TOP > レース予想 > セントウルステークス > セントウルステークス2018の競馬予想|高松宮記念馬ファインニードルが始動?
2018/09/04 2018/09/07

【 セントウルステークス2018予想】 セントウルステークス2018の競馬予想|高松宮記念馬ファインニードルが始動?

出走日:2018年09月09日(日)
セントウルステークス(G2)/阪神競馬場/芝1200m/右/条件:サラブレッド系3歳以上/賞金:5500万円

今週は、フルゲート16頭に対して16頭ぴったりの出走登録馬があった

セントウルステークス(2018年)の予想について解説する。

セントウルステークスは、サマースプリントシリーズの最終戦であるとともに、スプリンターズステークスのステップレースとしても注目を集める。

高松宮記念馬ファインニードルが1番人気となりそうだが、目標が先ということもあり、混戦が予想される。

そこで、競馬理論の競馬予想では、セントウルステークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。

 

北九州記念組


3着のラブカンプー(ミルコ・デムーロ)4着のグレイトチャーター(幸英明)・
6着のアサクサゲンキ(松山弘平)・7着のダイアナヘイロー(武豊)・
10着のアンヴァル(荻野極)・11着のフミノムーン(国分優作)・
14着のアクティブミノル(酒井学)
の合計7頭が出走登録している。

 

ラブカンプー

北九州記念の3着という結果は、ハイペースの前崩れの展開を先行してのものであり、スピードを見せつけた。
よって、セントウルステークスの予想では、ラブカンプーが楽に先行できるようであれば開幕週の馬場を生かして粘り込む可能性が高いと判断すべきである。

 

グレイトチャーター

北九州記念の4着という結果は、後方のインで脚をためてロスのない競馬をさせた松山弘平騎手の好騎乗に恵まれたものである。
よって、セントウルステークスの予想では、グレイトチャーターに北九州記念の着順だけで過大評価は禁物である。

 

アサクサゲンキ

北九州記念の6着という結果は、行き脚がつかずに位置取りが悪すぎたため届かなかったが、いい脚を毎回使って追い込むのは確かである。
よって、セントウルステークスの予想では、スタートさえ互角ならばアサクサゲンキが好走してもおかしくないと判断すべきである。

 

ダイアナヘイロー・アンヴァル・フミノムーン・アクティブミノル

北九州記念の敗戦は、見所がなかった。
よって、セントウルステークスの予想では、ダイアナヘイロー、アンヴァル、フミノムーン及びアクティブミノルに高い評価は不要である。
ただし、アンヴァルは、直線で前が壁になり全く能力を発揮できていないので、多少の注意は必要である。

 

アイビスサマーダッシュ組


4着のレジーナフォルテ(杉原誠人)・5着のラインスピリット(森一)
が出走を予定している。

 

レジーナフォルテ・ラインスピリット

アイビスサマーダッシュの敗戦は、ダイメイプリンセスに離されてしまっており、メンバーも弱かった。
よって、セントウルステークスの予想では、レジーナフォルテ及びラインスピリットが好走するためには包まれずに楽に先行するなど展開の助けが必要と判断すべきである。

 

香港チェアマンズスプリントプライズ


ファインニードルが出走登録している

 

ファインニードル

香港のチェアマンズスプリントプライズの敗戦は、レベルの高いメンバー相手であり、度外視可能である。
なお、ファインニードルは、高松宮記念であり、スプリント戦線ではトップクラスの能力を秘める。
また、ファインニードルは、去年のセントウルステークスを楽勝しているように、この条件は得意な舞台である。
よって、セントウルステークスの予想では、休み明けで58キロであっても、ファインニードルに高い評価を与えて当然である。
なお、ファインニードルは、ラチ沿いを走ると能力を最大限に発揮するので、内枠を引いたときには連覇の可能性が高まると判断すべきである。

 

盛岡のクラスターカップ組


2着のネロ(福永祐一)が出走を予定している。

 

ネロ

クラスターカップの2着という結果は、ダートなので参考外である。
なお、ネロは、58キロの斤量でも京阪杯を制しており逃げを打てればしぶとい。
よって、セントウルステークスの予想では、先手を取れるようであればネロの粘り込みにも注意を払うべきである。

 

以上、セントウルステークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順、人気及び馬場状態などの様々な要素を加味して、

セントウルステークス(2018年)の最終的な予想を決断する。

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 2/24 (土)AM11:00
この記事を書いた人
事務局スタッフ片山・麻生

予想屋マスター事務局スタッフ片山・麻生が担当しております。 ご意見、ご要望などいただけたら嬉しいです。

関連記事

ピクシーナイトの復活なるか? 今週は、フルゲート18頭に対して16頭の出走登録馬にとどまったセントウルステークス(2023年)の予想について解説する。   セントウルステークスは、 続きはこちら
メイケイエールがG1制覇へ向けて始動
メイケイエールがG1制覇へ向けて始動   今週は、フルゲート18頭に対して15頭の出走登録馬にとどまったセントウルステークス(2022年)の予想について解説する。   セントウル 続きはこちら
レシステンシアがG1戦線へ向けて始動
レシステンシアがG1戦線へ向けて始動 今週は、フルゲート18頭に対して18頭ぴったりの出走登録馬があったセントウルステークス(2021年)の予想について解説する。 セントウルステークスは、 続きはこちら
Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.