TOP > レース予想 > 弥生賞ディープインパクト記念 > ダノンザキッドが重賞連勝なるか?
2021/03/02

【 弥生賞ディープインパクト記念2021予想】 ダノンザキッドが重賞連勝なるか?

出走日:2021年03月07日(日)
弥生賞ディープインパクト記念(G2)/中山競馬場/芝2000m/右/条件:サラブレッド系3歳/賞金:5200万円

今週は、フルゲート18頭に対して12頭の出走登録にとどまった

弥生賞ディープインパクト記念(2021年)の予想について解説する。

 

弥生賞ディープインパクト記念は、皐月賞のステップレースというだけでなく、ディープインパクトを始めとする数多くの名馬を輩出している。

 

ホープフルステークスを制したダノンザキッド(川田将雅)が断然人気となりそうだが、初対戦となる馬も多く、混戦が予想される。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、弥生賞ディープインパクト記念の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

ホープフルステークス組

1着のダノンザキッド(川田将雅)・4着のタイトルホルダー(横山武)の合計2頭が出走登録している。

 

ダノンザキッド

ホープフルステークスの勝利という結果は、好位追走から押し切っており、力の違いを見せつけた。また、ダノンザキッドは、3戦3勝と能力的にも底を見せていない。

 

よって、弥生賞ディープインパクト記念の予想では、ダノンザキッドに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

タイトルホルダー

ホープフルステークスの4着という結果は、ダノンザキッドの1頭前を進んでいたが、直線で楽に交わされており、現時点では力負けであった。

 

よって、弥生賞ディープインパクト記念の予想では、タイトルホルダーに、ダノンザキッドの相手候補程度の評価を与えれば十分である。

 

ひいらぎ賞組

1着のシュネルマイスター(ルメール)が出走を予定している。

 

シュネルマイスター

ひいらぎ賞の勝利という結果は、馬群の中で脚をため、直線で仕掛けられると一気に突き抜け、3馬身の着差以上の強さを見せつけた。

ただし、基本的には、マイル戦線よりも、中長距離戦線のほうがレベルが高い。

 

よって、弥生賞ディープインパクト記念では、能力的に底を見せていないシュネルマイスターにも高い評価を与えるべきだが、試金石の一戦と見るべきでもある。

 

京成杯組

2着のタイムトゥヘヴン(三浦皇成)・3着のテンバガー(ミルコ・デムーロ)の合計2頭が出走登録している。

 

タイムトゥヘヴン

京成杯の2着という結果は、直線で内を開けてしまった分だけ差されてしまったと見ることもできるが、スローペースの逃げの展開に恵まれたものでもある。

 

よって、弥生賞ディープインパクト記念の予想では、タイムトゥヘヴンが好走するためには、再度楽に先行する展開の助けが必要と判断すべきである。

 

テンバガー

京成杯の3着という結果は、直線で軽い不利を受けている上に、スローペースの展開を考えると、タイムトゥヘヴンとは着差ほどの能力差はない。

 

よって、弥生賞ディープインパクト記念の予想では、展開次第で、テンバガーがタイムトゥヘヴンを逆転可能と判断すべきである。

 

フリージア賞組

1着のレインフロムヘヴンが出走を予定している。

 

レインフロムヘヴン

フリージア賞の勝利という結果は、スローペースの前残りの流れで楽に逃げる展開に恵まれたものである。また、レインフロムヘヴンは、東京スポーツ杯でも楽に逃げを打てたが、8着に破れてしまっている。

 

よって、弥生賞ディープインパクト記念の予想では、レインフロムヘヴンに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

中山の1勝クラスの平場戦組

1着のワンデイモア(田辺裕信)が出走登録している。

 

ワンデイモア

1勝クラスの勝利という結果は、2着に半馬身の差をつけたが、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたものでもある。

 

よって、弥生賞ディープインパクト記念の予想では、急激なメンバー強化を考慮すると、ワンデイモアが好走するためには、差しが届く展開の助けが必要と判断すべきである。

 

以上、弥生賞ディープインパクト記念に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

 

弥生賞ディープインパクト記念(2021年)の最終的な予想を決断する。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 3/2 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

トップナイフが皐月賞へ向けて始動
トップナイフが皐月賞へ向けて始動 今週は、フルゲート18頭に対して12頭の出走登録にとどまった弥生賞ディープインパクト記念(2023年)の予想について解説する。 弥生賞ディープインパク 続きはこちら
2歳チャンピオンドウデュースがいよいよ始動
2歳チャンピオンドウデュースがいよいよ始動   今週は、フルゲート18頭に対して12頭の出走登録にとどまった弥生賞ディープインパクト記念(2022年)の予想について解説する。   弥生 続きはこちら
予想解説動画を公開しました ※有料会員向けの『馬場について』の解説動画につきましては、その週の有料予想配信・配信対象者様が、配信カレンダーより閲覧が可能です。 ∴‥∵‥∴‥ 弥生賞ディープ 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.