天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 小倉記念

やってきました小倉記念。

昔からマスターを知っている方にとっては印象深いレースでしょう。

なんと、16番人気のダンスアジョイを本命にして見事に万馬券を的中という神予想を生み出したレース!

2015年にも6番人気のアズマシャトルを軸に的中していますので

マスターとの相性は抜群のレースといっても過言ではありません。

「一番当たる確率の高い予想」を心がけているマスターが、人気薄の軸馬を選んでいるケースが目立つのは

夏競馬の魔法なのかもしれないですね。

誰が見ても強い馬が休養に入ってしまったりと

イレギュラーなことが多くて、この時期はみんな予想に悶絶しているんですよ。

自然と人気が割れて、高配当になりやすいという仕組みです!

2016年の小倉記念はどうでしょう?

出走馬を見ると・・・

頭数は少ないけれどかなり混戦模様ですね。

予想オッズで単勝100倍になるような大穴馬が一頭もいません。

すべての馬が狙われている分、人気も割れてしまうことが濃厚です。

人気にかかわらず精度の高い予想ができるマスターにとって、

2016年の小倉記念情勢は鬼に金棒です!

先週に続いての大爆発を期待しましょう。

展開を考えるうえで、小倉競馬場の特徴を見ていくと・・・

1周距離が1615mの小回り。直線も293mと短めなので、仕掛けが遅くなりがちな新潟とは反対に、早仕掛けが多いです。それで前が潰れて、差しや追い込みが決まることも少なくありません。
騎手がコースを研究するがゆえ、有利なはずの脚質が不利を受けることがあるというのは、なんだか面白いですね。

展開はこうした騎手の心情に加えて、出走馬の質や枠順など様々な影響を受けるもの。

それらを踏まえ、マスターはどんな予想を立ててくれるのでしょう。

今年も人気薄の激走?はたまた堅く収まる?

期待のレースですので、当日はオンラインセミナーも開催決定です。

予想屋マスターの目玉サービス、全国を回ってセミナーを行っている予想屋なんて他にはいません。

小倉記念を含めた予想全レースを動画でしっかり解説してくれます。
賭け方についてなど、重要なお話もいっぱい詰まっていますよ。

レギュラープランの方は参加も無料なので、ぜひご利用くださいね。

それでは、今年も頼みますマスター!

今週の重賞レース
■ レパードステークスページ
https://www.keibariron.com/database/leopardstakes

友だち追加

2018年 小倉記念の最新予想情報

小倉記念の最終オッズ

馬名 単勝
○外ストロングタイタン3.2
サンマルティン5.2
バンドワゴン6.9
タツゴウゲキ7.1
ヴォージュ8.4
フェルメッツァ11.8
スピリッツミノル14.7
ベルーフ15.4
カフジプリンス18.1
ケイティープライド28.5
クランモンタナ47
○外シャドウパーティー76.9
フェイマスエンド160.9
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

小倉記念のレース結果

芝2000m / 天気:曇 / 馬場:良 / 発走:15:35

1234455667788
12345678910111213 馬番
スピリッツミノル タツゴウゲキ ヴォージュ カフジプリンス フェルメッツァ ベルーフ フェイマスエンド サンマルティン○外シャドウパーティー○外ストロングタイタン ケイティープライド クランモンタナ バンドワゴン 馬名
牡5牡5牡4牡4牡6牡5牡6セ5セ8牡4牡7牡8牡6 性齢
55525555555754545455525654 斤量
秋山真一郎 松若 中谷 北村友 ホワイト 松山 戸崎圭 浜中 川田 鮫島駿 熊沢 和田 騎手
91653472128131011 着順

予想屋マスターの小倉記念(2018年)予想分析記事

デムーロ騎手の代打秋山真一郎騎手がタツゴウゲキを勝利に導く

小倉記念(2017年)は、人気が割れる混戦模様であったが、デムーロ騎手の落馬負傷により人気を落としたタツゴウゲキを秋山真一郎騎手がきっちりと勝利に導いた。
競馬理論の競馬予想では、4コーナーで行き場を失う不利を受けた七夕賞の着順以上に強い内容からタツゴウゲキに高い評価を与えつつも、デムーロ騎手で人気になりすぎることから、本命にはできなかった。
レースでは、タツゴウゲキは、無理なくインの3番手の絶好位を確保した。
そして、タツゴウゲキは、直線で先に先頭に立ったサンマルティン(戸崎圭太)をハナ差だけ捕えたところでゴールを迎え、小倉記念(2017年)を制覇した。
タツゴウゲキの小倉記念(2017年)の勝利という結果は、52キロの軽ハンデと、デムーロ騎手の代打の秋山真一郎騎手がロスのない競馬をさせてのものである。
よって、今後のサマー2000シリーズの競馬予想においても、タツゴウゲキにそれなりの評価は必要だが、小倉記念馬というだけで過大評価は禁物である。

一方、小倉記念(2017年)は、2番人気に推されたサンマルティンが2着に入った。
サンマルティンは、最初の直線で挟まれる不利があり、いつもより後ろからの競馬となってしまった。
そして、サンマルティンは、3コーナーから捲って4コーナーで早めに先頭に立って押し切りを狙ったが、ゴール寸前でタツゴウゲキに差されてしまい、2着止まりであった。
サンマルティンの小倉記念(2017年)の2着という結果は、スタート後の不利かつ早めに外を捲って勝ちに行く競馬を考えると、負けて強しの内容であった。
よって、今後のサマー2000シリーズの競馬予想においては、サンマルティンがタツゴウゲキを逆転する可能性が極めて高いと判断すべきである。

一方、小倉記念(2017年)では6番人気のフェルメッツァ(北村友一)が3着に入った。
フェルメッツァは、中団の馬群の中で脚をため、直線ではジリジリと脚を使って3着争いを制した。
フェルメッツァの小倉記念(2017年)の3着という結果は、小回りコース向きの器用な脚質を生かしたものだが、3馬身も離された上位2頭には力負けであったことも確かである。
よって、今後のサマー2000シリーズの競馬予想においては、フェルメッツァが好走するためには展開や条件などの助けが必要と判断すべきである。

以上のように、小倉記念(2017年)は、タツゴウゲキの勝利で幕を閉じた。
しかしながら、サンマルティンがタツゴウゲキを大きく上回るレース内容であったことも確かである。
競馬理論のファンの方は、サマー2000シリーズにおけるサンマルティンの走りに大いに期待して頂きたい。

友だち追加

小倉巧者のストロングタイタンの重賞制覇なるか?

今週のメインレースは、小倉記念(2017年)である。
小倉記念(2017年)は、出走登録こそ13頭と少ないが、ハンデ戦ということもあり人気が割れそうな混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、小倉記念(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

七夕賞組からは、5着のフェルメッツァ(北村友一)、6着のタツゴウゲキ(デムーロ)、9着のヴォージュ(松若風馬)及び12着のフェイマスエンド(松山弘平)が小倉記念(2017年)に出走登録している。
フェルメッツァ、タツゴウゲキ、ヴォージュ及びフェイマスエンドの七夕賞の敗戦は、いずれも見せ場があったわけではなく、力負けであった。
よって、小倉記念(2017年)の競馬予想においては、七夕賞より若干メンバーが弱くなることを考慮しても、フェルメッツァ、タツゴウゲキ、ヴォージュ及びフェイマスエンドが好走するためには、展開などの助けが必要と判断すべきである。

目黒記念組からは、7着のカフジプリンス(中谷)が小倉記念(2017年)に出走登録している。
カフジプリンスの目黒記念の7着という結果は、特に目立つ内容ではないが、3着馬とは大きな差がなく、悲観すべき内容ではない。
よって、小倉記念(2017年)の競馬予想においては、小回りの距離短縮でペースに戸惑わなければ、カフジプリンスが好走してもおかしくないと判断すべきである。

函館記念組からは、5着のケイティープライド(鮫島)が小倉記念(2017年)に出走登録している
ケイティープライドの函館記念の5着という結果は、Bコース替りでインが有利となった馬場で好位のインを追走してのものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、小倉記念(2017年)の競馬予想においては、ケイティープライドが好走するためには内枠を引いてラチ沿いを走れるかどうかにかかっていると判断すべきである。

宝塚記念組からは、7着のスピリッツミノルが小倉記念(2017年)に出走登録している。
スピリッツミノルの宝塚記念の7着という結果は、一線級相手で完全に力負けであったが、メンバーが強すぎただけでもある。
よって、小倉記念(2017年)の競馬予想においては、ここまでメンバーが弱くなれば、スピリッツミノルにも多少の注意は払うべきである。

鳴尾記念組からは、7着のバンドワゴン(和田竜二)が小倉記念(2017年)に出走登録している。
バンドワゴンの鳴尾記念の7着という結果は、それなりの人気にはなっていたものの、開幕週の前が止まらない展開にもかかわらず好位追走から伸びを欠いてしまっており、見所がなかった。
よって、小倉記念(2017年)の競馬予想においては、バンドワゴンが好走するためにも展開などの助けが必要と判断すべきである。

エプソムカップ組からは、11着のベルーフ(ホワイト)が小倉記念(2017年)に出走登録している。
ベルーフのエプソムカップの11着という結果は、スローで前が止まらない展開によるものであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。
よって、小倉記念(2017年)の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、ベルーフの巻き返しにも注意を払うべきである。

準OP特別のマレーシアカップ組からは、1着のストロングタイタンが小倉記念(2017年)に出走登録している。
ストロングタイタンのマレーシアカップの勝利という結果は、ストーンウェアに迫られたものの、レコード勝ちでもあり、準OPにしてはレベルの高い一戦であった。
よって、小倉記念(2017年)の競馬予想においては、休み前に重賞でも人気になっていた素質を見直して、ストロングタイタンに高い評価を与えて当然である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、小倉記念(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、小倉記念(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、小倉記念(2017年)の予想をお楽しみに。

メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
友だち追加

ダコールが8歳での重賞制覇なるか?


今週のメインレースは、第52回小倉記念である。
第52回小倉記念は、登録が12頭と寂しいが、ハンデ戦ということもあり混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第52回小倉記念に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

七夕賞組からは、2着のダコール、6着のマーティンボロ、11着のメイショウナルト及び13着のウインリバティが第52回小倉記念に出走する。
ダコールの七夕賞の2着という結果は、コースロスのない展開に恵まれたものではあるが、58キロのハンデを考慮すると立派である。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、ダコールを絶対視は禁物だが、それなりの高い評価を与えて当然である。

マーティンボロの七夕賞の6着という結果は、1~2着馬からは離されてしまったが、コーナーワークで内を通った3~5着馬よりは内容が上である。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、展開に恵まれさえすれば、マーティンボロの好走の可能性もあり得ると判断すべきである。

メイショウナルトの七夕賞の11着という結果は、1000m57秒9のハイペースにしすぎて止まってしまった。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、ペースを落として気分良く逃げを打てれば、メイショウナルトの逃げ粘りの可能性もあり得ると判断すべきである。

ウインリバティは、七夕賞の見所のないレース内容を見る限り、第52回小倉記念の競馬予想において高い評価は不要である。

鳴尾記念組からは、3着のプランスペスカ及び13着のクランモンタナが第52回小倉記念に出走する。
プランスペスカの鳴尾記念の3着という結果は、天皇賞2着馬ステファノスとクビ差で走ったことは立派だが、開幕週の馬場で好位のインを追走する展開に恵まれたことも確かである。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、プランスペスカに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

クランモンタナは、鳴尾記念の見所のないレース内容を見る限り、第52回小倉記念の競馬予想において高い評価は不要である。

エプソムカップ組からは、10着のエキストラエンドが第52回小倉記念に出走する。
エキストラエンドのエプソムカップの10着という結果は、力負けであったが、G3にしては強いメンバー構成であったことも確かである。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、ラチ沿いを走ると能力を最大限に発揮するエキストラエンドには、内枠を引いた場合にのみそれなりの高い評価を与えるべきである。

新潟大賞典組からは、9着のベルーフ及び13着のサトノラーゼンが第52回小倉記念に出走する。
ベルーフの新潟大賞典の9着という結果は、出遅れて外を回らされ過ぎて脚を余したものであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、展開次第では、ベルーフの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

サトノラーゼンの新潟大賞典の13着という結果は、あまりにも弱い内容であった。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、日本ダービー2着という実績を考慮しても、サトノラーゼンに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

メイステークス組からは、5着のテイエムイナズマが第52回小倉記念に出走する。
テイエムイナズマのメイステークスの5着という結果は、逃げる競馬が向かなかったと見ることもできるが、前残りの展開で楽に逃げたものであり、残念な内容であった。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、テイエムイナズマにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。

マレーシアカップ組からは、1着のアングライフェンが第52回小倉記念に出走する。
アングライフェンのマレーシアカップの勝利という結果は、

スローペースを早めに仕掛ける展開に恵まれたものである。
よって、第52回小倉記念の競馬予想においては、アングライフェンが好走するためには展開などの助けが必要と判断すべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第52回小倉記念に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第52回小倉記念の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第52回小倉記念の予想をお楽しみに。

メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
友だち追加

小倉記念記事一覧

小倉記念 (2017年) 『デムーロ騎手の代打秋山真一郎騎手がタツゴウゲキを勝利に導く』

小倉記念(2017年)は、人気が割れる混戦模様であったが、デムーロ騎手の落馬負傷により人気を落としたタツゴウゲキを秋山真一郎騎手がきっちりと勝利に導いた。 競馬理論の競馬予想では、4コーナーで行き場を失う不利を受けた七夕 […]

2017/08/10 (木)

小倉記念 (2017年) 『小倉巧者のストロングタイタンの重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、小倉記念(2017年)である。 小倉記念(2017年)は、出走登録こそ13頭と少ないが、ハンデ戦ということもあり人気が割れそうな混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、小倉記念(2017年 […]

2017/08/1 (火)

小倉記念 (2016年) 『ダコールが8歳での重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、第52回小倉記念である。 第52回小倉記念は、登録が12頭と寂しいが、ハンデ戦ということもあり混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第52回小倉記念に出走する有力各馬の能力をステップレー […]

2016/08/2 (火)
小倉記念・回顧録

小倉記念 (2015年) 『アズマシャトルが力の違いを見せつける』

第51回小倉記念は、アズマシャトルが制し、人馬ともに重賞初制覇となった。 競馬理論の競馬予想では、次走以降で重賞好走馬が続出の鳴尾記念の内容を評価し、6番人気のアズマシャトルを本命に予想した。 レースでは、アズマシャトル […]

2015/08/13 (木)

小倉記念 (2015年) 『ベルーフが古馬相手でも通用するのか?』

今週のメインレースは、第51回小倉記念である。 小倉記念は、本命に予想した単勝16番人気のダンスアジョイが勝利し万馬券を的中した縁起の良いレースである。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第51回小倉記念に出走する有力各馬 […]

2015/08/3 (月)
武豊騎手の好騎乗がメイショウナルトを勝利に導く

小倉記念 (2013年) 『武豊騎手の好騎乗がメイショウナルトを勝利に導く』

第49回小倉記念は、3番人気のメイショウナルト(武豊)が上がり馬の勢いそのままに勝利を収めた。 競馬理論の競馬予想では、好位のインを走れそうな展開面を評価しつつも、重賞では通用していないニューダイナシティに関ヶ原ステーク […]

2013/08/8 (木)
エクスペディションの重賞連覇なるか?

小倉記念 (2013年) 『エクスペディションの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、サマー2000シリーズの第49回小倉記念である。 第49回小倉記念は、2009年に16番人気のダンスアジョイを本命に予想して的中した相性の良いレースである。そこで、競馬理論の競馬予想では、第49回小 […]

2013/08/2 (金)
エクスペディションが悲願の重賞制覇

小倉記念 (2012年) 『エクスペディションが悲願の重賞制覇』

第48回小倉記念(2012年)は、3番人気のエクスペディション(浜中)の復活勝利で結果幕を閉じた。 第48回小倉記念の競馬理論の結果は、去年の3連勝の圧巻の内容から、夏場の小倉ならば好走可能と判断していたものの、人気先行 […]

2012/08/5 (日)
アスカクリチャンの重賞連勝なるか?

小倉記念 (2012年) 『アスカクリチャンの重賞連勝なるか?』

今週のメインレースは、サマー2000シリーズの第48回小倉記念(2012年)である。 第48回小倉記念(2012年)は、中心馬不在のハンデ戦ということもあり、混戦が予想される。 そこで第48回小倉記念の競馬理論の競馬予想 […]

2012/08/2 (木)
エクスペディションの復活勝利

小倉記念 (2012年) 『エクスペディションの復活勝利』

第48回小倉記念(2012年)は、3番人気のエクスペディション(浜中)の復活勝利で結果幕を閉じた。 第48回小倉記念の競馬理論の結果は、去年の3連勝の圧巻の内容から、夏場の小倉ならば好走可能と判断していたものの、人気先行 […]

2012/07/8 (日)
ドモナラズの重賞連覇なるか?

小倉記念 (2012年) 『ドモナラズの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、サマー2000シリーズの第46回小倉記念である。第46回小倉記念は、中心馬不在のハンデ戦で非常に難しいレースであるが、今週は、夏期集中セミナーを開催することもあり、是非とも的中させたいと考えている。 […]

2012/07/2 (月)
コスモプラチナの重賞連勝なるか?

小倉記念 (2012年) 『コスモプラチナの重賞連勝なるか?』

今週のメインレースは、サマー2000シリーズ第3戦の第45回小倉記念である。第45回小倉記念は、ローカルのハンデ戦ということもあり、確たる中心馬不在の大混戦模様である。その第45回小倉記念では、コスモプラチナ(和田)、サ […]

2012/06/29 (金)
ミヤビランベリは重賞連覇を果たせるか?

小倉記念 (2012年) 『ミヤビランベリは重賞連覇を果たせるか?』

今週のメインレースは、サマー2000シリーズ第3戦の第44回小倉記念である。第44回小倉記念は、確たる中心馬不在のハンデ戦ということもあり、大混戦が予想される。 その第44回小倉記念には、サマー2000シリーズ第1戦の七 […]

2012/06/29 (金)
去年のサマースプリントシリーズのチャンピオンのスウィフトカレントが出陣

小倉記念 (2012年) 『去年のサマースプリントシリーズのチャンピオンのスウィフトカレントが出陣』

第43回小倉記念の競馬理論 今週のメインレースの第43回小倉記念には、去年のサマースプリントシリーズのチャンピオンのスウィフトカレント(横山典)がいよいよ出陣する。 スウィフトカレントは、去年の小倉記念をレコード勝ちした […]

2012/06/29 (金)
イタリアンレッドがサマー2000シリーズを連勝

小倉記念 (2011年) 『イタリアンレッドがサマー2000シリーズを連勝』

第47回小倉記念は、 七夕賞馬イタリアンレッド(浜中)の重賞連覇で結果幕を閉じた。 第47回小倉記念の競馬理論の結果は、七夕賞で本命に予想して穴馬券の的中を 結果プレゼントしてくれたイタリアンレッドの能力には 高い評価を […]

2011/07/31 (日)
イタリアンレッドの重賞連覇なるか?

小倉記念 (2011年) 『イタリアンレッドの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、第47回小倉記念(2011年)である。小倉記念は、一昨年に16番人気のダンスアジョイを本命にして、馬連23,030円、馬単59,990円を的中した縁起のいいレースということもあり、予想にも自然と力が […]

2011/07/31 (日)
ニホンピロレガーロが波乱を演出

小倉記念 (2010年) 『ニホンピロレガーロが波乱を演出』

サマー2000シリーズの第45回小倉記念は、9番人気のニホンピロレガーロが勝利を収める波乱の結果となった。 第46回小倉記念の競馬理論の結果は、オースミスパークの単騎逃げでのスローペースを想定して、先行馬重視の予想をした […]

2010/08/1 (日)
第45回小倉記念

小倉記念 (2009年) 『第45回小倉記念』

第45回小倉記念は、15番人気のダンスアジョイの勝利で結果幕を閉じた。 第45回小倉記念の競馬理論の結果は、ダンスアジョイを本命に予想していたので、馬連2万3030円、馬単5万9990円を本線で的中することができた。 競 […]

2009/08/2 (日)
第44回小倉記念

小倉記念 (2008年) 『第44回小倉記念』

サマー2000シリーズ第3戦の第44回小倉記念は、朝日杯フューチュリティステークス馬ドリームジャーニー(池添)の圧勝で幕を閉じた。 競馬ファンの中には、近2走で惨敗したドリームジャーニーを終わった馬と判断した方もいるよう […]

2008/08/3 (日)
1 2

うまみちゃんねるの小倉記念最新記事

小倉記念の最新情報

小倉記念とは

小倉記念(こくらきねん)は、日本中央競馬会 (JRA) が小倉競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 小倉記念(のうりんすいさんしょうしょうてん こくらきねん)」と表記している。 正賞は農林水産大臣賞。 1965年に、4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として小倉競馬場の芝2000mで創設。小倉競馬場で施行される重賞競走では、最も歴史が古い。 外国産馬は1995年から2003年、および2005年以降に出走可能となった。また地方競馬所属馬は1996年から、外国馬は2009年から出走可能になった。負担重量も1995年から1999年まで別定で行われたほかは、ハンデキャップが定着している。 2006年からは夏競馬を盛り上げるため設けられた「サマー2000シリーズ」の第3戦に組み込まれた。本競走の優勝馬からは、2006年のスウィフトカレントと2011年のイタリアンレッドがシリーズチャンピオンに輝いている。 競走条件 以下の内容は、2015年現在のもの。引用元:Wikipedia 小倉記念

友だち追加
メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪