予想屋マスターの競馬予想「競馬を投資にする予想」

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > アルゼンチン共和国杯

今週の重賞レース
■ 京王杯2歳ステークスページ
https://www.keibariron.com/database/keiou2saistakes
■ みやこステークスページ
https://www.keibariron.com/database/miyakostakes
■ ファンタジーステークスページ
https://www.keibariron.com/database/fantasystakes

友だち追加

2018年 アルゼンチン共和国杯の最新予想情報

アルゼンチン共和国杯の最終オッズ

馬名 単勝
スワーヴリチャード2
アルバート4
セダブリランテス7.5
デニムアンドルビー12.5
レコンダイト15.4
プレストウィック15.9
ソールインパクト19.5
カレンミロティック31.7
ハッピーモーメント36.6
サラトガスピリット46.7
マイネルサージュ75.2
シホウ85.7
ヒットザターゲット95.8
トルークマクト145.1
トウシンモンステラ280.9
カムフィー379.8
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

アルゼンチン共和国杯のレース結果

芝2500m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

1122334455667788
12345678910111213141516 馬番
セダブリランテス マイネルサージュ デニムアンドルビー スワーヴリチャード トウシンモンステラ プレストウィック ソールインパクト カレンミロティック シホウ サラトガスピリット アルバート トルークマクト ハッピーモーメント レコンダイト ヒットザターゲット カムフィー 馬名
牡3牡5牝7牡3牡7牡6牡5セ9牡6牡5牡6牡7牡7牡7牡9牡8 性齢
5454545653555357535358.55354555752 斤量
戸崎圭 柴田大 田辺 Mデムーロ 北村宏 シュミノー 福永 池添 吉田隼 内田博 シュタルケ 江田照 津村 北村友 三浦 勝浦 騎手
31181692571641410151213 着順

アルゼンチン共和国杯記事一覧

うまみちゃんねるのアルゼンチン共和国杯最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
こんばんは。
「うまみちゃんねる」の椎名友希です!

今週は地方競馬の祭典・JBC!
大井競馬場もJBCムードになってきました。
本場のブリーダーズカップのように、もっともっと注目されてほしいレースです。

ハロウィンも終わりまして、11月は大きなイベントもないので、じっくりと競馬と向き合えそうです!!


SHOWROOMの配信を始めました!
椎名友希の「プロデューサーズ」
https://www.showroom-live.com/yuhki417


レストランも、絶賛営業中です。
東京開催が始まったら、ぜひお立ち寄りください♪

*クレープリー カフェ ロスアード
〒206-0804
東京都稲城市百村525 フロムS 1F
042-379-9674
定休日:木曜、日曜

夜はおつまみや、お酒も出してます。
競馬のお話も大歓迎です。
ランチもやってます♪
※11/16はボジョレー・ヌーヴォー解禁!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

中休み的な感覚で、東京の名物レースっぽくなってきました。
アルゼンチン共和国杯です。
距離的にも、有馬記念のステップや、ステイヤー達も使いやすい便利なレース。

☆アルゼンチン共和国杯 うまみデータ☆

・ハンデ戦だけど堅め
・4歳馬が狙い目
・神枠は6枠
・ハーツとロブロイ

荒れないハンデ戦でおなじみ。
近年は勝ち馬は、後にG1で好走してくれるので、プチ出世レースみたいなイメージです。
春先に実績があったり、勢いづいている馬が、そのまま押し切ってしまう感じです。

6枠は過去5年で4度絡んでるくらい、相性の良い枠。
今年も注目してみましょう。

血統はハーツクライやゼンノロブロイなど、長丁場を苦にしないSS系の産駒が、好走傾向にあるようです。

ファミリーナンバーは、長距離らしく欧州に強い1号族。
ムラはありますが、12号族や13号族あたりも、なかなかの成績。
どちらも調子が落ちると、戻しづらいイメージもあるので、近走をしっかりチェックしたいところ。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪

スワーブリチャード
ダービー2着馬が、ここに参戦。
ハーツクライ産駒の1号族なので、データ的には買いやすいですね。
3年前にこのレースを圧勝したフェイムゲームと、よく似た血統背景です。

アルバート
去年は2着でした。
勝った重賞は全て3,000m越えと生粋のステイヤー。
堅実に脚を使える馬ではあるのですが、ステイヤーらしく、エンジンかかりづらいときも。

セダブリランテス
3戦3勝。夏に無敗のまま重賞を勝ち、乗りに乗ってる3歳馬。
半兄のモンドインテロは、ステイヤーズSで3着、そして好相性の13号族と
長距離向きの血統ではありますが、弟はどうだろう?
試金石の一戦。

プレストウィック
ステイヤーズSやダイヤモンドSでも好走しているので、長距離適性はあるはず。
黒いなぁと思っていた芦毛も、徐々に白くなってきました。
ちゃんと走れば、重賞の1つくらい勝てる力はありそうなのですが…。集中力が課題。

ソールインパクト
七夕賞で3着したときと、ムードが似ているような気がします。
今回も格上挑戦!穴馬の魅力は充分。

デニムアンドルビー
終いの脚を確実に使ってはいるけれど、いかんせんもう7歳。
全盛期ほどの勢いは感じません。

レコンダイト
ハーツクライ産駒、半姉にオークス馬サンテミリオン。
血統的には買いたい要素が満載!

カレンミロティック
前走は、ほぼ1年ぶりのレースということで度外視。
9歳馬だし、勝ちきるだけの勢いはなさそうだけど、メンバーの中では、1番実績のある馬。ハーツクライ産駒ですし。

ハッピーモーメント
前走はまさかのしんがり負けでしたが、2走前の目黒記念では、13番人気で3着に激走!
同じ舞台での巻き返しに期待。
母系にはエアグルーヴなど、活躍馬がズラリ。
母父:トニービンも東京コースの強調材料。

ヒットザターゲット
この馬も、もうすっかりベテランの風格。
ここ9戦中7回が二桁着順と、なかなか調子を取り戻せずいます。
内枠でテンポ良く行ければ…という条件つきで。



ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。

来週は、なんと!
こちらのコラムでもおなじみ、予想屋マスターと一緒に、番組をお届けします。
エリザベス女王杯のスペシャルコラボ!
ぜひ見てください!!



うまみちゃんねる 第101R
放送時間 18:00~20:00

※FRESH!と同時配信中!
http://sp.live2.nicovideo.jp/watch/lv307555834

【出演者】
▼椎名友希
https://twitter.com/yuhki417

【ゲスト】
    予想屋マスター

【主な番組内容】
▼先週のレース回顧&トピックス
▼競馬ニュースコーナー
▼今週の重賞予想
  エリザベス女王杯
▼うまみPOG選手権報告、秋G1予想対決先週結果
▼ゲストコーナー

※放送内容は時間の都合上変更となる場合がございます

【関連情報】チャンネル登録、各種フォローよろしくお願いします
▼公式サイト
  http://umami-ch.com/
▼公式Twitter
  https://twitter.com/umami_umami
▼お便り、プレゼントのご応募はこちら
info@umami-ch.com
▼競馬アイドルユニットTriple Tiara Project
公式Twitter
https://twitter.com/infottp
▼YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEqI9QlOZYanbI1vpIuXAaA

コメントなど、たくさんお待ちしていますヾ(*´∀`*)ノ

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アルゼンチン共和国杯の最新情報

アルゼンチン共和国杯とは

アルゼンチン共和国杯(アルゼンチンきょうわこくはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 正賞はアルゼンチン共和国労働雇用社会福祉省賞。 日本とアルゼンチンの友好と親善の一環として、1963年にアルゼンチン・ジョッキークラブから優勝カップの寄贈を受け「アルゼンチンジョッキークラブカップ」の名称で創設された重賞競走。その後、1974年にアルゼンチンの競馬がジョッキークラブから国の管轄へ移管されたことに伴い、1975年から現名称となった。 第1回は5月に東京競馬場・芝2300m、別定重量の条件で行われたが、その後距離や競走条件は幾度かの変遷を経て、1984年に施行時期を11月に繰り下げ、4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として東京競馬場の芝2500mで施行されるようになり、現在に至る。引用元:Wikipedia アルゼンチン共和国杯

友だち追加
無料会員でマスターの最新記事を読み尽くそう!
競馬の世界が変わる!穴馬券の本当の獲り方がわかります!
メールアドレス: