天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > フローラステークス
今週の重賞レース
■ マイラーズCページ
https://www.keibariron.com/database/yomiurimilerscup
■ 福島牝馬Sページ
https://www.keibariron.com/database/hukushimahinbastakes

2017年 フローラステークスの最新予想情報

予想屋マスターのフローラステークス(2017年)予想分析記事

チェッキーノが圧勝でオークスへ


第51回フローラステークスは、3番人気のチェッキーノ(ルメール)の圧勝劇で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、開幕週の馬場で且つ府中の2000mの大外枠ながらも、アネモネステークスの着差以上に強い内容を考慮し、チェッキーノにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、チェッキーノは、中団の外目を追走し、直線でも外から一気に突き抜け、第51回フローラステークスを制覇した。
チェッキーノの第51回フローラステークスの勝利という結果は、不利な大外枠を克服し、更には3馬身もの差をつけており、能力の違いをみせつけた。
よって、本番のオークスの競馬予想においても、桜花賞組との比較は難しいものの、チェッキーノに高い評価を与えて当然である。

一方、第51回フローラステークスでは、2番人気のパールコード(川田将雅)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、唯一の敗戦のつばき賞の上位2頭が皐月賞組であることから、牝馬限定の重賞ならば力が上と判断し、パールコードを本命に予想した。
レースでは、パールコードは、好位の馬群の中を追走し、直線でもジリジリと伸びたが、チェッキーノには外からあっという間に交わされてしまい、2着を確保するのが精一杯であった。
パールコードの第51回フローラステークスの2着という結果は、能力は見せたものの、チェッキーノには力負けであった。
よって、本番のオークスの競馬予想においては、パールコードに高い評価は不要である。

一方、第51回フローラステークスでは13番人気のアウェイク(吉田豊)が3着に入り、波乱を演出した。
アウェイクは、中団のインを追走し、直線では外に膨れながらも脚を伸ばし、3着争いを制した。
アウェイクの第51回フローラステークスの3着という結果は、外にモタれた割にはよく走っているが、道中ロスのない展開に恵まれたものでもある。
よって、オークスの競馬予想においては、アウェイクにも高い評価は不要である。

以上のように、第51回フローラステークスは、チェッキーノの強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、チェッキーノの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

超良血馬サングレアルがオークスへ名乗りをあげる

オークストライアルの第49回フローラステークスは、良血馬サングレアル(岩田康誠)の勝利で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、府中の2000mでかなり有利な内枠を引いた点を評価しつつも、ブエナビスタの妹という血統面から実績以上に人気になる点を考慮して、サングレアルを軽視してしまった。

レース中、サングレアルは若干出負け気味のスタートだったこともあり、後方のインで脚をためていた。
そしてサングレアルは、直線に向くと進路を探すために徐々に外に持ち出され、前が開くと鋭い差し脚を披露して、第49回フローラステークスを制覇した。

サングレアルの第49回フローラステークスの勝利という結果は、直線で進路を確保するのに苦労しながらも差し切ったものであったため、着差以上に強い内容であった。

しかしながら、第49回フローラステークスは、桜花賞組よりはかなり弱いメンバー構成であったことも否めない。

そのことを考慮して、本番のオークスの競馬予想においては、サングレアルに第49回フローラステークス組では最上位の評価を与えて当然だが、桜花賞上位組の方が上と判断すべきである。

一方で第49回フローラステークスでは、6番人気のブランネージュ(秋山真一郎)が2着に入った。

ブランネージュは好スタートを切ると、インの3番手で折り合いをつけていた。
そしてブランネージュは、直線半ばで早めに先頭に立ったが、ゴール寸前でサングレアルに差されてしまい、2着止まりであった。

ブランネージュの第49回フローラステークスの2着という結果は、インが有利という馬場ではないものの、開幕週の馬場でロスのない競馬をしたものであったため、レース内容としての価値は微妙である。

そのことから、本番のオークスの競馬予想においては、ブランネージュに高い評価は不要である。

そして、第49回フローラステークスで1番人気に推されたマジックタイム(杉原誠人)は6着に敗れてしまった。

競馬理論の競馬予想では、阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬フォーエバーモアに迫ったクイーンカップの強い内容から、マジックタイムを本命に予想してしまった。

レース中、マジックタイプは中団の馬群の中で待機し、直線で外に持ち出されたが、伸びを欠いてしまい、人気を裏切ってしまった。

マジックタイプの第49回フローラステークスの6着という結果は、直前での杉原騎手への乗り替わりになったことや、休み明けであったことを考慮しても残念な内容であった。

その点を考慮して、本番のオークスの競馬予想においては、マジックタイプの巻き返しの可能性は低いと判断すべきである。

以上のように、第49回フローラステークスでは、サングレアルが姉のブエナビスタを彷彿とさせる脚で勝利をおさめた。

しかしながら、第49回フローラステークス組は桜花賞組に比べてレベルが低い可能性が高いため、競馬理論のファンの方はこのレベル差を頭に入れて、オークスの予想をして頂きたい。

デニムアンドルビーが17頭をごぼう抜き

フローラステークスは、1番人気のデニムアンドルビー(内田博幸)及び2番人気のエバーブロッサム(戸崎圭太)2頭の本命サイドの決着となった。
競馬理論の競馬予想では、レベルの高いメンバー相手に強い勝ち方で勝利した未勝利戦のレース内容を評価してはいたものの、開幕週の馬場での差し脚質を考慮し、人気ほどの信頼感はないと判断し、本命には予想できなかった。

レースでは、デニムアンドルビーは、最後方からレースを進め、3コーナー過ぎから外目を回って徐々にポジションを上げると、4コーナーでは早くも好位に取りついた。
そしてデニムアンドルビーは、直線に向いてもいい脚を長く使い、エバーブロッサムとの叩き合いを制して、フローラステークスを勝利した。

デニムアンドルビーのフローラステークスの勝利という結果は、開幕週の割に外も伸びる馬場であったにせよ、終始大外を回って押し切る強いレース内容であった。


よって本番のオークスの競馬予想においても、デニムアンドルビーに高い評価を与えるべきである。
ただし、デニムアンドルビーは追い込み一手の脚質なので、外が伸びる馬場や先行馬が揃った場合には評価を上げ、インが有利な馬場や先行馬が少ない場合には評価を下げるべきである。

フローラステークスでは、2番人気に推されたエバーブロッサムが2着に入った。

エバーブロッサムは、中団よりやや後方の外目から競馬を進め、3コーナー過ぎからデニムアンドルビーが上がってくると、一緒になって上位に進出した。
そして、エバーブロッサムは、直線に向くと、デニムアンドルビーとの叩き合いに持ち込んだものの、デニムアンドルビーに競り負けてしまい、2着止まりであった。

エバーブロッサムのフローラステークスの2着という結果は、徐々に競馬が上手になっていることを示したが、デニムアンドルビーには力負けといった内容であった。


よって本番のオークスの競馬予想においては、エバーブロッサムがデニムアンドルビーを逆転するためには展開などの助けが必要と判断すべきである。

一方、フローラステークスでは、9番人気のブリュネット(福永祐一)が3着に入り、3連系の馬券は中穴配当となった。

ブリュネットは、中団の外目で待機し、デニムアンドルビー及びエバーブロッサムが3コーナー過ぎから上がっていく時もじっと我慢し、脚をためつつ直線に向いた。
するとブリュネットは、直線では馬群を縫うようにジワジワと脚を伸ばし、3着に追い込んだ。

ブリュネットのフローラステークスの3着という結果は、3~4コーナーで脚をためられたことによるもので上位2頭とは力差があると見ることもできるが、3~4コーナーで一緒に上がって行った場合は、上位2頭と際どい競馬をした可能性もある。


よって本番のオークスの競馬予想においては、ブリュネットを完全に軽視するのは危険である。

以上のようにフローラステークスは、良血馬デニムアンドルビーが素質を開花させて快勝した。
競馬理論のファンの方は、デニムアンドルビーの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるのフローラステークス最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
こんばんは!
「うまみちゃんねる」の椎名友希です!

皐月賞は、伏兵アルアインが激走。
3連単が1,064,360円という波乱の決着に!

先週も書かせていただきましたが、2着ペルシアンナイトは9号族、3着ダンビュライトは16号族と、クラシック向きの牝系です。

勝ったアルアインは、2号族なのですが、皐月賞には、なんと5頭もの2号族が出走していました!
今年、ブレイクする血統のひとつかもしれません。
血統にも旬がありまして、去年は4号族が、すごく走ったんですよね(*´ω`)
今年の2号族、ぜひ注目してみてください。


_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今週はマイラーズカップも面白そうでしたが、うまみちゃんねる出張版ということで、牝馬のフローラSにしました。
上位3頭は、オークスの優先出走権がもらえます。
本番で勝つのは、なかなか難しそうですが、その後、牝馬重賞で活躍できる馬も輩出しているレースです。

☆フローラS うまみデータ☆

・東西は半々くらい。
・毎年絡む3枠!神枠!?
・荒れ気味。とんでもない穴馬が来ることも
・パワー型血統や、牝系に注目


去年の勝ち馬、チェッキーノは別格に強かったので、度外視しますが、基本的には中山や阪神の1800mを使ってきた馬が良さそうです。
阪神の君子蘭賞は、相性の良いローテの1つだと思います。
でも、初勝利の後、ポンと勝ってしまうような馬もいるので、この時期、中距離で勝ち負けになっているのであれば問題ないです(*´ェ`*)

去年、大外枠だったチェッキーノは、別格なので度外視しますが、外枠は不利傾向。
3枠は、ここ近年、毎年馬券になっています。
好位につけられる馬には、もってこいの枠なのだと思います。

よく荒れるレースです。
過去5年で13番人気以下の馬が3着に3度来ています。
どの馬も前走1800m以上の経験があり、丈夫で中~長距離の適性がありそうな馬たちでした。
それぞれディープインパクト、ステイゴールド、スペシャルウィークの産駒でしたが、産駒が小さめに出やすい中、極端に小柄でなかった点も、共通しています。

ディープ以外のSS系種牡馬が、よく健闘しています。
そして、種牡馬よりも、牝系の強さが光るレースですね。
母系に活躍馬(特に牝馬)がいる馬が、とても面白いです。
昨年のチェッキーノもシンコウラブリイの系譜ですし、サングレアル(2014)はビワハイジの仔、デニムアンドルビー(2013)はトゥザヴィクトリーの牝系でした。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪


*フローレスマジック
姉兄ラキシス&サトノアラジンがいる、16号族のディープ産駒ということで、この時期とても買いたくなる血統ですね。
成長も早そう。
クイーンCローテは珍しいですが、地力の高さで押し切ってほしいですね。

*ホウオウパフューム
ハーツクライ×キングマンボの配合といえば、一昨年の2着馬・ディアマイダーリン。
ここでも1番人気に支持されていましたし、後にダートで良績を残したパワー型。
馬格があるところも似ています。

*アドマイヤローザ
母母:アドマイヤグルーヴということで、近親にも活躍馬ばかり。
オークス馬、エアグルーヴの系譜がクラシックシーズンに爆発するか楽しみ。

*ディーパワンサ
フラワーCを使ってくる馬も、よく絡んでくる印象。
母はリラヴァティやシンハライトの姉妹。
否が応でもオークスを意識したくなる血統ですね!

*タガノアスワド
ネオユニヴァース産駒の逃げ馬。
前走つばき賞は、ファンディーナを相手に、よく粘りました!
まだ2戦しか走っていませんが、現時点での完成度は、かなり高そうな馬。

*ヤマカツグレース
君子蘭賞は2着。
兄は中距離で活躍中のヤマカツエース。
父がハービンジャーに変わって、より成長が早そうな印象。
この馬も、ブレイクしそうな2号族です。

*レッドミラベル
半兄にルルーシュを持つ、ステイゴールド産駒。
ステイゴールド産駒の13号族って、必ず雨で好走するんですよね。(バウンシーチューン、アイスフォーリス)
雨が降ったら、1番に狙いましょう!(笑)

*ムーンザムーン
既に8戦のキャリア。
牝系を遡るとシンボリルドルフや、ジャンプレースの重賞馬が出てくるような血統。
いかにもタフで、穴をあけそうなかんじ…。
そういえば、6年前に15番人気で激走したマイネルソシエールも、ここまで7戦を消化していました。

*レッドコルディス
この馬も君子蘭賞からの参戦!
レインボークエストやウォーニングなど、母系には海外の名馬がズラリ!

*ザクイーン
日経賞を勝ったシャケトラの妹!
妹も覚えやすい名前でいいね(´∀`*)
去年の勝ち馬と同じ4号族。
兄は抜群のレースセンスの持ち主だけど、妹は…!?


ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。
今週はお休みで、来週4/28(金)17:00~19:00の放送予定です。

ゲストは、内田結衣ちゃん♪
うちゆいちゃん、実は、近親に岡部幸雄さんを持つ超良血(*´ω`)笑
幸雄おじちゃんの逸話も聞けるかも?

夕方からの配信ですので
タイムシフト予約、ぜひお願いいたします☆

うまみガールズ、春の予想勝負も始まりました。
こちらもぜひ応援してください!
お楽しみに!
コメント待ってまーす♪

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

フローラステークスのレース結果

芝2000m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

112233445566777888
123456789101112131415161718 馬番
モズカッチャン ザクイーン キャナルストリート レッドミラベル ホウオウパフューム タガノアスワド ヤマカツグレース ドリームマジック アドマイヤローザ メイショウササユリ ビルズトレジャー ディーパワンサ アロンザモナ フローレスマジック ニシノアモーレ レッドコルディス ラユロット ピスカデーラ 馬名
牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3牝3 性齢
545454545454545454545454545454545454 斤量
和田 池添 蛯名 吉田豊 田辺 国分恭 横山典 石川 岩田 武士沢 田中勝 内田博 柴田善 戸崎圭 大野 北村宏 木幡育 荻野極 騎手
111121584213718914631051716 着順

フローラステークスの最新情報

フローラステークスとは

フローラステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表での名称は「サンケイスポーツ賞 フローラステークス(オークストライアル)」と表記される。 競走名の「フローラ(Flora)」は、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神の名。または、ある特定の地域もしくは時代に生育する各種植物の全種類の意。 「サンケイスポーツ」は、産業経済新聞社が発行するスポーツ紙。同社より寄贈賞の提供を受けている。 正賞はサンケイスポーツ賞。 3着までの馬に優駿牝馬(オークス)の優先出走権が付与されるトライアル競走。当初は5着までに優先出走権を付与していたが、1991年より3着までに改められた。 1966年に「サンケイスポーツ賞 4歳牝馬特別(オークストライアル)」の名称で創設された、4歳(現3歳)牝馬限定の重賞競走。2001年より現名称となった。創設時は芝1800mで行われていたが、トライアルレースとしての位置付けをより明確にするため、1987年から2000mに延長。引用元:Wikipedia フローラステークス

フローラステークス最新ニュース

フローラステークスの最終オッズ

馬名 単勝
ホウオウパフューム2.1
フローレスマジック4.1
タガノアスワド11.5
アドマイヤローザ12.6
ザクイーン14.8
ディーパワンサ15.5
レッドミラベル18.8
キャナルストリート29.8
ビルズトレジャー30.3
ヤマカツグレース32.2
レッドコルディス36.2
モズカッチャン37.2
ニシノアモーレ63.6
ドリームマジック85
アロンザモナ128.9
ラユロット151.4
ピスカデーラ229.8
メイショウササユリ258.5
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

フローラステークス記事一覧

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~フローラS~』

こんばんは! 「うまみちゃんねる」の椎名友希です! 皐月賞は、伏兵アルアインが激走。 3連単が1,064,360円という波乱の決着に! 先週も書かせていただきましたが、2着ペルシアンナイトは9号族、3着ダンビュライトは1 […]

2017/04/18 (火)

フローラステークス (2016年) 『チェッキーノが圧勝でオークスへ』

第51回フローラステークスは、3番人気のチェッキーノ(ルメール)の圧勝劇で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、開幕週の馬場で且つ府中の2000mの大外枠ながらも、アネモネステークスの着差以上に強い内容を考慮し、チェッキ […]

2016/04/28 (木)
超良血馬サングレアルがオークスへ名乗りをあげる

フローラステークス (2014年) 『超良血馬サングレアルがオークスへ名乗りをあげる』

オークストライアルの第49回フローラステークスは、良血馬サングレアル(岩田康誠)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、府中の2000mでかなり有利な内枠を引いた点を評価しつつも、ブエナビスタの妹という血統面から実 […]

2014/05/1 (木)
デニムアンドルビーが17頭をごぼう抜き

フローラステークス (2013年) 『デニムアンドルビーが17頭をごぼう抜き』

フローラステークスは、1番人気のデニムアンドルビー(内田博幸)及び2番人気のエバーブロッサム(戸崎圭太)2頭の本命サイドの決着となった。 競馬理論の競馬予想では、レベルの高いメンバー相手に強い勝ち方で勝利した未勝利戦のレ […]

2013/04/26 (金)
ラストグルーヴが母娘3代オークス制覇の夢を目指して出走

フローラステークス (2013年) 『ラストグルーヴが母娘3代オークス制覇の夢を目指して出走』

今週のメインレースは、第48回フローラステークスである。 第48回フローラステークスは、オークストライアルということもあり、混戦の3歳牝馬クラシック戦線を占う意味でも注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第48回 […]

2013/04/19 (金)
アパパネへの挑戦権を手にするのはどの馬か?

フローラステークス (2012年) 『アパパネへの挑戦権を手にするのはどの馬か?』

今週のメインレースは、オークストライアルの第45回フローラステークスである。今年の牝馬クラシック戦線は、桜花賞馬アパパネが頭一つ抜け出したが、2400mの距離が舞台となるオークスならば他馬にも付け入る隙はある。そのため、 […]

2012/07/2 (月)
○○○がオークスへの出走権を確保

フローラステークス (2012年) 『○○○がオークスへの出走権を確保』

今週はG1レースの狭間の週であるが、オークストライアルの第43回フローラステークスが行われる。今年の3歳牝馬クラシック戦線は桜花賞が大波乱の結果となったように例年以上の大混戦模様であり、第43回フローラステークスも混戦が […]

2012/06/29 (金)
東京競馬場がグランドオープン

フローラステークス (2012年) 『東京競馬場がグランドオープン』

今週は、G1レースの狭間となるが、東京競馬場がグランドオープンする。その新装された東京競馬場では、オークストライアルの第42回フローラステークスがメインレースとして行われる。 その第42回フローラステークスでは、桜花賞5 […]

2012/06/29 (金)
第47回フローラステークス

フローラステークス (2012年) 『第47回フローラステークス』

今週のメインレースは、オークストライアルの第47回フローラステークス(2012年)である。 第47回フローラステークス(2012年)は、 混戦の3歳牝馬戦線を考えると、 本番のオークス(2012年)を占う意味でも大いに注 […]

2012/06/29 (金)
ミッドサマーフェアが力の違いを見せつけて圧勝

フローラステークス (2012年) 『ミッドサマーフェアが力の違いを見せつけて圧勝』

第47回フローラステークス(2012年)は、結果1番人気のミッドサマーフェア(蛯名)の圧勝で幕を閉じた。 第47回フローラステークスの競馬理論の結果は、君子蘭賞の楽勝だけでなく、黄梅賞及びクイーンカップでの着順以上の強い […]

2012/04/22 (日)
サンテミリオンがオークスへ向けて視界良好

フローラステークス (2010年) 『サンテミリオンがオークスへ向けて視界良好』

第45回フローラステークスは、結果単勝1.9倍と圧倒的な1番人気のサンテミリオン(横山典)の快勝で幕を閉じた。 第45回フローラステークスの競馬理論の結果は、サンテミリオンの能力に高い評価を与えつつも、府中2000mで極 […]

2010/04/25 (日)
第44回フローラステークス

フローラステークス (2009年) 『第44回フローラステークス』

今週のメインレースは、オークストライアルの第44回フローラステークスである。第44回フローラステークスは、3着までオークスへの優先出走権が与えられることもあって、打倒ブエナビスタを目指す有力馬が出揃った。 その第44回フ […]

2009/04/26 (日)
第44回フローラステークス

フローラステークス (2009年) 『第44回フローラステークス』

桜花賞馬ブエナビスタへの挑戦権を懸けた第44回フローラステークスは、結果ディアジーナ(内田博)の圧勝で幕を閉じた。 第44回フローラステークスの競馬理論の結果は、桜花賞をパスして第44回フローラステークスに照準をあわせて […]

2009/04/25 (土)
第43回フローラステークス

フローラステークス (2008年) 『第43回フローラステークス』

第25回フローラステークスは、結果1番人気のレッドアゲート(内田博)が勝利を収めたものの、5番人気のカレイジャスミン(北村宏)が2着、8番人気のキュートエンブレム(松岡)が3着に入り、中波乱の結果となった。 第43回フロ […]

2008/04/27 (日)
第40回フローラステークス

フローラステークス (2005年) 『第40回フローラステークス』

サンスポ賞フローラステークスは、ディアデラノビア(武豊)の東京コースらしい追い込みで結果が出た。第40回フローラステークスのディアデラノビアは、期待されていたここ2走で、期待を裏切った。ディアデラノビアの前々走のチューリ […]

2005/04/24 (日)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪