天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 神戸新聞杯

今週の重賞レース
■ オールカマーページ
https://www.keibariron.com/database/allcomer


2017年 神戸新聞杯の最新予想情報

予想屋マスターの神戸新聞杯(2017年)予想分析記事

レイデオロが秋初戦を勝利で飾る

神戸新聞杯(2017年)は、日本ダービー馬レイデオロ(ルメール)が復帰初戦を勝利で飾った。
競馬理論の競馬予想では、日本ダービー馬の実力に敬意を表しつつも、超スローペースで早めに捲ったルメール騎手の好騎乗と菊花賞に向けてのステップレースであることを考慮し、レイデオロを本命にはできなかった。
レースでは、レイデオロは、先行する3頭を見る形の4番手を進んだ。
そして、レイデオロは、残り1ハロンで先頭に立つとそのまま押し切って、神戸新聞杯(2017年)を制覇した。
レイデオロの神戸新聞杯(2017年)の勝利という結果は、2着に2馬身もの差をつけている上に、まだまだ追えば伸びそうな非常に強い内容であった。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においても、人気ではあっても日本ダービー馬レイデオロに高い評価を与えて当然である。

一方、神戸新聞杯(2017年)では、2番人気に推されたキセキ(デムーロ)が2着に入った。
キセキは、中団よりやや後方の内目で脚をため、直線でも内を突いて伸びたが、レイデオロとの差は詰まらず、2着止まりであった。
キセキの神戸新聞杯(2017年)の2着という結果は、直線でしっかりと脚を使い夏場の成長を示したが、レイデオロとは少し差があったことも確かである。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においては、キセキがレイデオロとの差を詰めるためには、展開などの助けが必要と判断すべきである。

一方、神戸新聞杯(2017年)では、3番人気のサトノアーサー(川田将雅)が3着に入った。
サトノアーサーは、好スタートを切ると、いつもより前目となる位置でレイデオロをピッタリとマークした。
そして、サトノアーサーは、直線に向くとレイデオロを目標に追い出されたが、逆に突き放されてしまい、3着に敗れてしまった。
サトノアーサーの神戸新聞杯(2017年)の3着という結果は、レイデオロに力負けと見ることもできるが、折り合いを欠いてしまったことを考慮すると悲観するほどでもないし、脚質に幅が出たこともプラスである。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においては、内枠を引いて折り合えるようであれば、サトノアーサーの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

以上のように、神戸新聞杯(2017年)は、レイデオロの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、レイデオロの本番の菊花賞の走りにも大いに期待して頂きたい。

日本ダービー馬レイデオロがいよいよ始動

今週のメインレースは神戸新聞杯(2017年)である。
神戸新聞杯(2017年)は、日本ダービー馬レイデオロの復帰戦ということで、秋のG1戦線を占う意味でも注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、神戸新聞杯(2017年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

信濃川特別組からは、1着のキセキが神戸新聞杯(2017年)に出走登録している。
キセキの信濃川特別の勝利という結果は、単勝2倍の断然人気にこたえたものであり、着差以上に強い内容で能力の違いを見せつけた。
よって、神戸新聞杯(2017年)の競馬予想においては、クラシック上位組相手と急激なメンバー強化を考慮しても、夏の上がり馬キセキに高い評価を与えるべきである。

日本ダービー組からは、1着のレイデオロ、4着のマイスタイル、6着のタンビュライト、9着のベストアプローチ、10着のサトノアーサー及び11着のカデナが神戸新聞杯(2017年)に出走登録している。
レイデオロの日本ダービーの勝利という結果は、1000m通過63秒2の超スローペースを早めに捲ったルメール騎手の好騎乗によるものだが、並ばれてから突き放しており着差以上に余裕があったことも確かである。
よって、神戸新聞杯(2017年)の競馬予想においては、日本ダービー馬レイデオロに高い評価を与えて当然だが、人気になることと追い込み脚質を考慮すると絶対視までは禁物である。

マイスタイルの日本ダービーの4着という結果は、超スローで逃げる展開に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、神戸新聞杯(2017年)の競馬予想においては、マイスタイルが好走するためには再度楽に逃げるなどかなりの展開の助けが必要と判断すべきである。

タンビュライトの日本ダービーの6着という結果は、スローの瞬発力勝負で切れ味負けしてしまった。
よって、神戸新聞杯(2017年)の競馬予想においては、早めに先頭に立つ皐月賞のような競馬ができるようであれば、タンビュライトにも注意が必要である。

ベストアプローチ、サトノアーサー及びカデナの日本ダービーの敗戦は、超スローで脚を余しただけであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。
よって、神戸新聞杯(2017年)の競馬予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、ベストアプローチ、サトノアーサー及びカデナの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

他の条件からの出走組は、クラシック上位組とかなり能力差がありそうなので、好走するためには相当の展開の助けが必要と判断すべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、神戸新聞杯(2017年)に出走登録している有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、神戸新聞杯(2017年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、神戸新聞杯(2017年)の予想をお楽しみに。

無料会員登録で、
記事の続きを読もう!
メールアドレス:
ニックネーム:
パスワード:
※コピー・貼り付けはできません

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から
今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)

友だち追加

QRコードからも友達登録できます!

サトノダイヤモンドが秋初戦を飾る

第64回神戸新聞杯は、単勝1.2倍と断然の1番人気に推されたサトノダイヤモンド(ルメール)が人気にこたえ、秋初戦を飾った。
競馬理論の競馬予想では、日本ダービーでの負けて強しの内容を評価し、サトノダイヤモンドに人気でも逆らうべきではないと判断し、本命に予想した。
レースでは、サトノダイヤモンドは、中団の外目を追走し、直線でも外からあっという間に先頭にたった。
そして、サトノダイヤモンドは、内からミッキーロケットに並びかけられたが、そこから再度脚を使って差し返し、第64回神戸新聞杯を制覇した。
サトノダイヤモンドの第64回神戸新聞杯の勝利という結果は、もう少し楽に勝って欲しかったことは確かだが、仕上がり途上ながらも並ばれてから抜かせなかったのはさすがである。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においては、サトノダイヤモンドを絶対視までは禁物だが、かなり高い評価を与えて当然である。

一方、第64回神戸新聞杯では、6番人気のミッキーロケット(和田竜二)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、終始外を回らされた負けて強しの前走の内容から、ミッキーロケットにもサトノダイヤモンドの相手候補として高い評価を与えていた。
レースでは、ミッキーロケットは、サトノダイヤモンドを前に見る位置からレースを進め、直線ではサトノダイヤモンドの内に潜り込んで一旦は差し切るかのような脚を見せたが、サトノダイヤモンドもしぶとく、2着止まりであった。
ミッキーロケットの第64回神戸新聞杯の2着という結果は、4コーナーで一瞬行き場を失いながらも、ダービーで一番強い競馬をしたサトノダイヤモンドに迫っており、夏場の成長を感じさせる内容であった。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においては、ミッキーロケットにもかなり高い評価を与えるべきである。

一方、第64回神戸新聞杯では、4番人気のレッドエルディスト(四位洋文)が3着に追い込んだ。
レッドエルディスとは、後方を追走し、3コーナー過ぎから、サトノダイヤモンドを追いかけるように外を回って追い上げ、直線でも大外から追い込んだが、3着までが精一杯であった。
レッドエルディスの第64回神戸新聞杯の3着という結果は、堅実にいい脚を使うものの、上位2頭からは3馬身も離されてしまったことも確かである。
よって、本番の菊花賞の競馬予想においては、メンバーが更に強化することも考慮すると、レッドエルディスに高い評価は不要である。

以上のように、第64回神戸新聞杯新聞杯は、サトノダイヤモンドの勝利で幕を閉じた。
競馬理論のファンの方は、サトノダイヤモンドだけでなく、ミッキーロケットの今後の走りにも大いに期待いただきたい。

うまみちゃんねるの神戸新聞杯最新記事

神戸新聞杯のレース結果

芝2400m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

12334455667788
1234567891011121314 馬番
メイショウテンシャ サトノアーサー ダンビュライト○外ベストアプローチ キセキ アダムバローズ タガノシャルドネ レイデオロ マイスタイル ホウオウドリーム カデナ エテレインミノル タガノヤグラ アドマイヤウイナー 馬名
牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3牡3 性齢
5656565656565656565656565656 斤量
藤岡佑 川田 武豊 岩田 Mデムーロ 池添 和田 ルメール 横山典 藤岡康 福永 北村友 藤懸 秋山 騎手
8346210131712911145 着順

神戸新聞杯の最新情報

神戸新聞杯とは

神戸新聞杯(こうべしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 「神戸新聞」は、神戸新聞社が発行する日刊紙。同社より寄贈賞の提供を受けている。 正賞は神戸新聞社賞。 3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられるトライアル競走。2000年以降は京都新聞杯が5月施行となったため、関西地区で唯一の菊花賞トライアルとなった。 1953年に「神戸盃」の名称で創設された4歳(現3歳)馬による重賞競走。1972年より現名称となった。 創設時は阪神競馬場の芝2000mでハンデキャップ競走として行われ、その後距離や負担重量は幾度かの変遷を経て、負担重量は2003年から馬齢に、距離は阪神競馬場の馬場改修で外回りコースが新設された2007年から芝2400mに変更され、現在に至る。 地方競馬所属馬は1995年から、外国産馬は2001年からそれぞれ出走可能になったほか、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。引用元:Wikipedia 神戸新聞杯

神戸新聞杯の最終オッズ

馬名 単勝
レイデオロ2.2
キセキ3.5
サトノアーサー6.9
ダンビュライト8.6
○外ベストアプローチ14.9
カデナ15.6
マイスタイル17.2
アドマイヤウイナー49
アダムバローズ74.9
ホウオウドリーム117.6
タガノシャルドネ142.1
エテレインミノル209.8
メイショウテンシャ268.7
タガノヤグラ323
※JRA発表のオッズはこちらをご覧ください。

神戸新聞杯記事一覧

神戸新聞杯 (2017年) 『レイデオロが秋初戦を勝利で飾る』

神戸新聞杯(2017年)は、日本ダービー馬レイデオロ(ルメール)が復帰初戦を勝利で飾った。 競馬理論の競馬予想では、日本ダービー馬の実力に敬意を表しつつも、超スローペースで早めに捲ったルメール騎手の好騎乗と菊花賞に向けて […]

2017/09/28 (木)

神戸新聞杯 (2017年) 『日本ダービー馬レイデオロがいよいよ始動』

今週のメインレースは神戸新聞杯(2017年)である。 神戸新聞杯(2017年)は、日本ダービー馬レイデオロの復帰戦ということで、秋のG1戦線を占う意味でも注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、神戸新聞杯(201 […]

2017/09/19 (火)

神戸新聞杯 (2016年) 『サトノダイヤモンドが秋初戦を飾る』

第64回神戸新聞杯は、単勝1.2倍と断然の1番人気に推されたサトノダイヤモンド(ルメール)が人気にこたえ、秋初戦を飾った。 競馬理論の競馬予想では、日本ダービーでの負けて強しの内容を評価し、サトノダイヤモンドに人気でも逆 […]

2016/09/29 (木)

神戸新聞杯 (2016年) 『サトノダイヤモンドが春の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは、第64回神戸新聞杯である。 第64回神戸新聞杯は、菊花賞を占う意味でも注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第64回神戸新聞杯に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。 ラジ […]

2016/09/20 (火)

神戸新聞杯 (2015年) 『リアファルが逃げ切って重賞制覇』

  第63回神戸新聞杯は、3番人気のリアファル(ルメール)が断然人気のリアルスティールを破り、重賞制覇を飾った。 競馬理論の競馬予想では、古馬の重賞級を破ったマレーシアカップの内容と、楽に先行できそうな展開面を […]

2015/10/1 (木)

神戸新聞杯 (2015年) 『リアルスティールが春の雪辱を果たせるか?』

今週のメインレースは第63回神戸新聞杯である。 第63回神戸新聞杯は、ドゥラメンテ不在の菊花賞戦線を占う意味でも注目を集める。 そこで、競馬理論の競馬予想では、第63回神戸新聞杯に出走する有力各馬の能力をステップレースご […]

2015/09/21 (月)
ワンアンドオンリーがダービー馬の意地を見せる

神戸新聞杯 (2014年) 『ワンアンドオンリーがダービー馬の意地を見せる』

第62回神戸新聞杯は、単勝1.6倍という断然人気であったワンアンドオンリー(横山典弘)の勝利で幕を閉じたレースだった。 競馬理論の競馬予想では、日本ダービー馬の底力を素直に評価し、ワンアンドオンリーを本命に予想した。 レ […]

2014/10/3 (金)
日本ダービー馬ワンアンドオンリーがいよいよ始動

神戸新聞杯 (2014年) 『日本ダービー馬ワンアンドオンリーがいよいよ始動』

今週のメインレースは第62回神戸新聞杯となっている。 今回の第62回神戸新聞杯は、日本ダービー馬であるワンアンドオンリーの復帰戦ということもあって、例年以上の注目を集めるといえる。 そこで、競馬理論の競馬予想では、今回の […]

2014/09/26 (金)
エピファネイアが断然人気に応えて完勝

神戸新聞杯 (2013年) 『エピファネイアが断然人気に応えて完勝』

第61回神戸新聞杯は、単勝1.4倍と断然の1番人気に推されたエピファネイア(福永祐一)が力の違いを見せつけて完勝した。 競馬理論の競馬予想では、皐月賞及び日本ダービーの内容から、3歳世代ではキズナに続くナンバーツーの能力 […]

2013/09/26 (木)
エピファネイアが菊花賞を目指して始動

神戸新聞杯 (2013年) 『エピファネイアが菊花賞を目指して始動』

今週のメインレースは、第61回神戸新聞杯である。 第61回神戸新聞杯は、菊花賞を占う意味でも注目される。そこで、競馬理論の競馬予想では、第61回神戸新聞杯に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。 日本ダー […]

2013/09/20 (金)
皐月賞馬アンライバルドの巻き返しなるか?

神戸新聞杯 (2012年) 『皐月賞馬アンライバルドの巻き返しなるか?』

今週のメインレースは、菊花賞トライアルの第57回神戸新聞杯である。第57回神戸新聞杯は、日本ダービー上位組が多数出走することもあり、菊花賞へ向けて重要なステップレースとなりそうである。例年の神戸新聞杯であれば、夏の上がり […]

2012/06/29 (金)
日本ダービー馬ディープスカイがいよいよ登場

神戸新聞杯 (2012年) 『日本ダービー馬ディープスカイがいよいよ登場』

今週は、菊花賞トライアルの第56回神戸新聞杯が阪神競馬場で行われる。第56回神戸新聞杯は、NHKマイルカップ及び日本ダービーを制して変則2冠を達成したディープスカイ(四位)だけでなく、日本ダービー2着のスマイルジャック( […]

2012/06/29 (金)
フサイチホウオーは、秋緒戦を無事に通過し、菊花賞を迎えることができるか?

神戸新聞杯 (2012年) 『フサイチホウオーは、秋緒戦を無事に通過し、菊花賞を迎えることができるか?』

菊花賞のトライアルレースの中で最も菊花賞に直結する第55回神戸新聞杯が今週のメインレースである。近5年の神戸新聞杯の勝ち馬は、シンボリグリスエス(岡部)、ゼンノロブロイ(デザーモ)、キングカメハメハ(安藤勝)、ディープイ […]

2012/06/29 (金)
オルフェーヴルが力の違いを見せつけて3冠制覇が濃厚に

神戸新聞杯 (2011年) 『オルフェーヴルが力の違いを見せつけて3冠制覇が濃厚に』

第59回神戸新聞杯(2011年)は、日本ダービー馬オルフェーヴル(池添)の強さだけが目立つ一戦となった。 競馬理論は 直線で狭い馬群をこじ開けて着差以上の強さを見せつけた日本ダービーのレース内容から3歳世代には敵がいない […]

2011/09/25 (日)
ローズキングダムがダービーの雪辱を果たす

神戸新聞杯 (2010年) 『ローズキングダムがダービーの雪辱を果たす』

第58回神戸新聞杯の結果は、ローズキングダム(武豊)とエイシンフラッシュ(内田博)の一騎打ちとなった。 競馬理論は、一週間前の特集記事でも述べたように、日本ダービー1着のエイシンフラッシュと2着のローズキングダムの再度の […]

2010/09/25 (土)
第57回神戸新聞杯

神戸新聞杯 (2009年) 『第57回神戸新聞杯』

第57回神戸新聞杯の結果は、7番人気のイコピコ(四位)の圧勝劇となった。 競馬理論は、第57回神戸新聞杯の結果は、春の実績を重視して、イコピコを低評価にとどめてしまった。 第57回神戸新聞杯の結果のレースでは、イコピコは […]

2009/09/27 (日)
第55回神戸新聞杯

神戸新聞杯 (2008年) 『第55回神戸新聞杯』

第55回神戸新聞杯の結果は、1番人気のディープスカイ(四位)が1着、3番人気のブラックシェル(武豊)が2着、2番人気のオウケンブルースリ(内田博)が3着と順当な結果となった。 競馬理論は、休み明けではあったものの、3歳世 […]

2008/09/28 (日)
第55回神戸新聞杯

神戸新聞杯 (2007年) 『第55回神戸新聞杯』

菊花賞トライアルの第55回神戸新聞杯の結果は、2歳チャンピオンのドリームジャーニー(武豊)の復活劇となった。 改装後の阪神芝コースの2400mは、長い直線を騎手が意識するので、スローペースとなることが多いが、第55回神戸 […]

2007/09/23 (日)
第54回神戸新聞杯

神戸新聞杯 (2006年) 『第54回神戸新聞杯』

第54回神戸新聞杯の結果では、2冠馬のメイショウサムソン(石橋)が2着に敗れた。2冠馬メイショウサムソンを差し切ったのは、ドリームパスポート(高田)である。 第54回神戸新聞杯の結果は、ドリームパスポートは、道中では、メ […]

2006/09/24 (日)
1 2
今週のメインレース記事・動画を即配信するほか
的中情報、セミナー情報、お年玉動画の先行配信などサービス満点 (*^o^*)
予想屋マスターのメルマガをお見逃しなく♪