14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 菊花賞 > ヴェロックスの悲願のG1制覇なるか?
2019/10/14
予想屋マスター

出走日:2019年10月20日(日)
菊花賞 -G1- 京都競馬場/芝外3000m 右
条件:サラブレッド系3歳牡・牝 賞金:1億1200万円

2019年菊花賞 ヴェロックスの悲願のG1制覇なるか?

今週は、フルゲート18頭に対して22頭もの出走登録馬があった牡馬クラシック最終関門菊花賞(2019年)の予想について解説する。

 

菊花賞は、皐月賞馬サートゥルナーリア及びダービー馬ロジャーバローズが不在ということもあり、人気が割れそうな混戦模様である。

 

そうなると、皐月賞2着、日本ダービー3着のヴェロックス(川田将雅)が押し出される形で1番人気になりそうである。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、菊花賞の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

まずは神戸新聞杯組

2着のヴェロックス(川田将雅)・3着のワールドプレミア(武豊)・4着のレッドジェニアル(酒井学)・5着のユニコーンライオン(岩田康誠)・6着のシフルマン(松山弘平)の合計5頭が出走登録している。

 

ヴェロックス

神戸新聞杯の2着という結果は、サートゥルナーリアにこそ力負けであったが、きっちりと連対を確保した。

 

また、ヴェロックスは、皐月賞でサートゥルナーリアとアタマ差に迫っている上に、ダービーの敗戦もイン有利の馬場で外を回らされた分の敗戦であり、3歳世代でトップクラスの能力を秘めることは間違いない。

 

よって、菊花賞の予想では、サートゥルナーリア不在であることを考慮すると、ヴェロックスに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

ワールドプレミア

神戸新聞杯の3着という結果は、超スローペースの前残りの展開を上がり32秒3の脚で追い込んだものであり、ヴェロックスと遜色のないレース内容であった。

 

よって、菊花賞の予想では、差しが届く展開や馬場になるようであれば、ワールドプレミアがヴェロックスとの差を詰めてもおかしくないと判断すべきである。

 

レッドジェニアル

神戸新聞杯の4着という結果は、好位を追走したが伸びを欠いており、少し残念なレース内容であった。

 

ただし、レッドジェニアルは、京都新聞杯において、のちのダービー馬ロジャーバローズを差し切った実績がある。

 

よって、菊花賞の予想では、レッドジェニアルに押さえ程度の評価は与えるべきである。

 

ユニコーンライオン・シフルマン

神戸新聞杯のレース内容は見どころがなかった。

 

よって、菊花賞の予想では、ユニコーンライオン及びシフルマンに高い評価は不要である。

 

セントライト記念組

2着のサトノルークス(福永祐一)・3着のサダル(石橋脩)・5着のニシノデイジー(ルメール)・6着のタガノディアマンテ(田辺裕信)・9着のナイママ(柴田大知)・11着のメイショウテンゲン(池添謙一)の合計6頭が出走を予定している。

 

サトノルークス

セントライト記念の2着という結果は、内枠を生かしたロスのない競馬に恵まれたものであり、着順ほどの価値はない。

 

よって、菊花賞の予想では、サトノルークスがもう一度好走するためには再度好位のインを追走するなど展開の助けが必要と判断すべきである。

 

サダル

セントライト記念の3着という結果は、好位のインを追走しながらも直線で思ったほど伸びず、能力的に底を見せてしまった感もある。

 

よって、菊花賞の予想では、サダルに高い評価は不要である。

 

ニシノデイジー・タガノディアマンテ

セントライト記念の敗戦は、イン有利の馬場で外を回らされた分だけ届かなかったものであり、力負けではない。

 

なお、ニシノデイジーは日本ダービーで5着、タガノディアマンテは皐月賞で6着の実績がある。

 

よって、菊花賞の予想では、差しが届く展開になるようであれば、ニシノデイジー及びタガノディアマンテの巻き返しもありうると判断すべきである。

 

ナイママ・メイショウテンゲン

セントライト記念のレース内容は見どころがなかった。

 

よって、菊花賞の予想では、ナイママ及びメイショウテンゲンに高い評価は不要である。

 

阿寒湖特別組

1着のヒシゲッコウ(スミヨン)が出走登録している。

 

ヒシゲッコウ

阿寒湖特別の勝利という結果は、2着以下に2馬身もの差をつけており力の違いを見せつけたが、前崩れの展開に恵まれた感もある。

 

また、ヒシゲッコウは、プリンシパルステークスにおいて、若干脚を余し気味だったが、サダルに2馬身以上の差をつけられている。

 

よって、菊花賞の予想では、スミヨン騎手で人気になることを考慮すると、ヒシゲッコウには押さえ程度の評価を与えれば十分と判断すべきである。

 

阿賀野川特別組

1着のホウオウサーベル(蛯名正義)が出走を予定している。

 

ホウオウサーベル

阿賀野川特別の勝利という結果は、早めに自ら勝ちに行く競馬で5馬身もの差をつけており、力の違いを見せつけた。

 

よって、菊花賞の予想では、急激なメンバー強化を考慮しても、上がり馬ホウオウサーベルにかなり高い評価を与えるべきである。

 

以上、菊花賞に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、菊花賞(2019年)の最終的な予想を決断する。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>