TOP > レース予想 > ヴィクトリアマイル > ヴィルシーナが悲願のG1制覇なるか?
2013/05/10 2016/08/18

【 ヴィクトリアマイル2013予想】 ヴィルシーナが悲願のG1制覇なるか?

出走日:2013年05月12日(日)
ヴィクトリアマイル(G1)/東京競馬場/芝1600m/左/条件:サラブレッド系4歳以上牝馬/賞金:9000万円

今週のメインレースは、第8回ヴィクトリアマイルである。
第8回ヴィクトリアマイルは、不動の女王ジェンティルドンナが不在ということもあり、混戦が予想される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第8回ヴィクトリアマイルに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

阪神牝馬ステークス組からは、1着のサウンドオブハート(池添謙一)、2着のイチオクノホシ(デムーロ)、3着のクイーンズバーン、4着のハナズゴール(浜中俊)、6着のマルセリーナ(吉田豊)、7着のフミノイマージン(太宰啓介)、10着のアイムユアーズ(戸崎圭太)及び14着のホエールキャプチャ(蛯名正義)が第8回ヴィクトリアマイルに出走する。

サウンドオブハートの阪神牝馬ステークスの勝利という結果は、外枠からの発走で終始外を回らされてのものであり、本格化を印象づける内容であった。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においても、自在な脚質で競馬が上手なサウンドオブハートに高い評価を与えて当然である。

一方、イチオクノホシの阪神牝馬ステークスの2着という結果は、スローペースを上がり33秒2の脚で追い込んだものであり、レース内容としてはサウンドオブハートと互角又はそれ以上の評価が必要である。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、追い込みが届くような展開になるようであれば、イチオクノホシがサウンドオブハートを逆転可能と判断すべきである。

一方、クイーンズバーンの阪神牝馬ステークスの3着という結果は、スローペースで楽に逃げを打つ展開に恵まれたものであって、レース内容としての価値は低い。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、イン有利の馬場で且つスローの単騎逃げなど相当恵まれない限り、クイーンズバーンが好走する可能性は低いと判断すべきである。

一方、ハナズゴールの阪神牝馬ステークスの4着という結果は、後ろのイチオクノホシに交わされてしまったものであり、断然1番人気の割に残念な内容であった。

しかしながら、阪神牝馬ステークスの敗戦は、雨による緩い馬場が影響したものと見ることもできる。なお、ハナズゴールは、京都牝馬ステークスにおいて、クイーンズバーンを楽に差し切って3馬身近い差をつけていることからもわかるように、能力的には牝馬限定のG1ならば互角以上である。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、ハナズゴールの巻き返しにも注意を払うべきである。

一方、マルセリーナ、フミノイマージン、アイムユアーズ及びホエールキャプチャは、阪神牝馬ステークスの見所のないレース内容を見る限り、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想において高い評価は不要である。

一方、福島牝馬ステークス組からは、1着のオールザットジャズ(岩田康誠)、2着のマイネイサベル(柴田大知)、4着のアロマティコ(福永祐一)、5着のオメガハートランド(石橋脩)、8着のミッドサマーフェア、10着のトーセンベニザクラ及び15着のアラフネが第8回ヴィクトリアマイルに出走する。

オールザットジャズの福島牝馬ステークスの勝利という結果は、54キロの斤量とデムーロ騎手の好騎乗に恵まれたものである。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、オールザットジャズに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

マイネイサベルの福島牝馬ステークスの2着という結果は、56キロの斤量であった上に不得意なハイペースの競馬でのものであり、レース内容としてはオールザットジャズを大きく上回る。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、福島牝馬ステークス組の中ではマイネイサベルに最も高い評価を与えるべきである。特に、マイネイサベルはスローの瞬発力勝負が得意なので、第8回ヴィクトリアマイルがスローペースになるようであれば、本命級の更に高い評価に上げるべきである。

一方、アロマティコの福島牝馬ステークスの4着という結果は、直線でマイネイサベルに寄られてしまったものであり、着順ほどの能力差はない。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、アロマティコがオールザットジャズを逆転可能と判断すべきである。

一方、オメガハートランド、ミッドサマーフェア、トーセンベニザクラ及びアラフネは、福島牝馬ステークスの見所のないレース内容を見る限り、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想において高い評価は不要である。

一方、大阪杯組からは6着のヴィルシーナ(内田博幸)が第8回ヴィクトリアマイルに出走する。ヴィルシーナの大阪杯の6着という結果は、牡馬の一線級相手ではあったものの、見所がなく残念なレース内容であった。

なお、ヴィルシーナは、G1で4度の2着の実績があるように、ジェンティルドンナ不在の牝馬限定のG1ならばいつでも勝てる実力を秘める。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、ヴィルシーナにも本命級の高い評価を与えるべきである。

一方、ダービー卿チャレンジトロフィー組からは、10着のドナウブルー(ウィリアムズ)が第8回ヴィクトリアマイルに出走する。ドナウブルーのダービー卿チャレンジトロフィーの10着という結果は、牡馬が相手であったにせよ、見所のないレース内容であった。

しかしながら、ドナウブルーは、去年のヴィクトリアマイル2着という実績だけでなく、牡馬の一線級相手のマイルチャンピオンシップでも3着に好走しており、能力的には互角以上である。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、マイルチャンピオンシップの内容だけ走れるようであればドナウブルーも好走可能と判断すべきである。

一方、マイラーズカップ組からは、7着のレインボーダリア(柴田善臣)が第8回ヴィクトリアマイルに出走する。

レインボーダリアのマイラーズカップの7着という結果は、

牡馬相手で着差も0秒3差であり、着順ほどひどい内容ではなかった。
また、レインボーダリアは、去年の秋にエリザベス女王杯を制しており、実績的には互角以上である。

よって、第8回ヴィクトリアマイルの競馬予想においては、レインボーダリアにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第8回ヴィクトリアマイルに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第8回ヴィクトリアマイルの最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第8回ヴィクトリアマイルの予想をお楽しみに

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 2/24 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

スターズオンアースが牝馬同士では力の違いを見せつけるか? 今週は、フルゲート18頭に対して19頭もの出走登録があった春の女王決定戦ヴィクトリアマイル(2023年)の予想について解説する。   実質3冠牝馬とも 続きはこちら
デアリングタクト復活なるか?
デアリングタクト復活なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して22頭もの出走登録があった牝馬のマイル王決定戦ヴィクトリアマイル(2022年)の予想について解説する。   グランアレ 続きはこちら
予想オッズ更新・グランアレグリアが得意のマイルで圧勝か?
予想オッズ更新・グランアレグリアが得意のマイルで圧勝か? 目次 2021年ヴィクトリアマイルの出走馬枠順と予想オッズ大阪杯組阪神牝馬ステークス組高松宮記念組福島牝馬ステークス組ダービー卿チャレンジトロフィー組中山牝馬ス 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.