TOP > レース予想 > 桜花賞 > ルージュバックが無敗の桜花賞馬になれるか?
2015/04/10 2017/03/19

【 桜花賞2015予想】 ルージュバックが無敗の桜花賞馬になれるか?

出走日:2015年04月12日(日)
桜花賞(G1)/阪神競馬場/芝外1600m/右/条件:サラブレッド系3歳牝馬/賞金:8900万円

今週のメインレースは、第75回桜花賞である。

第75回桜花賞は、無敗の重賞ウィナー3頭が初対戦となり、混戦が予想される。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第75回桜花賞に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

きさらぎ賞組からは、1着のルージュバック(戸崎圭太)が第75回桜花賞に出走する。

ルージュバックのきさらぎ賞の勝利という結果は、好位のインを追走する展開に恵まれたものではあるが、ゴール前では抑える余裕を見せており力の違いを見せつけた。

よって、第75回桜花賞の競馬予想においては、強い牡馬を寄せつけなかった3戦の抜群の内容から、ルージュバックに本命級の高い評価を与えて当然である。

一方、チューリップ賞組からは、1着のココロノアイ(横山典弘)、2着のアンドリエッテ(川田将雅)、3着のレッツゴードンキ(岩田康誠)、6着のコンテッサトゥーレ(ルメール)及び11着のクルミナル(池添謙一)が第75回桜花賞に出走する。

ココロノアイのチューリップ賞の勝利という結果は、中団の外目追走から差し切る強い内容であった。

よって、第75回桜花賞の競馬予想においては、折り合って気分よく走れさえすれば、ココロノアイが好走する可能性は高いと判断すべきである。

一方、アンドリエッテのチューリップ賞の2着という結果は、内で包まれて位置取りが悪くなってしまったことが影響してのものであり、堅実に追い込むことを示した。

よって、第75回桜花賞の競馬予想においては、差しが届く展開になるようであれば、アンドリエッテにも注意が必要である。

一方、レッツゴードンキのチューリップ賞の3着という結果は、早めに先頭に立ち目標になってしまったことを考慮すれば、悲観すべき内容ではない。

よって、第75回桜花賞の競馬予想においては、岩田騎手が好位のインでロスのない競馬をさせるようであれば、レッツゴードンキの巻き返しの可能性が高まると判断すべきである。

一方、コンテッサトゥーレ及びクルミナルは、チューリップ賞の見所のないレース内容を見る限り、第75回桜花賞の競馬予想において高い評価は不要である。

一方、フィリーズレビュー組からは、1着のクイーンズリング(デムーロ)、2着のペルフィカ(菱田裕二)、3着のムーンエクスプレス(松山弘平)、7着のレオパルディナ(武豊)及び13着のクールホタルビ(小牧太)が第75回桜花賞に出走する。

クイーンズリングのフィリーズレビューの勝利という結果は、

出遅れて外を回らされながらも一頭だけ次元の違う脚で突き抜けており、着差以上に強い内容であった。

よって、第75回桜花賞の競馬予想においては、メンバー強化を考慮しても、能力的に底を見せていないクイーンズリングに高い評価を与えるべきである。

一方、ペルフィカ、ムーンエクスプレス、レオパルディナ及びクールホタルビは、フィリーズレビューの見所のないレース内容から、第75回桜花賞の競馬予想において高い評価は不要である。

一方、クイーンカップ組からは、1着のキャットコイン(柴田善臣)及び2着のミッキークイーン(浜中俊)が第75回桜花賞に出走する。

キャットコインのクイーンカップの勝利という結果は、ロスの少ない競馬に恵まれたものではあるが、3戦3勝の勝負根性はさすがである。

よって、第75回桜花賞の競馬予想においては、能力的に底を見せていないキャットコインにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

一方、ミッキークイーンのクイーンカップの2着という結果は、20キロの馬体減ながらも最後方からクビ差まで迫ってのものであり、レース内容としてはキャットコインと互角である。

よって、第75回桜花賞の競馬予想においては、前崩れで差しが届く展開になるようであればミッキークイーンがキャットコインを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

一方、アネモネステークス組からは、1着のテンダリーヴォイス(福永祐一)及び2着のメイショウメイゲツ(吉田豊)が第75回桜花賞に出走する。

アネモネステークス組は、別路線組よりもかなりメンバーが弱かったので、第75回桜花賞の競馬予想においてテンダリーヴォイス及びメイショウメイゲツには高い評価は不要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第75回桜花賞に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第75回桜花賞の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第75回桜花賞の予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 3/2 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

リバティアイランドが力の違いを見せつけるか?
リバティアイランドが力の違いを見せつけるか?   今週は、フルゲート18頭に対して26頭もの出走登録があった桜花賞(2023年)の予想について解説する。   桜花賞は、2023年のクラシ 続きはこちら
2歳女王サークルオブライフが重賞連覇なるか?
2歳女王サークルオブライフが重賞連覇なるか?   今週は、フルゲート18頭に対して22頭もの出走登録があった桜花賞(2022年)の予想について解説する。   桜花賞は、2022年のクラシ 続きはこちら
予想解説動画を公開しました 桜花賞の『直前解説の続き動画(無料会員版)』は、ログインをするとご視聴ができます。 ※有料会員向けの『買い目について』『馬場について』の解説動画につきましては、 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.