リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日 21:00 より先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > オークス

【 オークス2022予想 】 スターズオンアースの2冠制覇なるか?

2022/05/17
2022/05/19
出走日:2022年05月22日(日)
オークス(G1)/東京競馬場/芝2400m/左/条件:サラブレッド系3歳牝馬/賞金:1億1千万

今週は、フルゲート18頭に対して21頭もの出走登録馬があった牝馬クラシック第二弾オークス(2022年)の予想について解説する。

 

桜花賞が波乱の決着となったように、今年の牝馬クラシック戦線は大混戦である。

 

その中でも、桜花賞で4着に敗れたサークルオブライフが1番人気となりそうだが、桜花賞でも馬券圏内から外れたように、絶対視は禁物である。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、オークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

桜花賞組

1着のスターズオンアース(ルメール)・2着のウォーターナビレラ(武豊)・4着のサークルオブライフ(ミルコ・デムーロ)・5着のピンハイ(高倉陵)・7着のベルクレスタ(吉田隼人)・10着のナミュール(横山武史)11着のプレサージュリフト(戸崎圭太)・16着のライラック(横山和生)の合計8頭が出走登録している。

 

スターズオンアース

桜花賞の勝利という結果は、できるだけ外を回らないようにした川田騎手の好騎乗もあるが、直線で前がふさがって仕掛けが遅れたにも関わらず差し切っており、着差以上に強い内容であった。

 

なお、スターズオンアースは、桜花賞が2勝目だが、その前も堅実に走っており、一線級相手でも通用する能力を示していた。

 

よって、オークスの予想においては、スターズオンアースの2冠の可能性もそれなりにあるが、一方で力が抜けているわけではないので絶対視までは禁物である。

 

ウォーターナビレラ

桜花賞の2着という結果は、前が残りやすい馬場状態でスローペースの2番手追走から粘り込んだものであり、レース内容としての価値は高くない。

 

ただし、ウォーターナビレラは、阪神ジュベナイルフィリーズでも3着に好走しているように、3歳牝馬世代では上位の能力を秘めていることも確かである。

 

よって、オークスの予想においては、楽に先行する展開の助けがあれば、ウォーターナビレラも好走可能と判断すべきである。

 

サークルオブライフ

桜花賞の4着という結果は、外が不利な馬場状態且つスローペースの展開を大外から0秒1差まで追い込んでおり、レース内容としては一番であった。

 

なお、サークルオブライフは、阪神ジュベナイルフィリーズ馬であるように、実績的にもトップクラスである。

 

更に、サークルオブライフは距離延長もプラスに働きそうである。

 

よって、オークスの予想においては、サークルオブライフに本命級のかなり高い評価を与えるべきだが、事前オッズを見ると人気になりすぎという感もある。

 

ピンハイ

桜花賞の5着という結果は、直線での接触がなければと思わせる内容ではあったが、終始最内を突いており、イン有利の馬場を最大限に生かしたものである。

 

また、ピンハイは、チューリップ賞でもイン有利の馬場を生かして好走した。

 

よって、オークスの予想においては、ピンハイに高い評価は不要である。

 

ナミュール

桜花賞の10着という結果は、イン有利の馬場且つスローペースで終始外を回らされて能力を発揮できなかったため、度外視可能である。

 

なお、ナミュールは、チューリップ賞を着差以上に強い内容で勝利している上に、阪神ジュベナイルフィリーズでも大きな出遅れから僅差の4着まで追い込んでおり、能力的には3歳牝馬世代でトップクラスである。

 

よって、オークスの予想においては、ナミュールの巻き返しにも注目して当然である。

 

プレサージュリフト

桜花賞の11着という結果は、最後方から大外に出したので脚を余したという見方もできるが、もう少し走って欲しいと思わせる内容でもあった。

 

ただし、プレサージュリフトは、クイーンカップで、桜花賞馬スターズオンアースを差し切っており、上位陣と決定的な能力差があるわけでもない。

 

よって、オークスの予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、プレサージュリフトに押さえ程度の評価は与えるべきである。

 

ライラック

桜花賞のレース内容は見所がなかった。

 

よって、オークスの予想においては、ライラックに高い評価は不要である。

 

フローラステークス組

1着のエリカヴィータ(福永祐一)・2着のパーソナルハイ(吉田豊)・3着のシンシアウィッシュ(田辺裕信)・5着のルージュエヴァイユ(池添謙一)・7着のホウオウバニラ(横山典弘)の合計5頭が出走を予定している。

 

エリカヴィータ

フローラステークスの勝利という結果は、開幕週のイン有利の馬場で好位のインを追走する展開に恵まれたものである。

 

よって、オークスの予想においては、エリカヴィータに高い評価は不要である。

 

パーソナルハイ・シンシアウィッシュ

フローラステークスの好走は、開幕週の前が止まらない馬場で楽に先行する展開に恵まれたものである。

 

よって、オークスの予想においては、パーソナルハイ及びシンシアウィッシュに高い評価は不要である。

 

ルージュエヴァイユ

フローラステークスの5着という結果は、スローペースの上に直線で前が開かずに仕掛けが遅れたものであり、完全に脚を余した。

 

なお、ルージュエヴァイユは、デイジー賞でスローペースを差し切っており、着差以上に強い内容であった。

 

よって、オークスの予想においては、外の差しが届く馬場や展開になるようであれば、ルージュエヴァイユにも注意を払うべきである。

 

ホウオウバニラ

フローラステークスのレース内容は見所がなかった。

 

よって、オークスの予想においては、ホウオウバニラに高い評価は不要である。

 

忘れな草賞組

1着のアートハウスが(川田将雅)・6着のシーグラス(松岡正海)の合計2頭が出走登録している。

 

アートハウス

忘れな草賞の勝利という結果は、3馬身差で力の違いを見せつけたが、弱いメンバー構成と、イン有利の馬場で内に潜り込ませた川田将雅騎手の好騎乗に恵まれたものでもある。

なお、アートハウスは、楽に先行したエリカ賞で6着に敗れてしまっている。

 

よって、オークスの予想においては、忘れな草賞の着差だけで、アートハウスを過大評価すべきではない。

 

シーグラス

忘れな草賞のレース内容は見所がなかった。

 

よって、オークスの予想においては、シーグラスに高い評価は不要である。

 

フラワーカップ組

1着のスタニングローズ(レーン)・2着のニシノラブウィンク(三浦皇成)の合計2頭が出走を予定している。

 

スタニングローズ

フラワーカップの勝利という結果は、イン有利の馬場で好位のインを追走する展開に恵まれたものである。

 

また、2着馬ニシノラブウィンクが2番手追走から粘り込んだように前残りの展開にも恵まれた。

 

よって、オークスの予想においては、スタニングローズに高い評価は不要である。

 

ニシノラブウィンク

フラワーカップの2着という結果は、スローペースの2番手追走から粘る展開に恵まれた。

よって、オークスの予想においては、ニシノラブウィンクにも高い評価は不要である。

 

以上、オークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、オークス(2022年)の最終的な予想を決断する。

 

過去10年の連対馬一覧表

年度

馬番

馬名

人気

騎手

2021

1

2

ユーバーレーベン

3

デム

2

7

アカイトリノムスメ

2

ルメ

3

8

ハギノピリナ

16

藤懸貴

2020

1

4

デアリングタクト

1

松山弘

2

16

ウインマリリン

7

横山典

3

7

ウインマイティー

13

和田竜

2019

1

13

ラヴズオンリーユー

1

デム

2

10

カレンブーケドール

12

津村明

3

2

クロノジェネシス

2

北村友

2018

1

13

アーモンドアイ

1

ルメ

2

1

リリーノーブル

4

川田将

3

2

ラッキーライラック

2

石橋脩

2017

1

2

ソウルスターリング

1

ルメ

2

1

モズカッチャン

6

和田竜

3

16

アドマイヤミヤビ

2

デム

2016

1

3

シンハライト

1

池添謙

2

13

チェッキーノ

2

戸崎圭

3

14

ビッシュ

5

デム

2015

1

10

ミッキークイーン

3

浜中俊

2

14

ルージュバック

1

戸崎圭

3

17

クルミナル

6

池添謙

2014

1

9

ヌーヴォレコルト

2

岩田康

2

10

ハープスター

1

川田将

3

5

バウンスシャッセ

3

北村宏

2013

1

3

メイショウマンボ

9

武幸四

2

13

エバーブロッサム

5

戸崎圭

3

5

デニムアンドルビー

1

内田博

2012

1

14

ジェンティルドンナ

3

川田将

2

9

ヴィルシーナ

2

内田博

3

3

アイスフォーリス

9

松岡正

出走登録馬

馬名

前走

馬名

前走

サークルオブライフ

桜花賞(G1)4

プレサージュリフト

桜花賞(G1)11

スターズオンアース

桜花賞(G1)1

ライラック

桜花賞(G1)16

ナミュール

桜花賞(G1)10

ピンハイ

桜花賞(G1)5

ウォーターナビレラ

桜花賞(G1)2

シンシアウィッシュ

フローラS(G2)3

アートハウス

忘れな草賞(L)1

シーグラス

忘れな草賞(L)

エリカヴィータ

フローラS(G2)1

ニシノラブウインク

フラワーC(G3)2

パーソナルハイ

フローラS(G2)2

サウンドビバーチェ

チューリップ賞(G2)4

ベルクレスタ

桜花賞(G1)7

コントディヴェール

スイートピーS(L) 2

ルージュエヴァイユ

フローラS(G2)5

ホウオウバニラ

フローラS(G2)7

スタニングローズ

フラワーC(G3)1

  

Q1:東京芝2,400mの特徴

東京芝2,400mの特徴を教えてください。桜花賞から一気に距離が伸びますが、毎年マスターは距離適性を重視しますか?距離適性を見るポイントがあれば教えてほしいです。

Q2:桜花賞(G1)上位組の評価

桜花賞上位組から、7番人気1着のスターズオンアース、3番人気2着のウォーターナビレラ、2番人気4着のサークルオブライフ、13番人気5着のピンハイ、17番人気6着の パーソナルハイ、9番人気7着のベルクレスタが出走予定です。スターズオンアースは中団の馬混みの中で脚を溜め、外に出さずそのまま突き抜け、先行したウォーターナビレラが勝つかと思いましたが、ゴール前で差し切りました。内が有利な馬場で、ベルクレスタは後方の内目から外に出して 追い込み、ピンハイは後方の内目、パーソナルハイは先行せず中団の内目を追走していました。サークルオブライフはチューリップ賞ではイマイチに見えたのですが、ここではずっと外を回って追い込んでいたので、強いとみていいのか、最後にペースが上がったのが良かったのか、どちらでしょうか?マスターはどの馬を上位に取りますか?

Q3:桜花賞(G1)下位組の評価

桜花賞から1番人気10着のナミュール、4番人気11着のプレサージュリフト、10番人気16着のライラックが出走予定です。3頭とも出遅れました。ナミュールは大外枠でゲート入りも最後でしたが、出遅れ、外を回り、サークルオブライフより前にはいましたが伸びませんでした。プレサージュリフトも出遅れ最後方からの競馬で、外に出しましたが伸びませんでした。 ライラックも出遅れて後方で、前も壁になっていました。マスターはチューリップ賞の ナミュール、クイーンCのプレサージュリフトを高評価していましたが、今回巻き返しはあるでしょうか?桜花賞は内目と先行馬が有利だったと思いますが、マスターが今回上位に取りたい馬を教えてください。

Q4:フローラS(G2)組の評価

フローラSから5番人気1着のエリカヴィータ、4番人気2着のパーソナルハイ、9番人気3着のシンシアウィッシュ、 3番人気5着のルージュエヴァイユ、7番人気7着のホウオウバニラが出走予定です。パーソナルハイが逃げ、エリカヴィータは内枠で内目をロスなく乗り、直線は馬に挟まれましたが伸びました。シンシアウィッシュは外枠でかなりかかっていましたが2番手につけて粘りました。ルージュエヴァイユは1枠で後方の内目追走でしたが、直線は進路がなく、最後は伸びましたが届きませんでした。ホウオウバニラは前に行くかと思いましたが、控えて、途中まで めちゃくちゃ掛かっていました。前に行った馬と内を通った馬で決まったレースで、マスターも狙って的中していましたが、マスターは今回どの馬を上位に取りますか?

Q5:忘れな草賞(L)組の評価

忘れな草賞(L)から1番人気1着のアートハウス、6番人気6着のシーグラスが出走予定です。 この日はインコースが有利な馬場で、アートハウスは外目追走から内を取り、最後も内目に こだわったように見えました。シーグラスは前々走で勝ったあすなろ賞と同じような競馬で、最後方からまくり気味に押していきましたが最後伸びませんでした。あすなろ賞は稍重馬場で荒れた馬場だったので、スタミナはあるのかなと思いました。マスターの評価を教えてください。

Q6:フラワーC(G3)組の評価

フラワーC(G3)から2番人気1着のスタニングローズ、9番人気2着のニシノラブウインク、3番人気 6着のパーソナルハイが出走予定です。マスターはスタニングローズを軸に完璧的中でした。 1枠1番だったスタニングローズは出遅れましたが内目で脚を溜めて、2番手追走から抜けたニシノラブウインクを差し切りました。パーソナルハイは大きく出遅れ直線でも揉まれましたが崩れず走っていました。パーソナルハイはこのあと桜花賞、 中1週でフローラSを使っていますが、疲れは 大丈夫でしょうか?今回もマスターはスタニングローズを上に評価しますか?

Q7:川田騎手について

川田騎手はフラワーC勝ち馬のスタニングローズ、桜花賞勝ち馬のスターズオンアース、忘れな草賞勝ち馬のアートハウスに騎乗しています。「スターズオンアースよりアートハウスを選んだ!」とネットで話題になっていますが、マスターと椎名さんは騎手が乗る馬で評価が変わったりしますか?また今年さらに絶好調の川田騎手についての印象を教えてください。

Q8:振り返っても買えないレース

今年のNHKマイルカップは殿人気のカワキタレブリーが来て大波乱となりました。エゴサーチしたら「キングエルメスやプルパレイに先着経験もあるので最低人気なら」という理由で相手に入れた人がいました。なるほど・・・と思いましたが、マスターは荒れたレースを振り返る時、「何度予想してもこれは当たらないw」と言う時がありますが、今年のNHKマイルカップはどういったレースでしたか?回顧も合わせてお聞きしたいです。

 


只今、会員人数を制限しており、
毎週金土日に限り21:00よりプロプランを先着販売しております。



※メルマガ登録済でログイン中は3分前に先行募集

今週の重賞レース
■ 平安Sページ
https://www.keibariron.com/database/heianstakes

主なローテーション
■ 桜花賞ページ
https://www.keibariron.com/database/oukasho
■ フローラSページ
https://www.keibariron.com/database/florastakes
■ NHKマイルCページ
https://www.keibariron.com/database/nhkmilecup
■ スイートピーS

オークスの記事一覧

もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください