TOP > レース予想 > オークス > アユサンの2冠制覇なるか?
2013/05/16 2016/08/18

【 オークス2013予想】 アユサンの2冠制覇なるか?

出走日:2013年05月19日(日)
オークス(G1)/東京競馬場/芝2400m/左/条件:サラブレッド系3歳牝馬/賞金:1億1千万

今週のメインレースは第74回オークス(優駿牝馬)である。

第74回オークス(優駿牝馬)は、桜花賞から一気に800mも距離が延長されることもあり、混戦が予想される。
そこで競馬理論の競馬予想では、第74回オークス(優駿牝馬)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

1冠目の桜花賞組からは、1着のアユサン(丸山元気)、2着のレッドオーヴァル(クリスチャン・デムーロ)、3着のプリンセスジャック(福永祐一)、4着のクロフネサプライズ(武豊)、5着のローブティサージュ(岩田康誠)、7着のトーセンソレイユ(ウィリアムズ)、10着のメイショウマンボ(武幸四郎)及び16着のクラウンロゼ(三浦皇成)が第74回オークス(優駿牝馬)に出走する。

アユサンの桜花賞の勝利という結果は、デムーロ騎手が最高の騎乗で持ち味を最大限に発揮させたものだが、ゴール前で差し返す勝負根性は目を見張るものがあった。


またアユサンは、大外から追い込んだアルテミスステークスのレース内容から、東京コースは得意な舞台であると言える。
よって第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、丸山騎手への乗り替りを考慮しても、アユサンにはそれなりの高い評価を与えるべきである。

レッドオーヴァルの桜花賞の2着という結果は、アユサンにゴール寸前で差し返されてしまったものの、直線で強風をもろに受けながらも上がりナンバーワンの脚を使っており、アユサンを上回るレース内容であった。


よって第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、レッドオーヴァルに鞍上弱化のアユサンと互角又はそれ以上の評価を与えるべきである。
なおレッドオーヴァルは、追い込み一手の脚質なので、第74回オークス(優駿牝馬)がイン有利の馬場で行われる場合には、評価を下げるべきとも判断している。

クロフネサプライズの桜花賞の4着という結果は、1番人気を裏切ってしまったものではあるものの、ハイペースの展開ながらも折り合いを欠き気味に先行する厳しい競馬によるものであり、悲観すべき内容ではない。


よって第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、イン有利の馬場やスローで先行する展開になるようであれば、クロフネサプライズの先行力が生きて巻き返す可能性が高まると判断すべきである。

プリンセスジャック、ローブティサージュ、トーセンソレイユ、メイショウマンボ及びクラウンロゼは、桜花賞の見所のないレース内容から、第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想において高い評価は不要である。

フローラステークス組からは、1着のデニムアンドルビー(内田博幸)、2着のエバーブロッサム(戸崎圭太)、3着のブルネット(和田竜二)、6着のスイートサルサ(蛯名正義)、5着のタガノミューチャン(吉田豊)、9着のセキショウ(勝浦正樹)及び16着のブリリアントアスク(武士沢友治)が第74回オークス(優駿牝馬)に出走する。

デニムアンドルビーのフローラステークスの勝利という結果は、外も不利でない馬場であったにせよ、終始大外を回って差し切る着差以上に強い内容であった。


よって第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、デニムアンドルビーにフローラステークス組で最も高い評価を与えるべきである。

そこで問題となるのは、デニムアンドルビーが桜花賞組相手でも通用するか否かだが、クイーンカップ2着馬のスイートサルサを寄せ付けなかったことを考慮すると、通用する可能性は高いと言える。

ただしデニムアンドルビーは、追い込み一手の脚質なので、一線級相手の第74回オークス(優駿牝馬)で差し切るためには、外の差しも届く展開や馬場になる必要があると判断すべきである。

一方、エバーブロッサムのフローラステークスの2着という結果は、終始外目を回らされたものではあったが、更に外を回らされたデニムアンドルビーに差されており、力負けであった。

よって第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、エバーブロッサムがデニムアンドルビーを逆転するためには展開の助けが必要と判断すべきである。

ブリュネットのフローラステークスの3着という結果は、直線で前が塞がって仕掛けがおくれてしまったものであり、上位2頭と大きな差はない。


よって第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、フローラステークス組が通用するようであれば、ブリュネットにも押さえ程度の評価を与えるべきである。

スイートサルサ、タガノミューチャン、セキショウ及びブリリアントアスクは、フローラステークスの見所のないレース内容を見る限り、第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想で高い評価は不要である。

スイートピーステークス組からは、1着のリラコサージュ(柴田善臣)、2着のフロアクラフト(松山弘平)が第74回オークス(優駿牝馬)に出走する。

リラコサージュ及びフロアクラフトのスイートピーステークスでの好走は、弱いメンバー構成、並びにスローペースで好位のインを追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。


よって、第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、スイートピーステークス組のリラコサージュ及びフロアクラフトに高い評価は不要である フラワーカップ組からは、1着のサクラプレジール(横山典弘)が第74回オークス(優駿牝馬)に出走する。

サクラプレジールのフラワーカップの勝利という結果は、フローラステークス2着馬エバーブロッサム及びスイートピーステークス馬リラコサージュに先着してのものだが、超スローペースを先行する展開に恵まれたものであり、レース内容としてはエバーブロッサムに大きく見劣る。


よって第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、サクラプレジールに、エバーブロッサムより下の評価を与えれば十分と判断すべきである。

忘れな草賞組からは、1着のセレブリティモデル(田中勝春)が第74回オークス(優駿牝馬)に出走する。

セレブリティモデルの忘れな草賞の勝利という結果は、 一線級不在のかなり弱いメンバー構成に恵まれたものである。
これは、忘れな草賞で2着のナンヨーユナが次走のフローラステークスで7着に敗れてしまったことからもわかる。

よって、第74回オークス(優駿牝馬)の競馬予想においては、セレブリティモデルにも高い評価は不要と判断している。

以上のように競馬理論の競馬予想では、第74回オークス(優駿牝馬)に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第74回オークス(優駿牝馬)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第74回オークス(優駿牝馬)の最終的な予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 2/24 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

リバティアイランドの2冠制覇なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して21頭もの出走登録馬があった牝馬クラシック第二オークス(2023年)の予想について解説する。   桜花賞を圧巻の内容で 続きはこちら
スターズオンアースの2冠制覇なるか?
スターズオンアースの2冠制覇なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して21頭もの出走登録馬があった牝馬クラシック第二弾オークス(2022年)の予想について解説する。 桜花賞が波乱の決着とな 続きはこちら
ソダシ無敗で2冠制覇なるか?過去データと独自理論から分析
ソダシ無敗で2冠制覇なるか?過去データと独自理論から分析 ログインをすると無料会員版(フル動画)がご視聴できます。有料会員向けの 『買い目について』『馬場について』の解説動画につきましては、その週の有料予想配信・配信対 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.