TOP > レース予想 > 北九州記念 > 北九州記念2018の競馬予想|ダイアナヘイローの連覇なるか?
2018/08/15 2019/10/22

【 北九州記念2018予想】 北九州記念2018の競馬予想|ダイアナヘイローの連覇なるか?

出走日:2018年08月19日(日)
テレビ西日本賞北九州記念(GⅢ)/小倉/ハンデ/1200m(右・芝)

今週は、フルゲート18頭に対してぴったり18頭の出走登録馬があった

北九州記念(2018年)の予想について解説する。

北九州記念は、サマースプリントシリーズの一戦である。

連覇を狙うダイアナヘイローが人気となりそうだが、ハンデ戦ということもあり波乱含みである。

そこで、競馬理論の競馬予想では、北九州記念の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

CBC賞組


1着のアレスバローズ(菱田裕二)・2着のナガラフラワー(高倉稜)・
3着のセカンドテーブル(水口)・4着のアサクサゲンキ(松若風馬)・
7着のトウショウピスト(鮫島)・17着のナリタスターワン(太宰啓介)・
18着のグレイトチャーター(川須)
の合計7頭が出走登録している。

 

アレスバローズ

CBC賞の勝利という結果は、54キロのハンデ及び前が潰れ得る展開に恵まれたものだが、2着に一馬身以上の差をつけたことは立派である。
よって、北九州記念の予想では、再度ハイペースになるようであれば、アレスバローズの重賞連覇があってもおかしくないと判断すべきである。

 

ナガラフラワー

CBC賞の2着という結果は、アレスバローズに伸び負けたが、相手なりに崩れなく脚を使うことを示した。
よって、北九州記念の予想では、差しが届く展開になるようであれば、ナガラフラワーにも注意が必要と判断すべきである。

 

セカンドテーブル

CBC賞の3着という結果は、ハイペースの2番手追走ながらもよく粘った。
よって、北九州記念の予想では、外枠から楽に先行できる展開になるようであれば、セカンドテーブルがCBC賞組で再先着を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

 

アサクサゲンキ

CBC賞の4着という結果は、大外枠で出遅れ且つ大外を回らされてのものであり、力負けではない。
よって、北九州記念の予想では、スタートさえ互角ならば、アサクサゲンキの巻き返しの可能性が高まると判断すべきである。

 

トウショウピスト・ナリタスターワン・グレイトチャーター

CBC賞のレース内容は見所がなかった。
よって、北九州記念の予想では、トウショウピスト、ナリタスターワン及びグレイトチャーターに高い評価は不要である。

 

アイビスサマーダッシュ組

 

1着のダイメイプリンセス(秋山真一郎)・2着のラブカンプー(和田竜二)・
3着のナインテイルズ(幸英明)・8着のアクティブミノル(酒井学)
の合計4頭が出走を予定している。

 

ダイメイプリンセス

アイビスサマーダッシュの勝利という結果は、仕掛けが遅れながらも1馬身以上の差をつけており、着差以上の強さを見せつけた。
ただし、ダイメイプリンセスは、1200m戦の重賞では今一歩なことも確かである。
よって、北九州記念の予想では、ダイメイプリンセスに高い評価は不要である。

 

ラブカンプー・ナインテイルズ・アクティブミノル

アイビスサマーダッシュのレース内容は、弱いメンバーであったことをも考慮すると見所がなかった。

よって、北九州記念の予想では、ラブカンプー、ナインテイルズ及びアクティブミノルに高い評価は不要である。

 

バーデンバーデンカップ組

 

2着のゴールドクイーン(古川吉洋)・6着のフミノムーン(国分優作)・
8着のツィンクルソード(北村友一)
の合計3頭が出走を登録している。

 

ゴールドクイーン

バーデンバーデンカップの2着という結果は、初の古馬相手だったとはいえども、楽に逃げる展開に恵まれたものでもある。
よって、北九州記念の予想では、先行馬が揃ったメンバー構成を考慮すると、ゴールドクイーンに押さえ程度の評価を与えれば十分である

 

フミノムーン

バーデンバーデンカップの6着という結果は、前残りの展開で出遅れて脚を余しただけである。
よって、北九州記念の予想では、外の差しが届く展開になるようであれば、フミノムーンにも注意を払うべきである。

 

ツィンクルソード

バーデンバーデンカップのレース内容は見所がなかった。
よって、北九州記念の予想では、ツィンクルソードに高い評価は不要である。

 

函館スプリントステークス組

 

9着のダイアナヘイロー(武豊)が出走登録している。

 

ダイアナヘイロー

函館スプリントステークスの9着という結果は、出遅れて先行する競馬ができなかったものであり、度外視可能である。
なお、ダイアナヘイローは、去年の勝ち馬であり、小倉の1200m戦は得意な舞台である。
よって、北九州記念の予想では、気分よく先行できるようであれば、ダイアナヘイローの連覇の可能性が高まると判断すべきである。

 

以上、北九州記念に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

北九州記念(2018年)の最終的な予想を決断する。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 3/9 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

2019年北九州記念の予想解説動画を公開しました。 無料会員様向けに動画とテキスト版を公開しております。こんにちは予想屋マスターです。 2019年北九州記念の解説動画です。 本命馬不在、ハンデ 続きはこちら
ディアンドルの6連勝なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して22頭もの出走登録馬があった 北九州記念(2019年)の予想について解説する。 北九州記念は、サマースプリン 続きはこちら
北九州記念2018の競馬予想|ダイアナヘイローの連覇なるか? 今週は、フルゲート18頭に対してぴったり18頭の出走登録馬があった北九州記念(2018年)の予想について解説する。北九州記念は、サマースプリントシリーズの一戦で 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.