TOP > レース予想 > マイラーズカップ > ダノンシャークが格の違いを見せつけられるか?
2015/04/24 2017/03/20

【 マイラーズカップ2015予想】 ダノンシャークが格の違いを見せつけられるか?

出走日:2015年04月26日(日)
マイラーズカップ(G2)/京都競馬場/芝外1600m/右/条件:サラブレッド系4歳以上/賞金:5500万円

今週のメインレースは、第46回読売マイラーズカップである。

第46回マイラーズカップは、安田記念を占う意味でも注目を集める。そこで、競馬理論の競馬予想では、第46回マイラーズカップに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

阪急杯組からは5着のダノンシャーク(福永祐一)が第46回マイラーズカップに出走する。

ダノンシャークの阪急杯の5着という結果は、道悪で58キロの斤量を背負ってのものであり、悲観すべき内容ではない。

なお、ダノンシャークは、岩田康誠騎手のロスのない好騎乗に恵まれたとはいえども、マイルチャンピオンカップ馬である。

よって、第46回マイラーズカップの競馬予想においては、開幕週の馬場でマイルチャンピオンシップと同様のロスのない競馬ができれば、ダノンシャークの巻き返しの可能性が高いと判断すべきである

一方、マイルチャンピオンシップ組からは、2着のフィエロ(福永祐一)が第46回マイラーズカップに出走する。

フィエロのマイルチャンピオンシップの2着という結果は、コース取りの差を考慮すると、ダノンシャークを上回る一番強い内容であった。

よって、第46回マイラーズカップの競馬予想においては、 休み明けではあってもフィエロに高い評価を与えるべきである。

一方、ダービー卿チャレンジトロフィー組からは、3着のインパルスヒーロー、4着のエキストラエンド、6着のクラレント(幸英明)、11着のマイネルエリメンダ(柴田未崎)、14着のシャイニープリンス(川田将雅)及び15着のタガノブルグ(酒井学)が第46回マイラーズカップに出走する。

インパルスヒーロー、エキストラエンド及びクラレントは、ダービー卿チャレンジトロフィーにおいて0秒1差で走っており、大きな能力差はない。

よって、第46回読売マイラーズカップの競馬予想においては、インパルスヒーロー、エキストラエンド及びクラレントの着順は展開次第で入れ替わると判断すべきである。

なお、第46回読売マイラーズカップにおいてこの中で特に注意を払うとすれば、斤量が2.5キロ減となり先行力のあるクラレントであろう。

また、エキストラエンドは、京都の芝コースが得意なので、開幕週の馬場を生かすロスのない競馬ができれば好走可能と判断すべきである。

一方、シャイニープリンスのダービー卿チャレンジトロフィーの14着の敗戦は、直線で大きな不利を受けてのものであり、度外視可能である。

よって、第46回マイラーズカップの競馬予想においては、前走以外崩れていないシャイニープリンスがダービー卿チャレンジトロフィー組で再先着を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

一方、マイネルエリメンダ及びタガノブルグは、ダービー卿チャレンジトロフィー組の冴えないレース内容を見る限り、第46回マイラーズカップの競馬予想において高い評価は不要である。

一方、京都金杯組からは、5着のグランデッツァ(ルメール)が第46回マイラーズカップに出走する。

グランデッツァの京都金杯の5着という結果は、スローの2番手追走の展開を考慮すると、少し残念な内容であった。

よって、第46回読売マイラーズカップの競馬予想においては、グランデッツァが好走するためには好位のインを追走するなど開幕週の馬場を生かす必要があると判断すべきである。

一方、東京新聞杯組からは、3着のフルーキー(浜中俊)が第46回マイラーズカップに出走する。

フルーキーの東京新聞杯の3着という結果は、直線で前が壁になる不利を受けてのものであり、負けて強しの内容であった。

よって、第46回読売マイラーズカップの競馬予想においては、フルーキーにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

一方、愛知杯組からは、1着のディアデラマドレ(藤岡康太)が第46回マイラーズカップに出走する。

ディアデラマドレの愛知杯の勝利という結果は、着差以上に強い内容で牝馬限定のG3では力が違うことを示した。

よって、第46回読売マイラーズカップの競馬予想においては、外の差しも不利のない馬場ならディアデラマドレに高い評価を与えるべきだが、開幕週のイン有利の馬場となった場合には押さえ程度の評価にとどめるべきである。

一方、六甲ステークス組からは、1着のテイエムタイホー(松田大作)及び3着のヒストリカル(松山弘平)が第46回マイラーズカップに出走する。

テイエムタイホーの六甲ステークスの勝利という結果は、スローペースの好位のインを追走する展開に恵まれてのものであり、3馬身半の着差ほど圧倒的な力を見せたわけではない。

よって、第46回読売マイラーズカップの競馬予想においては、急激にメンバーが強化するテイエムタイホーが好走するためには展開の助けが必要と判断すべきである。

一方、ヒストリカルの六甲ステークスの勝利は、外を回らされて脚を余しただけであり、テイエムタイホーと大きな能力差はない。

よって、第46回読売マイラーズカップの競馬予想においては、外の差しも届く展開になるようであれば、ヒストリカルに多少の注意を払う必要があるが、開幕週でイン有利の馬場となった場合には高い評価は不要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第46回読売マイラーズカップに出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第46回マイラーズカップの最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第46回マイラーズカップの予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 2/24 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

シュネルマイスターが久しぶりの重賞制覇なるか?   今週は、フルゲート18頭に対して16頭の出走登録馬があったマイラーズカップ(2023年)の予想について解説する。   マイラーズカップは 続きはこちら
カラテが久しぶりの重賞制覇なるか?
カラテが久しぶりの重賞制覇なるか?  マイラーズカップ(無料会員版)を公開しております。(ログインすると『無料会員版』の動画に挿し変わります。) 有料会員向けの 『後編(買い目について) 続きはこちら
ケイデンスコールは危険な人気馬?
ケイデンスコールは危険な人気馬? 今週は、フルゲート18頭に対して17頭の出走登録馬があったマイラーズカップ(2021年)の予想について解説する。 マイラーズカップは、1着に安田記念の 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.