14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 阪急杯 > 阪急杯2019の競馬予想|ミスターメロディが重賞2勝目なるか?
2019/02/21
予想屋マスター

出走日:2019年02月24日(日)
阪急杯 -G3- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:3800万円

2019年阪急杯 阪急杯2019の競馬予想|ミスターメロディが重賞2勝目なるか?

今週は、フルゲート18頭に対して19頭の出走登録馬があった

阪急杯(2019年)の予想について解説する。

阪急杯は、1着馬に高松宮記念の優先出走権が与えられ、スプリント戦線を占う意味でも注目を集める。

阪急杯では、4歳馬ミスターメロディ(福永祐一)が人気を集めそうだが、人気が割れそうな混戦模様である。

そこで、競馬理論の競馬予想では、阪急杯の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

阪神カップ組

 

1着のダイアナヘイロー(武豊)・2着のミスターメロディ(福永祐一)・
3着のスターオブペルシャ(杉原誠人)・16着のヒルノデイバロー(四位洋文)
の合計4頭が出走登録している。

 

ダイアナヘイロー

阪神カップの勝利という結果は、イン有利の馬場で楽に逃げる展開に恵まれたものである。
ただし、阪急杯は、阪神競馬場の開幕週に行われるので、再度イン有利の馬場となる可能性も高い。
よって、阪急杯の予想では、楽に逃げる展開に恵まれるようであれば、ダイアナヘイローの連覇の可能性が高まると判断すべきである。

 

ミスターメロディ

ミスターメロディ

阪神カップの2着という結果は、楽に逃げたダイアナヘイローを捕らえきれなかっただけだが、好位のインを追走する展開に恵まれたものでもある。
よって、阪急杯の予想では、再度好位のインを追走できそうな場合には、ミスターメロディに高い評価を与えるべきだが、外枠を引いた場合には人気ほどの信頼感はないと判断すべきある。

 

スターオブペルシャ

阪神カップの3着という結果は、前残りの展開の分だけ届かなかったが、内でロスのない競馬をしたことも確かである。
よって、阪急杯の予想では、スターオブペルシャに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

ヒルノデイバロー

阪神カップのレース内容は見どころがなかった。
よって、阪急杯の予想では、ヒルノデイバローに高い評価は不要である。

 

節分ステークス組

 

1着のエントシャイデン(坂井)が出走を予定している。

 

エントシャイデン

節分ステークスの勝利という結果は、馬群から離れた4番手を気分よく追走する展開に恵まれたものである。
ただし、エントシャイデンは、3連勝で能力的に底を見せていないことも確かである。
よって、阪急杯の予想では、エントシャイデンにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

淀短距離ステークス組

 

7着のダイメイフジ(和田竜二)が出走登録している。

 

ダイメイフジ

淀短距離ステークスの7着という結果は、着順ほど負けてはいないが見どころがなかった。
ただし、ダイメイフジは、展開に恵まれたとは言えども、1400m戦で後の安田記念馬モズアスコットを破った実績がある。
よって、阪急杯の予想では、内枠を引いた場合にのみ、ダイメイフジに多少の注意を払えば十分である。

 

東京新聞杯組

 

4着のロードクエスト(川田将雅)・7着のリライアブルエース(松山弘平)・
9着のロジクライ(横山典弘)・10着のヤングマンパワー(池添謙一)
の合計4頭が出走を予定している。

 

ロードクエスト

東京新聞杯の4着という結果は、タワーオブロンドンに先着しており、上位3頭が強すぎただけである。
また、ロードクエストは、スワンステークスを制しており、復調気配をうかがわせている。
よって、阪急杯の予想では、開幕週でも差しが届く展開になるようであれば、ロードクエストにも注意が必要である。

 

ロジクライ

東京新聞杯の敗戦は、速いペースで先行してのものであり、度外視可能である。
よって、阪急杯の予想では、距離短縮で気分良く先行できるようであれば、ロジクライの粘り込みにも注意を払うべきである。

 

リライアブルエース・ヤングマンパワー

東京新聞杯のレース内容は見どころがなかった。
よって、阪急杯の予想では、リライアブルエース及びヤングマンパワーに高い評価は不要である。

 

JBCスプリント組

 

5着のレッツゴードンキが出走登録している。

 

レッツゴードンキ

JBCスプリントの5着という結果は、イン有利の馬場で外から追い込んでのものであり、負けて強しの内容であったが、ダートなので参考外である。
よって、阪急杯の予想では、芝でもG1で好走を繰り返しているレッツゴードンキにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

以上、阪急杯に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

阪急杯(2019年)の最終的な予想を決断する。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>