14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > マーメイドステークス > フローレスマジックの重賞初勝利なるか?

2019年マーメイドステークス「フローレスマジックの重賞初勝利なるか?」

2019/06/06 UP
by 予想屋マスター

出走日:2019年06月09日(日)
マーメイドステークス -G3- 阪神競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上牝馬 賞金:3500万円

今週は、フルゲート17頭に対してぴったり17頭の出走登録馬があった

 

マーメイドステークス(2019年)の予想について解説する。

 

マーメイドステークスは、牝馬限定のハンデ戦である。

 

そのため、単勝1番人気の馬でも単勝オッズ3倍を超えそうな混戦模様である。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、マーメイドステークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

まずは福島牝馬ステークス組

 

2着のフローレスマジック(石橋脩)・6着のランドネ(ミルコ・デムーロ)・7着のカレンシリエージョ(秋山真一郎)

 

の合計3頭が出走登録している。

 

フローレスマジック

 

福島牝馬ステークスの2着という結果は、早め先頭から押し切りを狙ったが、デンコウアンジュには楽に差されてしまった。

 

なお、フローレスマジックは、中山牝馬ステークスでも僅差の5着に好走しており、牝馬限定の重賞ならば常に上位争いをしている。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、フローレスマジックに絶対視までは禁物だが、それなりに高い評価を与えるべきである。

 

ランドネ・カレンシリエージョ

 

福島牝馬ステークスの敗戦は、直線で前が塞がる不利を受けており度外視可能である。

 

なお、ランドネは、楽に先行さえできれば、紫苑ステークス及び愛知杯で3着の実績がある。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、楽に先行できるようであれば、ランドネの残り目に注意を払うべきである。

 

一方、カレンシリエージョは、それ以前の成績を見る限り、重賞では少し能力が足りなそうである。

 

下鴨ステークス組

 

1着のセンテリュオ(北村友一)・4着のチカノワールの合計2頭が出走を予定している。

 

センテリュオ

 

下鴨ステークスの勝利という結果は、スローペースを最後方から楽に差し切る着差以上に強い内容であった。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、急激なメンバー強化であっても、能力的に底を見せていないセンテリュオにかなり高い評価を与えるべきである。

 

チカノワール

 

下鴨ステークスの4着という結果は、見所がなかった。

よって、マーメイドステークスの予想では、チカノワールに高い評価は不要である。

 

但馬ステークス組

 

1着のモーヴサファイア(川田将雅)が出走登録している。

 

モーヴサファイア

 

但馬ステークスの勝利という結果は、好位のインを追走する展開に恵まれたことは確かだが、2着に3馬身の差をつけており力の違いを見せつけた。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、再度好位のインを追走する展開に恵まれるようであれば、モーヴサファイアが好走する可能性が高まると判断すべきである。

 

パールステークス組

 

1着のスカーレットカラー(岩田康誠)・2着のクィーンズベスト(松山弘平)・3着のサラス(松若風馬)の合計3頭が出走を予定している。

 

スカーレットカラー

 

パールステークスの勝利という結果は、2着に2馬身近い差をつけたことは立派だが、スローの離れた2番手を追走する展開に恵まれたものでもある。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、スカーレットカラーが好走するためには気分良く先行するなど展開の助けが必要と判断すべきである。

 

クィーンズベスト・サラス

 

パースステークスの敗戦は、前が残る展開でスカーレットカラーを捕えきれなかったことは確かだが、離されすぎた感もある。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、外の差しが届く展開になるようであれば、クィーンズベスト及びサラスがスカーレットカラーとの差を詰めてもおかしくないと判断すべきである。

 

鹿野山特別組

 

1着のダンサール(藤岡康太)が出走登録している。

 

ダンサール

 

鹿野山特別の勝利という結果は、2着に3馬身以上の差をつける楽勝であったが、スローペースを先行する展開に恵まれたことも確かである。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、.....

楽に先行する展開に恵まれるようであれば、ダンサールにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

 

御室特別組

 

1着のレッドランディーニ(池添謙一)・2着のアドラータ(坂井)・4着のウスベニノキミ(酒井学)の合計3頭が出走を予定している。

 

レッドランディーニ

 

御室特別の勝利という結果は、前が止まらない馬場を差し切る着差以上に強い内容であった。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、レッドランディーニにも多少の注意を払うべきである。

 

アドラータ・ウスベニノキミ

 

御室特別のレース内容は見所がなかった。

 

よって、マーメイドステークスの予想では、アドラータ及びウスベニノキミに高い評価は不要である。

 

以上、マーメイドステークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味してマーメイドステークス(2019年)の最終的な予想を決断する。

 

↓こちらも合わせてご覧ください↓

時計を単純比較しても意味がない!レースごとに補正が必要!

晴れの良馬場と雨の重馬場について

コース取りの違いが競馬の結果に大きな影響を与える!


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください