予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
予想屋マスターはリピーター8割の定員制競馬予想サイトです
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > マイラーズカップ > ダノンプレミアムがマイル戦線に照準を定める

マイラーズカップ 『マイラーズカップ2019の競馬予想|ダノンプレミアムがマイル戦線に照準を定める』

今週は、フルゲート18頭に対して10頭の出走登録馬にとどまった

マイラーズカップ(2019年)の予想について解説する。

マイラーズカップは、頭数こそ少なくなりそうだが、1着に安田記念の優先出走権が与えられるということもあり、今後のマイル戦線を占う意味では注目の一戦である。

安田記念馬モズアスコット(ルメール)が出走を予定しているが、ダノンプレミアムが単勝1倍台の圧倒的な人気になりそうである。

そこで、競馬理論の競馬予想では、マイラーズカップの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

まずは

金鯱賞組


1着のダノンプレミアム(川田将雅)が出走登録している。

 

ダノンプレミアム

金鯱賞の勝利という結果は、スローペースの好位のインを追走する展開に恵まれたものではあるが、G1馬5頭の豪華メンバーを考慮すると立派である。
また、ダノンプレミアムは、マイル戦で後のマイルチャンピオンシップ馬ステルヴィオを2度も破っており、マイルの距離も問題ない。
よって、マイラーズカップの予想では、断然人気であっても、ダノンプレミアムに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

東京新聞杯組


1着のインディチャンプ(福永祐一)が出走を予定している。

 

インディチャンプ

東京新聞杯の勝利という結果は、出遅れを克服してのものであり、着差以上に強い内容であった。
よって、マイラーズカップの予想では、3連勝中で急激に力をつけているインディチャンプにもかなり高い評価を与えるべきである。

 

香港マイル組


7着のモズアスコット(ルメール)が出走登録している。

 

モズアスコット

香港マイルの7着という結果は、初の海外遠征で持ち味を発揮できなかっただけで度外視可能である。
なお、モズアスコットは、展開に恵まれたといえども、去年の安田記念馬であり、実績的には上である。
よって、マイラーズカップの予想では、モズアスコットにもかなり高い評価を与えて当然である。

 

京都金杯組


1着のパクスアメリカーナ(藤岡佑介)が出走登録している。

 

パクスアメリカーナ

京都金杯の勝利という結果は、正月の京都のインが極端に有利な馬場で外から差し切っており、着差以上に強い内容であった。
よって、マイラーズカップの予想では、急激なメンバー強化であっても、パクスアメリカーナにも注意を払うべきである。

 

洛陽ステークス組


1着のグァンチャーレ(池添謙一)が出走を予定している。

 

グァンチャーレ

洛陽ステークスの勝利という結果は、スローペースを楽に先行する展開に恵まれたものである。
よって、マイラーズカップの予想では、グァンチャーレが好走するためには楽に先行するなど展開の助けが必要と判断すべきである。

 

根岸ステークス組


10着のケイアイノーテック(シュタルケ)が出走登録している。

 

ケイアイノーテック

根岸ステークスの10着という結果は、ダート適性が低かっただけであり度外視可能である。
なお、ケイアイノーテックは、去年のNHKマイルカップ馬であり、実績的には遜色がない。
ただし、去年の秋以降のレースを見ると、一線級相手では力不足であった感は否めない。
よって、マイラーズカップの予想では、ケイアイノーテックに高い評価は不要である。

 

以上、マイラーズカップに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、ハンデ、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、
マイラーズカップ(2019年)の最終的な予想を決断する。


マスターの予想はこちらをクリック↓
ただいま、次開催(
4/28(日)天皇賞・春
週)の『有料会員』の抽選受付中です!
抽選締切:
4/24(水)24:00
締切まで
>>「有料会員』抽選応募はコチラ