天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 阪急杯
今週の重賞レース
■ 中山記念ページ
https://www.keibariron.com/database/nakayamakinen
■ アーリントンカップページ
https://www.keibariron.com/database/arlingtoncup


2017年 阪急杯の最新予想情報

予想屋マスターの阪急杯(2017年)予想分析記事

サンカルロが約2年ぶりの重賞制覇

第55回阪急杯は、サンカルロ(吉田豊)がこれまでの鬱憤を晴らす快勝劇となった。

競馬理論は、阪神競馬の土曜日の芝のレースを見て、開幕週にしてはインが有利な馬場状態でないと判断し、能力を信頼して4番人気のサンカルロを本命に予想した。

なお、第55回阪急杯で以前から述べているように、第55回阪急杯は、今のスプリント戦線はレベルが低いので、スプリント戦線組よりも、1400m~1600mを中心に使われている馬の方が強い。

第55回阪急杯のレースでは、サンカルロは、いつものように出負け気味のスタートから、中段の馬込みの中を追走した。

そして、第55回阪急杯のサンカルロは、直線で吉田豊騎手に外に持ち出されると、あっという間に先頭に立ち、2着のガルボに1馬身以上の差をつけて、快勝した。

サンカルロの第55回阪急杯の勝利は、開幕週の馬場で外を回って押し切る横綱競馬によるものであり、第55回阪急杯のメンバーでは力が違うところを見せつけた。

よって、第55回阪急杯で次走の高松宮記念においても、ある程度ペースが上がって前潰れの競馬になるようであれば、サンカルロが好走してもおかしくないと競馬理論では判断している。

一方、第55回阪急杯の2着には、単勝2.6倍で1番人気のガルボ(岩田康)が入った。

第55回阪急杯で競馬理論は、開幕週の馬場で絶好位となる好位のインを走れそうな器用な先行力を考慮して、金曜日の時点では本命に予想する予定だったガルボを、インが思ったほど有利ではない馬場状態を考慮して、少し評価を落とした。

第55回阪急杯でレースでは、ガルボは、逃げ争いの直後の好位のインからレースを進めた。

そして、第55回阪急杯は、ガルボは、直線で狭い馬群を割って内から伸びてきたが、サンカルロには及ばず、2を確保するのが精一杯であった。

ガルボの第55回阪急杯の2着は、器用な先行力で安定感のある走りを見せてのものだが、レース内容としてはサンカルロに完敗であった。

しかしながら、第55回阪急杯でガルボは、常に好位のインを走れる先行力を持つので、インが有利な馬場で内枠を引いたときには、ガルボがサンカルロに先着する可能性が高まる。

一方で、外が伸びる馬場でもガルボが人気になるようであれば、軽視して穴を狙うべきと競馬理論では判断している。

一方、第55回阪急杯の3着には、フラガラッハ(四位)が追い込んだ。フラガラッハは、スタートが悪く、後方からの競馬となってしまった。

しかしながら、第55回阪急杯でフラガラッハは、直線で大外に持ち出されると、鋭い差し脚で3着まで追い込んだ。

フラガラッハの第55回阪急杯の3着は、速い流れに恵まれたと見ることもできるが、開幕週の馬場でかなり外を回らされたことを考慮すると、悪くないレース内容であった。

よって、第55回阪急杯後の重賞戦線においても、成長途上のフラガラッハにはそれなりの注意を払うべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第55回阪急杯は、サンカルロの強さだけが目立つ一戦となった。

また、サンカルロは、第55回阪急杯の勝利で賞金を加算できたので、高松宮記念への出走という意味でも価値のある勝利となった。

よって、春のスプリント王決定戦の高松宮記念においても、第55回阪急杯でサンカルロにはそれなりの注意が必要と競馬理論では判断している。

うまみちゃんねるの最新記事

出馬表

芝1400m / 天気: / 馬場: / 発走:15:35

123455667788
123456789101112 馬番
カオスモス トーキングドラム ブラヴィッシモ ヒルノデイバロー ロサギガンティア ムーンクレスト シュウジ ミッキーラブソング メドウラーク テイエムタイホー ダイシンサンダー ナガラオリオン 馬名
牡7牡7牡5牡6牡6牡5牡4牡6牡6牡8牡6牡8 性齢
565656565656575656565656 斤量
武幸武豊古川四位藤岡佑川田松若フォーリー池添浜中国分優 騎手

最新情報

阪急杯とは

阪急杯(はんきゅうはい)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 寄贈賞を提供する阪急電鉄は、大阪市北区に本社を置く鉄道会社。 正賞は阪急電鉄株式会社賞。 1956年まで行われていた重賞競走「阪神記念(はんしんきねん)」を廃止し、1957年に4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として創設された「宝塚杯(たからづかはい)」が本競走の前身である。1960年より現名称に改称された。 創設時は芝2200mで行われていたが、1960年より芝1800mに変更された。その後も幾度かの距離短縮や施行場・施行時期の変遷を経て、1996年に短距離重賞路線が整備され「高松宮杯(現・高松宮記念)」が芝1200mのGIに改められた際、本競走も芝1200mに変更された。翌年には高松宮記念の前哨戦に位置付けられ、施行時期も第2回阪神競馬に移設され、2000年には高松宮記念が3月末に繰り上げられたのに伴い、本競走も第1回阪神競馬の開幕週に移設された。引用元:Wikipedia 阪急杯

予想オッズ

馬名 単勝
シュウジ 1.9
ロサギガンティア 4.3
ミッキーラブソング 7.3
ブラヴィッシモ 7.5
ムーンクレスト 12.6
ヒルノデイバロー 17.3
テイエムタイホー 25.6
トーキングドラム 44.6
ダイシンサンダー 46.2
カオスモス -
メドウラーク -
ナガラオリオン -
※50倍以上が想定されるものは「-」になります。

記事一覧

今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪