TOP > レース予想 > 中山記念 > ダノンバラードの重賞連覇なるか?
2013/02/22 2016/08/18

【 中山記念2013予想】 ダノンバラードの重賞連覇なるか?

出走日:2013年02月24日(日)
中山記念(G2)/中山競馬場/芝1800m/右/条件:サラブレッド系4歳以上/賞金:6000万円

今週のメインレースは、第87回中山記念である。

中山金杯組からは、1着のタッチミーノット(横山典弘)、9着のタガノエルシコ及び11着のニシノメイゲツが第87回中山記念に出走する。

タッチミーノットの中山金杯の勝利という結果は、ロスのない位置で脚をためることができたことによるものでもあるが、2着のアドマイヤタイシに2馬身近い差をつける快勝であった。

よって、第87回中山記念の競馬予想において内枠を引いた場合には、開幕週のイン有利の馬場で好位のインを追走可能で器用な脚質のタッチミーノットに高い評価を与えるべきである。

一方、タガノエルシコ及びニシノメイゲツは、中山金杯の見所のないレース内容から、タッチミーノットを逆転するのは難しいので、第87回中山記念の競馬予想において高い評価は不要である。

一方、白富士ステークスからは1着のアンコイルド(蛯名正義)が第87回中山記念に出走する。

アンコイルドの白富士ステークスの勝利という結果は、ステラロッサが内にモタれて満足に追えない不利に恵まれたものではあるが、ステラロッサ以外には完勝といった内容であった。

また、アンコイルドは、去年の秋以降4連勝中の上がり馬で能力的に底を見せていない。
よって、第87回中山記念の競馬予想においては、アンコイルドが先行力を生かして好位のインを追走して開幕週の馬場を生かせるようであれば好走可能と判断すべきである。

一方、有馬記念組からは、7着のナカヤマナイト(柴田善臣)及び10着のダイワファルコン(北村宏司)が第87回中山記念に出走する。

ナカヤマナイトの有馬記念の7着という結果は、大外を回らされたことを考慮しても、力負けであった。

しかしながら、ナカヤマナイトは、オールカマーを楽勝しているように、得意の中山の舞台で一線級不在のメンバー構成ならば好走して当然である。

よって、第87回中山記念の競馬予想においては、アメリカジョッキークラブカップの出走回避の影響がなく体調さえ万全であれば、ナカヤマナイトが巻き返す可能性は高いと判断すべきである。

一方、ダイワファルコンの有馬記念の10着という結果は、先行して勝ちに行く競馬をしたものの、G1級相手では力負けであった。

しかしながら、ダイワファルコンは、福島記念での勝利だけでなく、オールカマーでも2着に好走しており、低調なG2ならば実績的にも互角である。

よって、第87回中山記念の競馬予想においては、気難しさを出さずに気分良く走れるようであればダイワファルコンも好走可能と判断すべきである。

一方、アメリカンジョッキークラブカップ組からは、1着のダノンバラード(ベリー)及び8着のシンゲン(三浦皇成)が第87回中山記念に出走する。

ダノンバラードのアメリカンジョッキークラブカップの勝利という結果は、ハイペースを早め先頭で押し切る強い競馬であったが、残り100mで内に切れ込んでトランスワープ及びゲシュタルトを妨害する後味の悪いものであった。

よって、第87回中山記念の競馬予想においては、開幕週の馬場を考慮すると、逃げ差し自在のダノンバラードがまっすぐ走ることさえできれば重賞連覇の可能性も高いと判断すべきである。

一方、シンゲンは、アメリカジョッキークラブカップの見所のないレース内容から、第87回中山記念の競馬予想で高い評価は不要である。

一方、京都金杯組からは、7着のトーセンレーヴ(ビュイック)が第87回中山記念に出走する。

トーセンレーヴの京都金杯の7着という結果は、内ラチ沿いを通った馬が上位を独占する極端にイン有利な馬場において外を回らされたものであり、度外視可能である。

なお、トーセンレーヴは、エプソムカップで重賞制覇の実績はあるものの、後続の仕掛け遅れに恵まれたものである。
よって、第87回中山記念の競馬予想においては、ブエナビスタの弟という血統的な背景から実力以上に人気になるトーセンレーヴに押さえ程度の評価を与えれば十分と判断している。

一方、阪神カップ組からは、14着のシルポートが第87回中山記念に
出走する。

シルポートの阪神カップの14着という結果は、サンカルロが差し切る追い込み有利の展開で潰れてしまったものであり度外視可能である。

よって、第87回中山記念の競馬予想においては、去年と同様のイン有利の馬場で大逃げを打てるようであれば、シルポートが去年の競馬を再現可能と判断すべきである。

一方、東京新聞杯組からは、7着のスマイルジャック(田辺裕信)及び11着のリアルインパクト(内田博幸)が第87回中山記念に出走する。

スマイルジャックの東京新聞杯の7着という結果は、内ラチ沿いでロスのない競馬をした馬が上位を独占する中で外を回らされてのものであり、レース内容としては着順以上の評価が必要である。

よって、第87回中山記念の競馬予想においては、スマイルジャックに東京新聞杯7着以上の評価を与えるべきである。
ただし、第87回中山記念は開幕週に行われるので、イン有利の馬場となった場合には追い込み一手のスマイルジャックの評価を落とすべきとも競馬理論では判断している。

一方、リアルインパクトの東京新聞杯の11着という結果は、

若干外目を回らされたにせよ、スローペースを先行してバテてしまっており、全く見所のないレース内容であった。
よって、第87回中山記念の競馬予想においては、リアルインパクトに高い評価は不要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第87回中山記念に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第87回中山記念の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第87回中山記念の最終的な予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 3/2 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

皐月賞馬ソールオリエンスが始動 今週は、フルゲート16頭に対して19頭もの出走登録馬があった中山記念(2024年)の予想について解説する。   中山記念は、例年G1馬が数多く出走する 続きはこちら
ソーヴァリアントが2023年の飛躍へ向けて始動
ソーヴァリアントが2023年の飛躍へ向けて始動 今週は、フルゲート16頭に対して15頭の出走登録馬にとどまる中山記念(2023年)の予想について解説する。 中山記念は、例年G1馬が数多く出走するが、 続きはこちら
ダノンザキッドが古馬重賞 初制覇なるか?
ダノンザキッドが古馬重賞 初制覇なるか? 今週は、フルゲート16頭に対して17頭もの出走登録馬があった中山記念(2022年)の予想について解説する。 中山記念は、例年G1馬が数多く出走するが、 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.