リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
プロプランの抽選応募はこちら
TOP > 今週のレース予想 > 神戸新聞杯

【 神戸新聞杯2022予想 】 クラシック上位組不在!大混戦を制するのは?

2022/09/20
2022/09/23
出走日:2022年09月25日(日)
神戸新聞杯(G2)/阪神競馬場/芝外2400m/右/条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬/賞金:5200万円

 

今週は、フルゲート18頭に対して17頭の出走登録馬があった神戸新聞杯(2022年)の予想について解説する。

 

神戸新聞杯は、菊花賞のステップレースだが、京都の改修工事により、3年連続で中京競馬場の2200m戦という例年と異なる舞台で行われる。

 

例年は、クラシック上位組が出走するレースだが、今年は傑出馬不在で大混戦模様である。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、神戸新聞杯の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

日本ダービー組

5着のブラダリア(池添謙一)・9着のジャスティンパレス(鮫島駿)・10着のビーアスドニッシド(岩田康誠)・12着のアスクワイルドモア(岩田望)・の合計4頭が出走登録している。

 

プラダリア

日本ダービーの5着という結果は、掲示板を確保したことは立派だが、上位4頭からは大きく離されてしまった上に、先行馬群から離れた6番手を気分よく追走する展開にも恵まれたので、レース内容としての価値はそこまで高くない。

 

また、プラダリアは、青葉賞も制しているが、このときも先行勢がバラけた5番手を気分よく追走する展開に恵まれたものである。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、クラシック上位組不在のメンバー構成を考慮すると、プラダリアに高い評価を与えるべきだが、過大評価は禁物である。

 

ジャスティンパレス

日本ダービーの9着という結果は、中団の外目追走で伸びを欠いており、力負けではあったが、プラダリアには大きくは負けていない。

 

また、ジャスティンパレスは、メンバーが弱かったにせよ、G1のホープフルステークスで2着に好走した実績がある。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、展開次第でジャスティンパレスがプラダリアを逆転可能と判断すべきである。

 

ビーアスドニッシド

日本ダービーの10着という結果は、逃げない競馬ではあったものの、離して先行した2頭から大きく離れた3番手を追走してのものであり、力負けであった。

 

なお、ビーアスドニッシドは、楽に逃げる展開に恵まれたことは確かだが、スプリングステークスを制している。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、楽に逃げる展開の助けがあれば、ビーアスドニッシドの粘り込みにも注意を払うべきである。

 

アスクワイルドモア

日本ダービーの12着という結果は、中団の馬群の中から伸びをかいており、見せ場すらなかった。

 

なお、アスクワイルドモアは、京都新聞杯を制しているが、ハイペースの前崩れの流れを後方のインで脚をためる展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、アスクワイルドモアに高い評価は不要である。

 

東京の1勝クラス組

パラレルヴィジョン(ルメール)が出走を予定している。

 

パラレルヴィジョン

東京の1勝クラスの勝利という結果は、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたにせよ、3馬身差をつける大楽勝で力の違いを見せつけた。

 

なお、パラレルヴィジョンは、2戦2勝と能力的にも底を見せていない。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、クラシック上位組不在のメンバー構成を考慮すると、パラレルヴィジョンにも高い評価を与えるべきである。

 

出雲崎特別組

1着のジュンブロッサム(坂井瑠星)が出走登録している。

 

ジュンブロッサム

出雲崎特別の勝利という結果は、好位の外目追走から逃げた馬をきっちりと差し切り、レコード勝ちのおまけ付きで強い内容であった。

 

なお、ジュンブロッサムは、レベルの高い共同通信杯でも4着と好走している。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、ジュンブロッサムにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

一宮特別組

1着のボルドグフーシュ(吉田隼人)が出走を予定している。

 

ボルドグフーシュ

一宮特別の勝利という結果は、単勝1.2倍に応える楽勝だったが、2勝クラスの中でも低レベルなメンバー構成に恵まれたことも確かである。

 

なお、ボルドグフーシュは、京都新聞杯で3着に好走しているが、前潰れの展開の助けがあったものである。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、ボルドグフーシュが好走するためには前崩れの展開の助けが必要と判断すべきである。

 

ラジオNIKKEI賞組

3着のサトノヘリオス(浜中俊)が出走登録している。

 

サトノヘリオス

ラジオNIKKEI賞の3着という結果は、開幕週のイン有利の馬場で1枠からロスのない競馬をしてのものであり、レース内容としての価値は低い。

 

また、サトノヘリオスは皐月賞で17着に敗れているように、一線級相手では能力不足でもある。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、サトノヘリオスに高い評価は不要である。

 

白百合ステークス組

2着のヴェローナシチーが出走登録している。

 

ヴェローナシチー

白百合ステークスの2着という結果は、前が止まらない馬場で逃げたフェーングロッテンを捕らえきれなかっただけで、負けて強しの内容であった。

 

なお、フェーングロッテンは、このあと、ラジオNIKKEI賞勝ち、新潟記念で3着と好走している。

 

また、ヴェローナシチーは、京都新聞杯でアスクワイルドモアに差されてしまったが、コース取りの差とハイペースでの早仕掛けを考慮すると負けて強しの内容であった。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、差しが届く展開になるようであれば、ヴェローナシチーにも高い評価を与えるべきである。

 

青葉賞組

5着のレヴァンジル(ミルコ・デムーロ)が出走を予定している。

 

レヴァンジル

青葉賞の5着という結果は、1番人気を裏切ってしまったが、4番手をポツンと一頭で追走する展開に恵まれてのものであり、レース内容しての価値も低い。

 

なお、レヴァンジルは、すみれステークスで2着に好走しているが、行ったきりの展開に恵まれてのものである。

 

よって、神戸新聞杯の予想においては、人気先行タイプであることをも考慮すると、レヴァンジルに高い評価は不要である。

 

以上、神戸新聞杯に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、神戸新聞杯(2022年)の最終的な予想を決断する。

 

過去10年の連対馬一覧表

年度

馬番

馬名

人気

騎手

2021

1

5

ステラヴェローチェ

2

吉田隼

2

7

レッドジェネシス

5

藤岡康

3

4

モンテディオ

8

池添謙

2020

1

2

コントレイル

1

福永祐

2

18

ヴェルトライゼンデ

3

池添謙

3

5

ロバートソンキー

14

伊藤工

2019

1

3

サートゥルナーリア

1

ルメ

2

5

ヴェロックス

2

川田将

3

8

ワールドプレミア

3

武豊

2018

1

3

ワグネリアン

2

藤岡康

2

2

エタリオウ

3

デム

3

6

メイショウテッコン

6

松山弘

2017

1

8

レイデオロ

1

ルメ

2

5

キセキ

2

デム

3

2

サトノアーサー

3

川田将

2016

1

14

サトノダイヤモンド

1

ルメ

2

15

ミッキーロケット

6

和田竜

3

12

レッドエルディスト

4

四位洋

2015

1

6

リアファル

3

ルメ

2

5

リアルスティール

1

福永祐

3

9

トーセンバジル

7

四位洋

2014

1

10

ワンアンドオンリー

1

横山典

2

11

サウンズオブアース

8

藤岡佑

3

2

トーホウジャッカル

9

酒井学

2013

1

10

エピファネイア

1

福永祐

2

15

マジェスティハーツ

7

森一馬

3

4

サトノノブレス

2

岩田康

2012

1

14

ゴールドシップ

1

内田博

2

6

ロードアクレイム

8

福永祐

3

11

マウントシャスタ

2

川田将

出走登録馬

馬名

前走

馬名

前走

プラダリア

日本ダービー(G1) 5

青葉賞(G2)1

サトノヘリオス

ラジオNIKKEI(G3)

3

皐月賞(G1)17

パラレルヴィジョン

3歳以上1勝クラス1

レヴァンジル

青葉賞(G2)5

すみれS(L)2

アスクワイルドモア

日本ダービー(G1) 12

京都新聞杯(G2)1

ヴェローナシチー

白百合S(L)2

京都新聞杯(G2)2

ジュンブロッサム

出雲崎特別(1勝クラス)

1

アーリントンカップ(G3)4

ダンテスヴュー

ラジオNIKKEI(G3)

12

皐月賞(G1)10

ジャスティンパレス

日本ダービー(G1) 9

皐月賞(G1)9

リカンカブール

足立山特別(1勝クラス)1

京都新聞杯(G2)4

ボルドグフーシュ

一宮特別(2勝クラス)

1

京都新聞杯(G2)3

   

Q1:中京芝2,200mの特徴

今年の神戸新聞杯は昨年に引き続き中京での開催です。中京芝2,200mの特徴を教えてください。9月2週目から中京競馬が始まり、12Rの1勝クラスでもレコードが出るなど、かなり高速馬場になっているようですが、気を付ける点はありますか?

Q2:日本ダービー(G1)組の評価

日本ダービーから5番人気5着のプラダリア、10番人気9着のジャスティンパレス、13番人気12着のアスクワイルドモアが出走予定です。プラダリアは中団の馬混みを追走し、ジャスティンパレスとアスクワイルドモアは大体同じ位置で外目をジャスティンパレス、内をアスクワイルドモアが追走し、ジャスティンパレスは直線かなり左によれてしまいました。プラダリアは青葉賞の勝ち馬で、安定感があると思いますが、この順位のままプラダリアを最上位とみていいのでしょうか?

Q3:皐月賞(G1)組の評価

皐月賞から9番人気9着のジャスティンパレス、15番人気10着のダンテスヴュー、11番人気17着のサトノヘリオスが出走予定です。スローペースで、ジャスティンパレスは出遅れて後方から伸びず、ダンテスヴューは中団馬混みにいて伸びませんでした。サトノヘリオスは向こう正面で不利もあり惨敗でしたが、次のラジオNIKKEI賞では3着と好走しています。皐月賞下位組でも巻き返せそうな馬はいるでしょうか?

Q4:京都新聞杯(G2)組の評価

京都新聞杯(中京)から8番人気1着のアスクワイルドモア、7番人気2着のヴェローナシチー、5番人気3着のボルドグフーシュ、12番人気4着のリカンカブールが出走予定です。アスクワイルドモアは中団の内を追走し直線も伸びて勝ち、ヴェローナシチーは外枠から前目につけ、外を回って追い込みました。ボルドグフーシュはスタート後ぶつかり、 最後方からの競馬でしたが直線伸び、リカンカブールも出負けし押して前目の内目につけましたが、最後は伸びませんでした。京都新聞杯の後、アスクワイルドモアは日本ダービーでは通用せず、ヴェローナシチーは白百合Sでフェーングロッテンに次いで2着、ボルドグフーシュとリカンカブールは1勝クラスを快勝しています。マスターが今回評価したい馬はいますか?

Q5:ジュンブロッサムの評価

共同通信杯で6番人気4着、アーリントンCで2番人気4着のジュンブロッサムについて。共同通信杯は雨の稍重馬場で、前目の外目につけて直線よれて接触がありましたが、皐月賞勝ち馬のジオグリフと0.4秒差、アーリントンCでは出遅れて最後方から外を回って追い込んで勝ち馬のダノンスコーピオンと0.2秒差でした。中京の1勝クラスでは断然人気で後方から追い込むも4着となりましたが、マスターは今回上位評価しますか?

Q6:パラレルヴィジョンの評価

今年の4月にデビューし2戦2勝のパラレルヴィジョンについて。デビュー戦は18頭立てで、 中団の外目を追走し、最終コーナー手前から徐々に押していき快勝、次の1勝クラスは少頭数でしたが出遅れて後方からの競馬で、直線は大外を伸びて快勝でした。今回ルメール騎手が騎乗で、かなり期待されているみたいです。マスターの評価を教えてください。

Q7:ニエル賞のドウデュースについて

ニエル賞で4着だったドウデュースですが、何度か前につんのめっていたと思います。やはり走りにくいのかなあと感じたのですが、椎名さんはどう思いましたか?また、マスターはドウデュースよりタイトルホルダーが先着すると思いますか?パンサラッサが行かず残念ですが、椎名さん凱旋門賞に行かれるのでしたらお気をつけて行ってきてください。


回収率が最も高いプロプラン
締切まで
プロプランの抽選に応募する

今週の重賞レース
■ オールカマーページ
https://www.keibariron.com/database/allcomer

神戸新聞杯の記事一覧

もうムダ馬券を買うことは
やめにしませんか?
競馬の『基本』が間違っていれば、
一生万馬券は的中できません!
自分の予想で万馬券を更新(継続)して的中させたい!
トータルプラスで終わりたい!
そんなあなたに、15年間プラス収支の日本一の競馬予想屋が教えます!
これがホンモノの『競馬理論』
一流の考え方が身に付く濃厚な14日間!
\週末のレース動画解説が届く特典付!/
※迷惑メールに紛れていないかご確認ください