TOP > レース予想 > 皐月賞 > サトノダイヤモンド対マカヒキの無敗対決を制するのは?
2016/04/12 2017/03/19

【 皐月賞2016予想】 サトノダイヤモンド対マカヒキの無敗対決を制するのは?

出走日:2016年04月17日(日)
皐月賞(GⅠ)/中山/定量/2000m(右・芝)


今週のメインレースは、牡馬のクラシック第一弾第76回皐月賞である。
第76回皐月賞は、3強と言われているが、小回りの2000mということもあり、波乱の要素もある。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第76回皐月賞に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

スプリングステークス組からは、1着のマウントロブソン(ベリー)、3着のロードクエスト(池添謙一)、5着のミッキーロケット、7着のドレッドノータス(藤岡佑介)及び11着のアドマイヤモラール(内田博幸)が第76回皐月賞に出走する。
マウントロブソンのスプリングステークスの勝利という結果は、正攻法の競馬で差し切ったものであり、レース内容としても悪くない。
ただし、スプリングステークスが弥生賞よりもレベルが低かったことは否めない。
よって、第76回皐月賞の競馬予想においては、急激なメンバー強化を考慮して、マウントロブソンに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

ロードクエストのスプリングステークスの3着という結果は、直線で大外を回らされた分だけ届かなかったが、悲観すべき内容ではない。
よって、第76回皐月賞の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、ロードクエストがマウントロブソンを逆転可能と判断すべきである。

ミッキーロケット、ドレッドノータス及びアドマイヤモラールは、スプリングステークスの見所のない内容を見る限り、第76回皐月賞の競馬予想において高い評価は不要である。

きさらぎ賞組からは、1着のサトノダイヤモンド(ルメール)が第76回皐月賞に出走する。
サトノダイヤモンドのきさらぎ賞の勝利という結果は、まだまだ余裕があり着差以上に強い内容であった。
よって、第76回皐月賞の競馬予想においては、強敵と対戦していないとはいえども、サトノダイヤモンドに本命級の高い評価を与えて当然である。

共同通信杯組からは、1着のディーマジェスティ(蛯名正義)が第76回皐月賞に出走する。
ディーマジェスティの共同通信杯の勝利という結果は、人気馬の凡走及びイン有利の馬場でのロスのない競馬に恵まれたものである。
よって、第76回皐月賞の競馬予想においては、パーフェクト連対中で能力的に底を見せていないといえども、ディーマジェスティにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。

若葉ステークス組からは、1着のアドマイヤダイオウ(福永祐一)及び2着のナムラシングン(田辺裕信)が第76回皐月賞に出走する。

アドマイヤダイオウ及びナムラシングンの若葉ステークスの好走は、3着以下を8馬身千切っており、後続とは力の違いをみせつけた。
ただし、若葉ステークスは、弥生賞と比べるとレベルが低いことも確かである。
よって、第76回皐月賞の競馬予想においては、アドマイヤダイオウ及びナムラシングンにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。

弥生賞組からは、1着のマカヒキ(川田将雅)、2着リオンディーズ(デムーロ)、3着のエアスピネル(武豊)が第76回皐月賞に出走する。
マカヒキの弥生賞の勝利という結果は、 ゴール前でまだ余裕がありながらも2歳王者リオンディーズを差し切る強い内容であった。
よって、第76回皐月賞の競馬予想においては、3戦3勝で能力的にも底を見せていないマカヒキに本命級の高い評価を与えて当然である。

リオンディーズの弥生賞の2着という結果は、スタート後に折り合いを欠いてしまったことが影響しており、力負けではない。
よって、第76回皐月賞の競馬予想においては、兄のエピファネイア同様に気分よく走れさえすれば能力を発揮するので、リオンディーズがマカヒキを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

エアスピネルの弥生賞の3着という結果は、2馬身もの差をつけられており、上位2頭には力負けであった。
よって、第76回皐月賞の競馬予想においては、エアスピネルがマカヒキ及びリオンディーズを逆転するためには展開などかなりの助けが必要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第76回皐月賞に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第76回皐月賞の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第76回皐月賞の予想をお楽しみに。
\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 7/27 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.