天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 天皇賞・春

■ 青葉賞ページ
https://www.keibariron.com/database/aobasyou

主なローテーション
■ 阪神大賞典ページ
https://www.keibariron.com/database/hanshindaishoten
■ 日経賞ページ
https://www.keibariron.com/database/nikkeisyou
■ 大阪杯ページ
https://www.keibariron.com/database/oosakahai

友だち追加

2018年 天皇賞・春の最新予想情報

天皇賞・春の予想オッズ

馬名 単勝
シュヴァルグラン 3.2
レインボーライン 3.5
ガンコ 4.7
サトノクロニクル 6.7
クリンチャー 7.1
トーセンバジル 12.1
チェスナットコート 13.5
アルバート 15
カレンミロティック -
スマートレイアー -
ミッキーロケット -
ソールインパクト -
ヤマカツライデン -
シホウ -
トウシンモンステラ -
ピンポン -
トミケンスラーヴァ -
※50倍以上が想定されるものは「-」になります。

天皇賞・春の特別レース登録馬

アルバート カレンミロティック ガンコ クリンチャー サトノクロニクル シホウ シュヴァルグラン スマートレイアー ソールインパクト チェスナットコート トウシンモンステラ トミケンスラーヴァ トーセンバジル ピンポン ミッキーロケット ヤマカツライデン レインボーライン 馬名
牡7セ10牡5牡4牡4牡7牡6牝8牡6牡4牡8牡8牡6牡8牡5牡6牡5 性齢
5858585858585856585858585858585858 斤量

予想屋マスターの天皇賞・春(2018年)予想分析記事

天皇賞春2018の競馬予想|シュヴァルグランが去年の雪辱を果たせるか?

今週は、フルゲート18頭に対して17頭の出走登録馬があった古馬の長距離王決定戦

天皇賞春(2018年)の予想について解説する。

古馬中長距離戦線ではキタサンブラックが引退。

そのため、2018年の天皇賞春は、一転して人気が割れて、1番人気のオッズでも3倍を超えそうな混戦模様である。

そこで、競馬理論の競馬予想では、出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

阪神大賞典組


1着のレインボーライン(岩田康誠)・2着のサトノクロニクル(川田将雅)・

3着のクリンチャー・4着のアルバート(ルメール)・5着のカレンミロティック(池添謙一)・

7着のシホウ(小牧太)・10着のトミケンスラーヴァ(秋山真一郎)

合計7頭が出走登録している。

 

レインボーライン

阪神大賞典の勝利という結果は、2着に1馬身以上の差をつけたことで長距離適正の高さを示した。

ただし、ハイペースを後方3番手の内目で脚をためる展開に恵まれたものでもある。

また、レインボーラインは菊花賞2着の実績があるので京都の長距離戦は得意である。

よって、天皇賞春では、差しが届く展開になるようであれば、レインボーラインが悲願のG1制覇をはたしもおかしくない。

 

サトノクロニクル

阪神大賞典の2着という結果は、コース取りの差と先に仕掛けたことを考慮すると、レインボーラインと互角である。

ただし、これまでの成績を見ると、サトノクロニクルは一線級相手では少し足りないことも確かである。

よって、天皇賞春の予想では、サトノクロニクルに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

クリンチャー

阪神大賞典の3着という結果は、前崩れの展開を早め先頭で勝ちに行く競馬によるものである。

つまり、負けて強しの内容であった。

また、クリンチャーは道悪適性の高さに恵まれたものの、菊花賞2着の実績もある。

よって、天皇賞春の予想では、スタミナ十分なクリンチャーにも高い評価を与えるべきである。

 

アルバート

阪神大賞典の4着という結果は、前潰れの展開で後方で脚をためた割には伸びなかった。

これを完調手前の体調が理由と見るか、明けて7歳馬の衰えと見るかは評価が別れる。

よって、天皇賞春の予想では、アルバートにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

カレンミロティック・シホウ・トミケンスラーヴァ

この3頭は、阪神大賞典で全く見所がなかった。

よって、天皇賞の予想では、カレンミロティック、シホウ及びトミケンスラーヴァに高い評価は不要である。

 

日経賞組


1着のガンコ(藤岡佑介)・2着のチェスナットコート(蛯名正義)・

5着のトーセンバジル(ミルコ・デムーロ)・7着のソールインパクト(福永祐一)

合計4頭が出走登録している。

 

ガンコ

日経賞の勝利という結果は、スローペースを楽に先行する展開に恵まれたものである。

ただし、ガンコは、芝に戻してから4戦3勝と本格化しており、能力的に底を見せていない。

よって、天皇賞春の予想では、先行有利の馬場や展開になるようであれば、ガンコにもそれなりの評価を与えるべきである。

 

チェスナットコート

日経賞の2着という結果は、直線で一旦はサクラアンプルール(田辺裕信)に

交わされながらも差し返しており、勝負根性を発揮した。

よって、天皇賞春の予想では、差しが届く展開になるようであれば、チェスナットコートにも注意を払うべきである。

 

トーセンバジル・ソールインパクト

日経賞のレース内容は見所がなかった。

よって、天皇賞春の予想では、トーセンバジル及びソールインパクトに高い評価は不要である。

 

大阪杯組


9着のスマートレイアー(四位洋文)・11着のヤマカツライデン(松山弘平)

13着のシュヴァルグラン(ボウマン)

合計3頭が出走を予定している。

 

スマートレイアー

大阪杯の9着という結果は、好位のインを追走していたもののペースが上がったときについていけず力負けであった。

よって、天皇賞春の予想では、スマートレイアーに高い評価は不要である。

 

ヤマカツライデン

大阪杯の11着という結果は、楽に逃げる展開に恵まれたものであり、こちらも力負けであった。

よって、天皇賞春の予想では、ヤマカツライデンにも高い評価は不要である。

 

シュヴァルグラン

大阪杯の13着という結果は、休み明け且つ距離不足などがあったにせよ負け過ぎである。

ただし、シュヴァルグランは、ジャパンカップ馬であり、このメンバーに入れば実績的には断然である。

よって、天皇賞では、シュヴァルグランの巻き返しに注目して当然である。

 

以上、天皇賞春に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

天皇賞(2018年)の最終的な予想を決断する。

メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
友だち追加

キタサンブラックがレコードで圧勝

天皇賞春(2017年)は、1番人気に推されたキタサンブラック(武豊)がレコード勝ちをおさめ、人気に応えた。
競馬理論の競馬予想では、インが有利になった京都の馬場状態で離れた2番手を追走できそうな展開面を考慮し、キタサンブラックを本命に予想した。
レースでは、キタサンブラックは、想定通り、ヤマカツライデンを行かせて、離れた2番手を追走した。
そして、キタサンブラックは、直線で早めに先頭に立つと後続を寄せ付けずに、天皇賞春(2017年)を制覇した。
キタサンブラックの天皇賞春(2017年)の勝利という結果は、2着に1馬身以上の差をつけており現役最強馬を印象付けるものだが、大逃げから離れた2番手という単騎逃げと同じ状態でイン有利の馬場を最大限に生かしたものであり、シュヴァルグラン及びサトノダイヤモンドと着差ほどの決定的な能力差があるわけではない。
よって、2017年のG1戦線の競馬予想においても、キタサンブラックに本命級の高い評価を与えて当然だが、馬場や展開次第でサトノダイヤモンドが再度逆転可能と判断すべきである。

一方、天皇賞春(2017年)では、4番人気のシュヴァルグラン(福永祐一)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典でサトノダイヤモンドにこそ力負けだったものの、枠順の差で逆転可能と判断し、シュヴァルグランにも高い評価を与えていた。
レースでは、シュヴァルグランは好位を追走し、4コーナーで早めに外を回って2番手集団に加わった。
そして、シュヴァルグランは、キタサンブラックにこそ突き放されてしまったものの、激しい2着争いを制した。
シュヴァルグランの天皇賞春(2017年)の2着という結果は、イン有利の馬場で内ラチ沿いを走れていればキタサンブラックともう少し差を詰められたはずであり、確実に力をつけている。
よって、今後の競馬予想においては、展開やメンバーの助けがあれば、シュヴァルグランが悲願のG1制覇を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

一方、天皇賞春(2017年)で2強と目された2番人気サトノダイヤモンド(ルメール)は3着に敗れてしまった。
サトノダイヤモンドは、外枠からの発走ということもあり、中団の外目を追走した。
そして、サトノダイヤモンドは、4コーナーからシュヴァルグランをマークするように上がっていったが、直線ではいつもの伸び脚を発揮できず、3着止まりであった。
サトノダイヤモンドの天皇賞春(2017年)の3着という結果は、イン有利の馬場で終始外を回らされてしまってのものであり、力負けではない。
よって、2017年のG1戦線の競馬予想においては、サトノダイヤモンドの巻き返しにも注意を払って当然である。

以上のように、天皇賞春(2017年)は、1番人気のキタサンブラックの圧勝劇で幕を閉じた。
ただし、天皇賞春(2017年)は、イン有利の馬場が結果に大きな影響を与えたものであり、サトノダイヤモンドも力負けではない。
競馬理論のファンの方は、キタサンブラック及びサトノダイヤモンドの今後のG1戦線の走りにも大いに期待して頂きたい。

友だち追加

キタサンブラックの連覇なるか?

今週のメインレースは、天皇賞春(2017年)である。
天皇賞春(2017年)は、キタサンブラック及びサトノダイヤモンド2頭の人気馬の再対決となり注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、天皇賞春(2017年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

大阪杯組からは、1着のキタサンブラック(武豊)が天皇賞春(2017年)に出走登録している。
キタサンブラックの大阪杯の勝利という結果は、逃げ争いを見る形の3番手から早めに抜け出して押し切る横綱競馬で着差以上に強い内容であった。
よって、天皇賞春(2017年)の競馬予想においても、連覇を狙うキタサンブラックに人気ではあっても本命級の高い評価を与えて当然である。

日経賞組からは、1着のシャケトラ(田辺裕信)、3着のアドマイヤデウス(岩田康誠)、4着のレインボーライン(デムーロ)、5着のゴールドアクター(横山典弘)、6着のディーマジェスティ(蛯名正義)及び7着のヤマカツライデン(松山弘平)が天皇賞春(2017年)に出走登録している。
シャケトラの日経賞の勝利という結果は、外を回って差し切る着差以上に強い内容であった。
よって、天皇賞春(2017年)の競馬予想においては、充実著しい上がり馬シャケトラにも注目すべきである。

アドマイヤデウス、レインボーライン、ゴールドアクター、ディーマジェスティ及びヤマカツライデンは、日経賞の見所のない内容を見る限り、天皇賞春(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。
ただし、レイボーラインは去年の菊花賞、ディーマジェスティは去年の皐月賞及び日本ダービーの内容だけ走れば通用するので、天皇賞春(2017年)において展開に恵まれるようであれば多少の注意は払うべきである。
また、ゴールドアクターは有馬記念馬なので、天皇賞春(2017年)で内枠を引いて好位のインを追走する展開になるようであれば好走可能と判断すべきである。

ダイヤモンドステークス組からは、1着のアルバート(川田将雅)、2着のラブラドライト(酒井学)、7着のファタモルガーナ(浜中俊)及び11着のプロレタリアト(杉原誠人)が天皇賞春(2017年)に出走登録している。
アルバートのダイヤモンドステークスの勝利という結果は、弱いメンバー構成に恵まれたとはいえども、58キロのハンデでスローペースを差し切っており、能力の違いを見せつけた。
よって、天皇賞春(2017年)の競馬予想においては、長距離ならば崩れなく走るアルバートにも押さえ程度の評価を与えるべきである。

ラブラドライト、ファタモルガーナ及びプロレタリアトは、ダイヤモンドステークスの見所のないレース内容を見る限り、天皇賞春(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。

阪神大賞典組からは、1着のサトノダイヤモンド(ルメール)、2着のシュヴァルグラン(福永祐一)、3着のトーセンバジル(四位洋文)、4着のタマモベストプレイ(津村明秀)、5着のスピリッツミノル(幸英明)、7着のワンアンドオンリー(和田竜二)及び8着のトウシンモンステラが天皇賞春(2017年)に出走登録している。
サトノダイヤモンドの阪神大賞典の勝利という結果は、外を回って力でねじ伏せて人気にこたえており、能力の違いを見せつけた。 よって、天皇賞春(2017年)の競馬予想においても、サトノダイヤモンドにも本命級の高い評価を与えて当然である。 シュヴァルグランの阪神大賞典の2着という結果は、サトノダイヤモンドにこそ力負けであったが、3着以下を2馬身以上離しており、相手が悪すぎただけである。 よって、天皇賞春(2017年)の競馬予想においては、シュヴァルグランには、サトノダイヤモンドが勝った時の相手候補程度の評価は与えるべきである。 トーセンバジル、タマモベストプレイ、スピリッツミノル、ワンアンドオンリー及びトウシンモンステラは、阪神大賞典の見所のない内容を見る限り、天皇賞春(2017年)の競馬予想において高い評価は不要である。 以上のように、競馬理論の競馬予想では、天皇賞春(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。 この分析結果に、調教、枠順、人気及び展開など様々な要素を加味して、天皇賞春(2017年)の最終的な予想を決断する。 競馬理論のファンの方は、天皇賞春(2017年)の予想をお楽しみに。

メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
友だち追加

天皇賞・春記事一覧

天皇賞・春 (2018年) 『天皇賞春2018の競馬予想|シュヴァルグランが去年の雪辱を果たせるか?』

今週は、フルゲート18頭に対して17頭の出走登録馬があった古馬の長距離王決定戦 天皇賞春(2018年)の予想について解説する。 古馬中長距離戦線ではキタサンブラックが引退。 そのため、2018年の天皇賞春は、一転して人気 […]

2018/04/24 (火)

天皇賞・春 (2017年) 『キタサンブラックがレコードで圧勝』

天皇賞春(2017年)は、1番人気に推されたキタサンブラック(武豊)がレコード勝ちをおさめ、人気に応えた。 競馬理論の競馬予想では、インが有利になった京都の馬場状態で離れた2番手を追走できそうな展開面を考慮し、キタサンブ […]

2017/05/4 (木)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~天皇賞春~』

こんばんは! 「うまみちゃんねる」の椎名友希です! フローラSは今年も荒れましたー。 人気薄のハービンジャー産駒2頭が激走! 穴党の皆様には、かなり見応えのあるレースだったのではないでしょうか。 勝ったのは12番人気のモ […]

2017/04/25 (火)

天皇賞・春 (2017年) 『キタサンブラックの連覇なるか?』

今週のメインレースは、天皇賞春(2017年)である。 天皇賞春(2017年)は、キタサンブラック及びサトノダイヤモンド2頭の人気馬の再対決となり注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、天皇賞春(2017年)に出走 […]

2017/04/24 (月)

天皇賞・春 (2016年) 『キタサンブラックが逃げ切る』

第153回天皇賞春は、2番人気の菊花賞馬キタサンブラック(武豊)の逃げ切りで幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、いつも展開に恵まれているものの、1枠を引いたことから再度展開に恵まれそうなキタサンブラックに高い評価を与え […]

2016/05/5 (木)

天皇賞・春 (2016年) 『ゴールドアクターが6連勝なるか?』

今週のメインレースは、第153回天皇賞・春である。 第153回天皇賞・春は、スタミナ自慢の一線級が揃い、混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第153回天皇賞・春に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに […]

2016/04/26 (火)
ゴールドシップが悲願の天皇賞を制覇

天皇賞・春 (2015年) 『ゴールドシップが悲願の天皇賞を制覇』

第151回天皇賞・春は、外枠の人気馬が総崩れとなり、ゴールドシップ(横山典弘)が3回目の挑戦で悲願の天皇賞制覇を果たした。 競馬理論の競馬予想では、ゴールドシップの能力が一番と評価していたものの、先行馬有利の馬場状態で行 […]

2015/05/7 (木)
キズナが去年の雪辱を果たせるか?

天皇賞・春 (2015年) 『キズナが去年の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、第151回天皇賞・春である。 第151回天皇賞・春は、近年波乱が続いており、今年も混戦が予想される。そこで、競馬理論の競馬予想では、第151回天皇賞・春に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに […]

2015/05/1 (金)
フェノーメノが連覇を達成

天皇賞・春 (2014年) 『フェノーメノが連覇を達成』

第149回天皇賞・春は、断然の1番人気に推されたキズナ(武豊)が馬券圏外に敗れ、波乱の決着となった。 その波乱の第149回天皇賞・春を制したのは、4番人気のフェノーメノ(蛯名正義)であった。 競馬理論の競馬予想では、休み […]

2014/05/8 (木)
ゴールドシップが去年の雪辱を果たせるか?

天皇賞・春 (2014年) 『ゴールドシップが去年の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは第149回天皇賞・春である。 第149回天皇賞・春は、キズナVSゴールドシップが注目されるが、いずれも差し脚質なので、今の京都の高速馬場では波乱の可能性も十分にあり得る。 そこで、競馬理論の競馬予想で […]

2014/05/1 (木)
フェノーメノが悲願のG1初制覇

天皇賞・春 (2013年) 『フェノーメノが悲願のG1初制覇』

第147回天皇賞・春は、単勝1.3倍と断然人気に推されたゴールドシップ(内田博幸)が5着に敗れ、中波乱の決着となった。 第147回天皇賞・春を制したのは、2番人気のフェノーメノ(蛯名正義)である。 競馬理論の競馬予想では […]

2013/05/2 (木)
ゴールドシップが格の違いを見せつけるか?

天皇賞・春 (2013年) 『ゴールドシップが格の違いを見せつけるか?』

今週のメインレースは、第147回天皇賞・春である。 第147回天皇賞・春は、3冠馬オルフェーヴル不在ということもあり、皐月賞、菊花賞及び有馬記念とG1を3勝しているゴールドシップが人気となる。 そこで、競馬理論の競馬予想 […]

2013/04/27 (土)
トゥザグローリーが重賞3連勝で春の盾を制するか?

天皇賞・春 (2012年) 『トゥザグローリーが重賞3連勝で春の盾を制するか?』

今週のメインレースは、第143回天皇賞・春である。近年の長距離戦を敬遠する傾向から、最近の天皇賞・春の競馬予想は、G1にしては寂しいメンバー構成のレースが多かったが、今年の第143回天皇賞・春の競馬予想は、久々に豪華なメ […]

2012/07/2 (月)
菊花賞馬アサクサキングスの過大評価は禁物

天皇賞・春 (2012年) 『菊花賞馬アサクサキングスの過大評価は禁物』

今週のメインレースは、古馬の長距離王決定戦の第137回天皇賞・春の競馬予想である。第137回天皇賞・春の競馬予想は、メイショウサムソンの不振により、例年以上の混戦が予想される。 第137回天皇賞・春の競馬予想で最大のポイ […]

2012/06/29 (金)
メイショウサムソンを実績だけで信頼していいのか?

天皇賞・春 (2012年) 『メイショウサムソンを実績だけで信頼していいのか?』

今週のメインレースは、第135回天皇賞春である。古馬の中長距離戦線は、ディープインパクトが抜けたため、大混戦模様である。第135回天皇賞で、ポスト・ディープインパクトが出現するだろうか?これからの古馬中長距離戦線を占う意 […]

2012/06/29 (金)
第145回天皇賞・春

天皇賞・春 (2012年) 『第145回天皇賞・春』

今週のメインレースは、第145回天皇賞・春(2012年)の競馬予想である。 第145回天皇賞・春(2012年)の競馬予想は、去年の年度代表馬オルフェーヴルが出走することもあり、例年以上の注目を集める。 そこで競馬理論は、 […]

2012/06/29 (金)
オルフェーヴルが敗れて大波乱

天皇賞・春 (2012年) 『オルフェーヴルが敗れて大波乱』

第145回天皇賞・春の結果(2012年)は、 単勝1.3倍の断然人気に推された去年の3冠馬オルフェーヴル(池添)が11着に敗れ、14番人気のビートブラック(石橋脩)が勝利を収める波乱の結果となった。 競馬理論は、インが極 […]

2012/04/29 (日)
ヒルノダムールが悲願のG1制覇

天皇賞・春 (2011年) 『ヒルノダムールが悲願のG1制覇』

第143回天皇賞・春の結果は、レベルが高い4歳馬同士の結果となったものの、人気の4歳馬が凡走し、7番人気のヒルノダムール(藤田)の勝利という結果で幕を閉じた。 競馬理論は、産経大阪杯の勝利は展開に恵まれたものと判断してお […]

2011/05/1 (日)
ジャガーメイルが悲願のG1制覇

天皇賞・春 (2010年) 『ジャガーメイルが悲願のG1制覇』

第141回天皇賞・春の結果は、2番人気のジャガーメイル(ウィリアムズ)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論は、去年の天皇賞・春の内容がいいジャガーメイルに高い評価を与えていたが、本命にすることはできなかった。 レースでは、ジャ […]

2010/05/2 (日)
1 2

うまみちゃんねるの天皇賞・春最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
こんばんは!
「うまみちゃんねる」の椎名友希です!

フローラSは今年も荒れましたー。
人気薄のハービンジャー産駒2頭が激走!
穴党の皆様には、かなり見応えのあるレースだったのではないでしょうか。

勝ったのは12番人気のモズカッチャン。
良い脚、持ってますー♪( ´▽`)
牝系を遡ると、ダート戦戦で活躍した女傑・ブロードアピールの名前が出てきます。
彼女は、ダート馬でしたが、かなり切れる脚を持っていましたね。

2着のヤマカツグレースも、最後は差されてしまいましたが、粘り強さを見せてくれましたね。
手応えも良かったし、もう少し我慢できていたら、面白かったんじゃないかなと思いました。
先週も触れましたが、この馬も、注目の2号族です。
今後が楽しみ!


_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さて春の天皇賞!
淀の盾、なんて別名があります。
天皇賞に勝つと、盾が授与されることが由来です。
伝統の一戦ですね。

☆天皇賞(春) うまみデータ☆

・関西馬の天下
・1枠の馬券率の高さ
・リピーター率は高め
・クラシックで活躍した馬
・ステイゴールド&ハーツクライ

他にない長丁場ということもあり、連覇を狙える舞台です。
ローテーションは日経賞、大阪杯、阪神大賞典が中心。
阪神に限っては大敗していても巻き返しが可能ですが、他のレースからのローテでは、掲示板くらいは確保していて欲しいところ。

1番人気に支持されると、びっくりするくらい来ません。春天の不思議…。

ステイゴールド産駒とハーツクライ産駒の活躍が目立ちます。
牝系は意外にもスピードが勝ったタイプが、好走するケースが多いです。
春天には不思議がいっぱい(笑)

ファミリーナンバーは、9号族や16号族などのクラシックに強い血統がオススメ!
特に16号族は、ステイヤー気質な牝系なので、古馬の長距離戦で化ける馬がいたりします♪( ´▽`)
どちらも成長が早めに出やすいので、クラシックで活躍できているくらいの素質馬だと、更に信頼できますね。

では、今週の出走馬を紹介していきましょう♪


*キタサンブラック
今年はディフェンディングチャンピオンとして連覇に挑みます。
1番人気の壁を打ち破ることができるか!?

*サトノダイヤモンド
4連勝中のグランプリホース。
有馬記念ではハンデ差で優勢でしたが、今回は斤量も同じです。
ディープ産駒が苦戦する舞台で、素質の高さを見せつけてほしい。

*シャケトラ
日経賞を勝った新星が、初めてのG1レースに参戦!すごく良い脚を持っています。
お父さんのマンハッタンカフェが制したレース。毛色も同じなので期待してしまいます。
本来、マンハッタンカフェ産駒は、あまり向く舞台ではないと思うのですが、6年前にヒルノダムールが勝っているので♪

*シュヴァルグラン
去年の3着馬。去年と同じ阪神大賞典から。
1つくらいはG1勝てると思ったくらいの伸び代を感じるんだけど、なかなか勝ちきれず…。
シルバーコレクターだったお姉ちゃんのヴィルシーナに似たタイプかも。

*レインボーライン
この舞台に持ってこいのステイゴールド産駒。菊花賞2着と適性は抜群。
雨で古馬相手に検討した、去年の札幌記念は評価が高いと思う。

*ゴールドアクター
去年は1番人気で大敗。
前走も結果を出せず、今年は大幅に人気を落としそうですが、天皇賞はこういう馬が怖いのです(´;ω;`)
春天は、なぜか青鹿毛とか青毛が良く走るイメージがあります(笑)

*アルバート
ステイヤーズS、ダイヤモンドSと長距離重賞を総なめにしている生粋のステイヤー!
G1勝てるとしたら、このレースだろうなあ。
瞬発力勝負になると、少し分が悪いですが。

*ディーマジェスティ
去年の皐月賞馬。
春は3強の一角だったはずなのですが、その後は不振が続いています。
ディープ産駒っぽさがあまりないので、向いてそうな気もしますが、最近の反応が良くないところが、少し気になりますね。

*トーセンバジル
絶好調のハービンジャー産駒!
期待度の高かった馬なのですが、体質が弱く出世が遅れてしまいました。
9号族で、この舞台もこなせそうな印象。

*アドマイヤデウス
日経賞は3着。人気以上に走れる馬。
母母のアドマイヤラピスはステイヤーズSて2着の実績があり、スタミナに富んだ牝系!


ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。
今週ら4/28(金)18:00~20:00に放送予定です。
http://sp.live2.nicovideo.jp/watch/lv296243372

ゲストは、内田結衣ちゃん♪
うちゆいちゃん、実は、近親に岡部幸雄さんを持つ超良血(*´ω`)笑
ゆきおおじちゃんの逸話も聞けるかも?

夕方からの配信ですので
タイムシフト予約、ぜひお願いいたします☆

うまみガールズ、春の予想勝負も始まりました。
こちらもぜひ応援してください!
お楽しみに!
コメント待ってまーす♪

それでは、また!



椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

天皇賞・春の最新情報

天皇賞とは

天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。 春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。 天皇賞のルーツをたどると、1905年(明治38年)5月6日に横浜競馬場で創設されたThe Emperor's Cup(エンペラーズカップ)や、明治初期のMikado's Vaseにまで遡ることができる。『天皇賞』より : 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。 春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。 天皇賞のルーツをたどると、1905年(明治38年)5月6日に横浜競馬場で創設されたThe Emperor's Cup(エンペラーズカップ)や、明治初期のMikado's Vaseにまで遡ることができる。『天皇賞』より : 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。 春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。 天皇賞のルーツをたどると、1905年(明治38年)5月6日に横浜競馬場で創設されたThe Emperor's Cup(エンペラーズカップ)や、明治初期のMikado's Vaseにまで遡ることができる。引用元:Wikipedia 天皇賞・秋

友だち追加
メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪