14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 阪神牝馬S > 阪神牝馬ステークス2019の競馬予想|ラッキーライラックの1年ぶりの勝利なるか?

2019年阪神牝馬S「阪神牝馬ステークス2019の競馬予想|ラッキーライラックの1年ぶりの勝利なるか?」

2019/04/04 UP
by 予想屋マスター

出走日:2019年04月07日(日)
阪神牝馬S -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系4歳以上牝馬 賞金:5100万円

今週は、フルゲート18頭に対して15頭の出走登録馬にとどまった

阪神牝馬ステークス(2019年)の予想について解説する。

阪神牝馬ステークスは、1着に優先出走権が与えられることもあり、ヴィクトリアマイルを占う意味でも注目を集める。

4歳世代の2歳女王ラッキーライラック(石橋脩)が単勝1倍台の断然人気になりそうだが、牝馬限定重賞ということもあり波乱も予想される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、阪神牝馬ステークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

まずは

中山記念組

 

2着のラッキーライラック(石橋脩)が出走登録している。

 

ラッキーライラック

中山記念の2着という結果は、4コーナーで早くも先頭に並びかける強気な競馬で押し切りを狙ったものであり、負けて強しの内容であった。
更に、G1馬が5頭も出走する牡馬の一線級が揃ったメンバー相手であったことを考えると立派である。
なお、ラッキーライラックは、1年近く勝利から遠ざかっているが、敗れた相手がアーモンドアイであり、相手が悪すぎた。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、断然人気であってもラッキーライラックに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

京都牝馬ステークス組

 

3着のアマルフィコースト(坂井)・6着のワントゥワン(シュタルケ)・
9着のリバティハイツ(福永祐一)
の合計3頭が出走を予定している。

 

アマルフィコースト

京都牝馬ステークスの3着という結果は、スローペースを生かして粘り込んだものであり、レース内容としての価値は微妙である。
よって、阪神牝馬ステークスでアマルフィコーストが再度好走するためには、楽に先行する展開の助けが必要である。

 

ワントゥワン

京都牝馬ステークスの6着という結果は、上がりナンバーワンの脚を使っており、脚を余しただけである。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、外の差しが届く馬場や展開になるようであれば、ワントゥワンの巻き返しに注目すべきである。

 

リバティハイツ

京都牝馬ステークスの9着という結果は、出負けで位置が悪くなってしまったこともあり、力を発揮できなかった。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、好位で追走する競馬ができるようであれば、リバティハイツに押さえ程度の評価は与えるべきである。

 

中山牝馬ステークス組

 

6着のクロコスミア(岩田康誠)・14着のミッキーチャーム(川田将雅)
の合計2頭が出走登録している。

 

クロコスミア・ミッキーチャーム

中山牝馬ステークスの敗戦は、逃げる自分の競馬ができなかったものであり、度外視可能である。
なお、クロコスミアはエリザベス女王杯で2着、ミッキーチャームは秋華賞で2着の実績がある。
よって、阪神牝馬ステークスでも自分の競馬さえできればこのメンバー相手でも通用するが、ダイアナヘイロー(武豊)がいるので逃げを打てる可能性は低い。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、クロコスミア及びミッキーチャームに高い評価は不要である。

 

エリザベス女王杯組

 

6着のカンタービレ(ミルコ・デムーロ)が出走を予定している。

 

カンタービレ

エリザベス女王杯の6着という結果は、距離が長かったこととイン有利の馬場で外目を回らされた分だけ、直線で伸びを欠いた。
ただし、カンタービレは、レベルの高い4歳牝馬世代の秋華賞3着馬である。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、カンタービレの巻き返しにも注意を払うべきである。

 

京都金杯組

 

3着のミエノサクシード(川島信二)・7着のサラキア(池添謙一)
の合計2頭が出走登録している。

 

ミエノサクシード

京都金杯の3着という結果は、京都開幕週のイン有利の馬場で追い込んでおり、着順以上に強い内容であった。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、差しが届く展開になるようであれば、ミエノサクシードにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

サラキア

京都金杯の7着という結果は、馬群の中で揉まれて能力を発揮できなかった。
なお、サラキアは、秋華賞4着の内容だけ走れば、このメンバーならば互角以上である。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、気分良く競馬さえできれば、サラキアも好走可能と判断すべきである。

 

高松宮記念組

 

6着のレッツゴードンキが出走を予定している。

 

レッツゴードンキ

高松宮記念の6着という結果は上がりナンバーワンの脚を使ったが、追い出しが遅れてしまったので脚を余してしまった。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、内枠を引いてロスのない競馬ができるようであれば、レッツゴードンキにも注意を払うべきである。

 

東京新聞杯組

 

2着のレッドオルガ(北村友一)が出走登録している。

 

レッドオルガ

東京新聞杯の2着という結果は、牡馬相手であり、力をつけていることを示した。
よって、阪神牝馬ステークスの予想では、牝馬同士であれば、レッドオルガがもう少し走ってもおかしくないと判断すべきである。

 

以上、阪神牝馬ステークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

阪神牝馬ステークス(2019年)の最終的な予想を決断する。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください