天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 京都新聞杯
今週の重賞レース
■ NHKマイルCページ https://www.keibariron.com/database/nhkmilecup
■ 新潟大賞典ページ https://www.keibariron.com/database/niigatadaisyouten

2017年 京都新聞杯の最新予想情報

予想屋マスターの予想分析記事(2017年)

うまみちゃんねるの最新記事

レース結果

芝2200m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

12334455667788
1234567891011121314 馬番
ダンツエイコウ スマートオーディン エルリストン スワーヴアーサー ユウチェンジ カルムパシオン エルプシャフト アドマイヤビスタ ロイカバード ゼンノタヂカラオ アグネスフォルテ フォルテミノル ブラックスピネル スズカバーディー 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
5656565656565656565656565656 斤量
佐藤友 戸崎圭 福永 四位 松若 横山典 岩田 池添 川田 松山 和田 ルメール 太宰 騎手
1016711135143821249 着順

最新情報

京都新聞杯とは

京都新聞杯(きょうとしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 京都新聞は、京都府京都市に本社を置く新聞社。同社より寄贈賞の提供を受けている。 正賞は京都新聞杯。 東京優駿(日本ダービー)の前哨戦として行われ、同競走の出走を目指す3歳馬が収得賞金の加算を狙って出走する。 1953年に菊花賞の前哨戦として「京都盃(きょうとはい)」の名称で創設された、4歳(現3歳)馬による重賞競走。1971年より現名称となった。 創設時は10月に京都競馬場の芝2400mで行われ、1967年から1999年まで菊花賞トライアルに指定。距離や施行場・競走条件は幾度かの変遷を経て、グレード制の導入に伴いGIIに格付けされた1984年より芝2200mで行われるようになったが、2000年に菊花賞の施行時期が10月に繰り上げられると本競走は菊花賞トライアルの指定から外され、施行時期を5月に移設のうえ距離を芝2000mに短縮、格付けもGIIIに変更。引用元:Wikipedia 京都新聞杯

最終オッズ

馬名 単勝
スマートオーディン2
ブラックスピネル4.9
エルプシャフト6.1
ロイカバード7.2
ゼンノタヂカラオ10.2
スワーヴアーサー15.4
エルリストン35.3
ユウチェンジ37.3
アグネスフォルテ41.5
アドマイヤビスタ60.5
カルムパシオン300.9
フォルテミノル365.4
ダンツエイコウ372.4
スズカバーディー423.1
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

記事一覧