天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 京都記念

今週の重賞レース
■ 共同通信杯ページ
https://www.keibariron.com/database/kyoudoutuushinhai
■ クイーンCページ
https://www.keibariron.com/database/queencup


京都記念、中長距離路線のG1ホースが始動レースに使うことも多いスーパーG2です。

テイエムオペラオー、アドマイヤムーン、ブエナビスタ、サトノクラウンなどがいます。

2018年の目玉はなんといっても

レイデオロ!!

去年の日本ダービー馬にして、ジャパンカップでもキタサンブラックに先着する2着。

そのレイデオロの復帰戦と言うことばかり注目されていますが……

アルアイン、モズカッチャン、ディアドラ、クリンチャーと、去年のクラシック路線有力馬が揃い踏み。

レイデオロが強いことは分かっていますので、匹敵する競走馬は潜んでいるのか?

マスターの解説では、そこにご注目ください♪


2018年 京都記念の最新予想情報

予想屋マスターの京都記念(2018年)予想分析記事

日本ダービー馬レイデオロが3着に敗れる

京都記念2018年)は、断然人気のレイデオロ(バルジュー)が3着に敗れる波乱の決着となった。
その波乱の京都記念(2018年)を制したのは、4番人気のクリンチャー(藤岡佑介)であった。
競馬理論の競馬予想では、道悪得意なクリンチャーにも高い評価を与えていたが、現役最強馬を目指すレイデオロにとっては負けられない一戦と判断し、レイデオロを本命にしてしまった。
レースでは、クリンチャーは、逃げ争いを見る形の3番手のインを確保した。
そして、クリンチャーは、直線で馬群がバラけると馬場の真ん中を突き抜け、京都記念(2018年)を制覇した。
クリンチャーの京都記念(2018年)の勝利という結果は、G1級の豪華メンバーを破ったことは立派だが、道悪適性の差と好位のインを追走する展開に恵まれたものでもある。
よって、2018年のG1戦線の競馬予想においては、道悪のスタミナ比べになるようであればクリンチャーに高い評価を与えるべきだが、良馬場の場合には京都記念(2018年)勝ちの実績だけで過大評価は禁物である。

一方、京都記念(2018年)では、3番人気に推された皐月賞馬アルアイン(川田将雅)が2着に入った。
アルアインは、好位を追走し、レイデオロが向こう正面で上がっていったときにもじっくりと脚をためた。
そして、アルアインは、直線で外に持ち出されるとジリジリと脚を使って、混戦の2着争いを制した。
アルアインの京都記念(2018年)の2着という結果は、クリンチャーとの斤量差を考慮すると、さすが皐月賞馬といった内容であった。
よって、2018年のG1戦線の競馬予想においては、器用な脚質で競馬が上手な面を生かせるようであれば、アルアインに高い評価を与えて当然である。

一方、京都記念(2018年)で断然人気に推された日本ダービー馬レイデオロは3着に敗れてしまった。
レイデオロは、スタートで出遅れて中団よりやや後方からの競馬となったが、向こう正面で外に出されると折り合いを欠いてしまい、早くも3番手の外目に上がってしまった。
そのため、レイデオロは、直線で追い出されると、いつものような脚を使えずに、3着を確保するのが精一杯であった。
レイデオロの京都記念(2018年)の3着という結果は、出遅れて折り合いを欠くという最悪の競馬によるものであり、むしろよく3着を確保できたという内容であった。
よって、2018年のG1戦線の競馬予想においては、レイデオロが巻き返して中心となる可能性が高いと判断すべきである。

以上のように、京都記念(2018年)は、4番人気のクリンチャーの勝利で幕を閉じた。
ただし、京都記念(2018年)は、レイデオロの凡走と道悪適性の差が結果に大きな影響を与えたものである。
競馬理論のファンの方は、次走以降におけるレイデオロの巻き返しに注目して頂きたい。

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

日本ダービー馬レイデオロが始動

今週のメインレースは、京都記念2018年)である。
京都記念(2018年)は、日本ダービー馬レイデオロ(バルジュ)、皐月賞馬アルアイン(川田将雅)、秋華賞馬ディアドラ(福永祐一)及びエリザベス女王杯馬モズカッチャン(Mデムーロ)の復帰戦ということもあり、例年以上の注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、京都記念(2018年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

菊花賞組からは、2着のクリンチャー(藤岡佑介)及び7着のアルアイン(川田将雅)が京都記念(2018年)に出走登録している。
クリンチャーの菊花賞の2着という結果は、極悪馬場のスタミナ比べに恵まれたものである。
よって、京都記念(2018年)の競馬予想においては、得意のスタミナ比べになる場合以外は、クリンチャーに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

アルアインの菊花賞の7着という結果は、極悪馬場で能力を発揮できなかったとみることができ、度外視可能である。
よって、京都記念(2018年)の競馬予想においては、皐月賞馬で競馬が上手なアルアインにもかなり高い評価を与えて当然である。

エリザベス女王杯組からは、1着のモズカッチャン、2着のクロコスミア(岩田康誠)及び15着のディアドラ(福永祐一)が京都記念(2018年)に出走登録している。
モズカッチャンのエリザベス女王杯の勝利という結果は、イン有利の馬場でロスのない競馬をさせたデムーロ騎手の好騎乗によるものである。
よって、京都記念(2018年)の競馬予想においては、モズカッチャンにも注意を払うべきだが、エリザベス女王杯馬というだけで過大評価は禁物である。

クロコスミアのエリザベス女王杯の2着という結果は、前が止まらない馬場に恵まれたことは確かだが、2番手追走から粘ったことは評価に値する。
よって、京都記念(2018年)の競馬予想においては、楽に先行できるようであれば、クロコスミアがモズカッチャンを逆転可能と判断すべきである。

ディアドラのエリザベス女王杯の15着という結果は、外が全く伸びない馬場で能力を発揮できなかっただけで度外視可能である。
よって、京都記念(2018年)の競馬予想においては、外の差しが届く馬場や展開になるようであれば、ディアドラの巻き返しに注目すべきである。

日経新春杯組からは4着のミッキーロケット(松若風馬)及び9着のアクションスター(太宰啓介)が京都記念(2018年)に出走登録している。
ミッキーロケットの日経新春杯の4着という結果は、イン有利の馬場でコース取りの差の分だけ敗れ人気を裏切ってしまった感もあるが、少し負けすぎの感もある。
よって、京都記念(2018年)の競馬予想においては、メンバー強化を考慮すると、ミッキーロケットが好走するためには展開などの助けが必要と判断すべきである。

アクションスターは、日経新春杯の見所のないレース内容を見る限り、京都記念(2018年)の競馬予想において高い評価は不要である。

ジャパンカップ組からは2着のレイデオロが京都記念(2018年)に出走登録している。
レイデオロのジャパンカップの2着という結果は、コース取りの差の分だけ、シュヴァルグランに届かなかったが、キタサンブラックを交わしており、現役ではトップクラスの能力を示した。
よって、京都記念(2018年)の競馬予想においては、断然の1番人気であってもレイデオロに本命級の高い評価を与えて当然である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、京都記念(2018年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、人気、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、京都記念(2018年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、京都記念(2018年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

日本ダービー馬マカヒキが3着に敗れる

京都記念(2017年)は、2016年の日本ダービー馬マカヒキ(ムーア)が単勝オッズ1.7倍と断然人気に推されたが、3着に敗れ復帰初戦を飾ることはできなかった。
その波乱の京都記念(2017年)を制したのは、3番人気のサトノクラウン(デムーロ)であった。
競馬理論の競馬予想では、去年の覇者でありこのコースが得意なサトノクラウンにもかなり高い評価を与えていたが、順調さの強みから連軸向きということでミッキーロケット(和田竜二)を本命に予想してしまった。
レースでは、サトノクラウンは、先行する2頭から大きく離れた3番手を追走した。
そして、サトノクラウンは、直線で外に持ち出されて一気に突き抜けると、内からスマートレイアー、外からマカヒキの追い上げを退けて、京都記念(2017年)を制覇した。
サトノクラウンの京都記念(2017年)の勝利という結果は、休み明けとは言えどもマカヒキに1馬身以上の差をつけており、日本国内でもG1級の能力を持つことを示したが、逃げ馬2頭が大きく離してくれたことにより、スローの単騎逃げと同じ状態となった展開に恵まれたものでもある。
よって、2017年のG1戦線の競馬予想においては、サトノクラウンにそれなりの高い評価を与えるべきだが、マカヒキに1馬身以上の差をつけたというだけで過大評価すべきでもない。

一方、京都記念(2017年)では、5番人気のスマートレイアー(岩田康誠)が2着に入り、中波乱を演出した。
スマートレイアーは、サトノクラウンの直後を追走し、直線ではサトノクラウンの内から伸び、マカヒキとの2着争いを制した。
スマートレイアーの京都記念(2017年)の2着という結果は、ロスなく且つ気分良く走れる展開に恵まれたものだが、牡馬の一線級相手でも通用したことは評価に値する。
よって、2017年のG1戦線の競馬予想においては、包まれずに気分良く走れさえすれば、スマートレイアーが好走する可能性が高まると判断すべきである。
特に牝馬限定の重賞ならば、スマートレイアーの評価をさらに上げるべきである。

一方、京都記念(2017年)で単勝オッズ1.7倍と断然人気に推された日本ダービー馬マカヒキは、人気を裏切り3着に敗れてしまった。
マカヒキは、スマートレイアーの外目を追走し、直線で大外に持ち出されると、一気に突き抜けるかのようにも見えたが、実際にはジリジリとしか伸びず、3着止まりであった。
マカヒキの京都記念(2017年)の3着という結果は、斤量とコース取りの差を考慮すると、レース内容としては上位2頭と互角であったが、日本ダービー馬としては少し残念な内容であった。
よって、2017年のG1戦線の競馬予想においては、マカヒキが有馬記念馬サトノダイヤモンドを再度負かすためには日本ダービー以上に展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、京都記念(2017年)は、日本ダービー馬マカヒキが3着に敗れ、サトノクラウンの連覇で幕を閉じた。
2017年の古馬G1戦線は、マカヒキの敗戦により、有馬記念の1,2着馬サトノダイヤモンド及びキタサンブラックが主役となりそうである。

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

うまみちゃんねるの京都記念最新記事

京都記念のレース結果

芝2200m / 天気:晴 / 馬場:重 / 発走:15:35

1234567788
12345678910 馬番
プリメラアスール ケントオー ディアドラ クリンチャー モズカッチャン レイデオロ クロコスミア アクションスター ミッキーロケット アルアイン 馬名
牝6牡6牝4牡4牝4牡4牝5牡8牡5牡4 性齢
54565455545754565657 斤量
酒井 小牧 福永 藤岡佑 Mデムーロ バルジュー 岩田 太宰 松若 川田 騎手
10561438972 着順

京都記念の最新情報

京都記念とは

京都記念(きょうときねん)は、日本中央競馬会 (JRA) が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 競馬番組表では、名称を「農林水産省賞典 京都記念(のうりんすいさんしょうしょうてん きょうときねん)」と表記している。 正賞は農林水産大臣賞。 1942年に、春と秋の年2回施行するハンデキャップ競走として創設。当初の競走条件は春・秋ともに5歳(現4歳)以上だったが、1951年より秋は4歳(現3歳)以上に変更された。 1944年の春から1947年の春までは第二次世界大戦の影響で中止され、1947年の秋より再開。施行距離や競走条件は幾度かの変遷を経ながら年2回施行していたが、1984年に秋の競走が廃止され、以来年1回の施行となった。負担重量は1994年より別定に変更、施行場・距離は1995年から京都競馬場・芝2200mで定着している。 外国産馬は年1回施行に改められた1984年より出走可能になり、2005年からは国際競走に指定され、外国馬も出走可能になった。引用元:Wikipedia 京都記念

京都記念の最終オッズ

馬名 単勝
レイデオロ1.6
モズカッチャン5.2
アルアイン6.6
クリンチャー10.5
クロコスミア12.3
ディアドラ12.5
ミッキーロケット19.7
プリメラアスール140.3
ケントオー189.4
アクションスター448.5
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

京都記念記事一覧

京都記念 (2018年) 『日本ダービー馬レイデオロが3着に敗れる』

京都記念(2018年)は、断然人気のレイデオロ(バルジュー)が3着に敗れる波乱の決着となった。 その波乱の京都記念(2018年)を制したのは、4番人気のクリンチャー(藤岡佑介)であった。 競馬理論の競馬予想では、道悪得意 […]

2018/02/15 (木)

京都記念 (2018年) 『日本ダービー馬レイデオロが始動』

今週のメインレースは、京都記念(2018年)である。 京都記念(2018年)は、日本ダービー馬レイデオロ(バルジュ)、皐月賞馬アルアイン(川田将雅)、秋華賞馬ディアドラ(福永祐一)及びエリザベス女王杯馬モズカッチャン(M […]

2018/02/6 (火)

京都記念 (2017年) 『日本ダービー馬マカヒキが3着に敗れる』

京都記念(2017年)は、2016年の日本ダービー馬マカヒキ(ムーア)が単勝オッズ1.7倍と断然人気に推されたが、3着に敗れ復帰初戦を飾ることはできなかった。 その波乱の京都記念(2017年)を制したのは、3番人気のサト […]

2017/02/16 (木)

京都記念 (2017年) 『日本ダービー馬マカヒキが出走』

今週のメインレースは、京都記念(2017年)である。 京都記念(2017年)は、登録馬こそ11頭と少ないが、日本ダービー馬マカヒキが出走予定ということで、例年以上の注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、京都記念 […]

2017/02/7 (火)

京都記念 (2016年) 『サトノクラウンが完全復活』

第109回京都記念は、サトノクラウン(デムーロ)の圧勝で幕を閉じた。 競馬理論の競馬予想では、体調不良の天皇賞秋の惨敗で人気を落としたものの、3着の着順以上に強い日本ダービーのレース内容から、6番人気のサトノクラウンが巻 […]

2016/02/18 (木)

京都記念 (2016年) 『レーヴミストラルの重賞連覇なるか?』

今週のメインレースは、第109回京都記念である。 第109回京都記念は、2016年のG1戦線を目指す馬たちが出走してくるので、注目の一戦である。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第109回京都記念に出走する有力各馬の能力 […]

2016/02/8 (月)
デスペラードがまんまと逃げ切る

京都記念 (2014年) 『デスペラードがまんまと逃げ切る』

第107回京都記念は、単勝1.6倍と断然人気のジェンティルドンナ(福永祐一)が惨敗し、中波乱の決着となった。 その第107回京都記念を制覇したのは、6番人気のデスペラード(横山典弘)である。 競馬理論の競馬予想では、長距 […]

2014/02/20 (木)
ジェンティルドンナがドバイへ向けて始動

京都記念 (2014年) 『ジェンティルドンナがドバイへ向けて始動』

今週のメインレースは第107回京都記念である。 第107回京都記念は、ジャパンカップを連覇したジェンティルドンナが始動するということで例年以上の注目を集める。そこで、競馬理論の競馬予想では、第107回京都記念に出走する有 […]

2014/02/14 (金)
トーセンラーがきさらぎ賞以来となる2年ぶりの勝利

京都記念 (2013年) 『トーセンラーがきさらぎ賞以来となる2年ぶりの勝利』

第106回京都記念は、6番人気のトーセンラー(武豊)がきさらぎ賞以来となる2年ぶりの勝利で、重賞2勝目を飾った。 競馬理論の競馬予想では、外が伸びる今の京都の馬場を考慮して、相手なりに追い込むトーセンラーに高い評価を与え […]

2013/02/14 (木)
ショウナンマイティがG1制覇へ向けていよいよ復帰

京都記念 (2013年) 『ショウナンマイティがG1制覇へ向けていよいよ復帰』

今週のメインレースは、第106回京都記念である。 第106回京都記念は、昨年の宝塚記念3着以来の出走となるショウナンマイティの復帰戦ということもあり、例年以上に注目される。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第106回京都 […]

2013/02/8 (金)
ハイレベルな4歳世代の戦いを制するのは?

京都記念 (2012年) 『ハイレベルな4歳世代の戦いを制するのは?』

今週のメインレースは、第104回京都記念である。第104回京都記念には、レベルの高い4歳世代の有力馬だけでなく、古馬からもオウケンブルースリが出走することもあり、春の天皇賞を占う意味でも注目の一戦となる。そこで、競馬理論 […]

2012/07/2 (月)
トレイルブレイザーがジャパンカップ4着馬の実力を見せつける

京都記念 (2012年) 『トレイルブレイザーがジャパンカップ4着馬の実力を見せつける』

第105回京都記念の結果では、 5番人気のトレイルブレイザー(武豊)が後続を寄せつけずに快勝した。競馬理論は、イン有利の馬場で好位のインを追走する展開に恵まれた ジャパンカップ4着ほどの高い評価までは不要と判断していたが […]

2012/02/12 (日)
トゥザグローリーが1番人気に応えて快勝

京都記念 (2011年) 『トゥザグローリーが1番人気に応えて快勝』

第104回京都記念では、1番人気のトゥザグローリー(リスボリ)が人気に応えて勝利を収めた。 第104回京都記念で競馬理論は、インの3番手の絶好位を走った有馬記念の内容からブエナビスタに勝つには更なる成長が必要と判断してい […]

2011/02/13 (日)
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪