天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > キーンランドカップ

サマースプリントシリーズ第5戦を飾るキーンランドカップ。

予想するなら知っておきたい情報をまとめてみました。

いやぁ、強いですね。

2016年のサマースプリントシリーズは、ベルカントが19pt。

2位と9pt差を付けて断然のトップを独走中です。

2015年に続いての連覇となるのでしょうか!?

そこに待ったをかける馬が、ソルヴェイグ。

サマースプリントシリーズ第1戦となる函館SSを見事勝利し10ptを獲得済み。

このキーンランドカップも連勝すれば、ベルカントを逆転できるんです!

もちろん1位になるのは簡単じゃないですが、今回はかなり現実味があるんですよね。

なぜなら、出走メンバーのほとんどが函館SS組。一度倒している相手だからです。

第1戦と大きく変わるのは馬場状態でしょう。

函館SSは開幕週だったので、レコードが出るようなハイペースにもかかわらず、先行馬が上位を独占していました。

大分荒れてきた札幌で開催されるキーンランドカップ。

予想オッズは函館の上位馬がそのまま人気になっていますが、着順が大きく変わる可能性も十分です。

現に2015年のキーンランドカップは、最後方にいたウキヨノカゼが見事に15頭をごぼう抜き。
2.3着も14番手と11番手から追い込むという、差し馬ばかりが上位独占という展開になりました。

ソルヴェイグ陣営の心情を思うと胃が痛くなる過去データだと思うんですけど、どうでしょう。

2016年のキーンランドカップは同じスケジュールで行われますので、馬場状態には注意ですよ。

あとはマスターの直前分析、解説動画をご覧くださいね。

夏競馬も大詰め。正確な見解から馬を絞って、ここもばっちり的中させましょう!



2017年 キーンランドカップの最新予想情報

2016年09月05日更新

予想屋マスターの予想分析記事(2017年)

ブランボヌールが休み明けでも力の違いを見せつける

第11回キーンランドカップは、3歳世代のワンツーフィニッシュで幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、NHKマイルカップの強い内容から1番人気のシュウジ(モレイラ)より能力が上である上に、圧勝した函館2歳ステークスの内容から洋芝が得意なことを考慮し、ブランボヌール(戸崎圭太)を本命に予想した。
レースでは、ブランボヌールは、好位の外目を追走し、直線で外から追い出されると鋭く脚を伸ばし、逃げ粘るシュウジを捕えて、第11回キーンランドカップを制覇した。
ブランボヌールの第11回キーンランドカップの勝利という結果は、マイペースで逃げるシュウジを捕えてのものであり、着差以上の強さを見せつけた。
よって、今後のスプリント戦線の競馬予想においては、レベルの高い3歳世代でトップクラスのスピードを持つブランボヌールに高い評価を与えて当然である。

一方、第11回キーンランドカップで1番人気に推されたシュウジは2着に粘り込んだ。
競馬理論の競馬予想では、折り合いを欠きながらも2着を確保した函館スプリントステークスの内容から、シュウジにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、シュウジは、他馬が控えたこともあって、楽に逃げを打てた。
そして、シュウジは、直線で一旦は後続を突き放したが、ゴール寸前でブランボヌールに交わされてしまい、2着止まりであった。
シュウジの第11回キーンランドカップの2着という結果は、ブランボヌールにこそ力負けであったが、スプリント戦線では崩れなく走ることを示した。
よって、今後のスプリント戦線の競馬予想においても、シュウジにそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、第11回キーンランドカップでは、3番人気のレッツゴードンキ(岩田康誠)が3着に入った。
レッツゴードンキは、中団の外目を追走し、直線でも外からジリジリと脚を使って、3着に追い込んだ。
レッツゴードンキの第11回キーンランドカップの3着という結果は、スプリント戦線であればそれなりに崩れなく走るようになってきた。
よって、今後のスプリント戦線の競馬予想においては、展開の助けがあればレッツゴードンキが一線級相手でも好走可能と判断すべきである。

以上のように、第11回キーンランドカップは、ブランボヌールの強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、ブランボヌールの今後のスプリント戦線における走りに期待して頂きたい。

ソルヴェイグの重賞連覇なるか?

今週のメインレースは、第11回キーンランドカップである。
第11回キーンランドカップは、サマースプリントシリーズの一戦として注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第11回キーンランドカップに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

函館スプリントステークス組からは、1着のソルヴェイグ(丸田恭介)、2着のシュウジ(モレイラ)、3着のレッツゴードンキ(岩田康誠)、4着のアクティブミノル(藤岡康太)及び11着のファントムロード(藤岡佑介)が第11回キーンランドカップに出走する。
ソルヴェイグの函館スプリントステークスの勝利という結果は、先行して押し切るスピードの違いを見せつけたものだが、開幕週の馬場に恵まれたことも確かである。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、再度楽に先行できるようであれば、ソルヴェイグの連勝の可能性もあると判断すべきである。

シュウジの函館スプリントステークスの2着という結果は、好位のインを追走する展開に恵まれたことも確かだが、道中行きたがっていたので、レース内容としてはソルヴェイグと互角以上である。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、シュウジがソルヴェイグを逆転可能と判断すべきである。

 

レッツゴードンキの函館スプリントステークスの3着という結果は、開幕週でロスのない競馬をしてのものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、レッツゴードンキに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

アクティブミノルの函館スプリントステークスの4着という結果は、コーナーワークの差を考慮すると、上位2頭とは大きな差がない。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、58キロの斤量は気になるものの、逃げ差し自在のアクティブミノルにも高い評価を与えるべきである。

ファントムロードは、函館スプリントステークスの見所のない内容を見る限り、第11回キーンランドカップの競馬予想において高い評価は不要である。

UUB賞組からは、2着のエポワス(Mデムーロ)、3着のセカンドテーブル(水口)、4着のオメガヴェンデッタ(武豊)、5着のオデュッセウス(エスピノーザ)、9着のサドンストーム(Cデムーロ)が第11回キーンランドカップに出走する。
エポワスのUHB賞の2着という結果は、好位のインを追走する展開に恵まれたものではあるが、洋芝では堅実に走ることを示した。
また、エポワスは、函館スプリントステークスでも、上位陣と互角の内容であった。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、エポワスにも高い評価を与えるべきである。

セカンドテーブルのUHB賞の3着という結果は、先行押し切りを狙ったが、ゴール前で歩いてしまった。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、セカンドテーブルが好走するためには楽に先行する展開に恵まれる必要がある。

オメガヴェンデッタ及びオデュッセウスのUHB賞の敗戦は、外を回らされてのものであり、コース取りの差を考慮すると、2着のエポワスと大きな差はない。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、オメガヴェンデッタ及びオデュッセウスの巻き返しの可能性もあり得ると判断すべきである。

サドンストームは、UFB賞の見所のないレース内容を参る限り、第11回キーンランドカップの競馬予想において高い評価は不要である。

高松宮記念組からは、18着のサトノルパン(ルメール)が第11回キーンランドカップに出走する。
サトノルパンの高松宮記念の18着という結果は、負け過ぎなことは確かだが、前を追いかけすぎたと見れば同情の余地がある。
また、サトノルパンは、京阪杯において、展開に恵まれたとはいえども、後の高松宮記念馬ビッグアーサーに勝利している。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、展開に恵まれるようであれば、サトノルパンにも多少の注意は必要である。

NHKマイルカップ組からは、6着のブランボヌール(戸崎圭太)が第11回キーンランドカップに出走する。
ブランボヌールのNHKマイルカップの6着という結果は、

3番手の外目を追走してのものであり、シュウジよりも内容が上である。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、函館2歳ステークスを楽勝した実績があるブランボヌールに高い評価を与えて当然である。

葵ステークス組からは、1着のナックビーナスが第11回キーンランドカップに出走する。
ナックビーナスの葵ステークスの勝利という結果は、スローペースの好位のインを追走する展開に恵まれたものである。
よって、第11回キーンランドカップの競馬予想においては、ナックビーナスに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第11回キーンランドカップに出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第11回キーンランドカップの最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第11回キーンランドカップの予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ティーハーフの重賞連覇なるか?

今週のメインレースは、第10回キーンランドカップである。

第10回キーンランドカップは、中心馬不在のスプリント戦線であり、混戦模様である。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第10回キーンランドカップに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

函館スプリントステークス組からは、1着のティーハーフ(国分優作)、3着のレンイングランド(菱田裕二)、6着のマジンプロスパー(北村友一)、13着のタガノアザガル(松田大作)及び15着のローブティサージュ(三浦皇成)が第10回キーンランドカップに出走する。

ティーハーフの函館スプリントステークスの勝利という結果は、ハイペースの前崩れの展開を最後方から差し切ったものであり、着差ほどの能力差があったわけではない。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においては、ティーハーフに高い評価を与えるべきではあるが、函館スプリントステークスの勝ちっぷりだけで過大評価は禁物である。

一方、レンイングランドの函館スプリントステークスの3着という結果は、3歳世代のレベルの高さを示したものだが、前潰れの展開に恵まれたことも確かである。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においては、レニングランドに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

一方、マジンプロスパー及びタガノアザガルは、函館スプリントステークスの見所のない内容を見る限り、第10回キーンランドカップの競馬予想において高い評価は不要である。

一方、ローブティサージュの函館スプリントステークスの15着という結果は、前が塞がってまったく追えなかったものであり、度外視可能である。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においては、 去年の勝ち馬ローブティサージュの巻き返しには注意を払うべきである。

一方、UHB賞組からは、1着のエポワス(モレイラ)、2着のルチャドルアスール(平野)、3着のレッドオーヴァル(岩田康誠)、4着のブランダムール(蛯名正義)、5着のペイシャオブロー(井上敏樹)、6着のスギノエンデバー(デムーロ)、8着のホウライアキコ(池添謙一)、9着のネオウィズダム、11着のクールホタルビ(水口)及び12着のファントムロードが第10回キーンランドカップに出走する。

エポワスのUHB賞の勝利という結果は、終始外を回って押し切る強い内容であった。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においてもエポワスには高い評価を与えて当然である。

一方、ルチャドルアスールのUHB賞の2着という結果は、楽に逃げを打てればシブトイところを改めて示した。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においては、マイペースで逃げを打てるようであれば、ルチャドルアスールの逃げ粘りに注意を払うべきである。

一方、レッドオーヴァルのUHB賞の3着という結果は、後方から外を回って追い込んだものであり、復調気配をうかがわせる内容であった。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においては、去年2着馬のレッドオーヴァルにもそれなりの評価を与えるべきである。

一方、ブランダムール、ペイシャオブロー、スギノエンデバー、ホウライアキコ、ネオウィズダム、クールホタルビ及びファントムロードは、UHB賞の見所のない内容を見る限り、第10回キーンランドカップの競馬予想において高い評価は不要である。

一方、TVH賞組からは、1着のウキヨノカゼ(四位洋文)が第10回キーンランドカップに出走する。

ウキヨノカゼのTVH賞の勝利という結果は、展開が嵌ったことは確かだが、エポワスを差し切ったことは立派である。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においては、ウキヨノカゼに押さえ程度の評価は与えるべきである。

一方、函館日刊ステークス組からは。1着のオメガヴェンデッタ(横山典弘)が第10回キーンランドカップに出走する、

オメガヴェンデッタの函館日刊ステークスの勝利という結果は、エポワスを破ったものではあるが、好位のインを追走する展開に恵まれたものでもある。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においては、函館日刊ステークスのようにロスのない競馬ができれば、オメガヴェンデッタも好走可能と判断すべきである。

一方、CBC賞組からは、7着のトーホウアマポーラ(福永祐一)が第10回キーンランドカップに出走する。

トーホウアマポーラのCBC賞の7着という結果は、休み明けだったこともあり見所はなかった。ただし、トーホウアマポーラは、去年のCBC賞の勝ち馬であり、能力的には通用する。

よって、第10回キーンランドカップの競馬予想においては、好位のインでロスのない競馬をするなど展開に恵まれるようであれば、トーホウアマポーラも差のない競馬が可能と判断すべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第10回キーンランドカップに出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第10回キーンランドカップの最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第10回キーンランドカップの予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

うまみちゃんねるの最新記事

レース結果

芝1200m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

12334455667788
1234567891011121314 馬番
セカンドテーブル ファントムロード エポワス シュウジ ソルヴェイグ オメガヴェンデッタ サドンストーム ホッコーサラスター サトノルパン アクティブミノル オデュッセウス レッツゴードンキ ナックビーナス ブランボヌール 馬名
牡4セ8セ8牡3牝3セ5牡7牝5牡5牡4牡3牝4牝3牝3 性齢
5656565352565654575853555151 斤量
水口 川田 Mデムーロ モレイラ 丸田 武豊 Cデムー 池添 ルメール 藤岡康 内田博 岩田 酒井 戸崎圭 騎手
1311624121478109351 着順

最新情報

キーンランドカップとは

キーンランドカップ(Keeneland Cup)は、日本中央競馬会(JRA)が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 競走名の「キーンランド(Keeneland)」はアメリカ合衆国のケンタッキー州レキシントンにある馬産地で、ブルーグラスステークスなどのG1競走が行われるキーンランド競馬場も所在する。 正賞はキーンランド協会賞、札幌馬主協会会長賞。 1996年に4歳(現3歳)以上の競走馬によるオープン特別競走として創設され、札幌競馬場の芝1000mで施行された。その後、競走条件や距離の変更を経て、2006年に年間を通じた短距離路線の整備が行われたことに伴い、本競走はGIIIに格付けされサマースプリントシリーズの第4戦(2012年からは第5戦)に指定された。第1回から外国産馬が出走可能なほか、指定交流競走として地方競馬所属馬もスプリンターズステークスの出走候補馬3頭に出走資格が与えられた。2009年からは国際競走に指定され、外国馬の出走も可能になった。 サマースプリントシリーズのシリーズ優勝を目指す馬にとっても重要な競走となっており、本競走の優勝馬からはワンカラット(2010年)とパドトロワ(2012年)がシリーズチャンピオンとなっている。引用元:Wikipedia キーンランドカップ

最終オッズ

馬名 単勝
シュウジ2.3
ブランボヌール5.6
レッツゴードンキ7.4
ソルヴェイグ8.8
サトノルパン15.6
エポワス16.1
オメガヴェンデッタ17.9
ホッコーサラスター21
ナックビーナス21.9
アクティブミノル24.8
セカンドテーブル29.8
サドンストーム50.7
オデュッセウス53.5
ファントムロード72.6
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

最新ニュース

記事一覧

キーンランドカップ (2016年) 『ブランボヌールが休み明けでも力の違いを見せつける』

第11回キーンランドカップは、3歳世代のワンツーフィニッシュで幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、NHKマイルカップの強い内容から1番人気のシュウジ(モレイラ)より能力が上である上に、圧勝した函館2歳ステークスの内容か […]

2016/09/1 (木)

キーンランドカップ (2016年) 『ソルヴェイグの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、第11回キーンランドカップである。 第11回キーンランドカップは、サマースプリントシリーズの一戦として注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第11回キーンランドカップに出走する有力各馬の能 […]

2016/08/23 (火)

キーンランドカップ (2015年) 『ティーハーフの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、第10回キーンランドカップである。 第10回キーンランドカップは、中心馬不在のスプリント戦線であり、混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第10回キーンランドカップに出走する有力各馬の能 […]

2015/08/24 (月)
ローブティサージュが阪神ジュベナイルフィリーズ以来の重賞制覇

キーンランドカップ (2014年) 『ローブティサージュが阪神ジュベナイルフィリーズ以来の重賞制覇』

第9回キーンランドカップは、2歳女王であるローブティサージュ(三浦皇成)の勝利で幕を閉じたレースだった。 競馬理論の競馬予想では、函館スプリントステークスにおいて、スプリントへの適性の高さを見せたローブティサージュに高い […]

2014/09/4 (木)
スノードラゴンが悲願の重賞制覇なるか?

キーンランドカップ (2014年) 『スノードラゴンが悲願の重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、第9回キーンランドカップである。 第9回キーンランドカップは、サマースプリントシリーズにおいてチャンピオンを目指す馬にとっては重要な一戦となるため注目である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第9回 […]

2014/08/26 (火)
フォーエバーマークが逃げ切る

キーンランドカップ (2013年) 『フォーエバーマークが逃げ切る』

第8回キーンランドカップは、4番人気のフォーエバーマーク(村田一誠)の逃げ切り勝ちで幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、インが極端に有利な函館の馬場状態を考慮し、フォーエバーマークにもかなり高い評価を与えていたが、土曜 […]

2013/08/30 (金)
パドトロワの連覇なるか?

キーンランドカップ (2013年) 『パドトロワの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第8回キーンランドカップである。 第8回キーンランドカップは、実績断然のサンカルロが休み明けということもあり、混戦が予想される。そこで、競馬理論の競馬予想では、第8回キーンランドカップに出走する有力 […]

2013/08/23 (金)
パドトロワがスピードを生かして逃げ切る

キーンランドカップ (2012年) 『パドトロワがスピードを生かして逃げ切る』

第7回キーンランドカップは3番人気のパドトロワ(安藤勝)の逃げ切り勝ちという結果で幕を閉じた。競馬理論は極端にイン有利な札幌の芝コースで内枠を引いたことにより、 逃げ又はインの3番手の絶好位を追走する展開面を重視して、結 […]

2012/08/26 (日)
ドリームバレンチノの重賞連覇なるか?

キーンランドカップ (2012年) 『ドリームバレンチノの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、サマースプリントシリーズの第7回キーンランドカップである。第7回キーンランドカップは、G1のスプリンターズステークスを占う意味でも重要なレースであり、例年以上に注目を集めるので、じっくり競馬予想を分 […]

2012/08/24 (金)
第1回キーンランドカップ

キーンランドカップ (2006年) 『第1回キーンランドカップ』

サマースプリントシリーズの一戦として、重賞に格上げとなった第1回キーンランドカップは、上位3頭を牝馬が独占するレース結果となった。 先週の札幌記念に続き、キーンランドカップでも夏は牝馬という格言通りのレース結果となった。 […]

2006/08/27 (日)