リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎週金土日 21:00 より先着順募集中

【 金鯱賞2022予想 】 レイパパレ復活なるか?

2022/03/07
2022/03/11
出走日:2022年03月13日(日)
金鯱賞(G2)/中京競馬場/芝2000m/右/条件:4歳以上オープン/賞金:6700万円

 

今週は、フルゲート18頭に対して15頭の出走登録馬があった金鯱賞(2022年)の予想について解説する。

 

金鯱賞は、大阪杯の連覇を狙うレイパパレの復帰戦ということもあり、今年の大阪杯を占う意味でも注目を集める。

 

レイパパレと4連勝中のジャックドールが人気を集めそうだが、先行馬揃いのメンバー構成を考慮すると、波乱もありうる。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、金鯱賞の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

香港カップ組

6着のレイパパレ(川田将雅)が出走登録している。

 

レイパパレ

香港カップの6着という結果は、日本馬2頭のワンツーであることを考えると負けすぎだが、気難しいタイプの馬が海外遠征で能力を発揮できなかっただけと見ることもできる。

ただし、レイパパレは、大阪杯圧勝後は人気を裏切り続けており、能力を発揮できれば強いが、脆さも同居している。

 

特に、レイパパレは、エリザベス女王杯のように、他馬に行かれると、行きたがってしまい、能力を発揮できない可能性が高まる。

 

よって、金鯱賞の予想においては、楽に先行できればレイパパレが圧勝する可能性が高まるが、脆さも同居しているので絶対視までは禁物である。

 

白富士ステークス組

1着のジャックドール(藤岡佑介)・3着のグラティアスの合計2頭が出走登録している。

 

ジャックドール

白富士ステークスの勝利という結果は、1分57秒4の好時計で後続を寄せ付けない強い競馬であり、2着馬のアドマイヤハダルも中山記念において3着と好走しており、能力的には遜色がない。

 

なお、ジャックドールは、4連勝中の上がり馬で能力的に底を見せていないが、開幕週の前が止まらない馬場など4連勝すべてで楽に先行する展開に恵まれており、厳しい展開は経験していない。

 

よって、金鯱賞の予想においては、ジャックドールにも高い評価を与えるべきだが、レイパパレとの兼ね合い次第では人気を裏切る可能性もあり得る。

 

グラティアス

白富士ステークスの3着という結果は、開幕週の馬場で好位の外目を回らされており、コース取りの差の分だけ負けたと見ることもできる。

 

なお、グラティアスは、ダービーや菊花賞で惨敗を喫したが、終始外を回らされた皐月賞の内容は悪くない。

 

よって、金鯱賞の予想においては、展開の助けがあるようであれば、グラティアスがジャックドールを逆転可能と判断すべきである。

 

有馬記念組

7着のアカイイト(幸英明)・12着のシャドウディーヴァ(福永祐一)が出走登録している。

 

アカイイト

有馬記念の7着という結果は、上位には離されており力負けだったが、メンバーが強すぎた。

 

なお、アカイイトは、エリザベス女王杯において、前崩れの展開に恵まれたとは言えども、2馬身もの差をつけて圧勝しており、このときの6着馬がレイパパレである。

 

よって、金鯱賞の予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、アカイイトの差し切りにも注意を払うべきである。

 

シャドウディーヴァ

有馬記念の12着という結果は、完全に力負けだが、先行した分だけ大バテとなってしまった。

 

なお、シャドウディーヴァは、府中牝馬ステークスでアカイイトを破っているように、有馬記念の着順だけでアカイイトが上と見るのは早計である。

 

よって、金鯱賞の予想においては、前崩れの展開になるようであれば、シャドウディーヴァにも多少の注意は払うべきである。

 

エリザベス女王杯組

2着のステラリア(松山弘平)が出走登録している。

 

ステラリア

エリザベス女王杯の2着という結果は、アカイイトに2馬身もの差をつけられてしまったが、4コーナーで前が狭くなる不利を受けており、着差ほど能力差があったわけではない。

ただし、ステラリアは、去年のクラシック戦線での走りを見る限り、4歳牝馬世代でトップクラスというわけではない。

 

よって、金鯱賞の予想においては、ステラリアに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

アメリカジョッキークラブカップ組

5着のポタジェ(吉田隼人)が出走登録している。

 

ポタジェ

アメリカジョッキークラブカップの5着という結果は、中団追走からジリジリと伸びたが、3着争いに加わるのが精一杯であった。

 

なお、ポタジェは、重賞勝ちこそないが、去年の金鯱賞や毎日王冠で3着に入っており、実績的には遜色ないが、いずれのレースも少し展開の助けがあったことも確かである。

 

よって、金鯱賞の予想においては、ポタジェが勝ち切るためには、好位のインを追走するなど展開の助けが必要と判断すべきである。

 

京都記念組

3着のサンレイポケット(鮫島駿)が出走登録している。

 

サンレイポケット

京都記念の3着という結果は、イン有利の馬場且つ前残りの展開で厳しい位置取りながらもよく追い込んだ。

 

なお、サンレイポケットは、去年の天皇賞秋及びジャパンカップでも強敵相手の4着と好走しており、この実績はこのメンバーに入れば上位とみることもできる。

 

よって、金鯱賞の予想においては、サンレイポケットにも高い評価を与えるべきである。

 

佐賀記念組

6着のギベオン(西村淳)が出走登録している。

 

ギベオン

佐賀記念の6着という結果は、地方交流のダート戦であり、全く参考にならない。

 

なお、ギベオンは、去年の金鯱賞で10頭立ての10番人気ながらもデアリングタクトを破る大金星を上げたが、超スローで逃げる展開に恵まれただけである。

 

よって、金鯱賞の予想においては、先行馬が揃ったメンバー構成を考慮すると、ギベオンに高い評価は不要である。

 

小倉大賞典組

2着のランブリングアレーが出走登録している。

 

ランブリングアレー

小倉大賞典の2着という結果は、牡馬相手の重賞での2着と考えれば悪くないが、勝ったアリーヴォに離されてしまった上に、ゴール前にカデナに迫られており、カデナの近走の成績を見ると、小倉大賞典の好走は弱いメンバーに恵まれた。

 

よって、金鯱賞の予想においては、ランブリングアレーに高い評価は不要である。

 

以上、金鯱賞に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、ハンデ、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、金鯱賞(2022年)の最終的な予想を決断する。

 

過去10年の連対馬一覧表

2016

1

13

ヤマカツエース

4

4

池添謙

2

3

パドルウィール

5

9

松山弘

3

5

シュンドルボン

5

6

丸田恭

2015

1

10

ミトラ

7

5

柴山雄

2

1

ディサイファ

6

1

四位洋

3

2

サトノノブレス

5

4

和田竜

2014

1

4

ラストインパクト

4

1

川田将

2

12

サトノノブレス

4

4

池添謙

3

5

エアソミュール

5

2

武豊

2013

1

11

カレンミロティック

5

3

池添謙

2

13

ラブリーデイ

3

6

蛯名正

3

4

ウインバリアシオン

5

8

藤岡康

2012

1

6

オーシャンブルー

4

6

ルメ

2

9

ダイワマッジョーレ

3

8

丸田恭

3

5

アドマイヤラクティ

4

4

デム

出走登録馬

馬名

馬齢

前走

馬名

馬齢

前走

レイパパレ

5

香港C(G1)6

エリザベス女王杯(G1)6

シャドウディーヴァ

6

有馬記念(G1)12

ジャパンC(G1)7

ポタジェ

5

AJCC(G2)5

ソフトフルート

5

愛知杯(G3)4

エリザベス女王杯(G1)4

ジャックドール

4

白富士S(L)1

ランブリングアレー

6

小倉大賞典(G3)2

エリザベス女王杯(G1)9

アカイイト

4

有馬記念(G1)7

エリザベス女王杯(G1)1

パトリック

6

美濃S(3勝クラス)1

ステラリア

4

エリザベス女王杯(G1)2

ギベオン

6

佐賀記念(G3)6

新潟記念(G3)17

サンレイポケット

7

京都記念(G2)3

ショウナンバルディ

6

日経新春杯(G2)12

 

<

Q1:中京芝2,000mの特徴

中京芝2,000mの特徴を教えてください。過去10年のデータを見ると、枠は8枠の成績が良く、脚質は差し優勢のようですが、金鯱賞は開幕週に行われます。内枠先行馬が有利になりやすいのでしょうか?

Q2:今年のペースはどうなる?

昨年は雨の後の重馬場で最低人気のギベオンが逃げ切り大波乱となりました。今年はジャックドール、レイパパレ、ショウナンバルディなど逃げ馬が揃っていますが、ペースは速くなり逃げ先行馬は厳しくなるのか、前に行った馬で決まるのか、どちらの可能性が高いでしょうか?

Q3:エリザベス女王杯(G1)組の評価

エリザベス女王杯から、10番人気1着のアカイイト、7番人気2着のステラリア、11番人気4着のソフトフルート、1番人気6着のレイパパレ、6番人気9着のランブリングアレーが出走予定です。ハイペースになり、前で競馬をした上位人気のレイパパレ、アカイトリノムスメ、ウインマリリンが飛んで大波乱となりました。レイパパレは逃げて勝った大阪杯から4連敗ですが、どれも逃げられる展開ではなかったと思います。今回も逃げられないと厳しいでしょうか?また、アカイイトは次走の有馬記念で7着、ソフトフルートは次走の愛知杯(G3)で4着、ランブリングアレーは次走の小倉大賞典で(G3)2着となりました。マスターはどの馬を上にとりますか?

Q4:ジャックドールの評価

白富士S(L)で勝って4連勝中のジャックドールが出走予定です。白富士Sではハイペースを逃げ切りました。逃げることが多いですが、4走前は2,3番手追走でも勝っています。初の重賞挑戦になりますが、マスターの評価を教えてください。

Q5:ポタジェの評価

若アメリカジョッキーC(G2)で2番人気5着のポタジェが出走予定です。中団から伸びましたが届きませんでした。「いつも堅実に走るタイプ」とマスターは言っていましたが、休み明けが原因だったのでしょうか?今回の方がメンバーが強いと思いますが、マスターは上位評価しますか?

Q6:サンレイポケットの評価

京都記念(G2)で6番人気3着のサンレイポケットが出走予定です。スローペースで後ろの馬込みにいて、脚を余していたように見えました。今回のメンバーではどうでしょうか?また、サンレイポケットは古馬になってから力を付けていますが、晩成型として血統的に何か特徴があるのか、もしあれば椎名さんに教えてもらいたいです。

Q7:シャドウディーヴァの評価

府中牝馬(G2)で勝ち、ジャパンCと有馬記念でG1に挑戦したシャドウディーヴァについて。ジャパンCは最初のコーナーで不利がありましたが、内目追走で7着でした。前でも後ろからでも競馬ができる馬だと思いますが、マスターの評価を教えてください。

Q8:パンサラッサVSジャックドール

椎名さん、推し馬のパンサラッサ中山記念優勝おめでとうございます。矢作調教師曰く「道悪が得意な馬がこういう速い馬場の速い時計で勝ててうれしい」とのことです。パンサラッサは金鯱賞に出走していた可能性もあって、結果中山記念でしたが、もし金鯱賞に出走していたら、ジャックドールと対戦していたことになります。椎名さんはこの2頭の対戦を見てみたいですか?逆に対戦してほしくないですか?

 


只今、会員人数を制限しており、
毎週金土日に限り21:00よりプロプランを先着販売しております。



※メルマガ登録済でログイン中は3分前に先行募集

今週の重賞レース
■ フィリーズRページ
https://www.keibariron.com/database/filliesrevue
■ 中山牝馬Sページ
https://www.keibariron.com/database/nakayamahinbastakes
■ 阪神スプリングジャンプ

金鯱賞の記事一覧

もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください