14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 函館2歳S > 函館2歳ステークス2018の競馬予想|ナンヨーイザヨイが世代最初の重賞馬になれるか?

2018年函館2歳S「函館2歳ステークス2018の競馬予想|ナンヨーイザヨイが世代最初の重賞馬になれるか?」

2018/07/19 UP
by 予想屋マスター

出走日:2018年07月22日(日)
函館2歳S -G3- 函館競馬場/芝1200m 右
条件:サラブレッド系2歳 賞金:3000万円

今週は、フルゲート16頭に対して15頭の出走登録があった

函館2歳ステークスの予想について解説する。

函館2歳ステークスは、2歳世代初の重賞である。

函館2歳ステークスでは、最も速い時計で新馬戦を勝ち上がったナンヨーイザヨイが人気を集めそうだが、初対戦となる馬が殆どで混戦が予想される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、函館2歳ステークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

函館の芝1200mの新馬組

 

アスターペガサス(小崎)・ジゴロ・スズカカナロア(池添謙一)
トーセンオパール(勝浦正樹)・ナンヨーイザヨイ(岩田康誠)
が函館2歳ステークスに出走登録している。

 

アスターペガサス

新馬戦の勝利という結果は、余力十分の勝ちっぷりでまだまだ伸びそうであったが、好位のインを追走する展開に恵まれたことも確かである。
よって、函館2歳ステークスの予想では、厳しい競馬になったときに、アスターペガサスが同じ走りをできるかがポイントになりそうである。

 

ジゴロ

新馬戦の勝利という結果は、時計こそ平凡だが馬なりで5馬身もの差をつけた。
よって、函館2歳ステークスの予想では、連闘での挑戦となるジゴロにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

スズカカナロア

新馬戦の勝利という結果は、時計こそ遅いが、馬場を考慮すると悪くない。
ただし、スズカカナロアは、逃げ馬から離れた2番手を気分よく追走したことも確かである。
よって、函館2歳ステークスの予想では、スズカカナロアにも高い評価を与えるべきだが、人気になりすぎるようであれば疑ってみるのも一つの手と判断している。

 

トーセンオパール

新馬戦の勝利という結果は、牝馬限定の弱いメンバー構成に恵まれたことは確かだが、余裕のある勝ちっぷりであった。
よって、函館2歳ステークスの予想では、展開などの助けがあれば、牡馬相手でもトーセンオパールが好走可能と判断すべきである。

 

ナンヨーイザヨイ

新馬戦の勝利という結果は、1分9秒4の好時計によるものだが、開幕週の時計が出る馬場であったことも確かである。
よって、函館2歳ステークスの予想では、ナンヨーイザヨイに高い評価を与えて当然だが、絶対視までは禁物である。

 

函館の未勝利組

 

カルリーノ(藤岡佑介)・ニヴァン・ロードワンダーが函館2歳ステークスに出走を予定している。

 

カルリーノ

未勝利戦の勝利という結果は、稍重の馬場にしては速い時計で走っているが、好位のインを追走する展開に恵まれたことは確かである
よって、函館2歳ステークスの予想では、カルリーノに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

ニヴァン・ロードワンダー

未勝利戦の勝ちっぷり・時計に見所はなかった。
よって、函館2歳ステークスの予想では、ニヴァン及びロードワンダーに高い評価は不要である。

 

函館の1800mの新馬組

 

ラブミーファインが函館2歳ステークスに出走登録している。

 

ラブミーファイン

新馬戦の勝利という結果は、スローの2番手から抜け出しただけであり、レース内容としてはそこまで高い価値はない。
ただし、1200mの新馬戦より1800mの新馬戦のほうがレベルが高い事が多い。
よって、函館2歳ステークスの予想では、一気の距離短縮であってもラブミーファインに多少の注意を払って当然である。

 

福島の芝1200mの新馬組

 

イチゴミルフィーユ(伊藤)・ガイセン(藤岡康太)が函館2歳ステークスに出走を予定している。

 

イチゴミルフィーユ・ガイセン

福島の新馬戦の勝利という結果は、余裕こそあったが、函館組と比べると時計・内容ともに見劣る。
よって、函館2歳ステークスの予想では、イチゴミルフィーユ及びガイセンに高い評価は不要である。

 

福島のダート1150mの新馬組

 

ホールドユアハンド(ルメール)が函館2歳ステークスに出走登録している。

 

ホールドユアハンド

新馬戦の勝利という結果は、スピードの違いで後続を寄せ付けなかった。
よって、函館2歳ステークスの予想では、芝適性次第で、ホールドユアハンドの逃げ切りもありうると判断すべきである。

 

以上、函館2歳ステークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

函館2歳ステークス(2018年)の最終的な予想を決断する。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください