TOP > レース予想 > マイルチャンピオンシップ > トーセンラーの連覇なるか?
2014/11/22 2016/08/18

【 マイルチャンピオンシップ2014予想】 トーセンラーの連覇なるか?

出走日:2014年11月23日(日)
マイルチャンピオンシップ(G1)/阪神競馬場/芝外1600m/右/条件: サラブレッド系3歳以上/賞金:1億300万円

今週のメインレースは、秋のマイル王が決定する第31回マイルチャンピオンシップである。

第31回マイルチャンピオンシップは、中心馬不在ということで、マイル戦線を象徴するかのように混戦模様となっている。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第31回マイルチャンピオンシップに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析していく。

スワンステークス組からは、1着のミッキーアイル(浜中俊)、2着のサンライズメジャー(池添謙一)、3着のフィエロ(福永祐一)、4着のサドンストーム(国分優作)および10着のサダムパテック(田中勝春)が第31回マイルチャンピオンシップに出走することになっている。

スワンステークスでのミッキーアイルの勝利という結果については、スローペースで逃げるレース展開に恵まれたため、レース内容としての価値は高くないとみている。

つまり、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、ミッキーアイルが逃げ粘るためにはかなり楽に逃げる必要があると判断した方がよいであろう。

一方で、スワンステークスでのサンライズメジャーの2着という結果については、外を回らされたため、レース内容としてはミッキーアイルを上回るであろう。

ただし、サンライズメジャーは、それ以前の重賞レースでは大きく負けているため、一線級相手では少し実力が足りないこともうかがえる。

そのため、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、サンライズメジャーに押さえ程度の評価を与えれば十分であろうと判断している。

また、スワンステークスでのフィエロの3着という結果については、スローペースで仕掛けが遅れて脚を余してしまったため、悲観すべきレース内容とはいえない。

このことから、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想において、スワンステークス組ではフィエロに最も高い評価を与えるべきであろう。

その一方で、サドンストームとサダムパテックは、スワンステークスでの見所のないレース内容を見る限りでは、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想において高い評価は不要であるとみている。

そして、毎日王冠組からは、2着のサンレイレーザー、5着のグランデッツァ(秋山真一郎)、6着のロゴタイプ(ルメール)および13着のワールドエース(ブドー)が第31回マイルチャンピオンシップに出走することになっている。

毎日王冠でのサンレイレーザーの2着という結果については、開幕週の馬場状態を楽に逃げるレース展開に恵まれたため、レース内容としては着順ほどの価値はないとみている。

よって、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、サンレイレーザーについては高い評価は不要であろう。

また、グランデッツア、ロゴタイプ、ワールドエースについては、毎日王冠のレース内容だけを見ると、見所がなかったといえる。

ただし、グランデッツアは都大路ステークス、ロゴタイプは皐月賞、ワールドエースはマイラーズカップのレース内容と同じように走ることができれば、第31回マイルチャンピオンシップでも好走必至であろう。

その点を考慮して、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、

グランデッツア、ロゴタイプ、ワールドエースの巻き返しにも注意を払う必要がある。

そして、京成杯オータムハンデ組からは1着のクラレント(田辺裕信)が第31回マイルチャンピオンシップに出走することになっている。

京成杯オータムハンデでのクラレントの勝利という結果については、スローペースを先行して押し切るレース展開に恵まれたが、サマーマイルシリーズチャンピオンの実績ほどの評価は不要であるとみている。

そのため、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想において、クラレントには、好位のインを追走するレース展開に恵まれた場合に押さえ候補程度の評価を与えれば十分であろうと判断している。

そして、富士ステークス組からは、3着のレッドアリオン(小牧太)、5着のエキストラエンドおよび7着のダノンシャーク(岩田康誠)が第31回マイルチャンピオンシップに出走することになっている。

富士ステークスでのレッドアリオンの3着という結果については、外も不利のない馬場状態とはいえ、スローペースを上がりナンバーワンの脚で追い込んでいたため、好内容であったとみている。

つまり、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想において、急激にメンバーが強化される感じはあってもレッドアリオンに押さえ程度の評価は必要であろう。

その一方で、エキストラエンドとダノンシャークは、富士ステークスでの見所のないレース内容を見る限りでは、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想において高い評価は不要とみている。

ただし、ダノンシャークは、去年の第31回マイルチャンピオンシップでも3着に好走していることから、能力的には通用するため、巻き返しには多少の注意を払う必要がある。

そして、京都大賞典組からは、3着のトーセンラー(武豊)が第31回マイルチャンピオンシップに出走することになっている。

京都大賞典でのトーセンラーの3着という結果についてはは、思ったよりも伸びなかったことも確かであるが、前残りのレース展開で前を捕らえきれなかっただけと捉えることもできる。

そのため、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、去年楽勝した得意の京都マイル戦であるならば、トーセンラーの連覇の可能性も低くないと判断した方がよいであろう。

そして、菊花賞組からは、4着のタガノグランパ(川田将雅)が第31回マイルチャンピオンシップに出走することになっている。

菊花賞でのタガノグランパの4着という結果については、常時人気以上に走っていることから、3歳世代ではトップクラスの能力を示したとみている。

このことから、第31回マイルチャンピオンシップの競馬予想において、1400mでも重賞勝ちの実績を考慮すると、タガノグランパにも相応の高い評価を与えるべきであろう。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第31回マイルチャンピオンシップに出走する有力各馬の能力を分析していった。

この分析結果に、展開、調教、枠順および馬場状態などの様々な要素を加味して、第31回マイルチャンピオンシップの最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第31回マイルチャンピオンシップの予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 2/24 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

セリフォスの連覇なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して16頭の出走登録馬があった秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップ(2023年)の予想について解説する。   安田記 続きはこちら
ソダシが4つ目のG1制覇なるか?
ソダシが4つ目のG1制覇なるか?  今週は、フルゲート18頭に対して17頭の出走登録馬があった秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップ(2022年)の予想について解説する。  続きはこちら
グランアレグリアの連覇なるか?
グランアレグリアの連覇なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して18頭ぴったりの出走登録馬があった秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップ(2021年)の予想について解説する。   続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.