天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 日経賞
G1が行われるため影が薄くなっていますが、非常にレベルが高そうです。
有馬記念をサトノダイヤモンドと0.1差の3着で走っているゴールドアクター。
最強世代の皐月賞馬で、サトノダイヤモンドを負かしている数少ない馬ディーマジェスティ。
菊花賞2着、ジャパンカップでも上がり最速で能力の高さを証明しているレインボーライン。
今年の主役はここから出るかもしれない、片山イチオシのレースです。
こちらもお見逃しなく☆彡


今週の重賞レース
■ 高松宮記念ページ
https://www.keibariron.com/database/takamatumiyakinen
■ 毎日杯ページ
https://www.keibariron.com/database/mainitihai
■ マーチSページ
https://www.keibariron.com/database/marchstakes
友だち追加

2018年 日経賞の最新予想情報

予想屋マスターの日経賞(2018年)予想分析記事

日経賞記事一覧

うまみちゃんねるの日経賞最新記事

日経賞の最新情報

日経賞とは

日経賞(にっけいしょう)は、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 寄贈賞を提供する日本経済新聞社は、東京・大阪に本社を置く新聞社。 正賞は日本経済新聞社賞。 1953年に、5歳(現4歳)以上の馬による重賞として「日本経済賞」の名称で創設。1979年より現名称となった。 創設時の施行距離は中山競馬場の芝3200mだったが、施行場・距離・開催時期は幾度かの変遷を経て、距離は1967年より中山競馬場の芝2500mで定着。施行時期は1984年より3月 - 4月の中山開催で行われるようになり、天皇賞(春)の重要な前哨戦として位置づけられた。2014年からは本競走の1着馬に、天皇賞(春)の優先出走権が与えられている。 外国産馬は1989年から、地方競馬所属馬は1995年からそれぞれ出走可能になったほか、2002年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。 競走条件 以下の内容は、2016年現在のもの。 出走資格:サラ系4歳以上 JRA所属馬 地方競馬所属馬(後述) 外国調教馬(8頭まで、優先出走)負担重量:別定 4歳55kg、5歳以上56kg、牝馬2kg減 2015年3月28日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、GII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増 2015年3月27日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)天皇賞(春)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は天皇賞(春)の出走候補馬(2頭まで)に優先出走が認められている。引用元:Wikipedia 日経賞

友だち追加
メルマガを受け取ったその日から、
あなたは競馬を本気で投資と考えられるようになります。
メールアドレス:
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪