天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > アルゼンチン共和国杯

今週の重賞レース
■ 京王杯2歳ステークスページ
https://www.keibariron.com/database/keiou2saistakes
■ みやこステークスページ
https://www.keibariron.com/database/miyakostakes
■ ファンタジーステークスページ
https://www.keibariron.com/database/fantasystakes


2017年 アルゼンチン共和国杯の最新予想情報

予想屋マスターのアルゼンチン共和国杯(2017年)予想分析記事

スワーヴリチャードが大楽勝

アルゼンチン共和国杯(2017年)は、ハンデ戦であったが、1番人気のスワーヴリチャードが人気にこたえて圧勝した。
競馬理論の競馬予想では、日本ダービー2着の内容からスローの瞬発力勝負でも問題ないスワーヴリチャードに人気でも逆らうべきでないと判断し、本命に予想した。
レースでは、スワーヴリチャードは、6~7番手のインで脚をためた。
そして、スワーヴリチャードは、直線で前が開くと一気に突き抜け、ゴール前は流す余裕を見せて、アルゼンチン共和国杯(2017年)を勝利した。
スワーヴリチャードのアルゼンチン共和国杯(2017年)の勝利という結果は、好位のインで脚をためる展開に恵まれたにせよ、着差が示すように格の違いを見せつけた。
よって、次走のジャパンカップの競馬予想においては、急激なメンバー強化を考慮しても、スワーヴリチャードにそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、アルゼンチン共和国杯(2017年)では、7番人気のソールインパクト(福永祐一)が2着に入った。
ソールインパクトは、好位の馬群の中で脚をため、直線ではジリジリと伸びて、2着を確保した。
ソールインパクトのアルゼンチン共和国杯(2017年)の2着という結果は、スローの前残りの展開と53キロの軽ハンデに恵まれたものではあるが、相手なりに走ることも示した。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、展開やハンデ次第で、ソールインパクトにも注意が必要と判断すべきである。

一方、アルゼンチン共和国杯(2017年)では、3番人気のセダブリランテス(戸崎圭太)が3着に入った。
セダブリランテスは、逃げ争いをした2頭から離れた3番手を追走した。
そして、セダブリランテスは、直線に向くと思ったほどは伸びず、3着止まりであった。
セダブリランテスのアルゼンチン共和国杯(2017年)の3着という結果は、前残りの展開では絶好な位置を追走してのものであり、レース内容としての価値は着順ほど高くない。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、能力的に底を見せてしまったセダブリランテスにアルゼンチン共和国杯(2017年)3着馬ほどの高い評価は不要である。

以上のように、アルゼンチン共和国杯(2017年)は、スワーヴリチャードの強さだけが目立つ一戦となった

競馬理論のファンの方は、スワーヴリチャードの今後の走りに大いに期待して頂きたい。

日本ダービー2着馬スワーヴリチャードが始動

今週のメインレースはアルゼンチン共和国杯(2017年)である。
アルゼンチン共和国杯(2017年)は、菊花賞を回避した3歳馬2頭が人気を集めそうだが、古馬との比較が難しく難解な一戦である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、アルゼンチン共和国杯(2017年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ラジオNIKKEI賞組からは、1着のセダブリランテス(戸崎圭太)がアルゼンチン共和国杯(2017年)に出走登録している。
セダブリランテスのラジオNIKKI賞の勝利という結果は、着差こそ僅かだが、3戦3賞と能力的に底を見せておらず、未知の魅力がある。
よって、アルゼンチン共和国杯(2017年)の競馬予想においては、セダブリランテスにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

オールカマー組からは、7着のアルバート(シュタルケ)及び8着のデニムアンドルビー(田辺裕信)がアルゼンチン共和国杯(2017年)に出走登録している。
アルバートのオールカマーの7着という結果は、休み明け且つ4コーナーで外に振られる不利を考慮すると、度外視可能である。
よって、アルゼンチン共和国杯(2017年)の競馬予想においては、ハンデが極端に重くなりすぎなければ、アルバートが去年2着の雪辱を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

デニムアンドルビーのオールカマーの8着という結果は、見所はなかったが、0秒5差であり、着順ほどは負けていない。
よって、アルゼンチン共和国杯(2017年)の競馬予想においては、追い込みが届く展開になるようであれば、デニムアンドルビーにも多少の注意を払うべきである。

丹頂ステークス組からは、1着のプレストウィック(シュミノ)、11着のサラトガスピリット(内田博幸)、14着のカムフィー(勝浦正樹)がアルゼンチン共和国杯(2017年)に出走登録している。
プレストウィックの丹頂ステークスの勝利という結果は、弱いメンバー構成と外差し有利の馬場に恵まれたものである。
よって、アルゼンチン共和国杯(2017年)の競馬予想においては、プレストウィックに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

サラトガスピリット及びカムフィーは、丹頂ステークスの見所のない内容を見る限り、アルゼンチン共和国杯(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

京都大賞典組からは、5着のレコンダイト(北村友一)、7着のヒットザターゲット(三浦皇成)、8着のカレンミロティック(池添謙一)及び15着のハッピーモーメント(津村明秀)がアルゼンチン共和国杯(2017年)に出走登録している。
レコンダイトの京都大賞典の5着という結果は、開幕週のイン有利の馬場で外を回らされてのものであり、休み明けの割によく走っている。
よって、アルゼンチン共和国杯(2017年)の競馬予想においては、レコンダイトにもそれなりの評価を与えるべきである。

ヒットザターゲット及びハッピーモーメントは、京都大賞典の見所のない内容を見る限り、アルゼンチン共和国杯(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

日本ダービー組からは、2着のスワーヴリチャード(デムーロ)がアルゼンチン共和国杯(2017年)に出走登録している。
スワーヴリチャードの日本ダービーの2着という結果は、超スローペースでレイデオロころ交わせなかったが、3着以下を1馬身以上離しており、3歳世代ではトップクラスの能力を示した。
よって、アルゼンチン共和国杯(2017年)の競馬予想においては、初の古馬相手でありながらも人気となることを考慮しても、スワーヴリチャードに高い評価を与えて当然である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、アルゼンチン共和国杯(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、アルゼンチン共和国杯(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、アルゼンチン共和国杯(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

シュヴァルグランが能力の高さを見せつける

第54回アルゼンチン共和国杯は、ハンデ戦の混戦模様であったが、人気サイドの決着となった。
その混戦の第54回アルゼンチン共和国杯を制したのはシュヴァルグラン(福永祐一)であった。
競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典の圧勝劇を評価し、58キロのハンデでも力が違うシュヴァルグランを本命に予想した。
レースでは、シュヴァルグランは、好スタートを切ると、好位の外目を進んだ。
そして、シュヴァルグランは、直線に向くと早めに動いて残り1ハロンで先頭に立ってそのまま押し切り、第54回アルゼンチン共和国杯を制覇した。
シュヴァルグランの第54回アルゼンチン共和国杯の勝利という結果は、58キロのハンデを背負いながらも自ら勝ちに行って押し切っており、能力の違いを見せつけた。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、シュヴァルグランに第54回アルゼンチン共和国杯組で最も高い評価を与えて当然である。

一方、第54回アルゼンチン共和国杯では、4番人気のアルバート(戸崎圭太)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、ステイヤーズステークスの圧勝劇の内容から、G2では能力上のアルバートにも高い評価を与えていた。
レースでは、アルバートは、中団の馬群の中で脚をため、直線に向くと一旦はシュヴァルグランに突き放されたが、ゴール前でしぶとく脚を使って差を詰めて、2着を確保した。
アルバートの第54回アルゼンチン共和国杯の2着という結果は、長距離戦ならば崩れなく脚を使うことを改めて示した。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、長距離戦のスタミナ比べになるようであれば、アルバートにさらに高い評価を与えるべきである。

一方、第54回アルゼンチン共和国杯では3番人気のヴォルシェーブ(デムーロ)が3着に追い込んだ。
ヴォルシェーブは、後方の外目でじっくりと脚をためた。
そして、ヴォルシェーブは、直線に向くと大外から上がりナンバーワンの脚を使ったが、上位2頭には届かず、3着止まりであった。
ヴォルシェーブの第54回アルゼンチン共和国杯の3着という結果は、スローペースで脚を余しただけとみると力負けではない。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、本格化してから能力的に底を見せていないヴォルシェーブにも高い評価を与えて当然である。

以上のように、第54回アルゼンチン共和国杯は、シュヴァルグランの勝利で幕を閉じた。
シュヴァルグランは、春のG1戦線でこそ通用しなかったが、ハーツクライ産駒でさらなる成長が見込める。
競馬理論のファンの方は、シュヴァルグランの今後の走りにも大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるのアルゼンチン共和国杯最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
こんばんは。
「うまみちゃんねる」の椎名友希です!

今週は地方競馬の祭典・JBC!
大井競馬場もJBCムードになってきました。
本場のブリーダーズカップのように、もっともっと注目されてほしいレースです。

ハロウィンも終わりまして、11月は大きなイベントもないので、じっくりと競馬と向き合えそうです!!


SHOWROOMの配信を始めました!
椎名友希の「プロデューサーズ」
https://www.showroom-live.com/yuhki417


レストランも、絶賛営業中です。
東京開催が始まったら、ぜひお立ち寄りください♪

*クレープリー カフェ ロスアード
〒206-0804
東京都稲城市百村525 フロムS 1F
042-379-9674
定休日:木曜、日曜

夜はおつまみや、お酒も出してます。
競馬のお話も大歓迎です。
ランチもやってます♪
※11/16はボジョレー・ヌーヴォー解禁!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

中休み的な感覚で、東京の名物レースっぽくなってきました。
アルゼンチン共和国杯です。
距離的にも、有馬記念のステップや、ステイヤー達も使いやすい便利なレース。

☆アルゼンチン共和国杯 うまみデータ☆

・ハンデ戦だけど堅め
・4歳馬が狙い目
・神枠は6枠
・ハーツとロブロイ

荒れないハンデ戦でおなじみ。
近年は勝ち馬は、後にG1で好走してくれるので、プチ出世レースみたいなイメージです。
春先に実績があったり、勢いづいている馬が、そのまま押し切ってしまう感じです。

6枠は過去5年で4度絡んでるくらい、相性の良い枠。
今年も注目してみましょう。

血統はハーツクライやゼンノロブロイなど、長丁場を苦にしないSS系の産駒が、好走傾向にあるようです。

ファミリーナンバーは、長距離らしく欧州に強い1号族。
ムラはありますが、12号族や13号族あたりも、なかなかの成績。
どちらも調子が落ちると、戻しづらいイメージもあるので、近走をしっかりチェックしたいところ。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪

スワーブリチャード
ダービー2着馬が、ここに参戦。
ハーツクライ産駒の1号族なので、データ的には買いやすいですね。
3年前にこのレースを圧勝したフェイムゲームと、よく似た血統背景です。

アルバート
去年は2着でした。
勝った重賞は全て3,000m越えと生粋のステイヤー。
堅実に脚を使える馬ではあるのですが、ステイヤーらしく、エンジンかかりづらいときも。

セダブリランテス
3戦3勝。夏に無敗のまま重賞を勝ち、乗りに乗ってる3歳馬。
半兄のモンドインテロは、ステイヤーズSで3着、そして好相性の13号族と
長距離向きの血統ではありますが、弟はどうだろう?
試金石の一戦。

プレストウィック
ステイヤーズSやダイヤモンドSでも好走しているので、長距離適性はあるはず。
黒いなぁと思っていた芦毛も、徐々に白くなってきました。
ちゃんと走れば、重賞の1つくらい勝てる力はありそうなのですが…。集中力が課題。

ソールインパクト
七夕賞で3着したときと、ムードが似ているような気がします。
今回も格上挑戦!穴馬の魅力は充分。

デニムアンドルビー
終いの脚を確実に使ってはいるけれど、いかんせんもう7歳。
全盛期ほどの勢いは感じません。

レコンダイト
ハーツクライ産駒、半姉にオークス馬サンテミリオン。
血統的には買いたい要素が満載!

カレンミロティック
前走は、ほぼ1年ぶりのレースということで度外視。
9歳馬だし、勝ちきるだけの勢いはなさそうだけど、メンバーの中では、1番実績のある馬。ハーツクライ産駒ですし。

ハッピーモーメント
前走はまさかのしんがり負けでしたが、2走前の目黒記念では、13番人気で3着に激走!
同じ舞台での巻き返しに期待。
母系にはエアグルーヴなど、活躍馬がズラリ。
母父:トニービンも東京コースの強調材料。

ヒットザターゲット
この馬も、もうすっかりベテランの風格。
ここ9戦中7回が二桁着順と、なかなか調子を取り戻せずいます。
内枠でテンポ良く行ければ…という条件つきで。



ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。

来週は、なんと!
こちらのコラムでもおなじみ、予想屋マスターと一緒に、番組をお届けします。
エリザベス女王杯のスペシャルコラボ!
ぜひ見てください!!



うまみちゃんねる 第101R
放送時間 18:00~20:00

※FRESH!と同時配信中!
http://sp.live2.nicovideo.jp/watch/lv307555834

【出演者】
▼椎名友希
https://twitter.com/yuhki417

【ゲスト】
    予想屋マスター

【主な番組内容】
▼先週のレース回顧&トピックス
▼競馬ニュースコーナー
▼今週の重賞予想
  エリザベス女王杯
▼うまみPOG選手権報告、秋G1予想対決先週結果
▼ゲストコーナー

※放送内容は時間の都合上変更となる場合がございます

【関連情報】チャンネル登録、各種フォローよろしくお願いします
▼公式サイト
  http://umami-ch.com/
▼公式Twitter
  https://twitter.com/umami_umami
▼お便り、プレゼントのご応募はこちら
info@umami-ch.com
▼競馬アイドルユニットTriple Tiara Project
公式Twitter
https://twitter.com/infottp
▼YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEqI9QlOZYanbI1vpIuXAaA

コメントなど、たくさんお待ちしていますヾ(*´∀`*)ノ

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アルゼンチン共和国杯のレース結果

芝2500m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

1122334455667788
12345678910111213141516 馬番
セダブリランテス マイネルサージュ デニムアンドルビー スワーヴリチャード トウシンモンステラ プレストウィック ソールインパクト カレンミロティック シホウ サラトガスピリット アルバート トルークマクト ハッピーモーメント レコンダイト ヒットザターゲット カムフィー 馬名
牡3牡5牝7牡3牡7牡6牡5セ9牡6牡5牡6牡7牡7牡7牡9牡8 性齢
5454545653555357535358.55354555752 斤量
戸崎圭 柴田大 田辺 Mデムーロ 北村宏 シュミノー 福永 池添 吉田隼 内田博 シュタルケ 江田照 津村 北村友 三浦 勝浦 騎手
31181692571641410151213 着順

アルゼンチン共和国杯の最新情報

アルゼンチン共和国杯とは

アルゼンチン共和国杯(アルゼンチンきょうわこくはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 正賞はアルゼンチン共和国労働雇用社会福祉省賞。 日本とアルゼンチンの友好と親善の一環として、1963年にアルゼンチン・ジョッキークラブから優勝カップの寄贈を受け「アルゼンチンジョッキークラブカップ」の名称で創設された重賞競走。その後、1974年にアルゼンチンの競馬がジョッキークラブから国の管轄へ移管されたことに伴い、1975年から現名称となった。 第1回は5月に東京競馬場・芝2300m、別定重量の条件で行われたが、その後距離や競走条件は幾度かの変遷を経て、1984年に施行時期を11月に繰り下げ、4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として東京競馬場の芝2500mで施行されるようになり、現在に至る。引用元:Wikipedia アルゼンチン共和国杯

アルゼンチン共和国杯の最終オッズ

馬名 単勝
スワーヴリチャード2
アルバート4
セダブリランテス7.5
デニムアンドルビー12.5
レコンダイト15.4
プレストウィック15.9
ソールインパクト19.5
カレンミロティック31.7
ハッピーモーメント36.6
サラトガスピリット46.7
マイネルサージュ75.2
シホウ85.7
ヒットザターゲット95.8
トルークマクト145.1
トウシンモンステラ280.9
カムフィー379.8
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

アルゼンチン共和国杯記事一覧

アルゼンチン共和国杯 (2017年) 『スワーヴリチャードが大楽勝』

アルゼンチン共和国杯(2017年)は、ハンデ戦であったが、1番人気のスワーヴリチャードが人気にこたえて圧勝した。 競馬理論の競馬予想では、日本ダービー2着の内容からスローの瞬発力勝負でも問題ないスワーヴリチャードに人気で […]

2017/11/9 (木)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

アルゼンチン共和国杯 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~アルゼンチン共和国杯~』

こんばんは。 「うまみちゃんねる」の椎名友希です! 今週は地方競馬の祭典・JBC! 大井競馬場もJBCムードになってきました。 本場のブリーダーズカップのように、もっともっと注目されてほしいレースです。 ハロウィンも終わ […]

2017/11/3 (金)

アルゼンチン共和国杯 (2017年) 『日本ダービー2着馬スワーヴリチャードが始動』

今週のメインレースはアルゼンチン共和国杯(2017年)である。 アルゼンチン共和国杯(2017年)は、菊花賞を回避した3歳馬2頭が人気を集めそうだが、古馬との比較が難しく難解な一戦である。 そこで、競馬理論の競馬予想では […]

2017/10/31 (火)

アルゼンチン共和国杯 (2016年) 『シュヴァルグランが能力の高さを見せつける』

第54回アルゼンチン共和国杯は、ハンデ戦の混戦模様であったが、人気サイドの決着となった。 その混戦の第54回アルゼンチン共和国杯を制したのはシュヴァルグラン(福永祐一)であった。 競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典の圧勝 […]

2016/11/10 (木)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

アルゼンチン共和国杯 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~アルゼンチン共和国杯~』

こんばんは!椎名友希です。 天皇賞(秋)当日は、我が家でハロウィンパーティーをしました! ハロウィンって、いつからこんなに日本に浸透したんでしょうね? 私はホームパーティーが大好きなので、年に何度か、同級生や近所の方を招 […]

2016/11/1 (火)

アルゼンチン共和国杯 (2016年) 『シュヴァルグランが春のG1の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、第54回アルゼンチン共和国杯である。 第54回アルゼンチン共和国杯は、G1の狭間のハンデ戦ということもあり、混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第54回アルゼンチン共和国杯に出走する有 […]

2016/11/1 (火)

アルゼンチン共和国杯 (2015年) 『ゴールドアクターが3連勝で重賞制覇』

  第53回アルゼンチン共和国杯はハンデ戦の混戦模様であったが、1番人気に推されたゴールドアクター(吉田隼人)が人気にこたえ、本命サイドの決着となった。 競馬理論の競馬予想では、昇級初戦ではあるものの菊花賞3着 […]

2015/11/12 (木)

アルゼンチン共和国杯 (2015年) 『ゴールドアクターがG1戦線に向けて出走』

今週のメインレースは第53回アルゼンチン共和国杯である。 第53回アルゼンチン共和国杯は、G1の狭間でハンデ戦ということもあり、混戦が予想される。 そこで競馬理論の競馬予想では、第53回アルゼンチン共和国杯に出走する有力 […]

2015/11/2 (月)
フェイムゲームが力の違いで圧勝

アルゼンチン共和国杯 (2014年) 『フェイムゲームが力の違いで圧勝』

アルゼンチン共和国杯は、2番人気のフェイムゲーム(北村宏司)の圧勝で幕を閉じたレースだった。 競馬理論の競馬予想では、天皇賞・春、オールカマーで外を回らされても僅差だった点や着順以上に強いレース内容と内枠を引いた今回は、 […]

2014/11/13 (木)
ホッコーブレーヴが格の違いを見せつけるか?

アルゼンチン共和国杯 (2014年) 『ホッコーブレーヴが格の違いを見せつけるか?』

今週のメインレースは、第52回アルゼンチン共和国杯となっている。 第52回アルゼンチン共和国杯は、G1の狭間に行なわれるレースであり、一線級不在である上にハンデ戦ということもあって、混戦模様が予想される。 そこで、競馬理 […]

2014/11/7 (金)
アスカクリチャンが去年の七夕賞以来の重賞制覇

アルゼンチン共和国杯 (2013年) 『アスカクリチャンが去年の七夕賞以来の重賞制覇』

第51回アルゼンチン共和国杯は、7番人気のアスカクリチャン(戸崎圭太)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、相手なりに走って崩れない上にオールカマーでの敗戦はコース取りの差によるだけであったことから、いつも人気に […]

2013/11/4 (月)
ルルーシュの連覇なるか?

アルゼンチン共和国杯 (2013年) 『ルルーシュの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第51回アルゼンチン共和国杯である。 第51回アルゼンチン共和国杯は、長距離のハンデ戦ということもあり、混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第51回アルゼンチン共和国杯に出走する有力各 […]

2013/10/31 (木)
ルルーシュがレースレコードで重賞初制覇

アルゼンチン共和国杯 (2012年) 『ルルーシュがレースレコードで重賞初制覇』

第50回アルゼンチン共和国杯は、2番人気のルルーシュ(横山典弘)のレコード勝ちで幕を閉じた。 競馬理論の予想では、先行馬が少ないメンバー構成で好位から競馬ができそうな展開面を考慮して高い評価を与えていたものの、オールカマ […]

2012/11/8 (木)
ルルーシュが悲願の重賞制覇なるか?

アルゼンチン共和国杯 (2012年) 『ルルーシュが悲願の重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、第50回アルゼンチン共和国杯である。 第50回アルゼンチン共和国杯は、一線級不在のハンデ戦のG2ということもあり、混戦が予想される。 そこで競馬理論は、第50回アルゼンチン共和国杯に出走する有力各馬 […]

2012/11/2 (金)
オウケンブルースリの完全復活なるか?

アルゼンチン共和国杯 (2012年) 『オウケンブルースリの完全復活なるか?』

今週はG1レースの狭間であり、メインレースは、G2の第49回アルゼンチン共和国杯(2011年)である。 第49回アルゼンチン共和国杯(2011年)は、中心馬不在のハンデ戦であり波乱が予想されるので、 第49回アルゼンチン […]

2012/07/2 (月)
トーセンジョーダンが悲願の重賞制覇なるか?

アルゼンチン共和国杯 (2012年) 『トーセンジョーダンが悲願の重賞制覇なるか?』

今週のメインレースは、第48回アルゼンチン共和国杯である。第48回アルゼンチン共和国杯は、G1の狭間の重賞で一線級が不在な上に、ハンデ戦ということもあり、大混線が予想される。そこで、第48回アルゼンチン共和国杯の競馬理論 […]

2012/07/2 (月)
ジャガーメイルが去年の雪辱を果たせるか?

アルゼンチン共和国杯 (2012年) 『ジャガーメイルが去年の雪辱を果たせるか?』

今週は、秋のG1シリーズの狭間であり、メインレースとしては、G2の第47回アルゼンチン共和国杯が行われる。第47回アルゼンチン共和国杯は、2500mのハンデ戦ということもあり、中心馬不在の混戦模様である。そこで、第47回 […]

2012/06/29 (金)
アルナスラインが重賞初制覇なるか?

アルゼンチン共和国杯 (2012年) 『アルナスラインが重賞初制覇なるか?』

今週は、G1レースの狭間ということもあり、G2の第46回アルゼンチン共和国杯がメインレースとして行われる。第46回アルゼンチン共和国杯は、ハンデの2500m戦ということもあり、大混戦が予想される。 その第46回アルゼンチ […]

2012/06/29 (金)
大混戦のハンデ重賞を制するのはどの馬か?

アルゼンチン共和国杯 (2012年) 『大混戦のハンデ重賞を制するのはどの馬か?』

今週のメインレースは、ハンデ戦の第45回アルゼンチン共和国杯である。第45回アルゼンチン共和国杯には、天皇賞春に出走したメンバーから、トウカイトリック(柴田善)、ダークメッセージ(佐藤哲三)、ネヴァブション(北村)及びト […]

2012/06/29 (金)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪