予想屋マスターの競馬予想「競馬を投資にする予想」

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 函館記念 > 函館記念2018の競馬予想|トリコロールブルーが悲願の重賞制覇なるか?

函館記念 『函館記念2018の競馬予想|トリコロールブルーが悲願の重賞制覇なるか?』

今週は、フルゲート16頭に対して16頭ぴったりの出走登録があった

函館記念(2018年)の予想について解説する。

函館記念は、サマー2000シリーズの第2戦である。

函館記念では、トリコロールブルーが人気を集めそうだが、ハンデ戦の重賞ということもあり混戦が予想される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、函館記念の出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

巴賞組


1着のナイトオブナイツ(池添謙一)・4着のクラウンディバイダ(吉田隼人)・
5着のブレスジャーニー(柴田善臣)・7着のナスノセイカン(丸山元気)・
8着のマイネルハニー(丹内祐次)
の合計5頭が函館記念に出走登録している。

 

ナイトオブナイツ

巴賞の勝利という結果は、5着まで0秒1差の大混戦を制したことは立派である。
ただし、ナイトオブナイツは、直線でうまく内目を突く展開に恵まれたことも確かである。
よって、函館記念の予想では、ナイトオブナイツに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

ブレスジャーニー

巴賞の5着という結果は、スローの前残りの展開で脚を余したものであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。
よって、函館記念の予想では、外の差しが届く展開や馬場になるようであれば、ブレスジャーニーが巴賞組で再先着する可能性が高いと判断すべきである。

 

クラウンディバイダ・ナスノセイカン・マイネルハニー

巴賞のレース内容は見所がなかった。
よって、函館記念の予想では、クラウンディバイダ、ナスノセイカン及びマイネルハニーに高い評価は不要である。

 

鳴尾記念組


3着のトリコロールブルー(ルメール)・8着のヤマカツライデン(国分恭介)
が函館記念に出走を予定している。

 

トリコロールブルー

鳴尾記念の3着という結果は、強いメンバー且つ開幕週の馬場で外を回った分だけ届かなかった。
よって、函館記念の予想では、メンバー弱化を考慮すると、人気であってもトリコロールブルーにかなり高い評価を与えて当然である。

 

ヤマカツライデン

鳴尾記念の8着という結果は、逃げる自分の競馬ができなかったことが原因であり、度外視可能である。
よって、函館記念の予想では、コース替りでイン有利の馬場になるようであれば、ヤマカツライデンの逃げ粘りに注意を払うべきである。

 

エプソムカップ組


5着のエアアンセム(藤岡佑介)・7着のゴールドサーベラス(柴山雄一)
の合計2頭が函館記念に出走登録している。

 

エアアンセム

エプソムカップの5着という結果は、上位にこそ離されたが、混戦の5着争いを制して掲示板を確保した。
よって、函館記念の予想では、エアアンセムが好走するためには好位のインでロスのない競馬をするなど展開の助けが必要と判断すべきである。

 

ゴールドサーベラス

エプソムカップのレース内容は見所がなかった。
よって、函館記念の予想では、ゴールドサーベラスに高い評価は不要である。

 

新潟大賞典組


1着のスズカデヴィアス(三浦皇成)・12着のカレンラストショー(北村友一)
の合計2頭が函館記念に出走を予定している。

 

スズカデヴィアス

新潟大賞典の勝利という結果は、多数の馬が外を回りすぎて、外を回りすぎなかった馬が上位を独占する展開に恵まれたものでもある。
なお、スズカデヴィアスは、G3程度ならば上位争いの常連でもある。
よって、函館記念の予想では、スズカデヴィアスにもそれなりの評価を与えるべきである。

 

カレンラストショー

新潟大賞典のレース内容は見所がなかった。
よって、函館記念の予想では、カレンラストショーに高い評価は不要である。

 

日経賞組


3着のサクラアンプルール(田辺裕信)が函館記念に出走登録している。

 

サクラアンプルール

日経賞の3着という結果は、スローペースを追い込んでのものであり、レース内容としては立派である。
また、サクラアンプルールは、札幌記念馬であり、実績的には上である。
よって、函館記念の予想では、サクラアンプルールにもそれなりの高い評価を与えるべきである。
なお、サクラアンプルールは、ラチ沿いを走ると能力を最大限に発揮するので、内枠を引いたときには更に評価を上げるべきである。

 

中山金杯組


4着のブラックバゴ(岩田康誠)が函館記念に出走を予定している。

 

ブラックバゴ

中山金杯の4着という結果は、大外を回って勝ち馬と0秒1差まで追い込む強い内容であった。
よって、函館記念の予想では、差しが届く展開になるようであれば、ブラックバゴにも注目すべきである。

 

以上、函館記念に出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

函館記念(2018年)の最終的な予想を決断する。

今週のレース分析記事を読む
無料会員でマスターの最新記事を読み尽くそう!
競馬の世界が変わる!穴馬券の本当の獲り方がわかります!
メールアドレス:

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)
友だち追加

無料会員でマスターの最新記事を読み尽くそう!競馬の世界が変わる!穴馬券の本当の獲り方がわかります!