TOP > レース予想 > 阪神大賞典 > クリンチャーの重賞連勝なるか?
2018/03/13 2018/03/29

【 阪神大賞典2018予想】 クリンチャーの重賞連勝なるか?

出走日:2018年03月18日(日)
阪神大賞典(GⅡ)/阪神/別定/3000m(右・芝)

今週のメインは阪神大賞典2018年)である。
阪神大賞典(2018年)は、12頭の出走登録にとどまっており少し寂しいが、天皇賞春を占う意味でも注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典(2018年)に出走登録している有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ステイヤーズステークス組からは、1着のアルバート(福永祐一)が阪神大賞典(2018年)に出走登録している。
アルバートのステイヤーズステークスの勝利という結果は、フェイムゲームに2馬身半もの差をつけており、力の違いを見せつけた。
よって、阪神大賞典(2018年)の競馬予想においては、長距離では崩れないアルバートにも人気であっても本命級の高い評価を与えるべきである。

有馬記念組からは、8着のレインボーライン(岩田康誠)、9着のサトノクロニクル(川田将雅)及び15着のカレンミロティック(池添謙一)が阪神大賞典(2018年)に出走登録している。
レインボーラインの有馬記念の8着という結果は、前残りの展開で脚を余したものではあるが、上位と能力差があったことも確かである。
ただし、レインボーラインは、菊花賞2着馬であり、長距離適性は高い。
よって、阪神大賞典(2018年)の競馬予想においては、レインボーラインにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

サトノクロニクル及びカレンミロティックは、有馬記念の見所のない内容を見る限り、阪神大賞典(2018年)の競馬予想において高い評価は不要である。

京都記念組からは、1着のクリンチャー(武豊)が阪神大賞典(2018年)に出走登録している。
クリンチャーの京都記念の勝利という結果は、好位のインを追走する展開に恵まれたものだが、皐月賞馬アルアイン及び日本ダービー馬レイデオロを破ったことは立派である。
よって、阪神大賞典(2018年)の競馬予想においては、京都記念よりもメンバーが弱くなることを考慮すると、人気が上昇してもクリンチャーに高い評価を与えて当然である。
なお、クリンチャーは、道悪が得意なので、馬場が渋るようであれば更に評価をあげるべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、阪神大賞典(2018年)に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、枠順、調教、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、阪神大賞典(2018年)の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、阪神大賞典(2018年)の予想をお楽しみに。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 4/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ブローザホーンが重賞連覇なるか?   今週は、フルゲート16頭に対して15頭の出走登録馬があった阪神大賞典(2024年)の予想について解説する。   阪神大賞典は、勝ち馬に天 続きはこちら
ボルドグフーシュが重賞初制覇なるか? 今週は、フルゲート16頭に対して14頭の出走登録馬にとどまった阪神大賞典(2023年)の予想について解説する。 阪神大賞典は、勝ち馬に天皇賞春への優先 続きはこちら
ディープボンドの連覇なるか?
ディープボンドの連覇なるか?   今週は、フルゲート16頭に対して14頭の出走登録馬にとどまった阪神大賞典(2022年)の予想について解説する。   阪神大賞典は、勝ち馬 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.