14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 京阪杯 > 京阪杯2018の競馬予想|ダノンスマッシュが悲願の重賞制覇なるか

2018年京阪杯「京阪杯2018の競馬予想|ダノンスマッシュが悲願の重賞制覇なるか」

2018/11/22 UP
by 予想屋マスター

出走日:2018年11月25日(日)
京阪杯 -G3- 京都競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:3900万

今週は、フルゲート18頭に対して21頭もの出走登録馬があった

京阪杯(2018年)の予想について解説する。

京阪杯は、スプリンターズステークス後の重賞ということもあり、一線級不在の混戦模様である。

スプリント戦では底を見せていないダノンスマッシュ(北村友一)が1番人気となりそうだが、比較が難しく難解な一戦である。

そこで、競馬理論の競馬予想では、京阪杯の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

まずは

スプリンターズステークス組

 

6着のワンスインナムーン(大野拓弥)・14着のアレスバローズ(藤岡佑介)

の合計2頭が出走登録している。

 

ワンスインナムーン

スプリンターズステークスの6着という結果は、イン有利の馬場で逃げた割には止まってしまったが、G1で逃げを打てるスピードは素晴らしいものがある。
よって、京阪杯の予想では、前が止まりにくい京都の1200m戦であることを考慮すると、ワンスインナムーンの逃げ粘りに注目して当然である。

 

アレスバローズ

スプリンターズステークスの14着という結果は力負けであった。
ただし、アレスバローズは、CBC賞・北九州記念と重賞を連勝しており、G3ならば能力的に上位でもある。
よって、京阪杯の予想では、アレスバローズの巻き返しにも注意を払うべきである。

 

スワンステークス組

 

3着のグアンチャーレ(古川吉洋)・4着のベステンダンク(池添謙一)・
5着のコウエイタケル(小牧太)・8着のキングハート(浜中俊)

 

グアンチャーレ

スワンステークスの3着という結果は、上位2頭にこそ力負けであったが、内をロスなく追走すれば通用する能力を示した。
よって、京阪杯の予想では、再度内でロスのない競馬ができるようであれば、グアンチャーレにも注意を払うべきである。

 

ベステンダンク・コウエイタケル・キングハート

スワンステークスのレース内容は見所がなかった。
よって、京阪杯の予想では、ベステンダンク、コウエイタケル及びキングハートに高い評価は不要である。

 

キーンランドカップ組

 

2着のダノンスマッシュ(北村友一)が出走を予定している。

 

ダノンスマッシュ

キーンランドカップの2着という結果は、勝ったナックビーナスに力負けであった上に、好位のインを追走する展開に恵まれたものである。
よって、京阪杯の予想では、ダノンスマッシュを人気ほど過信すべきではない。

 

セントウルステークス組

 

9着のフミノムーン(国分優作)・11着のダイアナヘイロー(菱田裕二)・
12着のアサクサゲンキ(松山弘平)
の合計3頭が出走登録している。

 

フミノムーン・ダイアナヘイロー・アサクサゲンキ

セントウルステークスの敗戦は見所がなかった。
よって、京阪杯の予想では、フミノムーン、ダイアナヘイロー及びアサクサゲンキに高い評価は不要である。
ただし、アサクサゲンキは、出遅れながらも差のない競馬をした実績から、差しが届く展開になれば好走可能である。
また、ダイアナヘイローは逃げる競馬させできればシブトイので、楽に先行できるようであれば粘り込みには注意を払うべきである。

 

オパールステークス組

 

1着のアンヴァル(酒井学)・2着のグレイトチャーター(福永祐一)・
4着のカラクレナイ
の合計3頭が出走を予定している。

 

アンヴァル

アンヴァルのオパールステークスの勝利という結果は、50キロの軽ハンデに恵まれたことは確かだが、2着に2馬身近い差をつけたことは立派である。
よって、京阪杯の予想では、再度能力させ発揮できれば、アンヴァルも好走可能と判断すべきである。

 

グレイトチャーター・カラクレナイ

オパールステークスの2・4着という結果は、いつも堅実にいい脚を使うことを示した。
よって、京阪杯の予想では、前崩れの展開になるようであれば、グレイトチャーター及びカラクレナイの追い込みにも注意を払うべきである。

 

中京記念組

 

11着のダイメイフジ(秋山真一郎)が出走登録している。

 

ダイメイフジ

中京記念の11着という結果は、距離が長かったこともあるが力負けであった。
ただし、ダイメイフジは、展開に恵まれたとは言えども、安土城ステークスにおいて後の安田記念馬モズアスコットを破っている。
よって、京阪杯の予想では、休み明けを考慮しても、ダイメイフジに押さえ程度の評価を与えるべきである。

 

以上、京阪杯に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

京阪杯(2018年)の最終的な予想を決断する。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください