天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 天皇賞・秋

今週の重賞レース
■ アルテミスSページ https://www.keibariron.com/database/artemiss
■ スワンSページ https://www.keibariron.com/database/swanstakes

主なローテーション
■ オールカマーページ https://www.keibariron.com/database/allcomer
■ 毎日王冠ページ https://www.keibariron.com/database/mainichioukan
■ 京都大賞典ページ https://www.keibariron.com/database/kyotodaishoten



2017年 天皇賞・秋の最新予想情報

予想屋マスターの天皇賞・秋(2017年)予想分析記事

モーリスが年度代表馬の底力をみせつける

天皇賞秋(2016年)では、1番人気のモーリス(ムーア)が人気にこたえた。
競馬理論の競馬予想では、去年の年度代表馬の実力に高い評価を与えつつも、2000mの距離ではマイルほどのパフォーマンスを発揮できない可能性があると判断し、モーリスを本命にはできなかった。
レースでは、モーリスは、好位を追走し、直線で馬場の綺麗な外目に持ち出されるとあっという間に先頭に立ってそのまま押し切り、天皇賞秋(2016年)を制覇した。
モーリスの天皇賞秋(2016年)の勝利という結果は、スローペースでスタミナが問われない展開に恵まれたことは確かだが、後続に1馬身以上の差をつけており、能力の高さを改めて示した。
よって、天皇賞秋(2016年)以降のG1戦線の競馬予想においても、モーリスに高い評価を与えて当然である。

天皇賞秋(2016年)では、7番人気のリアルスティール(デムーロ)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、G1級の能力を秘めているリアルスティールに高い評価を与えていたが、毎日王冠を使えなかった点を考慮し、押さえ評価にとどめてしまった。
レースでは、リアルスティールは、中団よりやや後方の外目を追走し、直線でも外からいい脚を使って追い込んだがモーリスには届かず、2着止まりであった。
リアルスティールの天皇賞秋(2016年)の2着という結果は、スローペースでモーリスには届かなかったが、折り合えればG1級の能力を持つことを改めて示した。
よって、天皇賞秋(2016年)以降のG1戦線の競馬予想においては、リアルスティールが悲願のG1制覇を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

天皇賞秋(2016年)では、6番人気のステファノス(川田将雅)が3着に追い込んだ。
競馬理論の競馬予想では、前が塞がった毎日王冠は度外視可能で且つ去年の2着の内容が強いステファノスにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、ステファノスは、外枠だったこともあり後方の外目を追走し、直線では上がりナンバーワンタイの脚を使ったが3着止まりであった。
ステファノスの天皇賞秋(2016年)の3着という結果は、スローペースで前が止まらずに届かなかっただけであり、レース内容としては上位2頭と着差ほどの差はない。
よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、ステファノスが展開次第で天皇賞秋(2016年)の上位2頭を逆転可能と判断すべきである。

以上のように、天皇賞秋(2016年)は、モーリスの勝利で幕を閉じた。
競馬理論のファンの方は、次走がどこになるにしても、モーリスの走りに期待して頂きたい。

ラブリーデイの連覇なるか?

今週のメインレースは天皇賞秋(2016年)である。
天皇賞秋(2016年)は、中心馬不在の混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、天皇賞秋(2016年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

毎日王冠組からは、1着のルージュバック(戸崎圭太)、2着のアンビシャス(横山典弘)、3着のヒストリカル(田中勝春)、5着のステファノス(川田将雅)、8着のロゴタイプ(田辺裕信)及び10着のクラレント(小牧太)が天皇賞秋(2016年)に出走する。
ルージュバックの毎日王冠の勝利という結果は、牡馬の一線級を外から差し切る強い内容であった。
よって、天皇賞秋(2016年)の競馬予想においても、ルージュバックに高い評価を与えて当然である。

アンビシャスの毎日王冠の2着という結果は、切れ負けしたものだが、斤量差を考慮すると、レース内容としてはルージュバックと互角である。
よって、天皇賞秋(2016年)の競馬予想においては、展開次第で、アンビシャスがルージュバックを逆転可能と判断すべきである。

ステファノスの毎日王冠の5着という結果は、内で包まれて能力を発揮できておらず度外視可能である。
よって、天皇賞秋(2016年)の競馬予想においては、去年2着の内容を考慮すると、ステファノスの巻き返しに注意を払うべきである。

ヒストリカル、ロゴタイプ及びクラレントは、毎日王冠の見所のないレース内容を見る限り、天皇賞秋(2016年)の競馬予想において高い評価は不要である。

京都大賞典組からは、2着のアドマイヤデウス(岩田康誠)及び3着のラブリーデイ(ルメール)が天皇賞秋(2016年)に出走する。
アドマイヤデウスの京都大賞典の2着という結果は、開幕週の馬場且つスローペースの好位のインを追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は高くない。
よって、天皇賞秋(2016年)の競馬予想においては、アドマイヤデウスに高い評価は不要である

ラブリーデイの京都大賞典の3着という結果は、2キロの斤量差で前を捕えられなかっただけで悲観すべき内容ではないが、去年ほど充実していないことも確かである。
よって、天皇賞秋(2016年)の競馬予想においては、ラブリーデイが連覇するためには、展開などの助けが必要と判断すべきである。

一方、札幌記念組からは、2着のモーリス(ムーア)及び5着のヤマカツエース(池添謙一)が天皇賞秋(2016年)に出走する。
モーリスの札幌記念の2着という結果は、逃げたネオリアリズムに外を回らされた分だけ届かなかったものであり、2000mにメドをつけた。
ただし、

外からレインボーラインに迫られたことを考慮すると、モーリスにとって2000mがベストでないことも確かである。
よって、天皇賞秋(2016年)の競馬予想においては、年度代表馬モーリスに敬意を表しつつも、絶対視までは禁物である。

ヤマカツエースは、札幌記念の見所のないレース内容を見る限り、天皇賞秋(2016年)の競馬予想において高い評価は不要である。

海外遠征帰りとしては、エイシンヒカリ(武豊)が天皇賞秋(2016年)に出走する。
エイシンヒカリは、去年の天皇賞秋こそ先手が取れずに惨敗してしまったが、その後海外でG1を2勝している。
よって、天皇賞秋(2016年)の競馬予想においては、前が止まりにくい馬場になるようであれば、エイシンヒカリの逃げ粘りにも注意を払うべきである。

オールカマー組からは、2着のサトノノブレス(シュタルケ)が天皇賞秋(2016年)に出走する。
サトノノブレスのオールカマーの2着という結果は、着差こそ僅かだが、ゴールドアクターには力負けであった。
よって、天皇賞秋(2016年)の競馬予想においては、イン有利の馬場で内枠を引いて展開に恵まれそうな場合のみ、サトノノブレスに注意を払えば十分である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、天皇賞秋(2016年)に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、天皇賞秋(2016年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、天皇賞秋(2016年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

ラブリーデイが4連勝で第152回天皇賞・秋制覇

 

第152回天皇賞・秋(東京競馬場・芝2000m)は、1番人気に推された宝塚記念馬ラブリーデイ(騎手:浜中俊)が人気に応え、4連勝で2つ目のG1制覇を果たした。

競馬理論の競馬予想では、出走予定馬から先行馬が少ないメンバー構成であることを考慮。 先行力があり瞬発力勝負も得意なラブリーデイが馬券的にも固く、人気に逆らうべきでないと判断したため、本命に予想した。

レースでは、ラブリーデイは逃げ争いの直後のインの3番手に潜り込んだ。

そしてラブリーデイは、直線に向くと早めに先頭に立ってそのまま押し切り、第152回天皇賞・秋を制覇した。

ラブリーデイの第152回天皇賞・秋の勝利という結果は、早めに先頭に立つ横綱競馬ではあったが、騎手の好騎乗もあり、好位のインを追走するロスのない展開に恵まれたことも確かである。

よって第152回天皇賞・秋以降のG1戦線においても、ラブリーデイに高い評価を与えて当然だが、展開に恵まれた宝塚記念と第152回天皇賞・秋の勝利だけをもって絶対視することまでは禁物である。

なお、ラブリーデイは器用な先行力を持つので、イン有利の馬場や先行馬が少ない場合には、本命級のかなり高い評価を与えて当然である。

一方、第152回天皇賞・秋では2着に10番人気のステファノス(騎手:戸崎圭太)、3着に6番人気のイスラボニータ(騎手:蛯名正義)、4着に5番人気のショウナンパンドラ(騎手:池添謙一)が入った。

毎日王冠組のステファノス、イスラボニータ及びオールカマー馬ショウナンパンドラの第152回天皇賞・秋での好走は、府中の2000mでは不利な外枠からの発走で終始外を回らされてのものであり、ラブリーデイとは着差ほどの能力差はない。

よって今後のG1戦線においては、展開や条件次第で、ステファノス、イスラボニータ及びショウナンパンドラがラブリーデイを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

第152回天皇賞・秋で4番人気に推された3歳馬アンビシャス(騎手:M.デムーロ)は5着止まりであった。

アンビシャスの第152回天皇賞・秋の5着という結果は、終始折り合いを欠いてのものであり、大崩れしなかったことが立派である、

よって第152回天皇賞・秋以降のレースにおいても、折り合えさえすればアンビシャスの巻き返しが可能と判断すべきである。

以上のように、第152回天皇賞・秋は、ラブリーデイの充実度だけが目立つ一戦となった。

ただし、ラブリーデイの第152回天皇賞・秋の勝利は、展開に恵まれてのものであることも否めないので、今後のレースにおいて、4連勝という成績だけで絶対視することは禁物である。

競馬ファンの方は、今回のデータを基にラブリーデイの次走にも期待してもらいたい。

うまみちゃんねるの最新記事

うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典
皆様、はじめまして。
椎名友希と申します。
今回は、私が企画を担当している競馬女子番組「うまみちゃんねる」と
話題の「予想屋マスター」のコラボということで
お話を頂いたときは、内心、ドキドキしながらも、とても楽しみでした。

私は子供の頃から競馬が大好きで、1995年から観戦を始めました。
今は、日本とフランスを行き来しながら、ジャーナリストをしたり
女性や子供向けの競馬コンテンツを作っています。
日本に欧州競馬のような文化を持ち込むべく奮闘中です!
憧れの人は、やっぱり鈴木淑子さん♪
これから、どうぞよろしくお願いします!

予想屋マスター周りには、きっと競馬のプロがたくさんいるはず!
馬券の方は、まだまだ勉強中なので
いろいろ教えて下さると嬉しいです。


_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さて、今週は天皇賞(秋)が行われますね。
東京2,000mは、馬が本来の能力を発揮しやすい絶妙な舞台。
もともとは春の天皇賞と同じ3,200mの距離で行われていたそうなのですが
今の距離にして正解だったなぁ、とつくづく思います。

☆天皇賞(秋)うまみデータ☆
※過去5年のデータをまとめてみました。
・リピーター多し!
・ものすごい大型馬は勝っていない。小柄すぎても×。
・外国人騎手が結構絡む。
・すごい穴馬は、あまり来ない
・逃げ残りは難しい。(サイレンススズカなら勝てたかな)

つづいて、天皇賞の登録馬を
私が得意な「血統」から分析しつつ、紹介していきますね。
伝統のレースなだけあって、日本競馬らしい血統がよく走ってくれます。


☆天皇賞(秋)血統データ☆

*アドマイヤデウス
  父はアドマイヤドン。名牝ベガの仔で、芝・ダートどちらのG1も勝っています。
  ミスプロ系×SS牝馬は、昨年のラブリーデイと同じ配合ですね。

*アンビシャス
  ディープ×エルコンドルパサーの肌。夢の凱旋門賞配合!
  この馬はディープらしい切れもあって、すごくバランスが良いです。
  出遅れないでね(笑)

*エイシンヒカリ
  近年、ちょっとしたブームを巻き起こしたディープ×Storm Cat血統。
  今年は世界を舞台に大活躍してくれましたね。
  「武豊騎手が乗る逃げ馬」には、ぜひこの天皇賞を勝ってもらいたいです(*^ー^*)

*カムフィー
  ダンスインザダーク産駒というと、2011年2着のダークシャドウ!
  母父:ノーザンテーストというところも粋ですね。
  古き良き日本競馬の香りを感じる馬。

*クラレント
  こちらもダンスインザダーク産駒。
  昨年は17番人気ながら6着と健闘!
  この牝系も、兄弟が良く走っています。
  あと一歩及ばずなレースが続いていますが重賞6勝馬。

*サトノクラウン
  去年のクラシックでも期待の1頭でした!
  父:Marju産駒は日本では少ないですが
  1999年のJCで2着のインディジェナス(香港)がMarju産駒でしたね。

*サトノノブレス
  ディープにトニービンの肌。
  東京コースが得意なトニービンの血が騒ぐ?
  一昨年は前哨戦で大敗からの8着。
  今年はオールカマー好走からのローテ。期待したいです。

*ステファノス
  昨年の2着馬。
  今年の母系はDeputy Minister系が旬な気がしています。
  天皇賞はリピーターが多いので、今年も連対してくれるかな?

*ヒストリカル
  前走は久しぶりの好走でしたが、3歳の頃のヒストリカルは本当に強くて
  まさか、こんなに伸び悩むとは思っていませんでした。
  ディープらしい切れ味は健在。このあたりで復活お願いします!!

*モーリス
  雨の影響か2着に甘んじてしまった札幌記念。
  ロベルト系×サドラーズウェルズ系の血統ですから
  本来は重い馬場も、そこまで苦にしないはず。
  本音を言えば、この馬のスピードが一番活きるのはマイルくらいだと思います。

*ヤマカツエース
  キングカメハメハ産駒。
  キングマンボのパワフルな血は、天皇賞(秋)の舞台向きだと思います。
  また、同じファミリーナンバー「2」のジャスタウェイが勝ってますからね。
  血統データ的には熱い一頭です。

*ラブリーデイ
  去年は年明けくらいから馬が変わったように覚醒したけど(フォームまで違ってた!)
  今年は善戦マンですね。
  天皇賞(秋)の連覇は難しいかもしれませんが、ルメール騎手の手腕にお任せしましょう!

*リアルスティール
  エイシンヒカリと同じ、今をときめくディープ×Storm Catの配合。
  ドバイターフで念願のG1制覇!
  国内でも、もっと大きなところを狙える馬。

*ルージュバック
  3歳の頃から牡馬を蹴散らす鬼脚を持っていました。
  この馬は牝馬限定戦よりも、初G1が天皇賞だったら嬉しいなぁ。
  昔は気性も心配なところがありましたが、最近は集中して走っていますし
  マンハッタンカフェの、もったりした感じも無くなってきました。
  牝系も、乗りに乗ってるDeputy Minister系!

*ロゴタイプ
  どちらかと言えば重厚感のあるSadler’s Wells系ですが
  父のローエングリンも、スピードが色濃く出たタイプでしたし
  母はSS産駒ですが、母系には中距離で活躍する馬も多いので
  よくバランスの取れた血統だと思います。
  キズナ、エピファネイアと競った最強世代の1頭。G14勝目を狙います。


ぜひ、皆さんの予想も教えてくださいね!

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「うまみちゃんねる」はニコニコ生放送 公式chにて配信中です。
今週は10/27(木)21:00~23:00まで放送します。
ぜひ見てくださいね。
MCは、私・椎名友希と綾木舞美ちゃん。
ゲストはバラエティでも活躍中のグラドル・麻生亜実ちゃん(巨乳)
天皇賞(秋)の予想も、がっつりやりますよー(^―^)

それでは、また!

椎名 友希
http://www.shina-yuhki.com/


_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

うまみちゃんねる 第57R
http://live.nicovideo.jp/watch/lv277933904
出演:椎名友希&綾木舞美
ゲスト:麻生亜実

☆先週のレース回顧&トピックス
☆天皇賞(秋)予想コーナー

チャンネル登録&タイムシフト予約よろしくお願いします。
公式Twitter→@umami_umami フォローしてね!!
お便り、プレゼントのご応募はinfo@umami-ch.comです。

_____________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

レース結果

芝左2000m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

122334455667788
123456789101112131415 馬番
エイシンヒカリ クラレント アンビシャス サトノクラウン ロゴタイプ アドマイヤデウス サトノノブレス モーリス ルージュバック カムフィー ヒストリカル リアルスティール ヤマカツエース ステファノス ラブリーデイ 馬名
牡5牡7牡4牡4牡6牡5牡6牡5牝4牡7牡7牡4牡4牡5牡6 性齢
585858585858585856585858585858 斤量
武豊 内田博幸 横山典弘 福永祐一 田辺裕信 岩田康誠 シュタル ムーア 戸崎圭太 蛯名正義 田中勝春 M.デム 池添謙一 川田将雅 ルメール 騎手
121141456101713821539 着順

最新情報

天皇賞とは

天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。 春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。 天皇賞のルーツをたどると、1905年(明治38年)5月6日に横浜競馬場で創設されたThe Emperor's Cup(エンペラーズカップ)や、明治初期のMikado's Vaseにまで遡ることができる。『天皇賞』より : 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。 春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。 天皇賞のルーツをたどると、1905年(明治38年)5月6日に横浜競馬場で創設されたThe Emperor's Cup(エンペラーズカップ)や、明治初期のMikado's Vaseにまで遡ることができる。『天皇賞』より : 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。 春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。 天皇賞のルーツをたどると、1905年(明治38年)5月6日に横浜競馬場で創設されたThe Emperor's Cup(エンペラーズカップ)や、明治初期のMikado's Vaseにまで遡ることができる。引用元:Wikipedia 天皇賞・秋

最終オッズ

馬名 単勝
エイシンヒカリ 1
ラブリーデイ 2
ロゴタイプ 3
ヤマカツエース 3
モーリス 5
クラレント 5
サトノクラウン 5
リアルスティール 8
アドマイヤデウス 9
サトノノブレス 9
ルージュバック 11
カムフィー 12
ステファノス 13
アンビシャス 14
ヒストリカル 15
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

記事一覧

天皇賞・秋 (2016年) 『モーリスが年度代表馬の底力をみせつける』

天皇賞秋(2016年)では、1番人気のモーリス(ムーア)が人気にこたえた。 競馬理論の競馬予想では、去年の年度代表馬の実力に高い評価を与えつつも、2000mの距離ではマイルほどのパフォーマンスを発揮できない可能性があると […]

2016/11/4 (金)
うまみちゃんねる出張版 2017 阪神大賞典

うまみちゃんねる出張版 『うまみちゃんねる出張版 乙女の競馬案内 ~天皇賞(秋)~』

皆様、はじめまして。 椎名友希と申します。 今回は、私が企画を担当している競馬女子番組「うまみちゃんねる」と 話題の「予想屋マスター」のコラボということで お話を頂いたときは、内心、ドキドキしながらも、とても楽しみでした […]

2016/10/25 (火)

天皇賞・秋 (2016年) 『ラブリーデイの連覇なるか?』

今週のメインレースは天皇賞秋(2016年)である。 天皇賞秋(2016年)は、中心馬不在の混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、天皇賞秋(2016年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。 […]

2016/10/25 (火)

天皇賞・秋 (2015年) 『ラブリーデイが4連勝で第152回天皇賞・秋制覇』

  第152回天皇賞・秋(東京競馬場・芝2000m)は、1番人気に推された宝塚記念馬ラブリーデイ(騎手:浜中俊)が人気に応え、4連勝で2つ目のG1制覇を果たした。 競馬理論の競馬予想では、出走予定馬から先行馬が […]

2015/11/5 (木)

天皇賞・秋 (2015年) 『スピルバーグの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第152回天皇賞・秋である。 第152回天皇賞・秋は、ゴールドシップの回避こそ残念だが、豪華なメンバーが揃い混戦模様である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第152回天皇賞・秋に出走する有力各馬の […]

2015/10/26 (月)
スピルバーグが重賞初勝利をG1で飾る

天皇賞・秋 (2014年) 『スピルバーグが重賞初勝利をG1で飾る』

第150回天皇賞・秋では、重賞未勝利馬スピルバーグ(北村宏司)が並み居る強豪のG1馬を差し切って、G1初制覇を飾ったレースだった。 競馬理論の競馬予想では、毎日王冠では脚を余したが、負けて強しのレース内容であったスピルバ […]

2014/11/6 (木)
ジェンティルドンナが去年の雪辱を果たせるか?

天皇賞・秋 (2014年) 『ジェンティルドンナが去年の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、第150回天皇賞・秋である。 第150回天皇賞・秋は、ジェンティルドンナを始めとする豪華メンバーが揃ったということで、混戦が予想されるレースとなっている。 そこで競馬理論の競馬予想では、第150回天 […]

2014/11/1 (土)
エイシンフラッシュの連覇なるか?

天皇賞・秋 (2013年) 『エイシンフラッシュの連覇なるか?』

今週のメインレースは、第148回天皇賞・秋である。 第148回天皇賞・秋は、去年の年度代表馬ジェンティルドンナの復帰戦であり、激戦が予想される。 そこで競馬理論の競馬予想では、第148回天皇賞・秋に出走する有力各馬の能力 […]

2013/10/25 (金)
エイシンフラッシュが日本ダービー以来の勝利

天皇賞・秋 (2012年) 『エイシンフラッシュが日本ダービー以来の勝利』

第146回天皇賞・秋の結果は、日本ダービー馬エイシンフラッシュ(デムーロ)の日本ダービー以来の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の予想では、終始外を回らされた毎日王冠の敗戦は度外視可能と判断し、瞬発力では現役屈指のエイシンフラ […]

2012/10/31 (水)
カレンブラックヒルの六連勝なるか?

天皇賞・秋 (2012年) 『カレンブラックヒルの六連勝なるか?』

今週のメインレースは、第146回天皇賞・秋である。 第146回天皇賞・秋では、無傷の5連勝を飾ったカレンブラックヒルなどの3歳馬が出走することもあり、例年以上に混戦模様である。 そこで競馬理論は、第146回天皇賞・秋に出 […]

2012/10/26 (金)
ブエナビスタが天皇賞・秋の連覇を達成するか?

天皇賞・秋 (2012年) 『ブエナビスタが天皇賞・秋の連覇を達成するか?』

今週のメインレースは、第144回天皇賞・秋(2011年)である。第144回天皇賞・秋の競馬予想(2011年)は、ブエナビスタ(岩田康)などのG1馬9頭を含む豪華メンバーが出走を予定している。 そこで、競馬理論は、第144 […]

2012/07/2 (月)
ウオッカが2連覇なるか?

天皇賞・秋 (2012年) 『ウオッカが2連覇なるか?』

今週のメインレースは、伝統の一戦第140回天皇賞・秋である。第140回天皇賞・秋の競馬予想では、シンボリクリスエス以来2頭目となる天皇賞・秋の連覇を狙うウオッカが注目を集める。はたして、ウオッカは、無事に天皇賞秋を連覇し […]

2012/07/2 (月)
ダービー馬ディープスカイは、古馬相手でも通用するか?

天皇賞・秋 (2012年) 『ダービー馬ディープスカイは、古馬相手でも通用するか?』

今週は、東京競馬場で第138回天皇賞・秋の競馬予想が行われる。第138回天皇賞・秋の競馬予想は、去年の覇者のメイショウサムソンの回避こそ残念だが、ダービー馬ディープスカイ(四位)の参戦により、豪華なメンバーが揃った。 そ […]

2012/06/29 (金)
アドマイヤムーンは国内最終戦を勝利できるのか?

天皇賞・秋 (2012年) 『アドマイヤムーンは国内最終戦を勝利できるのか?』

今週の秋のメインレースは、古馬中距離のチャンピオン決定戦の第136回天皇賞・秋である。第136回天皇賞・秋の結果では、アドマイヤムーン(岩田)、メイショウサムソン(武豊)及びダイワメジャー(安藤勝)が人気となりそうである […]

2012/06/29 (金)
ピンナ騎手、トーセンジョーダンともに悲願のG1初制覇

天皇賞・秋 (2011年) 『ピンナ騎手、トーセンジョーダンともに悲願のG1初制覇』

第144回天皇賞・秋の結果(2011年)は、1番人気のブエナビスタ(岩田康)が日本国内のレースで初めて馬券圏内から外れた上に、7番人気のトーセンジョーダン(ピンナ)が勝利を収めたこともあり、波乱の結果となった。 第144 […]

2011/10/30 (日)
ブエナビスタが力の違いで圧勝

天皇賞・秋 (2010年) 『ブエナビスタが力の違いで圧勝』

第142回天皇賞・秋の結果は、ブエナビスタ(スミヨン)の圧勝で幕を閉じた。競馬理論は、前日の台風の影響で先行馬有利の馬場状態を想定して、連軸という意味でアーネストリーを本命に予想してしまい、ブエナビスタを対抗評価に落とし […]

2010/10/31 (日)
第140回天皇賞・秋

天皇賞・秋 (2009年) 『第140回天皇賞・秋』

第140回天皇賞・秋の結果は、連覇を狙ったウオッカ(武豊)が3着に敗れる波乱の結果となった。その波乱の第140回天皇賞・秋の結果を制覇したのは、8歳馬カンパニーであった。 競馬理論は、毎日王冠においてスローペースで逃げた […]

2009/11/1 (日)
第138回天皇賞・秋

天皇賞・秋 (2008年) 『第138回天皇賞・秋』

第138回天皇賞・秋の結果は、1番人気のウオッカ(武豊)が1着、2番人気のダイワスカーレット(安藤勝)が2着、3番人気のディープスカイ(四位)が3着と人気どおりの結果となり馬券的には面白くなかったが、歴史に残る名勝負とな […]

2008/11/2 (日)
第136回天皇賞・秋

天皇賞・秋 (2007年) 『第136回天皇賞・秋』

第136回天皇賞・秋の結果は、競馬理論の本命馬のメイショウサムソン(武豊)の快勝で幕を閉じた。メイショウサムソンは、内枠有利な府中2000mの1枠から好スタートを切ると、4番手という絶好位から抜群の手応えで競馬を進めた。 […]

2007/10/28 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪