TOP > レース予想 > 府中牝馬ステークス > プリモシーンが1年ぶりの勝利なるか?
2019/10/10 2019/10/22

【 府中牝馬ステークス2019予想】 プリモシーンが1年ぶりの勝利なるか?

出走日:2019年10月13日(日)
アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GⅡ)/東京/別定/1800m(左・芝)

今週は、フルゲート18頭に対して16頭の出走登録馬にとどまった府中牝馬ステークス(2019年)の予想について解説する。

 

府中牝馬ステークスは、秋の牝馬女王決定戦のエリザベス女王杯を目指す一線級の牝馬が揃い注目を集める。

 

府中牝馬ステークスでは、プリモシーンとラッキーライラックの2頭が人気を集めそうだが、牝馬限定の重賞ということもあり波乱も予想される。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、府中牝馬ステークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

中京記念組

3着のプリモシーン(福永祐一)が出走登録している。

 

プリモシーン

中京記念の3着という結果は、55.5キロのハンデで早めに仕掛けた分だけ差されてしまったが、負けて強しの内容であった。

 

また、プリモシーンは、ヴィクトリアマイルでクビ差の2着に好走しており、G1でも通用する能力を秘める。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、プリモシーンに本命級の高い評価を与えて当然である。

 

ヴィクトリアマイル組

4着のラッキーライラック(石橋脩)・18着のカンタービレ(松岡正海)の合計2頭が出走を予定している。

 

ラッキーライラック

ヴィクトリアマイルの4着という結果は、ハイペースを早めに動いた分だけ敗れてしまっただけであり、上位3頭と能力差はない。

 

また、ラッキーライラックは、アーモンドアイがいたことでクラシック制覇ができなかったが、能力的には牝馬でトップクラスである。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、ラッキーライラックがプリモシーンを逆転可能と判断すべきである。

 

カンタービレ

ヴィクトリアマイルの18着という結果は、負けすぎだが、能力を発揮できなかったとみれば度外視可能である。

 

なお、カンタービレは、秋華賞で3着に追い込んだ実績があり、能力的には遜色がない。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、カンタービレの巻き返しにも注意を払うべきである。

 

札幌記念組

6着のエイシンティンクル(勝浦正樹)・7着のクロコスミア(戸崎圭太)の合計2頭が出走登録している。

 

エイシンティンクル

札幌記念の6着という結果は、後続を離す大逃げを打ったが、ゴール前で歩いてしまった。

 

ただし、札幌記念は牡馬のG1馬が上位を占めるかなり強いメンバーが揃っていたことを考えると、よく頑張ったと見ることもできる。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、楽に先行できる展開に恵まれるようであれば、エイシンティンクルの逃げ粘りにも注目すべきである。

 

クロコスミア

札幌記念の7着という結果は、2番手を追走したが、エイシンティンクルを交わすことができなかった。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、内枠を引いて好位のインを追走できるようであれば、クロコスミアがエイシンティンクルを逆転する可能性が高まると判断すべきである。

 

クイーンステークス組

2着のスカーレットカラー(岩田康誠)・7着のフロンティアクイーン(津村明秀)・14着のダノングレース(三浦皇成)の合計3頭が出走を予定している。

 

スカーレットカラー

クイーンステークスの2着という結果は、1コーナーで不利を受けて位置取りが悪くなったにもかかわらず、クビ差まで追い込んでおり、負けて強しの内容であった。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、今年の春以降力をつけて崩れなく走っているスカーレットカラーにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

フロンティアクイーン

クイーンステークスのレース内容は見どころがなかった。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、フロンティアクイーンに高い評価は不要である。

 

ダノングレース

クイーンステークスの14着という結果は、直線で進路がなくなってのものであり、度外視可能である。

 

また、ダノングレースは、福島牝馬ステークスで3着と、重賞にもメドをつけている。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、ダノングレースにも押さえ程度の評価を与えるべきである。

 

京成杯オータムハンデキャップ組

2着のディメンシオン(北村宏司)が出走登録している。

 

ディメンシオン

京成杯オータムハンデキャップの2着という結果は、開幕週の前が止まらない馬場に恵まれたことは確かだが、力をつけていることを示した。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、ディメンシオンにも多少の注意は払うべきである。

 

マーメイドステークス組

2着のレッドランディーニ(池添謙一)・15着のランドネ(吉田隼人)の合計2頭が出走登録している。

 

レッドランディーニ

マーメイドステークスの2着という結果は、51キロの軽ハンデとハイペースの前崩れの展開に恵まれたものである。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、レッドランディーニに高い評価は不要である。

 

ランドネ

マーメイドステークスレース内容は見どころがなかった。

 

よって、府中牝馬ステークスの予想では、ランドネにも高い評価は不要である。

 

以上、府中牝馬ステークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、府中牝馬ステークス(2019年)の最終的な予想を決断する。

 

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 6/22 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.