15年連続プラス収支全国出張セミナー継続開催中
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜9時に先着順募集中
TOP > 今週のレース予想 > チャンピオンズカップ > 国内無敗クリソベリルが連覇なるか?

【2020年 チャンピオンズカップ】国内無敗クリソベリルが連覇なるか?

2020/11/30更新
出走日:2020年12月06日(日)
チャンピオンズカップ(G1)/中京競馬場/ダート1800m/左/条件:サラブレッド系3歳以上/賞金:1億

 

今週は、フルゲート16頭に対して中央馬18頭もの出走登録馬があったチャンピオンズカップ(2020年)の予想について解説する。

 

チャンピオンズカップは、ダートナンバーワン決定戦ということもあり、ダート界の一線級が揃った。

 

国内無敗で連覇を狙うクリソベリルが単勝1倍台の断然人気となりそうだが、中京の馬場状態次第では波乱もありうる。

 

そこで、競馬理論の競馬予想では、チャンピオンズカップの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

JBCクラシック組

1着のクリソベリル(川田将雅)・3着のチュウワウィザード(戸崎圭太)の合計2頭が出走登録している。

 

クリソベリル

JBCクラシックの勝利という結果は、逃げ争いをした2頭から離れた3番手を追走する展開に恵まれたものだが、2着のオメガパフュームに2馬身半もの差をつけたことは立派である。

 

また、クリソベリルは、イン有利の馬場で好位のインを走る展開に恵まれたとはいえども、3歳で去年のチャンピオンズカップを制している。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、国内で8戦無敗のクリソベリルに人気であっても本命級の高い評価を与えて当然である。

 

チュウワウィザード

JBCクラシックの3着という結果は、ハイペースを早め先頭で押し切りを狙った分だけ歩いてしまったが、クリソベリルと着差ほどの能力差があったわけではない。

 

また、チュウワウィザードは、去年のチャンピオンズカップで4着に敗れているが、スローペースで位置取りの差の分だけ届かなかった。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、チュウワウィザードの先行粘り込みにも注目して当然である。

 

シリウスステークス

1着のカフェファラオ(ルメール)が出走を予定している。

 

カフェファラオ

シリウスステークスの勝利という結果は、イン有利の馬場で外を回らされながらも差し切っており、着差以上に強い内容であった。

 

なお、カフェファラオは、ジャパンダートダービーで断然人気を裏切って7着に敗れてしまったことが気になるが、大井競馬場が合わなかっただけと見れば度外視可能である。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、急激なメンバー強化ではあるものの、カフェファラオにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

 

南部杯組

1着のアルクトス(田辺裕信)・6着のゴールドドリーム(和田竜二)・9着のインティ(武豊)合計3頭が出走登録している。

 

アルクトス

南部杯の勝利という結果は、前が止まらない馬場状態に恵まれたことはあるが、フェブラリーステークス馬モズアスコットを交わしたことは立派である。

 

ただし、アルクトスにとっては、チャンピオンズカップの1800mは少し距離が長い。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、アルクトスに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

ゴールドドリーム

南部杯の6着という結果は、直線で伸びを欠いており、見せ場はなかった。

 

ただし、ゴールドドリームは、去年のチャンピオンズカップで1頭分外を回らされながらもクリソベリルにクビ差まで迫っており、レース内容としては一番強かった。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、若干衰えこそ感じられるものの、ゴールドドリームの巻き返しにも注目して当然である。

 

インティ

南部杯の敗戦は、早めに潰されてしまっており、見所がなかった。

 

ただし、インティは、去年のチャンピオンズカップで3着に逃げ粘っているように、自分の競馬さえできればしぶとい。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、楽に逃げる自分の競馬ができそうな場合にのみ、インティにも注意を払うべきである。

 

みやこステークス組

1着のクリンチャー(三浦皇成)・4着のエアアルマス(松山弘平)の合計2頭が出走登録している。

 

クリンチャー

みやこステークスの勝利という結果は、先行集団の外目追走から押し切っており、能力の違いを見せつけた。

 

ただし、クリンチャーは、これまでいつも善戦していたものの、強敵相手には勝ちきれない競馬が続いていた。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、クリンチャーが好走するためには、インで脚をためるなど展開の助けが必要と判断すべきである。

 

エアアルマス

みやこステークスの4着という結果は、58キロを背負っていたにせよ、クリンチャーに簡単に潰されてしまった。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、包まれずに気分良く先行できそうな場合のみ、エアアルマスに少し注意を払えば十分である。

 

武蔵野ステークス組

1着のサンライズノヴァ(松若風馬)・3着のエアスピネル・5着のタイムフライヤー(藤岡佑介)・6着のメイショウワザシ・7着のモズアスコット(横山武)・14着のデュードヴァンの合計6頭が出走を予定している。

 

サンライズノヴァ

武蔵野ステークスの勝利という結果は、ハイペースの前崩れの展開に恵まれたにせよ、58キロを克服して差し切ったことは立派である。

 

ただし、中京コースは前が残りやすいコース形態のため、サンライズノヴァにとっては得意な舞台ではない。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、差しが届きやすい展開や馬場になるようであれば、サンライズノヴァに高い評価を与えるべきだが、普段の中京の馬場ならば押さえ程度の評価を与えれば十分である。

 

エアスピネル・タイムフライヤー・メイショウワザシ・デュードヴァン

武蔵野ステークスの敗戦は見所がなかった。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、エアスピネル、タイムフライヤー、メイショウワザシ及びデュードヴァンに高い評価は不要である。

 

モズアスコット

武蔵野ステークスの7着という結果は、59キロを背負っていたにせよ、見せ場すらなかった。

 

ただし、モズアスコットは、フェブラリーステークスを2馬身半差で制しており、実績的には遜色がない。

 

よって、チャンピオンズカップの予想では、モズアスコットの巻き返しにも多少注意を払うべきである。

 

以上、チャンピオンズカップに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

 

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、チャンピオンズカップ(2020年)の最終的な予想を決断する。

\有料会員になりたい人は必須の無料講座/



なぜ、プロプランに人数制限をしているのか?
毎夜9時に先着順募集中