TOP > レース予想 > 阪神JF > フランケル産駒がG1を制覇できるか?
2016/12/06 2017/06/30

【 阪神JF2016予想】 フランケル産駒がG1を制覇できるか?

出走日:2016年12月11日(日)
阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)/阪神/馬齢/1600m(右・芝)

今週のメインレースは、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)である。
阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)は、2歳女王決定戦だが、初対戦となる馬が多く、混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ファンタジーステークス組からは、2着のショーウェイ(松若風馬)、4着のクインズサリナ(シュタルケ)及び8着のブラックオニキス(城戸)が阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する。
ショーウェイのファンタジーステークスの2着という結果は、スローペースで逃げる展開に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。
よって、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想においては、ショーウェイに高い評価は不要である。

クインズサリナ及びブラックオニキスは、ファンタジーステークスの見所のないレース内容を見る限り、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想において高い評価は不要である。

アルテミスステークス組からは、1着のリスグラシュー(戸崎圭太)、3着のシグルーン(藤岡康太)及び5着のサトノアリシア(池添謙一)が阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する。
リスグラシューのアルテミスステークスの勝利という結果は、外を回って差し切る着差以上に強い内容であった。
よって、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想においては、リスグラシューに本命級の高い評価を与えて当然である。

シグルーン及びサトノアリシアは、アルテミスステークスの見所のない内容を見る限り、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想において高い評価は不要である。

アイビーステークス組からは、1着のソウルスターリング(ルメール)が阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する。
ソウルスターリングのアイビーステークスの勝利という結果は、直線で追い出しを待つ余裕すらあった。
よって、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想においては、急激なメンバー強化であっても、ソウルスターリングにもかなり高い評価を与えて当然である。

新潟2歳ステークス組からは、1着のヴゼットジョリー(和田竜二)が阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する。
ヴゼットジョリーの新潟2歳ステークスの勝利という結果は、2着に1馬身以上の差をつけており、力の違いを見せつけた。
よって、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想においては、久々の競馬であることを考慮しても、ヴゼットジョリーに注意を払うべきである。

デイリー杯2歳ステークス組からは、1着のジューヌエコール(バルザローナ)及び4着のディーパワンサ(シュタルケ)が阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する。
ジューヌエコールのデイリー杯2歳ステークスの勝利という結果は、好位のインを追走する展開に恵まれたものである。
よって、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想においては、3戦3勝と能力的に底を見せていない点を評価しつつも、 ジューヌエコールを絶対視までは禁物である。

ディーパワンサのデイリー杯2歳ステークスの4着という結果は、コース取りの差を考慮すると、レース内容としてはジューヌエコールと互角である。
よって、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想においては、展開次第で、ディーパワンサがジューヌエコールを逆転可能と判断すべきである。

秋明菊賞組からは、1着のアリンナ(田辺裕信)が阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する。
アリンナの秋明菊賞の勝利という結果は、後続を寄せ付けない強い内容であった。
よって、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想においては、楽に先行できる展開に恵まれるようであれば、アリンナの粘り込みの可能性もあり得ると判断すべきである。

京王杯2歳ステークス組からは、2着のレーヌミノル(蛯名正義)が阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する。
レーヌミノルの京王杯2歳ステークスの2着という結果は、勝ったモンドキャンノが強すぎただけである。
よって、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の競馬予想においては、牝馬限定であることを考慮すると、レーヌミノルにも高い評価を与えるべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素をかみして、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)の予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 7/27 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.