける

オークス 優駿牝馬 (2012年) 『ダイワスカーレットが力の違いを見せつける』

今週のメインレースは、3歳牝馬ナンバーワン決定戦である第68回オークスである。桜花賞2着馬のウォッカが、ダービーに路線を変更して第68回オークスに出走しないため、第68回オークスは、力差がハッキリとしたメンバー構成となっ […]

2012/06/29 (金)
第67回オークス(優駿牝馬)

オークス 優駿牝馬 (2012年) 『第67回オークス(優駿牝馬)』

今週は、3歳牝馬チャンピオン決定戦である第67回オークスが行われる。例年の事であるが、オークスは、桜花賞から800mも距離が延長するレースであり、能力比較が非常に難解なレースである。 その上、東京競馬場の馬場状態も、波乱 […]

2012/06/29 (金)
ジェンティルドンナが2冠達成

オークス 優駿牝馬 (2012年) 『ジェンティルドンナが2冠達成』

第73回オークス(2012年)では、 桜花賞馬ジェンティルドンナ(川田)が圧勝し、 2冠を達成した。 オークスの競馬理論の結果は、 ジェンティルドンナの桜花賞(2012年)の勝利内容に 高い評価を与えてはいたものの、 ス […]

2012/05/20 (日)
エリンコートが父デュランダルにクラシックをプレゼント

オークス 優駿牝馬 (2011年) 『エリンコートが父デュランダルにクラシックをプレゼント』

第72回オークスは、 桜花賞馬マルセリーナ(安藤勝)及び桜花賞2着馬ホエールキャプチャ(池添)の 2頭の人気馬が凡走したことにより、大波乱の結果となった。 その大波乱の第72回オークスを制したのは、エリンコートであった。 […]

2011/05/22 (日)
アパパネ及びサンテミリオンが1着同着

オークス 優駿牝馬 (2010年) 『アパパネ及びサンテミリオンが1着同着』

第71回オークスは、JRA史上初のG1での1着同着で結果が出た。 その結果を制してオークス馬となったのは、アパパネ(蛯名)及びサンテミリオン(横山典)である。 第71回オークスの競馬理論の結果は、アパパネ及びサンテミリオ […]

2010/05/23 (日)
第70回オークス(優駿牝馬)

オークス 優駿牝馬 (2009年) 『第70回オークス(優駿牝馬)』

第70回オークスは、ブエナビスタ(安藤勝)の桁違いの強さだけが目立つ一戦の結果となった。 第70回オークスの競馬理論の結果は、外が伸びない馬場状態が唯一の死角と判断しながらも、圧倒的な能力を信頼した結果、ブエナビスタを本 […]

2009/05/24 (日)
第69回オークス(優駿牝馬)

オークス 優駿牝馬 (2008年) 『第69回オークス(優駿牝馬)』

第59回オークスは、2歳女王トールポピー(池添)の勝利という結果で幕を閉じた。 トールポピーは、好スタートを切ると、先行集団の直後のインからレース結果を進めた。 そして、トールポピーは、直線に向くと一旦外に持ち出されたが […]

2008/05/25 (日)
第67回オークス(優駿牝馬)

オークス 優駿牝馬 (2006年) 『第67回オークス(優駿牝馬)』

第57回オークスは、戦前から混戦が予想されていた。その中で、カワカミプリンセス(本田)が、4連勝でオークス馬となった。今年のオークスには、ヤマニンファビュル(石橋)の大逃げがレース結果に大きな影響を及ぼしている。近年では […]

2006/05/21 (日)
1 2