14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > マイルCS > マイルチャンピオンシップ2018の競馬予想|ペルシアンナイトの連勝なるか?

2018年マイルCS「マイルチャンピオンシップ2018の競馬予想|ペルシアンナイトの連勝なるか?」

2018/11/13 UP
by 予想屋マスター

出走日:2018年11月18日(日)
マイルCS -G1- 京都競馬場/芝外1600m 右
条件: サラブレッド系3歳以上 賞金:1億300万円

今週は、フルゲート18頭に対して20頭の出走登録馬があった秋のマイル王決定戦

マイルチャンピオンシップ(2018年)の予想について解説する。

安田記念馬モズアスコット(ルメール)や去年の覇者ペルシアンナイト(ミルコ・デムーロ)が人気を集めそうである。

しかしながら、毎日王冠で1着のアエロリット(ムーア)や2着のステルヴィオ(ビュイック)など他にも強豪が揃っており、人気が割れそうな混戦模様である。

そこで、競馬理論の競馬予想では、マイルチャンピオンシップの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

毎日王冠組


1着のアエロリット(ムーア)・2着のステルヴィオ(ビュイック)・
5着のケイアイノーテック(藤岡佑介)・12着のカツジ(松山弘平)
の合計4頭が出走登録している。

 

アエロリット

毎日王冠の勝利という結果は、開幕週の馬場且つ先行馬不在のメンバー構成で楽に逃げる展開に恵まれたものである。
一方で、アエロリットは、1分44秒5の時計で、2着のステルヴィオに1馬身以上の差をつけたことは立派である。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、楽に先行できる展開になるようであれば、アエロリットの粘り込みに注目して当然である。

 

ステルヴィオ

毎日王冠の2着という結果は、先行馬が上位を独占する前残りの展開で唯一外から追い込んでおり、負けて強しの内容であった。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、差しが届く展開や馬場になるようであれば、ステルヴィオがアエロリットを逆転可能と判断すべきである。

 

ケイアイノーテック・カツジ

毎日王冠のレース内容は見所がなかった。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、ケイアイノーテック及びカツジに高い評価は不要である。

 

天皇賞秋組


4着のアルアイン(川田将雅)・12着のブラックムーン(浜中俊)
の合計2頭が出走を予定している。

 

アルアイン

天皇賞の4着という結果は、上位には力負けであったが、一線級相手に掲示場を確保したことは立派である。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、距離短縮で先行力を生かせる点を考慮すると、アルアインにも注意を払って当然である。

 

ブラックムーン

天皇賞のレース内容は見所がなかった。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、ブラックムーンに高い評価は不要である。

 

スワンステークス組


1着のロードクエスト(横山典弘)・2着のモズアスコット(ルメール)・
3着のグアンチャーレ(古川吉洋)・4着のベステンダンク・
7着のレーヌミノル
の合計5頭が出走登録している

 

ロードクエスト

スワンステークスの勝利という結果は、スローペースを差し切っており、復調を印象づけた。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、ロードクエストにもそれなりの評価を与えるべきである。

 

モズアスコット

スワンステークスの2着という結果は、休み明けで58キロの斤量を考慮すると、負けて強しの内容であった。
なお、モズアスコットは、ロスのない競馬をさせたルメール騎手の好騎乗に恵まれたことは確かだが、安田記念馬である。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、モズアスコットがロードクエストを逆転する可能性が高いと判断すべきである。

 

グアンチャーレ・ベステンダンク・レーヌミノル

スワンステークスのレース内容は見所がなかった。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、グアンチャーレ、ベステンダンク及びレーヌミノルに高い評価は不要である。

 

富士ステークス組


1着のロジクライ(クリスチャン・デムーロ)・3着のレッドアヴァンセ(北村友一)・
4着のエアスピネル(福永祐一)・5着のペルシアンナイト(ミルコ・デムーロ)・
7着のジャンダルム(武豊)・7着のヒーズインラブ(藤岡康太)・
10着のウインブライト(松岡正海)
の合計7頭が出走を予定している。

 

ロジクライ

富士ステークスの勝利という結果は、高速馬場を逃げ馬から離れた2番手を楽に追走する展開に恵まれたものであり、2馬身の着差ほど圧倒的な能力差があったわけではない。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、ロジクライが再度好走するためには、楽に先行する展開に恵まれる必要がある。

 

レッドアヴァンセ

富士ステークスの3着という結果は、直線半ばまで馬なりだったが、手応えほど伸びなかった。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、さらなるメンバー強化を考慮すると、レッドアヴァンセに高い評価は不要である。

 

エアスピネル

富士ステークスの4着という結果は、ジリジリとは伸びたものの、特筆すべき内容でもなかった。
なお、エアスピネルは、今年に入ってのレース内容が、全盛期ほどのものではなく、衰えが感じられる。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、実績的には上位のエアスピネルに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

ペルシアンナイト

富士ステークスの5着という結果は、59キロの斤量であった上に直線で大きな不利を受けており、度外視可能である。
なお、ペルシアンナイトは、去年のマイルチャンピオンシップ馬であり、京都のマイル戦は得意な舞台である。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、ペルシアンナイトの連覇にも注目して当然である。

 

ジャンダルム・ヒーズインラブ・ウインブライト

富士ステークスのレース内容は見所がなかった。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、ジャンダルム、ヒーズインラブ及びウインブライトに高い評価は不要である。

 

京成杯オータムハンデキャップ組


1着のミッキーグローリー(戸崎圭太)が出走登録している。

 

ミッキーグローリー

京成杯オータムハンデキャップの勝利という結果は、初の重賞挑戦で素質の高さを見せつけた。
なお、ミッキーグローリーは、京成杯オータムハンデキャップにおいて、ロジクライ、ロードクエストを破っており、単純なメンバー比較では互角以上である。
よって、マイルチャンピオンシップの予想では、能力的に底を見せていないミッキーグローリーにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

 

以上のように、競馬理論の予想では、マイルチャンピオンシップに出走を予定している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

マイルチャンピオンシップ(2018年)の最終的な予想を決断する。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください