天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 日経新春杯
今週の重賞レース
■ 京成杯ページ https://www.keibariron.com/database/keiseihai
■ 愛知杯ページ https://www.keibariron.com/database/aitihai


2017年 日経新春杯の最新予想情報

予想屋マスターの日経新春杯(2017年)予想分析記事

ミッキーロケットがシャケトラとの一騎打ちを制する

第64回日経新春杯は、1番人気のミッキーロケット(和田竜二)と2番人気のシャケトラ(浜中俊)の一騎打ちとなり、ミッキーロケットの勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、有馬記念馬サトノダイヤモンドにクビ差まで迫った神戸新聞杯の強い内容から、第64回日経新春杯のメンバーでは力が違うと判断し、ミッキーロケットを本命に予想した。
レースでは、ミッキーロケットは、好スタートを切るといつもより前目となる4番手を確保した。
そして、ミッキーロケットは、直線で馬なりのまま先頭にたったが、外から勢い良く差してきたシャケトラに一旦は交わされてしまった。
しなしながら、ミッキーロケットは、そこから盛り返してシャケトラとの叩き合いを制して、第64回日経新春杯を制覇した。
ミッキーロケットの第64回日経新春杯の勝利という結果は、シャケトラと2キロのハンデ差がありながらも差し返しており、着差以上の強さを見せつけた。
よって、2017年の古馬重賞戦線の競馬予想においては、G1で通用となるとさらなる成長が必要だが、ミッキーロケットに高い評価を与えて当然である。

一方、第64回日経新春杯では、2番人気のシャケトラが2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、急激なメンバー強化であるものの、4戦3勝と能力的に底を見せていない点を評価し、シャケトラにもかなり高い評価を与えていた。
レースでは、シャケトラは、ミッキーロケットをピッタリとマークする位置を進んだ。
そして、シャケトラは、直線に向くと一気に脚を使ってミッキーロケットを一旦は交わしたが、内から差し返されてしまい2着止まりであった。
シャケトラの第64回日経新春杯の2着という結果は、スタート後に行きたがってしまったこととキャリアの浅さを考慮すると、力負けではない。
よって、2017年の古馬重賞戦線の競馬予想においては、条件や展開次第でシャケトラがミッキーロケットを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

一方、第64回日経新春杯では4番人気のモンドインテロ(シュミノー)が3着に入った。
モンドインテロは、中団のインを追走し、3コーナすぎにシャケトラが動くと外に出して一緒になって上がっていった。
そして、モンドインテロは、直線でもジリジリと脚を使ったが上位2頭には突き放されてしまったもの、3着は確保した。
モンドインテロの第64回日経新春杯の3着という結果は、重賞を勝つには一歩足りないが、相手なりに走ることを改めて示した。
よって、2017年の古馬重賞戦線の競馬予想においては、モンドインテロが好走するためには展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、第64回日経新春杯は、ミッキーロケットとシャケトラの一騎打ちとなった。
競馬理論のファンの方は、ミッキーロケットとシャケトラの今後の走りにも大いに期待していただきたい。

ミッキーロケットが古馬を撃破できるか?

今週のメインレースは、第64回日経新春杯(2017年1月15日開催)である。
第64回日経新春杯は、冬場のハンデ戦ということで混戦が予想される。
そこで、競馬予想では、第64回日経新春杯に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

菊花賞組からは、5着のミッキーロケット(和田竜二)、8着のカフジプリンス(福永祐一)及び9着のレッドエルディスト(四位洋文)が第64回日経新春杯(2017年)に出走する。
ミッキーロケットの菊花賞の5着という結果は、上位にこそ力負けであったが、一線級相手に掲示板を確保したことは立派である。
また、ミッキーロケットは、神戸新聞杯において、有馬記念馬サトノダイヤモンドと僅差の競馬をしている。
よって、第64回日経新春杯の競馬予想においては、メンバー弱化を考慮すると、ミッキーロケットに本命級の高い評価を与えて当然である。

カフジプリンスの菊花賞の8着という結果は、内で包まれて脚を余してしまったものであり、スムーズならばもう少し走れたはずである。
よって、第64回日経新春杯の競馬予想においては、展開次第では、カフジプリンスがミッキーロケットを逆転可能と判断すべきである。

レッドエルディストの菊花賞の9着という結果は、ミッキーロケット及びカフジプリンスに大きく負けてはいない。
よって、第64回日経新春杯の競馬予想においては、差しが届く馬場や展開になるようであれば、レッドエルディストの追い込みにも注意を払うべきである。

ステイヤーズステークス組からは、3着のモンドインテロ(シュミノー)、10着のマドリードカフェ(川島信二)及び12着のウインインスパイア(吉田隼人)が第64回日経新春杯に出走する。
モンドインテロのステイヤーズステークスの3着という結果は、出遅れていつもより後ろの位置取り担ってしまったことを考慮すると、レース内容としては良かった。
よって、第64回日経新春杯の競馬予想においては、モンドインテロにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

マドリードカフェ及びウインインスパイアは、ステイヤーズステークスの見所のないレース内容を見る限り、第64回日経新春杯の競馬予想において高い評価は不要である。

長期休養明け組では、クリプトグラム及びレーヴミストラルが第64回日経新春杯に出走する。

クリプトグラムは目黒記念を、レーヴミストラルは去年の日経新春杯を制しており、実績的には上である。
よって、第64回日経新春杯の競馬予想においては、休み明けで体調さえ万全であれば、クリプトグラム及びレーヴミストラルに高い評価を与えるべきである。

境港特別組からは、1着のシェケトラ(浜中俊)が第64回日経新春杯に出走する。
シャケトラの境港特別の勝利という結果は、1000万特別の弱いメンバー構成に恵まれたとはいえども、外を回って差し切っており、力の違いを見せつけた。
よって、第64回日経新春杯の競馬予想においては、4戦3勝の能力的に底を見せていないシャケトラに格下であってもそれなりの高い評価を与えるべきである。

マイルチャンピオンシップ組からは、14着のダコールが第64回日経新春杯に出走する。
ダコールのマイルチャンピオンシップの14着という結果は、距離不足で度外視可能である。
よって、第64回日経新春杯の競馬予想においては、2016年も重いハンデながら重賞2着が2度あるダコールに押さえ程度の評価は与えるべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第64回日経新春杯に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第64回日経新春杯の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第64回日経新春杯の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

レーヴミストラルが最後方からゴボウ抜きの圧勝


第63回日経新春杯は、2番人気に推されたレーヴミストラル(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。
競馬理論の競馬予想では、青葉賞勝ちの強い内容及び差しも届くようになった京都競馬場の馬場状態を考慮し、レーヴミストラルを本命に予想した。
レースでは、レーヴミストラルは、スタートダッシュがイマイチだったこともあり、最後方を進んだ。
そして、レーヴミストラルは、直線で大外に持ち出されると、一頭だけ次元の違う脚を披露して、第63回日経新春杯を制した。
レーヴミストラルの第63回日経新春杯の勝利という結果は、スローペースを最後方から差し切った上に2馬身もの差をつけており、能力の違いをみせつけた。
よって、2016年の重賞戦線においては、レーヴミストラルに高い評価を与えて当然である。
ただし、レーヴミストラルは追い込み一手の脚質なので、インが有利な馬場状態や先行馬が少ないメンバー構成では脚を余す可能性も考慮すべきである。

第63回日経新春杯で1番人気に推されたシュヴァルグラン(ルメール)は2着に敗れてしまった。
競馬理論の競馬予想では、着差以上に強い3連勝の内容から、能力的に底を見せていないシュヴァルグランにも高い評価を与えていた。
レースでは、シュヴァルグランは、中団の外目を追走し、直線でもシブトク脚を使ったが、レーヴミストラルに一気に交わされてしまい、2着を確保するのが精一杯であった。
シュヴァルグランの第63回日経新春杯の2着という結果は、レーヴミストラルにこそ力負けであったが、重賞でも通用する能力を示した。
よって、2016年の重賞戦線においては、メンバーや展開次第でシュヴァルグランにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

第63回日経新春杯では3着に4番人気のサトノノブレスが入った。
サトノノブレスは、好スタートから2番手を追走し、向こう正面でメイショウウズシオにまくられても落ち着いて3番手をキープした。
そして、サトノノブレスは、直線に向くとジリジリと伸び、3着に粘り込んだ。
サトノノブレスの第63回日経新春杯の3着という結果は、スローペースで先行する展開に恵まれたものだが、58キロのハンデを考えると悪くはない内容であった。
よって、2016年の重賞戦線においては、器用な先行力を生かせる馬場や展開になるようであれば、サトノノブレスに高い評価を与えて当然である。

以上のように、第63回日経新春杯は、レーヴミストラルの強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、レーヴミストラルの2016年のクラシック戦線の走りに大いに期待して頂きたい。

うまみちゃんねるの最新記事

出馬表

芝2400m / 天気: / 馬場: / 発走:15:45

12334455667788
1234567891011121314 馬番
トルークマクト ヤマカツライデン シャケトラ マドリードカフェ ミッキーロケット アクションスター カフジプリンス モンドインテロ レッドエルディスト テイエムナナヒカリ アドマイヤフライト ダコール ウインインスパイア レーヴミストラル 馬名
牡7牡5牡4牡6牡4牡7牡4牡5牡4牡4牡8牡9牡6牡5 性齢
5355535455535456.5544955585358 斤量
武豊池添浜中川島和田松若福永シュミノー四位田中健フォーリー小牧三津谷Mデムーロ 騎手

最新情報

日経新春杯とは

日経新春杯(にっけいしんしゅんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 寄贈賞を提供する日本経済新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。 正賞は日本経済新聞社賞。 1954年に創設された「日本経済新春杯」が本競走の前身。1979年より「日経新春杯」に改称された。 創設時の負担重量はハンデキャップだったが、1981年から1993年までは別定で行われた。距離も創設時は芝2400mだったが、1987年から1994年までは芝2200mに短縮していた。外国産馬は1990年から出走可能になったほか、2006年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。外国馬の出走枠は当初4頭までだったが、2007年から2014年までは8頭まで、2015年は9頭までとなった。 競走条件 以下の内容は、2016年現在のもの。 出走資格:サラ系4歳以上 JRA所属馬 外国調教馬(9頭まで、優先出走)負担重量:ハンデキャップ 賞金 2016年の1着賞金は5700万円で、以下2着2300万円、3着1400万円、4着860万円、5着570万円。引用元:Wikipedia 日経新春杯

予想オッズ

馬名 単勝
ミッキーロケット 2
カフジプリンス 3.9
シャケトラ 4.3
モンドインテロ 7.3
ヤマカツライデン 8.5
レーヴミストラル 9.7
レッドエルディスト 9.7
ダコール -
アクションスター -
アドマイヤフライト -
トルークマクト -
マドリードカフェ -
テイエムナナヒカリ -
ウインインスパイア -
※50倍以上が想定されるものは「-」になります。

記事一覧

日経新春杯 (2017年) 『ミッキーロケットがシャケトラとの一騎打ちを制する』

第64回日経新春杯は、1番人気のミッキーロケット(和田竜二)と2番人気のシャケトラ(浜中俊)の一騎打ちとなり、ミッキーロケットの勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、有馬記念馬サトノダイヤモンドにクビ差まで迫った神 […]

2017/01/19 (木)

日経新春杯 (2017年) 『ミッキーロケットが古馬を撃破できるか?』

今週のメインレースは、第64回日経新春杯(2017年1月15日開催)である。 第64回日経新春杯は、冬場のハンデ戦ということで混戦が予想される。 そこで、競馬予想では、第64回日経新春杯に出走する有力各馬の能力をステップ […]

2017/01/10 (火)

日経新春杯 (2016年) 『第63回日経新春杯』

第63回日経新春杯は、2番人気に推されたレーヴミストラル(川田将雅)の勝利で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、青葉賞勝ちの強い内容及び差しも届くようになった京都競馬場の馬場状態を考慮し、レーヴミストラルを本命に予想し […]

2016/01/21 (木)

日経新春杯 (2016年) 『日経新春杯』

今週のメインレースは、第63回日経新春杯である。第63回日経新春杯は、2016年の古馬のG1戦線を占う意味で注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第63回日経新春杯に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分 […]

2016/01/12 (火)
サトノノブレスがまんまと逃げ切る

日経新春杯 (2014年) 『サトノノブレスがまんまと逃げ切る』

第61回日経新春杯は、2番人気のサトノノブレス(ルメール)が勝利し、2着にも1番人気のアドマイヤフライト(福永祐一)が入り、本命サイドの決着となった。 競馬理論の競馬予想では、1枠を生かして好位のインの絶好位を追走しそう […]

2014/01/23 (木)
ラブイズブーシェが有馬記念4着で本格化なったのか?

日経新春杯 (2014年) 『ラブイズブーシェが有馬記念4着で本格化なったのか?』

今週のメインレースは、第61回日経新春杯である。 第61回日経新春杯は、一線級不在のハンデ戦ということもあり混戦が予想される。そこで、競馬理論の競馬予想では、第61回日経新春杯に出走する有力各馬の能力をステップレースごと […]

2014/01/17 (金)
格上挑戦のカポーティスターが重賞制覇

日経新春杯 (2013年) 『格上挑戦のカポーティスターが重賞制覇』

第60回日経新春杯は、1000万勝ち直後の格上挑戦となった10番人気のカポーティスター(高倉陵)が波乱を演出した。 競馬理論の競馬予想では、不利を受けた前々走の勝ち馬マイネルマークが次走の目黒記念で3着に好走している比較 […]

2013/01/17 (木)
ムスカテールが悲願の重賞初制覇なるか?

日経新春杯 (2013年) 『ムスカテールが悲願の重賞初制覇なるか?』

今週のメインレースは、第60回日経新春杯である。 第60回日経新春杯は、登録馬25頭中条件馬が15頭というG2にしてはかなり寂しいメンバー構成である上に、ハンデ戦ということもあり混戦模様である。 そこで競馬理論の競馬予想 […]

2013/01/11 (金)
トゥザグローリーが格の違いを見せつけるか?

日経新春杯 (2012年) 『トゥザグローリーが格の違いを見せつけるか?』

今週のメインレースは、第59回日経新春杯(2012年)である。第59回日経新春杯(2012年)は、一線級不在のハンデ戦ということもあり、混戦が予想される。 そこで、競馬理論の競馬予想は、第59回日経新春杯(2012年)に […]

2012/07/3 (火)
ジャパンカップ馬ローズキングダムが出走

日経新春杯 (2012年) 『ジャパンカップ馬ローズキングダムが出走』

今週のメインレースは、第58回日経新春杯である。第58回日経新春杯は、ハンデ戦のG2ということもあり、例年ならば混戦模様だが、今年はジャパンカップ馬ローズキングダムの1強の様相が強い。そこで、競馬理論の競馬予想は、第58 […]

2012/07/2 (月)
第57回日経新春杯

日経新春杯 (2012年) 『第57回日経新春杯』

今週のメインレースは、第57回日経新春杯である。第57回日経新春杯は、G2とは思えないくらい低調なメンバー構成の上に、ハンデ戦ということもあり、大混戦模様である。その大混戦の第57回日経新春杯には、去年の覇者のテイエムプ […]

2012/07/2 (月)
第54回日経新春杯

日経新春杯 (2012年) 『第54回日経新春杯』

今週は、京都競馬場で第54回日経新春杯が行われる。日経新春杯は、ハンデ戦ということもあり混戦が予想される。その第54回日経新春杯では、去年の覇者であるアドマイヤフジ(福永祐一)が一番人気になりそうである。アドマイヤフジは […]

2012/06/29 (金)
トゥザグローリーが格の違いを見せつけて圧勝

日経新春杯 (2012年) 『トゥザグローリーが格の違いを見せつけて圧勝』

第59回日経新春杯の結果(2012年)では、 単勝1.6倍と断然人気のトゥザグローリー(福永祐一)が 58.5キロのトップハンデを背負いながらも快勝した。競馬理論は、有馬記念の3着など一線級相手でも差のない競馬をしてきた […]

2012/01/15 (日)
良血馬ルーラーシップがローズキングダムを破る

日経新春杯 (2011年) 『良血馬ルーラーシップがローズキングダムを破る』

第58回日経新春杯の結果では、 ジャパンカップ馬ローズキングダム(武豊)が 3着に敗れたが、 同じ4歳世代のルーラーシップ(リスポリ)が 勝利を収めた。競馬理論は、 ルーラーシップの素質の高さを評価していたが、 極端にイ […]

2011/01/16 (日)
第52回日経新春杯

日経新春杯 (2005年) 『第52回日経新春杯』

日経新春杯の結果、勝ったサクラセンチュリー(佐藤哲三)は、ナリタセンチュリーの凡走にも助けられたが、重賞2連勝から本格化を証明した。日経新春杯の結果、サクラセンチュリーは、スローの流れを外から一気に差し切る好内容であった […]

2005/01/15 (土)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪