TOP > レース予想 > マイルCS > サダムパテックの連覇なるか?
2013/11/14 2016/08/18

【 マイルCS2013予想】 サダムパテックの連覇なるか?

出走日:2013年11月17日(日)
マイルチャンピオンシップ(GⅠ)/京都/定量/1600m(右・芝)

今週のメインレースは、第30回マイルチャンピオンシップである。
第30回マイルチャンピオンシップは、主役不在のマイル戦線のナンバーワン決定戦ということもあり、混戦模様である。
そこで競馬理論の競馬予想では、第30回マイルチャンピオンシップに出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

スワンステークス組からは、1着のコパノリチャード(浜中俊)、2着のダイワマッジョーレ(蛯名正義)、3着のサダムパテック(和田竜二)、4着のレッドオーヴァル(ミルコ・デムーロ)及び7着のグランプリボス(ルメール)が第30回マイルチャンピオンシップに出走する。

コパノリチャードのスワンステークスの勝利という結果は、前が止まらない京都の馬場においてマイペースで逃げを打つ展開に恵まれたものであって、コパノリチャードに2馬身近い着差ほどの強さはない。


よって第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、コパノリチャードが好走するためには、イン有利の馬場で楽に逃げる展開に恵まれる必要があると判断すべきである。

一方、ダイワマッジョーレのスワンステークスの2着、サダムパテックのスワンステークスの3着という結果は、スローペース且つイン有利の馬場で外を回らされてのものであって、レース内容としてはコパノリチャードと互角である。

よって第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、展開次第でダイワマッジョーレ及びサダムパテックが、コパノリチャードを逆転可能と判断すべきである。

ただし、昨年のマイルチャンピオンシップで覇者となったサダムパテックについては、1枠でロスのない競馬をさせた武豊騎手の好騎乗に恵まれたレースであったことを頭に入れておくべきである。

レッドオーヴァルのスワンステークスの4着という結果は、イン有利の馬場において1枠からの発走でロスのない競馬をしてのものであって、レース内容としての価値は低い。

よって、第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、レッドオーヴァルに高い評価は不要である。

グランプリボスのスワンステークスの7着という結果は、イン有利の馬場において大外を回らされてのものであり度外視可能だが、少し負け過ぎの感も否めない。

ただしグランプリボスは、去年のマイルチャンピオンシップにおいて、直線で不利を受けながらも2着に好走しており、この内容だけ走れば互角以上である。
よって、第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、グランプリボスが去年の雪辱を果たしてもおかしくないとは言えるが、去年ほどのデキにない可能性もあると判断すべきである。

一方、富士ステークス組からは、1着のダノンシャーク(福永祐一)、2着のリアルインパクト(戸崎圭太)、4着のリルダヴァル、7着のガルボ(石橋脩)、10着のダノンヨーヨー及び14着のサンレイレーザーが第30回マイルチャンピオンシップに出走する。

ダノンシャークの富士ステークスの勝利という結果は、1000m
通過59秒7のスローペースを好位から楽に抜け出してのものであり、着差以上に強い内容であった。

よって第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、ダノンシャークに、富士ステークス組で最も高い評価を与えるべきである。

リアルインパクトの富士ステークスの2着という結果は、スローペースを2番手で追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。

よって、第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、リアルインパクトが好走するためにはかなりの展開の助けが必要と判断すべきである。

リルダヴァル、ガルボ、ダノンヨーヨー及びサンレイレーザーは、富士ステークスの見所のないレース内容を見る限り、第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想において高い評価は不要である。

毎日王冠組からは、3着のクラレント(川田将雅)及び5着のダークシャドウ(ムーア)が第30回マイルチャンピオンシップに出走する。

クラレントの毎日王冠の3着という結果は、開幕週で且つ、スローペース前残りの展開を、マイペースのままに逃げる展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。


よって第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、クラレントに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

ダークシャドウの毎日王冠の5着という結果は、前残りの展開で脚を余したものではあるが、1枠でロスのない競馬をした割には残念な内容であった。

ただしダークシャドウは、去年の秋に天皇賞・ジャパンカップで連続4着と好走しており、低調なマイル戦線であれば互角以上の能力を秘める。
よって、第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、ダークシャドウにそれ相応の高い評価を与えるべきである。

京都大賞典組からは、3着のトーセンラー(武豊)が第30回マイルチャンピオンシップに出走する。

トーセンラーの京都大賞典の3着という結果は、1-2で決着するほどに内を走った馬が上位を独占する中、終始外を回らされてのものであり、レース内容としては一番強い内容であった。


よって第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、マイルのペースに戸惑わずにある程度の位置を確保することができれば、トーセンラーが好走する可能性は高いと判断すべきである。

府中牝馬ステークス組からは、2着のドナウブルー(ビュイック)及び4着のマイネイサベル(松岡正海)が第30回マイルチャンピオンシップに出走する。

ドナウブルーの府中牝馬ステークスの2着という結果は、超スローペースを2番手で追走する展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。


よって第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、去年の3着馬ではあっても、ドナウブルーに高い評価は不要である。

マイネイサベルの府中牝馬ステークスの4着という結果は、スローペースで脚を余しただけであり、度外視可能である。

またマイネイサベルは、安田記念において出遅れながらも4着に好走しており、牡馬相手でも大きな能力差はない。
よって第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、マイネイサベルにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

安田記念組からは、14着のカレンブラックヒル(岩田康誠)が第30回マイルチャンピオンシップに出走する。
カレンブラックヒルの安田記念の14着という結果は、 先行馬総崩れの展開に巻き込まれてしまったものではあるが、負け過ぎでもあるとも言える。

よって、第30回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、カレンブラックヒルが好走するためには、先行馬有利の展開に恵まれる必要があると判断すべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第30回マイルチャンピオンシップに出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第30回マイルチャンピオンシップの最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第30回マイルチャンピオンシップの予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 6/29 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.