天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 中山牝馬ステークス
今週の重賞レース
■ フィリーズRページ
https://www.keibariron.com/database/filliesrevue
■ 金鯱賞ページ
https://www.keibariron.com/database/kinkosyou


2017年 中山牝馬ステークスの最新予想情報

予想屋マスターの中山牝馬ステークス(2017年)予想分析記事

マイネイサベルが3つ目の重賞制覇

第31回中山牝馬ステークスは、1番人気のオールザットジャズ(デムーロ)が単勝4.9倍という大混戦模様であったが、6番人気のマイネイサベル(松岡正海)の差し切りで幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、府中牝馬ステークス、ローズステークス及び新潟2歳ステークスなどのレース内容から、スローの瞬発力勝負ならば崩れないマイネイサベルに、先行馬不在のメンバー構成を考慮して高い評価を与えていた。
レースでは、マイネイサベルは中団よりやや後方の馬群の中で待機した。
そしてマイネイサベルは、直線で外に持ち出されると、上がり34秒3の差し脚を披露して、第31回中山牝馬ステークスを制覇した。

マイネイサベルの第31回中山牝馬ステークスの勝利という結果は、外の差しが届きやすい馬場であったにせよ、1000m通過61秒3のスローペースを差し切ってのものであり、スローの瞬発力勝負であれば確実に能力を発揮することを改めて証明した。

よって第31回中山牝馬ステークス以降の重賞戦線の競馬予想においても、マイネイサベルが好走するか否かは、スローの瞬発力勝負の競馬になるかどうかで判断すべきである。

一方、第31回中山牝馬ステークスにおいて2番人気に推されたスマートシルエット(蛯名正義)は2着に粘り込んだ。
競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成から、スローペースを逃げ又は2番手で追走できそうな展開面を考慮して、スマートシルエットを本命に予想した。
レースでは、スマートシルエットは、ダイワズームを行かせて2番手で折り合った。
そしてスマートシルエットは、直線で少しずつ馬場のいい外に持ち出されながらしぶとく粘り込んだものの、ゴール寸前でマイネイサベルに差されてしまい、2着止まりであった。

スマートシルエットの第31回中山牝馬ステークスの2着という結果は、スローペースを楽に先行する展開に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。


よって第31回中山牝馬ステークス以降の重賞戦線の競馬予想においては、スマートシルエットに第31回中山牝馬ステークス2着ほどの高い評価は不要である。
ただしスマートシルエットは、器用な先行力を持つので、先行馬が不在のメンバー構成やイン有利で追い込みが届きにくい馬場においては、評価を上げるべきである。

さて、第31回中山牝馬ステークスで1番人気に推されたオールザットジャズは3着止まりであった。
オールザットジャズは外枠からの発走ということもあり、中団の外目を追走した。
そしてオールザットジャズは、直線に向くと馬なりのままスマートシルエットに並びかけたが、そこからスマートシルエットと同じ脚色になってしまい、3着に敗れてしまった。

オールザットジャズの第31回中山牝馬ステークスの3着という結果は、終始外目を回って自ら勝ちに行ってのものであり、レース内容としては悪くないと言えるが、どんな展開でも力で押し切れるほど実力が抜けているわけではないことも明らかとなった。


よって第31回中山牝馬ステークス以降の重賞戦線の競馬予想においては、オールザットジャズに、牝馬限定戦ならば常に高い評価を与えるべきだが、圧倒的な力差があるわけでもないので、勝ち切るには展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように第31回中山牝馬ステークスでは、マイネイサベルが瞬発力の違いを見せつけて勝利を収めた。
競馬理論のファンの方は、今後もスローの瞬発力勝負になりそうなレースにおいてはマイネイサベルの走りに大いに期待して頂きたい。

レディアルバローザの連覇なるか?

今週のメインレースは、第31回中山牝馬ステークスである。
第31回中山牝馬ステークスは、牝馬限定のハンデ戦ということもあり、波乱が予想される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第31回中山牝馬ステークスに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

エリザベス女王杯組からは、7着のマイネイサベル(松岡正海)、11着のフミノイマージン(太宰啓介)及び14着のエリンコート(田辺裕信)が第31回中山牝馬ステークスに出走する。

マイネイサベル及びフミノイマージンのエリザベス女王杯の結果は、G1で力負けと見ることもできるが、道悪適性の差が出たものであり度外視も可能である。

とすると、マイネイサベルは、新潟2歳ステークス及び府中牝馬ステークスの勝利という実績が光る。 ただし、マイネイサベルの重賞の好走は、スローの瞬発力勝負の時がほとんどである。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、スローの瞬発力勝負になるかどうかでマイネイサベルの評価を下すべきである。

一方、フミノイマージンは、G1勝ちの実績こそないものの、ダークシャドウ及びヒルノダムールを破った札幌記念など牡馬の一線級相手でも互角以上の競馬をしており、実績的には断然である。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、外の差しが届く展開や馬場になるようであれば、追い込み一手のフミノイマージンに本命級の高い評価を与えるべきである。

一方、エリンコートは、オークス制覇以降見所のない競馬が続いており、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては高い評価は不要である。

一方、京都牝馬ステークス組からは、7着のアカンサス(三浦皇成)、11着のレディアルバローザが第31回中山牝馬ステークスに出走する。

アカンサスの京都牝馬ステークスの7着という結果は、インが若干有利な馬場で好位のインの絶好位を追走してのものであり、全く見所のないレース内容であった。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、秋華賞4着の実績を考慮しても、アカンサスに押さえ程度の評価を与えれば十分と判断している。

一方、レディアルバローザの京都牝馬ステークスの11着という結果は、まったく見所のないレース内容であった。
ただし、レディアルバローザは、去年の中山牝馬ステークスにおいて京都牝馬ステークスの惨敗から一変して勝利を収めている。

しかしながら、レディアルバローザの去年の第30回中山牝馬ステークスの勝利という結果は、極端にイン有利な馬場でマイペースの逃げを打っての逃げ切りであり、レース内容としての価値は高くない。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、レディアルバローザが去年と同様にマイペースの逃げを打てるようであれば逃げ切りには注意を払うべきである。

ただし、2013年の中山競馬場の芝コースは、去年のようにイン有利な馬場状態ではないので、レディアルバローザにとっては去年の中山牝馬ステークスほど楽な競馬にはならないとも考えている。

一方、東京新聞杯組からは、6着のスマートシルエット(蛯名正義)が第31回中山牝馬ステークスに出走する。

スマートシルエットの東京新聞杯の6着という結果は、外が伸びない馬場状態において2番手を追走してのものであり、レース内容としては微妙である。

ただし、スマートシルエットは、府中牝馬ステークスにおいてドナウブルーに先着を果たす2着と好走しており、スローの逃げ又は2番手という競馬ならば能力を発揮できる。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、マイペースで先行する競馬ができるようであれば、スマートシルエットにもそれ相応の評価を与えるべきである。

一方、日経新春杯組からは、12着のオールザットジャズ(デムーロ)が第31回中山牝馬ステークスに出走する。
オールザットジャズの日経新春杯の12着という結果は、牡馬相手であった上に極端にイン有利な馬場で外を回らされたものであり度外視可能である。

また、オールザットジャズは、去年の中山牝馬ステークスにおいて、大きな出遅れがありながらも2着に追い込んでおり、最も強いレース内容であった。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、オールザットジャズが去年の雪辱を果たす可能性もあると判断すべきである。

一方、愛知杯組からは、2着のサンシャイン(藤岡康太)が第31回中山牝馬ステークスに出走する。

サンシャインの愛知杯の2着のという結果は、1000m通過64秒5の超スローペースで行ったきりの競馬を2番手で追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、サンシャインに愛知杯2着ほどの高い評価は不要である。

一方、ニューイヤーステークス組からは、6着のオメガハートランド(内田博幸)が第31回中山牝馬ステークスに出走する。

オメガハートランドのニューイヤーステークスの6着という結果は、終始外を回らされた割に大きく負けておらず悲観すべき内容ではない。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、フラワーカップの内容だけ走れるようであればオメガハートランドが好走してもおかしくないと判断すべきである。

一方、初音ステークス組からは、1着のアラフネ(丸田恭介)及び7着のメイショウスザンナ(武豊)が第31回中山牝馬ステークスに出走する。

アラフネの初音ステークスの勝利という結果は、若干内が有利な馬場で終始外を回る強い競馬ではあったが、牝馬限定のかなり弱いメンバー構成に恵まれたものと見ることもできる。

よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、アラフネにとって試金石の一戦と判断すべきである。

一方、メイショウスザンヌの初音ステークスの7着という結果は、

休み明けを考慮しても全く見所のないレース内容であった。
よって、第31回中山牝馬ステークスの競馬予想においては、桜花賞5着馬という実績を評価しても、メイショウスザンヌに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第31回中山牝馬ステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教、ハンデ及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第31回中山牝馬ステークスの最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第31回中山牝馬ステークスの最終的な予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ホエールキャプチャが格の違いを見せつけるか?

今週のメインレースは、第30回中山牝馬ステークス(2012年)である。

第30回中山牝馬ステークス(2012年)は、春の女王決定戦のヴィクトリアマイルを占う意味でも注目されるが、 ハンデ戦ということもあり混戦が予想される。

そこで第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想は、 第30回中山牝馬ステークス(2012年)に出走する有力各馬の能力を ステップレースごとに分析する。

去年の秋のエリザベス女王杯組からは、 4着のホエールキャプチャ(横山典)、 9着のイタリアンレッド(三浦皇成) 及び13着のアニメイトバイオ(後藤)が 第30回中山牝馬ステークス(2012年)に出走する。

ホエールキャプチャのエリザベス女王杯の4着は、シンメイフジの大逃げを早めに交わす自ら勝ちに行く競馬によるものであり、レース内容としての価値は高い。

またホエールキャプチャは、 去年の牝馬クラシック戦線において常に上位争いを繰り返しており、 牝馬同士であればG1をも狙える素質馬である。

よって第30回中山牝馬ステークス(2012年)、 人気ではあっても、 ホエールキャプチャに高い評価を与えざるを得ない。

特に、ホエールキャプチャは先行力もあるので、 ここ2週のようなイン有利の馬場が続いて、 かつ内枠を引いた場合には、 本命級の高い評価を与えるべきと第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、イタリアンレッド及びアニメイトバイオのエリザベス女王杯の惨敗は、いつもよりも前目で競馬を進めて、脚を失ったものであり、距離も微妙に長かったことをも考慮すると、度外視可能である。

なおイタリアンレッドは、 エリザベス女王杯の前までは重賞を3連勝しており、 実力的には互角以上である。

またアニメイトバイオは、 府中牝馬ステークス及び七夕賞で イタリアンレッドと互角の競馬をしており、 展開次第ではイタリアンレッドを逆転可能である。

よって第30回中山牝馬ステークス(2012年)、 イタリアンレッド及びアニメイトバイオにも高い評価を与えるべきである。

ただし、イタリアンレッド及びアニメイトは追い込み脚質なので、 イン有利の馬場が続くようであれば、 脚を余す可能性も否定できないと第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

京都牝馬ステークス(2012年)組からは、 1着のドナウブルー(デムーロ)、6着のレディアルバローザ(福永祐一)、 7着のコスモネモシン(丹内)、14着のダンスファンタジアが 第30回中山牝馬ステークス(2012年)に出走する。

ドナウブルーの京都牝馬ステークス(2012年)の勝利は、スローペースで積極的な競馬をさせたデムーロ騎手の好騎乗によるものでもあるが、2着に1馬身以上の差をつける快勝であった。

なおドナウブルーにとっては、 牝馬の一線級相手でも通用するかどうかがポイントとなる。 大外を回らされて脚を余したローズステークスを見るかぎり、 ホエールキャプチャとは大きな能力差がない。

よって第30回中山牝馬ステークス(2012年)、 充実著しいドナウブルーの連勝継続もあり得ると第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、レディアルバローザ及びコスモネモシンの京都牝馬ステークス(2012年)の敗戦は、スローの上がり勝負で切れ味負けしたものであり、展開次第ではドナウブルーと差のない競馬も可能である。

よって第30回中山牝馬ステークス(2012年)、 イン有利の馬場で好位のインを追走できる展開になれば、 レディアルバローザ及びコスモネモシンが 穴を演出してもおかしくないと第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

ダンスファンタジアは、 京都牝馬ステークス(2012年)での見所のないレース内容を見るかぎり、 第30回中山牝馬ステークス(2012年)で好走するのは難しい。

別路線組では、 第30回中山牝馬ステークスのブロードストリート(鮫島)、アプリコットフィズ(田中勝)、 マイネイザベル(松岡)、オールザットジャズ及びアカンサス(内田博)が 第30回中山牝馬ステークス(2012年)に出走する。

ブロードストリートは小倉大賞典(2012年)で5着に敗れているが、出遅れて直線で行き場を失う不利を受けながらも0秒1差だったことから、一番強いレース内容であった。

また第30回中山牝馬ステークスのブロードストリートは、 秋華賞でレッドディザイア及び ブエナビスタと互角の競馬をした実績もあるので、 展開さえはまれば一線級相手でも好走可能である。

よって第30回中山牝馬ステークス(2012年)、 展開次第でブロードストリートも好走可能と第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アプリコットフィズは、京成杯オータムハンデで後のマイルチャンピオンシップ2着馬フィフスペトルと、富士ステークスで後のマイルチャンピオンシップ馬エイシンアポロンと互角の競馬をしており、去年の秋以降に完全復活を遂げた。

よって第30回中山牝馬ステークス(2012年)、 牡馬の一線級と互角以上の競馬をしているアプリコットフィズにも 本命級の高い評価を与えて当然と、 第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

マイネイザベルは、

第30回中山牝馬ステークスのローズステークスでホエールキャプチャに迫ったように、 スローの瞬発力勝負になれば差はないが、 中山コースは不向きに思える。

またオールザットジャズは、2連勝の内容は強いが、 エリザベス女王杯の惨敗を見るかぎり 急激なメンバー強化の感は否めない。

またアカンサスは、 秋華賞4着の実績から大きな差はないようにも思えるが、 秋華賞の4着はコースロスのない競馬をさせた 横山典騎手の好騎乗によるものであったことを 頭に入れておくべきである。

よって第30回中山牝馬ステークス(2012年)、 マイネイザベル、オールザットジャズ及びアカンサスに 押さえ程度の評価を与えれば十分と第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想は、 第30回中山牝馬ステークス(2012年)に出走する 有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、 枠順、展開、調教及び馬場状態などを加味して、 第30回中山牝馬ステークス(2012年)の 最終的な予想を決断する。

第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の競馬予想のファンの方は、 第30回中山牝馬ステークス(2012年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

うまみちゃんねるの最新記事

レース結果

芝1800m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

1122334455667788
12345678910111213141516 馬番
クインズミラーグロ ハピネスダンサー ビッシュ トーセンビクトリー シャルール ウインリバティ プリメラアスール メイショウマンボ デニムアンドルビー ウキヨノカゼ○地サンソヴール ヒルノマテーラ マジックタイム フロンテアクイーン リーサルウェポン パールコード 馬名
牝5牝6牝4牝5牝5牝6牝5牝7牝7牝7牝6牝6牝6牝4牝6牝4 性齢
525255535450515455.555525456534955 斤量
蛯名 内田博 戸崎圭 武豊 横山典 松岡 石川 柴田善 シュタルケ 田辺 津村 岩田 ルメール 北村宏 木幡巧 川田 騎手
31310191612145671128154 着順

最新情報

中山牝馬ステークスとは

中山牝馬ステークス(なかやまひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「ローレル競馬場賞 中山牝馬ステークス(ローレルけいばじょうしょう なかやまひんばステークス)」と表記される。 寄贈賞を提供するローレルパーク競馬場は、アメリカ合衆国のメリーランド州にある競馬場。創設時より同競馬場との親善を目的として、競走名に場名を冠している。 正賞はローレル競馬場賞。 1972年に、5歳(現4歳)以上の牝馬によるオープン特別として創設。1983年より重賞に昇格、グレード制が導入された1984年よりGIIIに格付けされた。 2006年に4歳以上の牝馬重賞路線が整備され、新設された「ヴィクトリアマイル」の前哨戦として位置づけられるようになった。 外国産馬は1993年から、外国馬は2006年からそれぞれ出走可能になった。 競走条件 以下の内容は、2015年現在のもの。 出走資格:サラ系4歳以上牝馬 JRA所属馬 外国調教馬(8頭まで、優先出走)負担重量:ハンデキャップ 賞金 2016年の1着賞金は3600万円で、以下2着1400万円、3着900万円、4着540万円、5着360万円。引用元:Wikipedia 中山牝馬ステークス

記事一覧

マイネイサベルが3つ目の重賞制覇

中山牝馬ステークス (2013年) 『マイネイサベルが3つ目の重賞制覇』

第31回中山牝馬ステークスは、1番人気のオールザットジャズ(デムーロ)が単勝4.9倍という大混戦模様であったが、6番人気のマイネイサベル(松岡正海)の差し切りで幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、府中牝馬ステークス、ロ […]

2013/03/10 (日)
レディアルバローザの連覇なるか?

中山牝馬ステークス (2013年) 『レディアルバローザの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第31回中山牝馬ステークスである。 第31回中山牝馬ステークスは、牝馬限定のハンデ戦ということもあり、波乱が予想される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第31回中山牝馬ステークスに出走する有力各馬 […]

2013/03/5 (火)
第30回中山牝馬ステークス

中山牝馬ステークス (2012年) 『第30回中山牝馬ステークス』

今週のメインレースは、第30回中山牝馬ステークス(2012年)である。 第30回中山牝馬ステークス(2012年)は、春の女王決定戦のヴィクトリアマイルを占う意味でも注目されるが、 ハンデ戦ということもあり混戦が予想される […]

2012/06/29 (金)
レディアルバローザが逃げ切って連覇達成

中山牝馬ステークス (2012年) 『レディアルバローザが逃げ切って連覇達成』

第30回中山牝馬ステークス(2012年)は、 阪神で行われた去年の中山牝馬ステークスで差し切り勝ちを収めた レディアルバローザ(福永祐一)が逃げ切りで連覇を収めた。 第30回中山牝馬ステークスの競馬理論の結果は、 過去の […]

2012/03/11 (日)
第24回中山牝馬ステークス

中山牝馬ステークス (2006年) 『第24回中山牝馬ステークス』

中山牝馬ステークスは、結果、異例となる審議33分を要する後味の悪いレースとなった。その中山牝馬ステークスを、ヤマニンシュクル(四位弘文)が制した 第24回中山牝馬ステークスは、先行馬不在のスローペースが予想されていた。し […]

2006/03/12 (日)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪