TOP > 玉嶋亮の競馬予想コラム > 『エリザベス女王杯』番付・予想のポイント~玉嶋亮の競馬予想コラム Vol.72

『エリザベス女王杯』番付・予想のポイント~玉嶋亮の競馬予想コラム Vol.72

2023/11/12 更新

※こちらは玉嶋亮連載メルマガのバックナンバーです。メルマガ登録をすると最新の記事がメールで届きます。

こんばんは!玉嶋です。

 

早速ですが、今週末の『エリザベス女王杯』予想のポイント、番付について、玉嶋の見解をお届けします。

番付(あいうえお順)

ーーー

横綱

ーーー

大関

ーーー

関脇

ジェラルディーナ

★他1頭★

ーーー

小結

アートハウス

イズジョーノキセキ

サリエラ

ビッグリボン

マリアエレーナ

★他4頭★

ーーー

前頭

ーーー

十両以下(3勝クラス以下)

ーーー

 

番付の意味

 

1ランク差

→枠順、トラックバイアス、展開次第では逆転可能。

 

2ランク差

→枠順、トラックバイアス、展開に恵まれても逆転困難。

 

秘密兵器

→過去のレースから、番付上位と互角に渡り合える可能性を秘めた馬。

 

※番付は、過去のレースにおける最大出力を評価する指標であり、この序列の通り決着することを示すものではありません。

 

フルオープン 番付▼

https://twitter.com/keiba_tamashima/status/1722173166691487923?s=19

 

ブレイディヴェーグ

 

ツイートの通り、素質は一級品▼

https://twitter.com/keiba_tamashima/status/1721806174679630320?s=19

 

馬群の中でタイトな競馬すれば、揉まれた経験がないので凡走リスクが高くなる。一方で、ルメール騎手が『素質型』の馬に騎乗する場合は、腹を括って縦のポジションを犠牲にし、『ポツン』の位置取りを選択する可能性が高い(ポツンになれる位置取りまで、探りながらの競馬)。

 

但し。。。

 

つづき▼

https://twitter.com/keiba_tamashima/status/1722008138700726407?s=19

 

エリザベス女王杯 馬券の方針

番付の通り、混戦模様。ポイント2点。①ブレイディヴェーグの取捨選択、②混戦模様であるため、連系馬券を使う場合は、『L-H型』寄りがベター。オッズが出ていないので断定的なことは言えないが、『H-H型』に寄せようとしても、不的中のリスクに耐えられない可能性が高い。

 

単勝チャレンジは。。。

 

つづき 複勝チャレンジか?▼

https://twitter.com/keiba_tamashima/status/1722377552571064723?s=19

ーーー

以上を踏まえて、当日の枠順、馬場状態、オッズを確認して検討します。

 

メルマガ作成者:

玉嶋亮

メルマガ発行人:

予想屋マスター事務局

 

競馬の教科書シリーズ▼

https://tamashimaryo.wixsite.com/my-site

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 4/20 (土)AM11:00
この記事を書いた人
玉嶋亮

30代半ば/本業:士業/大学から本格的に競馬を始める。予想屋マスターを知り、理論的な競馬の分析に目覚める。リトル予想屋マスターを目指し、予想法を徹底的にコピーした。時間の制約があるため、芝オープンのみにフィールドを限定している。凱旋門賞の単勝万馬券、AJCCの288万円等の的中実績あり。「単勝多点」「変則フォーメーション」等多彩な馬券術に定評がある。「競馬の教科書」は個人出版ながら異例のベストセラー。「別冊」は予想屋マスターとの共著で再びベストセラー。日本一の競馬作家になるのが夢。Twitter(keiba_tamashima)

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.