14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 阪神カップ > 阪神カップ2018の競馬予想|ワントゥワンが悲願の重賞制覇なるか?
2018/12/20
予想屋マスター

出走日:2018年12月23日(日)
阪神カップ -G2- 阪神競馬場/芝1400m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:6500万円

2018年阪神カップ 阪神カップ2018の競馬予想|ワントゥワンが悲願の重賞制覇なるか?

今週は、フルゲート18頭に対して16頭の出走登録にとどまった

阪神カップ(2018年)の予想について解説する。

阪神カップは、定量戦ということもあり、G1級のメンバーが揃った。

重賞で2着続きのワントゥワンや去年のスプリント王レッドファルクス(ボウマン)などが人気を集めそうだが、中心馬不在で混戦が予想される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、阪神カップの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

スプリンターズステークス組

 

3着のラインスピリット(武豊)・10着のレッドファルクス(ボウマン)・
13着のムーンクエイク(ルメール)
の合計3頭が出走登録している。

 

ラインスピリット

スプリンターズステークスの3着という結果は、スムーズに前が開いていれば勝てたと思わせる内容であったが、インが有利な馬で好位のインを追走する展開に恵まれたことも確かである。
よって、阪神カップの予想では、楽に先行できる展開に恵まれるようであれば、ラインスピリットの粘り込みに注目して当然である。

 

レッドファルクス・ムーンクエイク

スプリンターズステークスの敗戦は、インが有利な馬場で外を回らされて脚を余したものであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。
その上、レッドファルクスは、4コーナーで競走中止した馬の影響を受けてしまっており、度外視可能である。
よって、阪神カップの予想では、差しが届く展開や馬場になるようであれば、レッドファルクスの巻き返しがあってもおかしくないと判断すべきである。
また、ムーンクエイクは、春に京王杯スプリングカップを制しており、1400mは最も得意な舞台である。
よって、阪神カップの予想では、ムーンクエイクにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

マイルチャンピオンシップ組

 

6着のジュールポレール(ミルコ・デムーロ)・11着のケイアイノーテック(藤岡佑介)・
18着のレーヌミノル(和田竜二)
の合計3頭が出走を予定している。

 

ジュールポレール

マイルチャンピオンシップの6着という結果は、特に見せ場があったわけでもないが、3着とは0秒1差で走っている。
なお、ジュールポレールは、後のエリザベス女王杯馬リスグラシューを破って、ヴィクトリアマイル勝ちを収めている。
よって、阪神カップの予想では、ミルコ・デムーロ騎手騎乗をも考慮して、ジュールポレールにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

ケイアイノーテック

マイルチャンピオンシップの11着という結果は、外枠からの発走で終始外回らされてしまったので、着順ほど悲観すべき内容ではない。
なお、ケイアイノーテックは、レベルの高い3歳世代のNHKマイルカップ馬である。
よって、阪神カップの予想では、展開さえ嵌れば、ケイアイノーテックの巻き返しがあってもおかしくないと判断すべきである。

 

安田記念組

 

4着のサトノアレス(川田将雅)が出走登録している。

 

サトノアレス

安田記念の4着という結果は、内目を通った馬が上位を独占する中で大外から追い込む着順以上に強い内容であった。
よって、阪神カップの予想では、休み明けであっても、サトノアレスの追い込みに注目して当然である。

 

富士ステークス組

 

2着のワントゥワン(福永祐一)が出走を予定している。

 

ワントゥワン

富士ステークスの2着という結果は、ロジクライこそ捕えきれなかったが、堅実に脚を使うことを示した。
なお、ワントゥワンは、3戦連続で重賞2着と好走しており、いつでも重賞を勝てる能力を秘める。
よって、阪神カップの予想では、堅実に追い込むワントゥワンにもかなり高い評価を与えて当然である。

 

オーロカップ組

 

3着のスターオブペルシャ(杉原誠人)・5着のミスターメロディ(クリスチャン・デムーロ)・
7着のアポロノシンザン
の合計3頭が出走登録している。

 

スターオブペルシャ

オーロカップの3着という結果は、インが有利な馬場であったわけではないが、コースロスのない競馬をさせたオドノヒ騎手の好騎乗によるものである。
よって、阪神カップの予想では、スターオブペルシャが好走するためには展開の助けが必要と判断すべきである。

 

ミスターメロディ

オーロカップの5着という結果は、休み明けであったせいか直線で伸びを欠いてしまった。
ただし、ミスターメロディは、レベルの高い3歳世代のファルコンステークスを制しており、能力的には差がない。
よって、阪神カップの予想では、叩き2走目で体調があがっていれば、ミスターメロディの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

 

アポロノシンザン

オーロカップのレース内容は見所がなかった。
よって、阪神の予想では、アポロノシンザンに高い評価は不要である。

 

以上、阪神カップに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

阪神カップ(2018年)の最終的な予想を決断する。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>